超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

世界貿易センタービル

世界貿易センタービルに解体工事のお知らせ設置!8月1日から鹿島建設によって解体が行われます

世界貿易センタービル既存本館・別館解体

 「世界貿易センタービル」(地上40階、最高高さ162.59m)の解体工事のお知らせが設置されました。工事の名称は「世界貿易センタービル既存本館・別館解体」で解体工期は2021年8月1日〜2023年3月31日で発注者は世界貿易センタービルディング、解体の施工者は鹿島建設となっています。解体工事のお知らせの高さ152mは軒高で塔屋を含めた最高部高さが高さ162.59mと思われます。

 解体工事は8月1日からとなっていますが「世界貿易センタービル」の本館・別館は2021年7月1日から閉館となります。館内に入れるのは今月末までとなるようです。

 解体後の跡地には地上46階、高さ約235mの超高層ビルへ建て替えが行われます。建替え後のビルには再び展望台が入ることはないようですが、高層部には約140室の国際水準のホテルが配置されます。



世界貿易センタービル既存本館・別館解体

 建築物等の解体等の作業に関するお知らせです。



世界貿易センタービル

 昨日撮影した「世界貿易センタービル」です。8月1日から解体工事が開始されますが、いきなりビル本体の解体は始まらないので解体開始から数ヵ月ははこの姿を見ることができると思います。



世界貿易センタービル

 国内の解体された超高層ビルで最も高かったのは「グランドプリンスホテル赤坂」、で地上40階、高さは138.9mでしたが、ここがその記録を塗り替えます。ちなみに赤プリは大成建設が開発した「テコレップシステム」で解体されました。鹿島建設には「鹿島カットアンドダウン工法」というだるまおとしのように建物を足元から解体する解体工法がありますが、ここはどういった解体工法が使われるのでしょうね。

▼赤プリの解体工事を定点観測した動画
【定点観測】赤プリ解体工事【テコレップシステム】



世界貿易センタービル

 2階には結構広いデッキがありますが7月1日に閉館するためそれと同時に封鎖されると思います。もし、閉館後もデッキ部分を通れる状態が続いたとしても8月1日の解体開始時には確実に封鎖されると思います。行くなら今のうちです。



世界貿易センタービル

 左のガラスカーテンウォールのオフィスビルは「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)で、建て替え後のビルはこれと同じ高さで計画されていましたが、高層部にホテルを追加して高さ約235mへと規模拡大となっています。



世界貿易センタービル

 「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」から撮影。ここから浜松町駅までペデストリアンデッキで接続されるようになるので、将来的には新しい「世界貿易センタービル」とも接続されることになりそうです。



世界貿易センタービル

 ズームです。茶色の最上部が高さ152mで最上部の白い塔屋部分の高さが162.59mだと思います。長年超高層ビルブログをやっていますが、高さに関してはどこの高さなのかはっきりとわからないことがほとんどです。



世界貿易センタービル

 「世界貿易センタービル」が竣工したのは1970年3月で当時は高さ日本一でしたが約51年で解体となります。ちなみにビルを建設したのは鹿島建設で、解体工事も鹿島建設となります。



世界貿易センタービル

 解体されるという話を聞いたのはいつだったか忘れるくらい何年も前ですが、いよいよ本当に解体されることになりますね。



世界貿易センタービル

 ここは最上階にあった展望台「シーサイドトップ」は入場料620円と安かったこともあり竹芝の再開発などを撮るのに何度も行っていました。地下の食堂はコミケの打ち上げに使ったりもしていました。



世界貿易センタービル

 赤プリをはじめとして超高層ビルの解体はいくつも見てきましたが、他のビルは見るだけで利用することはなかったのでそこまで寂しさは感じませんでしたが、こういった利用していた超高層ビルが解体されてしまうのは寂しいものがありますね。



世界貿易センタービル

 店舗は全部撤退したのか全て黒いテープが貼れていました。



世界貿易センタービル

 ビルの中に入ると引っ越しらしき作業が行われていました。



世界貿易センタービル

 まだまだ現役で使えそうなビルに見えますが、築51年もなるとやっぱり今の時代にはそぐわないんでしょうね。



(仮称)浜松町二丁目4地区A街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせはまだ規模拡大前のものでした。

■物件概要(建て替え前)■
名称:世界貿易センタービル
所在地:東京都港区浜松町二丁目4-1
用途:オフィス、ホール、店舗、展示場、バスターミナル
階数:地上40階、地下3階
高さ:152m(最高高さ162.59m)
構造:鉄骨造(高層部)、鉄骨鉄筋コンクリート造(低層部および地下)
敷地面積:16,080.99
建築面積:9,573.17
延床面積:153,941.22
建築主:東京ターミナル(現:世界貿易センタービルディング)
設計者:日建設計、武藤研究室(武藤構造力学研究所)
施行者:鹿島建設
工期:1967年8月着工〜1970年3月竣工

■物件概要(建て替え後)■
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:バスターミナル、タクシープール、ステーションコア、事務所、店舗、駐車場、駅舎、ホテル等
階数:地上46階、塔屋2階、地下3階
高さ:約235m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:約21,100
建築面積:約18,200
延床面積:約314,000
建築主:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:鹿島建設
施行者:未定
工期:2021年8月(解体含む)〜2027年2月竣工予定(A街区)

世界貿易センタービルが高さ約235mの超高層ビルへ建て替え!高層部はホテルに!地上46階「浜松町駅西口周辺開発計画」変更届が公開されました

浜松町駅西口周辺開発計画 断面図
断面図[出典:東京都観光局]

 昨日の記事の中で第一報を載せましたが「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)の建て替え等を行う「(仮称)浜松町二丁目4地区A街区」を含む「浜松町駅西口周辺開発計画」の事業計画の変更届が公開されました。

 「世界貿易センタービル」は当初は地上37階、高さ約200m規模のオフィスビルに建て替える計画でしたが、今回の変更で上部に約140室の国際水準のホテルを追加し地上46階、高さ約235mへと規模拡大されることになりました。

 この断面図のA-1棟が現在の「世界貿易センタービル」がある場所で、南側にあるA-3棟は先行して建設された「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)です。A-1棟に配置されるホテル部の上階だとA-3棟よりも高い位置となることがわかります。

 A-1棟とA-3棟の間にあるA-2棟はバスターミナルやカンファレンス、屋上庭園が整備されますが、このA-2棟で両棟が繋がっていることもあり建築基準法上ではA街区まとめて1棟扱いとなるようです。そのため同資料でもA街区をまとめた面積しか記載されておらず延床面積は約31万4000屬箸いδ饗腟模再開発となっています。

▼東京都観光局:環境影響評価図書(2021年5月19日)
「浜松町駅西口周辺開発計画」変更届



浜松町駅西口周辺開発計画 断面図
断面図[出典:東京都観光局]

 A-1棟の西側にあるB棟は「浜松町駅西口周辺開発計画」の中では一番最初に建設された「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)で、ホテル部はB棟よりも高い位置に配置され、陸側(B棟側)となる西向きの部屋は全室東京タワービューとなります。海側をセットバックしていることから眺望のメインは東京タワー側と考えているのかもしれません。

 A-1棟の海側には東京モノレール「浜松町」駅がありますが駅舎もモノレール棟として建設されます。駅の機能を止めずに再開発することになると思いますがどのように工事を行うんでしょうね。



浜松町駅西口周辺開発計画 配置計画図
配置計画図[出典:東京都観光局]

 「浜松町駅西口周辺開発計画」は大きくA街区とB街区に分かれており、開発中のA街区の事業者は世界貿易センタービルディング、鹿島建設、東京モノレール、東日本旅客鉄道の4社となっています。B街区の事業者は日本生命保険と大林組で既に「日本生命浜松町クレアタワー」が建設されています。また、B棟下の街区では「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、最高高さ185.43m)としてタワーマンションなどが建設Wされます。

 公開された資料を見ると高さ約235mとなるA-1棟とバスターミナルなどが入るA-2棟の工事が2021年8月から始まることになっているので、夏頃から「世界貿易センタービル」の解体工事に着手するものと思われます。着工時期は不明ですが2027年2月に竣工予定のようです。モノレール棟も含めた全体の竣工時期は2029年3月となっています。



世界貿易センタービル

 2019年12月14日の浜松町駅周辺の空撮です。中央の茶色のビルが「世界貿易センタービル」で、これから解体され地上46階、高さ約235mの超高層ビルへ建て替えが行われます。



浜松町駅西口周辺開発計画

 六本木ヒルズから見た「浜松町駅西口周辺開発計画」方面です。中央の板状のビルが「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)で、その左側にチラッと見える茶色のビルが「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)です。そしてその背後がソフトバンクの本社が入る「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(地上40階、高さ208.83m)で、これよりも高い超高層ビルへ建て替えられることになります。



浜松町駅西口周辺開発計画

 東京タワーのトップデッキから見た浜松町方面です。



浜松町駅西口周辺開発計画

 その中央が「浜松町駅西口周辺開発計画」です。それにしてもやっぱり規模拡大のニュースはいいですね〜。実は背後の「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」も当初計画の地上26階、高さ約151mから規模拡大しています。



世界貿易センタービル

 その「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」から見た「世界貿易センタービル」です。高さ約235mだとこの画角でギリギリ入るかどうかといった感じですかね。



世界貿易センタービル

 2021年5月8日に撮影した「世界貿易センタービル」です。軽く見た感じではまだ解体工事のお知らせは見当たりませんでした。ただ、もうすぐ解体工事のお知らせが設置されるかと思います。



(仮称)浜松町二丁目4地区A街区 建築計画のお知らせ

 同じ日に撮影した建築計画のお知らせです。もちろんまだ高さ235mは反映されていませんでした。

■物件概要(A街区)■
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:バスターミナル、タクシープール、ステーションコア、事務所、店舗、駐車場、駅舎、ホテル等
階数:地上46階、塔屋2階、地下3階
高さ:約235mm
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:約21,100
建築面積:約18,200
延床面積:約314,000
建築主:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:鹿島建設
施行者:未定
工期:2021年8月(解体含む)〜2027年2月竣工予定(A街区)

「世界貿易センタービル」の地上40階にある展望台「シーサイド・トップ」から見た営業最終日の眺め(2021.1.31)

世界貿易センタービル

 2021年1月31日に撮影した「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)です。1970年3月竣工で当時は日本一の高さを誇る超高層ビルでした。ここの40階には展望台「シーサイド・トップ」がありましたが昨日、2021年1月31日に営業終了となりました。



浜松町駅前の超高層ビル群

 浜松町では再開発が続いており直近では「世界貿易センタービル」の南側(写真左側)には「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)が建設されました。次は「世界貿易センタービル」を2021年度に解体して同じくらいの高さの超高層ビルへ建て替えが計画されています。展望台の営業終了はコロナ禍でお客さんが減ったとかではなく解体に向けての準備開始ということかと思います。ちなみに隅々まで見たわけではありませんが解体工事のお知らせはまだ見当たりませんでした。



世界貿易センタービル

 そんなわけで最終日の「世界貿易センタービル」の展望台「シーサイド・トップ」に行ってきました。いつもは空いている展望台ですが1階には大行列ができていました。



世界貿易センタービル

 カウンターに設置されていた2021年1月31日営業終了のお知らせです。営業終了の文字のところにある「東京ガスビル」(地上27階、高さ116m)が横に伸びていたり、2021年の文字あたりに昨年完成した「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(地上40階、高さ208.83m)の場所には解体前の都産貿があったりといつの写真だ?といった感じのが使われていました。



世界貿易センタービル

 券売機の隣には展望台カウントダウンがあってあと0日となっていました。



世界貿易センタービルからの眺め

 そんなこんなで2021年1月31日、展望台営業最終日の眺めです。



世界貿易センタービルからの眺め

 色々な再開発を見るために何度も来た展望台でした。



世界貿易センタービルか見た虎ノ門ヒルズ

 「虎ノ門ヒルズ」もキレイに見える位置でした。



世界貿易センタービルからの眺め

 この景色がもう見られなくなってしまったのは残念です。建替え後のビルにも展望台があるといい嬉しいのですがどうなんでしょうね。



世界貿易センタービルからの眺め

 「東京タワー」がキレイに見える展望台でもありました。ただ、左に見切れてる「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)が建設されたため西側の景色の大部分がなくなり、東京タワーが見える場所は北西角のわずかな部分だけとなっていました。



世界貿易センタービルから見た東京タワー

 その場所から見た「東京タワー」です。展望台内でも一番人気の場所でここは撮影のための列ができていました。



世界貿易センタービルから見た夕焼け

 展望台に行ったのは夕方近くだったため田町方面では夕焼けが始まっていました。



世界貿易センタービルから見た夕焼け

 南東角に行くと沈んで行く太陽が見えました。太陽が見える窓は少なかったので「世界貿易センタービル」から最後の日の入りを見れた人は少なかったと思います。



世界貿易センタービルから見た夕焼け

 「シーサイド・トップ」から見る最後の太陽は雲の中に消えていきました。



世界貿易センタービルから見た東芝ビルディング

 日没後に撮影した「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)です。ここは高さ235mのツインタワーへの建て替えが計画されており、まずはビル本体の隣にある低層部が本日より解体工事開始予定となっています。



世界貿易センタービルから見た南館

 上の写真で右側に見切れていた「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)です。目の前に建設されたため南側の景色もほぼなくなっていました。



世界貿易センタービルから見た竹芝方面

 竹芝方面です。1階にあったお知らせの写真とは景色が全然違います。中央はソフトバンクの本社が入る「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」(地上40階、高さ208.83m)です。



世界貿易センタービルからの眺め

 月島、勝どき方面です。



世界貿易センタービルから見た汐留

 汐留方面です。



世界貿易センタービルから見た汐留シティセンター

 「汐留シティセンター」(地上43階、最高高さ215.75m)の最上部のホバーリングスペース(空撮を見たらヘリポートのHマークではなく着陸できないホバーリングスペースを示すRマークでした)もよく見える場所でした。あまりこの部分が見える場所はないので、最上部がこうなっていることを知らない人は結構いるかと思います。



世界貿易センタービルから見た東京スカイツリー

 汐留のタワーマンションの間からは東京スカイツリーも見える展望台でした。



世界貿易センタービルから見た東京スカイツリー

 ただ、窓がよくない展望台だったので解像度が悪い写真しか撮れませんでした。。



世界貿易センタービルから見た東京タワー明井

 そして展望台から見る最後の東京タワー夜景です。ここは三脚禁止、暗幕禁止、景色が歪む保護フィルムと悪条件が重なる展望台でしたが最後に何とかいい感じに撮影できました。三脚なしの手持ちでも何とか撮影できるトワイライトタイムだったのも良かったです。本当は写真に非常口が反射して映り込んでいましたが除去しています。



世界貿易センタービルから見た夜景

 解像度は悪いですが最後にこの夜景を見れたのは良かったです。以上、営業最終日に撮影した「世界貿易センタービル」の展望台「シーサイド・トップ」からの眺めでした。

地上39階、高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館 」の建設状況(2020.8.15)

世界貿易センタービルディング 南館

 旧芝離宮恩賜庭園から撮影した浜松町駅前の超高層ビル群です。左が建設中の超高層オフィスビル「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)です。右側の「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)は2021年度に解体に着手し同程度の高さの超高層ビルへの建替えが予定されています。



世界貿易センタービルディング 南館

 旧芝離宮恩賜庭園は「世界貿易センタービルディング 南館」を撮影するには良い場所ですが、このように午後に行くと逆光で良い写真が撮れません…。行くなら朝イチですね。



世界貿易センタービルディング 南館

 入り口あたりからもう1枚。基準階面積は471.67坪(1,559.25)で高さ約200mの超高層ビルとしては1フロアの面積はそれほど広くはなありません。



世界貿易センタービルディング 南館

 北側から撮影。こちら側にエレベーターやトイレなどの設備が配置されています。



世界貿易センタービルディング 南館

 北西側から見た様子です。



世界貿易センタービルディング 南館

 手前は「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約190m)の建設地で既存ビルの解体工事が行われています。随分と解体が進んだことで下の方まで見えるようになってきました。



世界貿易センタービルディング 南館

 そのため少し移動して見上げるとこのような超高層ビル群を見ることができます。この場所には高さ約190mのタワーマンションが建設され、そして「世界貿易センタービル」は解体されるので今だけの景色です。



世界貿易センタービルディング 南館

 近付いて見上げてみました。このクラスの高さになるとシンプルなデザインでも格好いいです。



世界貿易センタービルディング 南館

 こちらの南側がオフィスフロアの正面となります。



世界貿易センタービルディング 南館

 JR浜松町駅側から撮影。この角地にはかつて「渡邉ビル」がありました。



渡邉ビル

 解体前の「渡邉ビル」です。浜松町が職場だった頃はこの前を毎日歩いていたので懐かしいです。



世界貿易センタービルディング 南館

 「汐留芝離宮ビルディング」前の広場から撮影。



世界貿易センタービルディング 南館

 超高層ビル群と言えるほどの棟数ではありませんが高さがあるのでいい感じです。右側の「世界貿易センタービル」には展望室がありますが、再開発後のビルに展望室が入る話は今のところ聞いていません。2021年度に解体着手の予定のため展望台に行けるのもあともう少しだけです。



世界貿易センタービルディング 南館

 その展望室から見た「世界貿易センタービルディング 南館」です。以前はこの方向には「クレストプライムタワー芝」(地上39階、高さ131.9m)が見えていましたが全く見えなくなっています。

 こうして超高層ビルが建設されるたびに今まで見えていたのがどんどん見えなくなりますが、超高層ビル群としてはどんどん成長しています。数十年後の超高層ビル群はどれくらい成長しているんでしょうね?想像がつきません。

■物件概要■
名称:世界貿易センタービルディング 南館
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定

上棟!高さ約197m「世界貿易センタービルディング南館 」の建設状況(2020.6.6)

世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅前で建設中の超高層オフィスビル「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)です。建設地からは少し離れた金杉橋南交差点から撮影しました。高さ200m近い超高層ビルだけあってあちこちから見えます。



世界貿易センタービルディング南館

 既に最上階まで達しており見た感じでは塔屋まで建設が進んで上棟しているように見えます。



世界貿易センタービルディング南館

 ガラスカーテンウォールを使ったシンプルなデザインですが、これだけの高さとなるとシンプルなデザインでも格好いいです。



世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅の出入り口前から見上げて撮影。さすがに足元は画角に入り切りません。



世界貿易センタービルディング南館

 その足元ではオフィスロビーに繋がると思われる階段が整備中でした。



世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅からは遠い側にエスカレーターが設置されていました。普通は駅に近い側にエスカレーターを設置だと思いますが、ここはオフィスロビーと浜松町駅が接続されることになるんでしょうね。



世界貿易センタービルディング南館

 そのエスカレーター側から見上げて撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 浜松町駅近くが職場だった時代もあるので、浜松町駅周辺がどんどん変化して行く様子に感慨深いものがあります。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)と「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)の間から撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 JRの高架越しに撮影。やっぱりこれくらいの高さになるとどこから撮っても絵になりますね。



世界貿易センタービルディング南館

 「汐留芝離宮ビルディング」のデッキから撮影。



世界貿易センタービルディング南館

 デッキを下りたところからの広場から見てもなかなかいい感じでした。茶色の「世界貿易センタービル」はこれから解体され、高さ約200mの超高層ビルへと建て替えが行われます。



世界貿易センタービルディング南館

 東京タワーから見た「世界貿易センタービルディング南館」(地上39階、高さ197.321m)です。



世界貿易センタービルディング南館

 「世界貿易センタービルディング南館」の手前ではタワーマンションとなる「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上47階、高さ約190m)が計画されており現地では既存ビルの解体工事が始まっています。



世界貿易センタービルディング南館 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:世界貿易センタービルディング南館(業務棟)
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:事務所、店舗、駐車場、地域冷暖房施
階数:地上39階、地下3階
高さ:197.321m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:21,007
建築面積:18,724
延床面積:95,239
建築主:世界貿易センタービルディング、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:日建設計、鹿島建設
施行者:鹿島建設
工期:2017年9月1日着工〜2021年1月竣工予定(南館)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク