東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 建設工事が再開した「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、最高高さ249.72m)の建設地です。2024年1月27日に撮影しました。2023年9月19日に鉄骨が落下する事故が発生した建物で、2024年1月16日から工事が再開しています。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む