超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

六本木

TSK・CCCターミナルビル跡地!地上22階、高さ140.96m「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」の建設状況(2022.10.22)


(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 六本木の「TSK・CCCターミナルビル」跡地で建設中の「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」(地上22階、最高高さ140.96m)です。2022年10月22日に「六本木ヒルズ」の展望台から撮影しました。現地では鉄骨が組まれ始めています。この記事では同プロジェクトの概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上22階、高さ140.96m「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」の建設状況!TSK・CCCターミナルビルの跡地です(2022.7.18)


(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 六本木で建設中の「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」(地上22階、最高高さ140.96m)です。建設地は「TSK・CCCターミナルビル」跡地で六本木駅から徒歩1分。都心を一望する390坪超のフロアを備えた免震のオフィスビルとなります。この記事では同プロジェクトの概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

TSK・CCCターミナルビル跡地!地上22階、高さ140.96m「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」の建設状況(2022.5.28)

(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 六本木で建設中のオフィスビル「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」の完成予想図です。規模は地上22階、最高高さ140.96m、敷地面積4,242.86屐建築面積3,064.78屐延床面積3万2084.34屐建築主は住友不動産、設計者は日建設計、施工者は大成建設で2024年10月15日竣工予定です。

 現地に設置されている建築計画のお知らせでは地上22階となっていますが、住友不動産のHPでは地上21階となっているので22階は機械室で塔屋扱いになるのかもしれません。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト 基準階平面図
基準階平面図[出典:住友不動産]

 基準階貸室面積は1,292.50屐390.99坪)で天井高3.0mの無柱空間となります。上下階を借りれば貸室内階段の設置も可能となっています。また、この基準階平面図にはエレベーターの隣に23.16坪の防災備蓄倉庫がありますが、ここは低層フロアだとエレベーターがある場所かと思われます。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト 位置図

 現地お知らせに掲載されている位置図です。東京メトロ日比谷線「六本木」駅の目の前で徒歩1分の距離です。都営大江戸線「六本木」駅も徒歩1分表記となりますが、地下深いホームまではかなりの距離があります。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 2022年5月28日に六本木ヒルズの展望台から撮影した「(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト」の建設地です。右側に見えている場所までが敷地となっており、基準階平面図でトイレなどがある場所がこの飛び出た部分になります。

 建設地は色々あったことで知られる「TSK・CCCターミナルビル」の跡地です。何があったかはウィキペディアにまとめられているので、興味がある方はご参照ください。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 建設地は「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」の中間に位置しています。六本木駅周辺は超高層ビルが点在しており超高層ビル群と呼べるほど密集していませんが、六本木駅周辺の超高層ビル群化に近付ける1棟となりそうです。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 建設地の西側にある「六本木西公園」から撮影。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 建設地の北側から撮影。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 建設地の東側から撮影。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト

 現地には実物大外装モックアップが設置されていました。



(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。ここには住友不動産によるタワーマンション「(仮称)六本木7丁目新築工事」(地上34階、最高高さ120.56m)の建築計画のお知らせが設置されたこともありましたが、大幅な計画変更となり今の建築計画のお知らせに変わっています。

■物件概要■
仮称:(仮称)住友不動産六本木駅前プロジェクト
計画名:(仮称)六本木七丁目計画
所在地:東京都港区六本木七丁目25番-1他(地番)
交通:東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅 4b出口 徒歩1分
用途:事務所
階数:地上22階
高さ:140.96m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,242.86
建築面積:3,064.78
延床面積:32,084.34
建築主:住友不動産 都市開発事業本部
設計者:日建設計 一級建築士事務所
施工者:大成建設 東京支店
工期:2021年5月末日着工〜2024年10月15日竣工予定

地上22階、高さ146m「(仮称)六本木七丁目計画」の建設状況!住友不動産によるSK・CCCターミナルビル跡地の再開発です(2021.5.30)

(仮称)六本木七丁目計画

 六本木の住友不動産による超高層オフィスビル「(仮称)六本木七丁目計画」(地上22階、高さ146m)の建設地です。色々あったことで知られる「TSK・CCCターミナルビル」の跡地です。詳細はウィキペディアでも見てください。

 敷地面積4,242.86屬紡个靴瞳築面積3,100屐延床面積32,500屐∪澤彈圓脇建設計、施工者は大成建設で2024年9月30日竣工予定です。住友不動産のHPにはまだ同プロジェクトは見当たりませんでしたが、いつも通りならば割と早い段階で掲載されると思います。また、22階という階数に対して高さ146mで単純計算すると1フロア6.636mとなってしまうので、塔屋の高さがかなりあるオフィスビルになるのかもしれません。



(仮称)六本木七丁目計画 配置図

 現地に設置されている案内に掲載されている配置図です。このように敷地の一部は六本木通りに面していますが大部分はちょっとだけ中に入った部分となっています。



(仮称)六本木七丁目計画

 2019年12月14日にヘリから撮影した「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。敷地右上の六本木通り沿いの白い「A7ビル」も再開発に含まれることを期待したのですがそれはなかったようです。



(仮称)六本木七丁目計画

 こちらは2020年12月18日にヘリから撮影した六本木方面で「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」の間が建設地です。



(仮称)六本木七丁目計画

 再び現地から撮影した「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。「六本木西公園」前から見た様子です。現地写真は着工予定日の前日、5月30日の撮影です。



(仮称)六本木七丁目計画

 六本木通り側から撮影。



(仮称)六本木七丁目計画

 六本木通りに面している場所から撮影。間口はそれほど広くはありません。



(仮称)六本木七丁目計画

 ところでこの建設現場はなぜか暴力団追放のポスターがいっぱい。



(仮称)六本木七丁目計画

 いわくつきの土地とは言え今でも治安が悪いのでしょうか?左上には防犯カメラらしきものも設置されています。



(仮称)六本木七丁目計画

 あちこち建設現場を撮りに行っていますが他にこのような場所は見た記憶がありません。



(仮称)六本木七丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。ちなみに以前ここには住友不動産によるタワーマンション「(仮称)六本木7丁目新築工事」(地上34階、最高高さ120.56m)の建築計画のお知らせが設置されたこともありました。その建築計画のお知らせは撤去され今の計画となっています。

■物件概要■
計画名:(仮称)六本木七丁目計画
所在地:東京都港区六本木七丁目25番-1他(地番)
用途:事務所
階数:地上22階、塔屋1階
高さ:146m(最高146m)
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,242.86
建築面積:3,100
延床面積:32,500
建築主:住友不動産
設計者:日建設計 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2021年5月31日着工〜2024年9月30日竣工予定

TSK・CCCターミナルビル跡地に地上22階、高さ146mの超高層オフィスビル!住友不動産が「(仮称)六本木七丁目計画」を建設へ

(仮称)六本木七丁目計画 建築計画のお知らせ

 六本木に住友不動産による新規の超高層オフィスビルの建築計画のお知らせが設置されました。名称は「(仮称)六本木七丁目計画」で規模は地上22階、塔屋1階、高さ146m、敷地面積4,242.86屬紡个靴瞳築面積は3,100屐延床面積32,500屬箸覆辰討い泙后設計者は日建設計、施工者は大成建設で2021年5月末日着工、2024年9月末日竣工予定です。

 地上22階で高さ146mだと単純計算で1フロア6.636mとなってしまいますがどんなオフィスビルになるんでしょうね。塔屋でかなりの高さ稼いでいる「ミュージアムタワー京橋」が地上23階、高さ149.22mで似たような高さとなります。ここも塔屋で稼ぐ超高層オフィスビルになるのかもしれません。



(仮称)六本木七丁目計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した六本木方面です。「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地は「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」の間の矢印を付けたあたりで「TSK・CCCターミナルビル」跡地です。詳細はよくわかっていないので言及は避けますが色々と問題のあった場所で不動産関係者の間では有名な土地のようです。



(仮称)六本木7丁目新築工事 建築計画のお知らせ

 ところでここは住友不動産が土地を取得したあと「(仮称)六本木7丁目新築工事」として地上34階、最高高さ120.56mのタワーマンションの建築計画のお知らせが設置されたこともありましたが、隣地を取得したとのことで計画が見直され、建築計画のお知らせも撤去されしばらくの間は広大な駐車場として使用されていました。

 そして2019年9月9日から解体工事が始まり、2021年1月15日にようやく新しい建築計画のお知らせが設置され新たな物件概要の判明に至っています。



(仮称)六本木七丁目計画

 2020年12月6日に「六本木ヒルズ」の展望台から見た「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。既に着工しているようにも見えますが地中障害撤去工事などが行われています。



(仮称)六本木七丁目計画

 こちらは2020年2月28日に「六本木ヒルズ」から撮影した「東京ミッドタウン」方面です。この中で右下に見える工事現場が「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。



(仮称)六本木七丁目計画

 ズームです。この頃は今よりも深く掘って地下部分などを解体していたようです。



(仮称)六本木七丁目計画

 さらに古くなりますが2019年12月14日にヘリから撮影した「六本木ヒルズ」です。左側の赤い網掛けをした場所が「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。



(仮称)六本木七丁目計画

 「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地を上空から撮影。首都高側の白いビル「A7ビル」の両側に駐車場がありますが、新旧建築計画のお知らせの敷地面積の増加部分からして取得した隣地というのは左側の駐車場のことかと思います。

■物件概要■
計画名:(仮称)六本木七丁目計画
所在地:東京都港区六本木七丁目25番-1他(地番)
用途:事務所
階数:地上22階、塔屋1階
高さ:146m(最高146m)
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,242.86
建築面積:3,100
延床面積:32,500
建築主:住友不動産
設計者:日建設計 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2021年5月末日着工〜2024年9月末日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク