超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

住友不動産

TSK・CCCターミナルビル跡地に地上22階、高さ146mの超高層オフィスビル!住友不動産が「(仮称)六本木七丁目計画」を建設へ

(仮称)六本木七丁目計画 建築計画のお知らせ

 六本木に住友不動産による新規の超高層オフィスビルの建築計画のお知らせが設置されました。名称は「(仮称)六本木七丁目計画」で規模は地上22階、塔屋1階、高さ146m、敷地面積4,242.86屬紡个靴瞳築面積は3,100屐延床面積32,500屬箸覆辰討い泙后設計者は日建設計、施工者は大成建設で2021年5月末日着工、2024年9月末日竣工予定です。

 地上22階で高さ146mだと単純計算で1フロア6.636mとなってしまいますがどんなオフィスビルになるんでしょうね。塔屋でかなりの高さ稼いでいる「ミュージアムタワー京橋」が地上23階、高さ149.22mで似たような高さとなります。ここも塔屋で稼ぐ超高層オフィスビルになるのかもしれません。



(仮称)六本木七丁目計画

 2020年12月18日にヘリから撮影した六本木方面です。「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地は「六本木ヒルズ」と「東京ミッドタウン」の間の矢印を付けたあたりで「TSK・CCCターミナルビル」跡地です。詳細はよくわかっていないので言及は避けますが色々と問題のあった場所で不動産関係者の間では有名な土地のようです。



(仮称)六本木7丁目新築工事 建築計画のお知らせ

 ところでここは住友不動産が土地を取得したあと「(仮称)六本木7丁目新築工事」として地上34階、最高高さ120.56mのタワーマンションの建築計画のお知らせが設置されたこともありましたが、隣地を取得したとのことで計画が見直され、建築計画のお知らせも撤去されしばらくの間は広大な駐車場として使用されていました。

 そして2019年9月9日から解体工事が始まり、2021年1月15日にようやく新しい建築計画のお知らせが設置され新たな物件概要の判明に至っています。



(仮称)六本木七丁目計画

 2020年12月6日に「六本木ヒルズ」の展望台から見た「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。既に着工しているようにも見えますが地中障害撤去工事などが行われています。



(仮称)六本木七丁目計画

 こちらは2020年2月28日に「六本木ヒルズ」から撮影した「東京ミッドタウン」方面です。この中で右下に見える工事現場が「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。



(仮称)六本木七丁目計画

 ズームです。この頃は今よりも深く掘って地下部分などを解体していたようです。



(仮称)六本木七丁目計画

 さらに古くなりますが2019年12月14日にヘリから撮影した「六本木ヒルズ」です。左側の赤い網掛けをした場所が「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地です。



(仮称)六本木七丁目計画

 「(仮称)六本木七丁目計画」の建設地を上空から撮影。首都高側の白いビル「A7ビル」の両側に駐車場がありますが、新旧建築計画のお知らせの敷地面積の増加部分からして取得した隣地というのは左側の駐車場のことかと思います。

■物件概要■
計画名:(仮称)六本木七丁目計画
所在地:東京都港区六本木七丁目25番-1他(地番)
用途:事務所
階数:地上22階、塔屋1階
高さ:146m(最高146m)
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,242.86
建築面積:3,100
延床面積:32,500
建築主:住友不動産
設計者:日建設計 一級建築士事務所
施工者:大成建設
工期:2021年5月末日着工〜2024年9月末日竣工予定

梅田に住友不動産が56階建て賃貸タワマン!高さ約192m「(仮称)大阪梅田計画」の建設状況(2020.2.23)

(仮称)大阪梅田計画
完成予想図[出典:住友不動産]

 大阪駅から徒歩5分の位置で建設中の住友不動産のタワーマンション「(仮称)大阪梅田計画」(地上56階、高さ191.675m)の完成予想図です。

 4〜8階が総客室数202室のホテル、そして9階〜56階が「ラ・トゥール」ブランドの賃貸マンションとなります。総戸数は836戸という超巨大な賃貸のタワーマンションです。

 建設地は大阪北小学校・曾根崎幼稚園の跡地で「曽根崎お初天神通り商店街」に面しています。そのため低層部は店舗等となります。



(仮称)大阪梅田計画
完成予想図[出典:大阪府]

 大阪府の環境アセスメントのページに掲載されている完成予想図です。白が多いデザインでしたが住友不動産らしい黒を基調としたデザインに変更になっています。

 建築計画のお知らせや大阪府のHPでは「(仮称)梅田曽根崎計画」となっていますが、住友不動産のHPでは「(仮称)大阪梅田計画」となっています。名称は「ラ・トゥール梅田」か「ラ・トゥール大阪」になるかと予想していましたが現在の仮称を見ると「ラ・トゥール大阪梅田」が有力かと思います。



(仮称)大阪梅田計画
配置図[出典:大阪府]

 お初天神通りとある方が店が多いメインの商店街で、曽根崎中州通りとある方が細い路地で趣のあるお店が並んでいます。右端の道路は新御堂筋です。



(仮称)大阪梅田計画
位置図[出典:住友不動産]

 最寄駅は大阪メトロ谷町線「東梅田」駅のすぐ近くで徒歩2分の距離です。見ての通り他にも多くの駅が徒歩圏で、大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅徒歩2分、阪神本線「大阪梅田」駅徒歩4分、阪急神戸線・宝塚線・京都線「大阪梅田」駅徒歩5分、JR大阪環状線、ゆめ咲線、大和路線、阪和線、関西空港線、福知山線、神戸線、宝塚線、京都線「大阪」駅徒歩5分、大阪メトロ四つ橋線「西梅田」駅徒歩7分、JR東西線「北新地」駅徒歩7分となっています。

 地下街の「ホワイティ梅田」の出入口も目の前にあるため道路を渡らずどこへでも行けそうです。ちなみに自分は梅田ダンジョンとも呼ばれる地下迷宮を攻略できていないので移動するときはできる限り地上を歩いています(^^;)



(仮称)大阪梅田計画

 「梅田阪急ビル」の15階スカイロビーから見た「(仮称)大阪梅田計画」です。



(仮称)大阪梅田計画
完成予想図[出典:大阪府]

 同じ場所から見た完成予想図が環境アセスの資料に掲載されていました。



(仮称)大阪梅田計画

 目の前から撮影。家賃はまだ不明ですが間取りは1LDK〜3LDKで専有面積は40.3屐190.2屬箸覆辰討い泙后場所的にも「ラ・トゥール」シリーズということからもかなり高額な家賃になるのは間違いありません。最上階は月額3桁万円になるかと思います。



(仮称)大阪梅田計画

 地上56階、高さ191.675mの規模になることを考えると、こうして少し離れて「曽根崎東交差点」あたりから撮らないと全体がカメラに収まりきらないかと思います。



(仮称)大阪梅田計画

 右上に移りこんでいるのは新御堂筋の高架橋です。この高架橋があるため撮影スポットが少ないです。



(仮称)大阪梅田計画

 商店街内の交差点から撮影。この辺りが配置図に描かれていた広場スペースとなります。当初計画では約300屬旅さでしたが約500屬旅さへと拡大されています。



(仮称)大阪梅田計画 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。



(仮称)大阪梅田計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。大阪の建築計画には立面図と配置図があるのが良いですね。東京にはないのでいつも羨ましく見ています。

■物件概要■
仮称:(仮称)大阪梅田計画
計画名:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地:大阪府大阪市北区曽根崎2丁目73-2
用途:共同住宅、ホテル、店舗・貸会議室(文化交流施設)、大阪市管理施設
総戸数:836戸(賃貸住宅フロア9〜56階)
総客室数:202室(4〜8階)
階数:地上56階、塔屋2階、地下1階
高さ:191.675m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
敷地面積:6,837.63
建築面積:4,965.74
延床面積:108,608.36
事業者:住友不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2018年7月2日着工〜2022年3月下旬竣工予定

六本木のTSK・CCCビル跡地の駐車場で解体工事が始まる!過去には34階タワマンの建築計画のお知らせが設置されたことも

六本木7丁目の駐車場跡地

 六本木7丁目の広大な駐車場に動きがあったとメールで教えて頂いたので早速見てきました。

 ここは「TSK・CCCターミナルビル」跡地で色々とあり住友不動産が取得した土地で、一時期は地上34階建てのタワーマンションの建築計画のお知らせが設置されたこともありました。その後、住友不動産が隣地も取得し一体開発を行うとのことで、建築計画のお知らせも撤去され広大な駐車場となりその後はずっと何年も動きがありませんでしたが、ついにそのコインパーキングがついに閉鎖され解体工事のお知らせが設置されました。六本木通り沿いしか見ていませんが建築計画のお知らせは見当たりませんでした。ただ、近いうちに新たな動きがありそうですね。



(仮称)六本木七丁目駐車場の解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。名称は「(仮称)六本木七丁目駐車場施設撤去及び地中障害物撤去工事」で発注者は住友不動産で、解体工事を行うのは大成建設となっています。跡地の再開発概要は不明ですがそのときの施工者もそのまま大成建設となりそうです。



(仮称)六本木7丁目新築工事_建築計画

 これはかつて設置された「(仮称)六本木7丁目新築工事」の建築計画のお知らせです。このときは地上34階、最高高さ120.56mのタワーマンションでしたが、今はこれを超える規模の再開発に期待ですね。早く新たな情報が欲しいところです。



六本木7丁目の駐車場跡地

 六本木ヒルズの展望台から見た「TSK・CCCターミナルビル」跡地の駐車場です。結構な広さがあるためどのような再開発になるのか楽しみです。



六本木7丁目の駐車場跡地

 地上から見ているときは気が付かなかったのですが、駐車場の奥では地質調査のボーリングも行われていました。



東京ミッドタウン

 六本木ヒルズから見た東京ミッドタウンです。その途中に見える駐車場が現場となります。当初の計画通りタワーマンションとなるのか、計画はガラッと変わってオフィスビルになるのか。または住友不動産らしくオフィスの高層部にラ・トゥールなどの高級賃貸マンションとなるのか。一体どのような開発が計画されているんでしょうね。

梅田に住友不動産が56階建ての「ラ・トゥール」ブランドの超高級賃貸タワマン建設!

(仮称)梅田曽根崎計画
完成予想図[出展:大阪市]

 大阪駅近くに建設される「(仮称)梅田曽根崎計画」(地上56階、高さ191.675m)の完成予想図です。建築主は住友不動産のためシティタワーシリーズとして分譲するのかと思っていたのですが、昨日の日経新聞で住宅部の全836戸を「ラ・トゥール」ブランで賃貸にするとの記事が掲載されました。記事によると1〜2階が店舗、4〜8階が202室のホテル、そして9〜56階の全戸が賃貸住宅となるとのことです。

▼日経新聞(2019年2月25日)
関西最大級 56階建て賃貸タワマン 住友不動産、梅田に

▼大阪市:環境アセスメント
(仮称)梅田曽根崎計画


(仮称)梅田曽根崎計画
完成予想図[出展:大阪市]

 建設地に隣接する曽根崎お初天神通り商店街沿いから見た完成予想図です。


(仮称)梅田曽根崎計画
完成予想図[出展:大阪市]

 曽根崎中洲通り沿いから見た完成予想図です。


(仮称)梅田曽根崎計画
完成予想図[出展:大阪市]

 新御堂筋沿いから見た完成予想図です。


(仮称)梅田曽根崎計画
 ちょっと古いですが2018年11月24日に「大阪駅前第3ビル」から見た「(仮称)梅田曽根崎計画」の建設地です。建設地は大阪北小学校・曾根崎幼稚園の跡地です。東梅田駅のすぐ近くで地下街の「ホワイティ梅田」の出入口も目の前です。そこから大阪駅など周辺の駅や施設にだいたいどこにでも行けますが…梅田ダンジョンとも呼ばれる地下迷宮です。

(仮称)梅田曽根崎計画
 新御堂筋沿いから見た建設地です。

(仮称)梅田曽根崎計画
 曽根崎お初天神通り商店街から見た建設地です。なかなか良い撮影スポットがない場所ですが、建設が進んで来ると地上56階、高さ191.675mという規模なので、割と遠くからでも見えるようになるかと思います。

(仮称)梅田曽根崎計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。撮影時の共同住宅は分譲と賃貸となっていました。全戸賃貸で「ラ・トゥール」ブランドということなので「ラ・トゥール梅田」か「ラ・トゥール大阪」といった感じの名称になりそうですね。

(仮称)梅田曽根崎計画 建築計画のお知らせ
 南立面図です。

(仮称)梅田曽根崎計画 建築計画のお知らせ
 配置図です。左上が大阪駅方面となります。

■(仮称)梅田曽根崎計画の物件概要■
事業名:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地:大阪府大阪市北区曽根崎2丁目73-2
用途:共同住宅、ホテル、店舗・貸会議室、大阪市管理施設
総戸数:836戸
階数:地上56階、塔屋2階、地下1階
高さ:191.675m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
敷地面積:6,837.63
建築面積:4,940.65
延床面積:107,560.37
事業者:住友不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2018年7月2日着工〜2022年3月下旬竣工予定

住友不動産が19階建て分譲マンション「(仮称)御茶ノ水計画」を建設へ!

(仮称)御茶ノ水計画 新築工事
 御茶ノ水駅徒歩圏の住友不動産による分譲マンション「(仮称)御茶ノ水計画 新築工事」(地上19階、最高高さ63.00m)の建設地です。現在は来年3月31日までの工期で既存ビルの解体工事が行われています。

 建設地は神田明神の近くでこの目の前の道路を登ったところにあります。また、この坂を下ったところが秋葉原で、御茶ノ水駅は写真中央奥に見える高層ビル「新お茶の水ビルディング」(地上22階、高さ93.07m)の目の前にあります。

(仮称)御茶ノ水計画 新築工事
 少しだけ坂を登ったところから撮影。左に見切れている建物はボルタリング施設もある「B-PUMP TOKYO 秋葉原店」です。写真中央奥が「ワテラス」(地上41階、高さ164.8m)で、その右側が東京メトロ千代田線の新御茶ノ水駅直結の「御茶ノ水ソラシティ」(地上23階、高さ109.99m)です。

明神プロジェクト
 JR御茶ノ水駅前にある聖橋からの眺めです。中央で建設中の大きめのマンションが三井不動産の賃貸マンション「明神プロジェクト」(地上17階、高さ59.52m)で、この目の前が住友不動産の分譲マンション「(仮称)御茶ノ水計画 新築工事」の建設地です。

(仮称)御茶ノ水計画 新築工事 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)御茶ノ水計画 新築工事の物件概要■
計画名:(仮称)御茶ノ水計画 新築工事
所在地:東京都文京区湯島一丁目2番1他、東京都千代田区外神田二丁目47番2
用途:共同住宅
階数:地上19階、地下1階
高さ:59.99m(最高63.00m)
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:1,642.12
建築面積:604.32
延床面積:12,902.63
建築主:住友不動産
設計者:住友不動産シスコン
施工者:住友不動産シスコン
工期:2017年3月15日着工〜2019年7月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク