超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

九段下

地上24階、高さ86.3m「ホテルグランドパレス」の解体状況!跡地は三菱地所・三菱地所レジデンス等5社による複合ビル計画(2022.12.17)


ホテルグランドパレス

 九段下駅近くで解体工事中の「ホテルグランドパレス」(地上24階、高さ86.3m)です。2022年12月17日に北東側から撮影しました。2023年6月30日までの工期で竹中工務店によって解体工事が進められています。概要はまだ発表されていませんが、解体後の跡地には三菱地所等5社による複合ビルが建設される計画となっています。この記事では同ホテルの概要や解体状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上24階「ホテルグランドパレス」の解体状況!九段下駅徒歩1分で跡地は三菱地所等5社による複合ビル計画(2022.8.11)


ホテルグランドパレス

 九段下駅近く解体工事が始まっている「ホテルグランドパレス」(地上24階、高さ86.3m)です。2022年8月11日に撮影しました。2023年2月28日までの工期で竹中工務店によって解体工事が進められています。概要はまだ発表されていませんが、解体後の跡地には三菱地所等5社による複合ビルが建設される計画となっています。この記事では同ホテルの概要や解体状況、地図等を載せています。

続きを読む

九段下の地上24階「ホテルグランドパレス」の解体状況!跡地は三菱地所等5社による複合ビル計画(2022.6.4)

ホテルグランドパレス

 解体工事が始まっている「ホテルグランドパレス」です。2022年6月4日に撮影しました。規模は地上24階、塔屋1階、地下4階、高さ86.3m、延床面積48,887.28屐∩躓匱漆458室、設計者と施工者は竹中工務店で1972年2月に竣工し、同年に開業しましたが2021年6月30日に営業終了しています。

 現在は三菱地所に発注により2022年3月1日から2023年2月28日までの解体工期で竹中工務店によって解体工事が行われています。



ホテルグランドパレス

 解体後の跡地に関してホテルグランドパレス、三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝の5社が2021年9月22日付けで有効活用計画に関する基本協定書を締結しており、三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝は跡地の一部を取得し、ホテルグランドパレスとともに複合ビルを建設する計画となっています。

 規模や用途はまだ発表されていませんが、参加している企業から判断するとホテル、レジデンス、オフィス、商業施設が入るビルになる可能性があります。



ホテルグランドパレス

 敷地北東側から撮影。撮影から10日ほど経っているので今は全体に足場が設置されているかもしれません。



ホテルグランドパレス

 敷地北西側から撮影。住所的には千代田区飯田橋1丁目1番1号となりますが最寄駅は九段下駅です。



ホテルグランドパレス

 敷地北側には足場一式が少しだけ置いてあるのが見えました。



ホテルグランドパレス

 敷地南西側から撮影。



ホテルグランドパレス

 こちら側は低層部に足場が組まれていました。



ホテルグランドパレスの空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した「ホテルグランドパレス」の空撮です。中央やや左の矢印を入れました。跡地に建設されるビルの概要は続報待ちですが超高層複合ビルになるのは間違いないかと思います。



ホテルグランドパレス 位置図
位置図[出典:三菱地所]

 場所は目白通り沿いで「九段下」駅の北側に位置しており、東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅の3路線が利用可能となっています。



ホテルグランドパレス 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。

■物件概要■
名称:ホテルグランドパレス
所在地:東京都千代田区飯田橋一丁目1-1
交通:東京メトロ東西線・半蔵門線「九段下」駅
   都営新宿線「九段下」駅
用途:ホテル
総客室数:458室
階数:地上24階、塔屋1階、地下4階
高さ:86.3m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
敷地面積:6,604.74
建築面積:3,945
延床面積:48,887.28
建築主:ホテルグランドパレス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:1970年2月着工〜1972年2月竣工
解体:2022年3月1日〜2023年2月28日予定

地上17階「九段会館テラス」の建設状況!旧九段会館を一部保存・復原した腰巻ビルです(2022.3.27)

九段会館テラス

 旧九段会館を一部保存しながら建替え中の「九段会館テラス」(地上17階、最高高さ85.0m)です。1934年に完成した「九段会館」が一部保存される腰巻ビルで、建物内の2階と3階には、創建時の姿を再現した宴会場「鳳凰」と「真珠」が保存・復原され、2階の応接室・役員室として使われていた部屋は貸会議室として生まれ変わります。また、2階〜4階には、保存部分の重厚な雰囲気を残した小規模オフィスも設置されます。

 建築主は東急不動産と鹿島建設が出資する合同会社ノーヴェグランデ、設計者は鹿島・梓 設計・工事監理業務共同企業体、施工者は鹿島建設で2022年7月15日竣工予定です。国との70年間の定期借地となっています。



九段会館テラス

 昨日、2022年3月27日の撮影ですが周辺の桜はほぼ満開でした。



九段会館テラス

 「九段会館」の保存される箇所は瓦葺きの勾配屋根を塔屋とパラペットに冠する「帝冠様式」の特徴をよく表す建物北側と東側部分で、保存・復原工事は2021年12月に完了しています。その保存棟(旧九段会館部分)の5階屋上にはオフィスワーカー専用の屋上庭園とラウンジも設置されます。



九段会館テラス 屋上庭園イメージ
屋上庭園イメージ[出典:東急不動産]

 お濠とは反対側となる東側の屋上庭園の完成イメージです。こちらがオフィスワーカー専用部分で左側のところにラウンジが設置されます。



九段会館テラス 屋上庭園イメージ
屋上庭園イメージ[出典:東急不動産]

 お濠も望める北側の屋上庭園の完成イメージです。



九段会館テラス 屋上庭園イメージ
屋上庭園イメージ[出典:東急不動産]

 こちらは完成予想図に親子が描かれていることからも一般の人も行ける場所になりそうです。



九段会館テラス 5階平面図
5階平面図[出典:東急不動産]

 5階平面図を見ても東側と北側で屋上庭園への動線が異なります。



九段会館テラス

 昭和館側から見た旧九段会館部分です。こちらが正面玄関で目の前には「九段ひろば」が整備中でした。全体竣工は2022年7月予定です。



九段会館テラス

 お濠側となる南東側には日本武道館が見えます。



九段会館テラス お濠沿いテラスイメージ
お濠沿いテラスイメージ[出典:東急不動産]

 そのお濠側にはテラスが整備されます。



九段会館テラス

 九段下交差点から見た保存棟(旧九段会館部分)です。



九段会館テラス

 「九段会館テラス」のこちらと反対側は日本武道館や皇居外苑北の丸公園が広がるため開けた視界が広がります。徒歩1分の「九段下」駅は東京メトロ半蔵門線・東西線と都営新宿線の3路線が通っているため眺望も交通の便も良い立地です。



九段会館テラス

 東側の保存棟(旧九段会館部分)です。



九段会館テラス

 目の前にある「九段下まちかど広場」から見た「九段会館テラス」です。東側の半分くらいはエレベーターやトイレなどの設備スペースとなっており、事務室のメインは眺望の良い皇居外苑側ということがわかります。



九段会館テラス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:九段会館テラス
計画名:(仮称)九段南一丁目プロジェクト
所在地:東京都千代田区九段南一丁目6-5
交通:東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線「九段下」駅 徒歩1分
用途:事務所、店舗、診療所、集会場、駐車場
階数:地上17階、地下3階
高さ:75.0m(最高高さ85.0m)
構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:8,765.85
建築面積:5,123.02
延床面積:68,036.35
事業者:合同会社ノーヴェグランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:鹿島・梓 設計・工事監理業務共同企業体
施工者:鹿島建設
工期:2019年7月16日着工〜2022年7月15日竣工予定

ホテルグランドパレスが3月1日より解体開始!九段下駅近くのホテルで跡地は三菱地所等5社が複合ビルを計画

ホテルグランドパレス

 九段下駅近くのホテル「ホテルグランドパレス」(地上24階、高さ86.3m)です。1972年に開業し2021年6月30日に営業終了。2022年3月1日からは解体工事が始まります。

 解体後の跡地はホテルグランドパレス、三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝の5社が2021年9月22日付けで有効活用計画に関する基本協定書を締結しています。三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝は跡地の一部を取得して複合ビルを建設する計画となっています。規模や用途はまだ発表されていませんが、参加している企業からしてホテル、レジデンス、オフィス、商業施設が入るビルになるのかもしれません。



ホテルグランドパレス

 「ホテルグランドパレス」は地上24階、塔屋1階、地下4階、高さ86.3m、延床面積48,887.28屐∩躓匱漆458室のホテルで、竹中工務店の設計と施工で1972年2月に竣工しています。



ホテルグランドパレス

 解体工事の発注者は三菱地所で「ホテルグランドパレス」の建設を行った竹中工務店が解体工事を行います。解体工期は2022年3月1日から2023年2月28日までとなっています。



ホテルグランドパレス

 飯田橋駅方面となる北側から撮影。北側には既に仮囲いが設置されていました。



ホテルグランドパレス

 ただ、裏側から仮囲いの中を見るとまだ何も行われておらず設置されただけの状態でした。



ホテルグランドパレス

 その裏側から見上げた様子です。



ホテルグランドパレス

 裏側にはトンネル状の道路もあります。



ホテルグランドパレス

 建設も解体工事も竹中工務店となるので、跡地に建設する複合ビルも竹中工務店となりそうですね。



ホテルグランドパレス

 1枚目と同じ方向で近くから撮影。



ホテルグランドパレス

 こちら側では植栽の伐採が行われていました。



ホテルグランドパレスの空撮

 2019年12月14日に撮影した九段下方面の空撮です。左下の矢印を入れた場所が「ホテルグランドパレス」です。中央に見えている武道館にも近い場所で、最寄駅は東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線の3路線が乗り入れる「九段下」駅で徒歩1分です。



ホテルグランドパレスの空撮

 左側(北側)は飯田橋で東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線、JR総武線の5路線が乗り入れる「飯田橋」駅までは徒歩7分となっています。左上に見ている東京ドームまではGoogleMap調べで徒歩12分くらいの距離となっています。



ホテルグランドパレスの空撮

 2020年12月18日に内神田上空あたりから見た「ホテルグランドパレス」方面の空撮です。密集度は高くありませんが周辺には複数の超高層ビルがあります。



ホテルグランドパレスの空撮

 跡地には超高層複合ビルになるのは間違いないと思いますが、どの程度の規模になるんでしょうね。続報待ちです。



ホテルグランドパレス 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。

■物件概要■
名称:ホテルグランドパレス
所在地:東京都千代田区飯田橋一丁目1-1
用途:ホテル
総客室数:458室
階数:地上24階、塔屋1階、地下4階
高さ:86.3m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
敷地面積:6,604.74
建築面積:3,945
延床面積:48,887.28
建築主:ホテルグランドパレス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:1970年2月着工〜1972年2月竣工
解体:2022年3月1日〜2023年2月28日予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク