超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

八重洲二丁目中地区

地上46階、高さ240m「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」が21年度に組合認可の見通し!24年度着工、28年度竣工予定です

八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:建設通信新聞]

 八重洲で計画されている「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約240m)において、八重洲二丁目中地区市街地再開発準備組合は早ければ2021年度にも組合設立認可を取得する見通しだと建設通信新聞に掲載されました。22年度の権利変換計画認可を経て、2024年度の着工、2028年度の完成が想定されています。

 同再開発の規模は地上46階、地下4階、高さ約240m、延床面積約41万8000屬箸いΦ霏腓淵咼襪濃務所、店舗の他に高層部にはサービスアパートメント、低層部にはインターナショナルスクール、そして地下には他の八重洲の再開発事業と連携したバスターミナルが計画されています。

 事業協力者として三井不動産、鹿島、ヒューリックが参画、再開発コンサルタントは日建設計が担当しています。

▼建設通信新聞:2021年3月15日
21年度にも組合認可/八重洲二丁目中地区再開発



八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:建設通信新聞]

 場所は東京駅前の外堀通りに面した八重洲地区で、東京メトロ銀座線「京橋」駅にも近い場所となっています。



大規模バスターミナル 地下歩行者ネットワーク整備イメージ
大規模バスターミナル 地下歩行者ネットワーク整備イメージ[出典:三井不動産]

 計画では隣で建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)のバスターミナルとは地下で一体となり、そして「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)とは地下通路で結ばれます。これにより「京橋」駅から「東京」駅までが地下通路で繋がることになります。



八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約240m)の建設地です。赤い網掛けをした場所が計画地となっています。見ての通り土地は細かく分かれており、八重洲の他の2つの大規模再開発では歯抜け状態の敷地になっていますが、位置図を見る限りでは今のところこちらは区画全部が再開発に参加することになっていそうです。

 背後で建設中のビルが高層部に「ブルガリホテル東京」が入る「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)、右側のビルが「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)です。



八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

 少し移動した場所から空撮をもう1枚。今まで東京駅周辺の超高層ビルと言えば皇居側の丸の内、大手町でしたがこれからは八重洲側の超高層化が一気に進みます。この辺りは皇居が近いため、ビルの高さが制限されており、皇居から遠い八重洲側の方が背の高い超高層ビルとなっています。

 ただ、航空法の高さ制限もあるのでこれ以上高いビルは建てられません。東京駅の日本橋口前では「Torch Tower(トーチタワー)」(地上63階、高さ390m)が建設されますが、ちょうどその建設地あたりから航空法の高さ制限がなくなります。



八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

 網掛けはしていませんが建設中の「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の右側では「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)が建設されます。東京駅前の八重洲には高さ240m、高さ240m、高さ250mの超高層ビルが3棟並ぶことになります。



八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

 八重洲グランルーフから見た「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。敷地はかなり広くまだ右に続いています。



八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業

 地上から撮影。青い看板のすぐ後ろのビルまでが計画地となっています。写真中央は「八重洲ブックセンター」ですがどこかへ移転となるんですかね。2024年度着工予定のため数年以内に動きが出てくるかと思います。

■物件概要■
計画名称:八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区八重洲2丁目4〜7
用途:オフィス、サービスアパートメント、店舗、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場
階数:地上46階、塔屋1階、地下4階
高さ:約240m
構造:S・SRC造
敷地面積:約19,500
建築面積:約15,700
延床面積:約418,000
内訳(事務所:約311,300屐店舗:約30,900屐居住・滞在施設:約26,000屐▲ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襯好ール:約9,500屐▲丱好拭璽潺淵襦約3,900屐駐車場:約36,400)
事業協力者:三井不動産、鹿島建設、ヒューリック
再開発コンサルタント:日建設計
工期:2024年度着工〜2028年度竣工予定

高さ約240m「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案を提出!

 昨日、2月6日に八重洲二丁目中地区再開発準備組合が「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案を提出しましたが、それに関する記事が本日の建設通信新聞と日刊建設工業新聞に掲載されました。

▼建設通信新聞:2017年2月7日
19年度の着工目指す/環境アセス書を提出/八重洲二丁目中地区再開発準備組合

▼日刊建設工業新聞:2017年2月7日
八重洲二丁目中地区再開発(東京都中央区)/環境影響評価書案作成/準備組合


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」は東京駅八重洲側、銀座寄りの外堀通り沿い一帯約2.2haが計画地で、地上46階、塔屋1階、地下4階、最高高さ約240m、延べ41万8000屬竜模で計画されています。事業協力者として三井不動産と鹿島建設が参画、再開発コンサルタント業務は日建設計が担当しています。

 フロアの大部分はオフィスフロアとなりますが、高層階に外国人の中長期間の利用を想定した居住・滞在施設が設置され、低層部には店舗の他に、国家戦略特区の枠組みを活用したインターナショナルスクールも入る予定となっています。また、地下にはバスターミナルが設置されます。外堀通り沿いでは他にも「八重洲二丁目1地区」(地上45階、高さ約245m)と「八重洲一丁目6地区」(地上54階、高さ約250m)の再開発が計画されており、そこの地下にもバスターミナルが整備されます。


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 低層部の屋上は一部がせり出す「ステップガーデン」として緑化されます。


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業の空撮
 「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮(2016年10月)です。計画地の左が「グラントウキョウ サウスタワー」(地上42階、最高高さ205m)、右が「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)で、それらよりも大きな超高層ビルが建つこととなります。

東京駅周辺の超高層ビル群の空撮
 少し広角で撮影。このように東京駅のすぐ近くです。山手線内側の丸の内、大手町はどんどん超高層化されてきましたが、これからは山手線外側が熱いです。

東京駅周辺の超高層ビル群の空撮
 せっかくなので空撮をもう1枚。中央の道路が外堀通りでその通り沿いに超高層ビルが建ち並びます。

八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
 何度か撮りに行っているのですが、写真があり過ぎて発掘できなかったので、前に載せたグランルーフから撮影した現地の写真です。今後のスケジュールとしては2019年1月に準備・仮設工事、2月から解体工事に入り、そして2020年4月に山留工事、8月に杭工事、掘削・地下躯体工事、2021年6月に地上躯体・外装工事、そして全体工事完了は2023年5月末の予定となっています。

■(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名称:(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区八重洲2丁目4〜7
用途:オフィス、サービスアパートメント、店舗、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場
階数:地上46階、塔屋1階、地下4階
高さ:約240m
構造:S・SRC造
敷地面積:約19,500
建築面積:約15,700
延床面積:約418,000
内訳(事務所:約311,300屐店舗:約30,900屐居住・滞在施設:約26,000屐▲ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襯好ール:約9,500屐▲丱好拭璽潺淵襦約3,900屐駐車場:約36,400)
事業協力者:三井不動産、鹿島建設
再開発コンサルタント業務:日建設計
工期:2019年度着工〜2023年度竣工予定

八重洲二丁目中地区に地上46階、高さ240mの超高層ビル建設へ!

八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 本日の建設通信新聞と日刊建設工業新聞に「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の概要が明らかになったと掲載されました。規模は地上46階、地下4階、高さ約240m、延べ約41万8000屬任后D秡愽瑤賄絞泙筌ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襯好ール、中層階がオフィスフロア、そして高層階がサービスアパートメントとなります。地下はバスターミナルや駐車場が整備される計画となっています。

 今後のスケジュールは2017年3月に都市計画決定、2018年度に解体着工、2023年度に竣工の予定となっています。準備組合の事業協力者として三井不動産と鹿島が参画しており、再開発コンサルタント業務は日建設計が担当しています。

▼建設通信新聞:2016年6月8日
延べ42万屐高さ240m/18年度解体、23年度竣工/八重洲二丁目中地区再開発

▼日刊建設工業新聞:2016年6月8日
八重洲二丁目中地区再開発(東京都中央区)/延べ42万平米事務所ビル計画/準備組合


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
 東京駅のグランルーフから見た「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。八重洲ブックセンターなどがある一帯が計画地です。

八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮
 少し古いですが2015年1月の空撮です。赤色を付けたあたりが「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。東京駅のすぐ近くで東京メトロ銀座線の京橋駅も近くです。

 この写真はちょっと古いので計画地に隣接する「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)がタワークレーン組立て中ですが、現在は既に上棟しており低層部以外の外観まで完成しています。また、計画地の南側(写真左側)の「八重洲二丁目南地区」では、住友不動産が八重洲富士屋ホテル跡地を中心とした再開発を検討中です。こちらも超高層ビルが建設されるものと思われます。

八重洲方面の空撮
 2015年10月の八重洲方面の空撮です。現在、東京駅の目の前の八重洲地区では3棟の超高層ビル計画があり、これで全て概要が出揃いました。

 中央の「八重洲二丁目1地区」は「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」とも呼ばれている再開発で地上45階、高さ約245mの超高層ビルが建設されます。主な用途はオフィスですが、高層階はホテル、そして低層階には千代田区立の小学校が入ります。

 右側の「八重洲一丁目6地区」は「東京駅前八重洲一丁目東地区市街地再開発事業」とも呼ばれている再開発で地上54階、高さ約250mの超高層ビルが建設されます。主な用途はオフィスです。

 この空撮写真には名称を入れませんでしたが、右端の辺りでは「常盤橋街区再開発プロジェクト」があり高さ日本一となる地上61階、高さ約390mの超高層ビルと、地上37階、高さ約230mの超高層ビルが建設されます。他にも「八重洲二丁目1地区」の下の方では「京橋一丁目東地区」の再開発が行われており、地上23階、高さ150mのビルと、地上28階、高さ173mの超高層ビルが建設されます。他にもこの空撮に写っている範囲で超高層ビルが建設される場所は複数ありますが省略します。東京駅周辺は日本一の超高層ビル群となりそうです。

■(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名称:(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区八重洲2丁目4〜7
用途:オフィス、サービスアパートメント、店舗、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場
階数:地上46階、地下4階
高さ:約240m
敷地面積:約19,500
延床面積:約418,000
事業協力者:三井不動産、鹿島建設
再開発コンサルタント業務:日建設計
工期:2018年度解体;着工〜2023年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク