超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

三田

高さ215m「東京三田再開発プロジェクト」の建設状況!タワークレーンが3基設置されました(2020.11.7)

東京三田再開発プロジェクト

東京三田再開発プロジェクト 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 三田で建設中の住友不動産による超高層オフィスビル「東京三田再開発プロジェクト三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業)」(地上42階、高さ215m)の完成予想図です。地下に店舗スペースがありますが、基本的にはオフィス機能専用の超高層オフィスビルとなります。

 場所は田町駅から品川駅方面に徒歩5分の位置で、東京タワーが道路の先に見えることで有名な「札の辻交差点」の角地が建設地です。背後に薄く同じ赤色を使ったデザインのビルが描かれていますが、これは同じく住友不動産の「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:東京都都市再生分科会]

 少し古い完成予想図です。ビルのデザインは最初の完成予想図の通りとなるかと思いますが、ここで見て欲しいのは地上部です。「札の辻交差点」に現在はL字型の歩道橋がありますが、その歩道橋は拡張され再開発ビルに繋がり、そしてそのまま高台の三田四丁目方面にも繋がります。また、反対側は芝浦方面に繋がる「札の辻橋」にも接続されます。人の流れが変わる大きな再開発となります。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:東京都都市再生分科会]

 左が高台側となりますが高台には住宅棟も建設され、傾斜地には緑地が整備されます。



東京三田再開発プロジェクト 配置図
配置図[出典:東京都]

 赤枠に入っていない「三田ツインビル西館」は既存の施設ですが、同じ住友不動産ということでそこと繋がる緑地となります。



東京三田再開発プロジェクト

 2020年10月25日に東京タワーのトップデッキから見た「東京三田再開発プロジェクト」です。このときはタワークレーンが1基だけ設置されていました。



東京三田再開発プロジェクト

 その背後には「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)がありますが、ここに建設されるビルは高さ215mとなるので完全に見えなくなるかもしれません。



東京三田再開発プロジェクト

 タワークレーンが見えたので後日現地に行って見るとタワークレーンが3基に増えていました。撮影は2020年11月7日です。



東京三田再開発プロジェクト

 やっぱりタワークレーンが3基あると迫力がありますね。



東京三田再開発プロジェクト

 高台側から見ると近くの別の建設現場もありタワークレーンが5基も見える賑やかな景色になっています。



東京三田再開発プロジェクト

 この辺りは高くても高さ約180mのためここは頭一つ抜けた高さとなります。



東京三田再開発プロジェクト

 タワークレーンが3基設置されましたがそろそろ鉄骨が組まれ始めるんですかね。高さ200m超えは数えられる程度しかないので楽しみです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:200,540
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定




三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 高台側の住宅-1棟(地上9階、地下1階、高さ31.5m)の建設地です。「旧東急アパート本館・別館」がありましたが解体され更地となっています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 ここは高台のため1階でも5〜6階程度の高さはありそうな場所です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 このように高台かつ傾斜地のためこのあたりが地下1階となり、見た目的には10階建てになる気がしています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 その隣も「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地に含まれていますがまだ解体される気配はありません。配置図を見た感じだと広場3あたりだと思うので再開発の最後の方に解体されるのかもしれません。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 この「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」も計画地に含まれていますが、結局ここはどうなるんでしょうね?再開発に参加せずに虫食い状態になっているところを見るとがっかりしますが、ここだけは虫食い状態で残して欲しい建物です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。超高層ではないので物件概要は省略します。完成予定はオフィスビルより遅い2024年8月中旬予定となっています。




三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 坂の下にある複合棟2(地上7階、高さ28.5m)の建設地です。用途は幼稚園、専修学校となっており、ここには敷地内にある聖徳学園や聖徳大学などが移転するものと思わます。それまでは奥にある校舎で授業を続け、移転後に解体され広場となることになりそうです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 現地では三田通り沿いの既存ビルの解体が進んでいました。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 そして敷地奥では巨大なプレハブ事務所が建設中でした。かなりの大きさですが何人くらい収容できる広さがあるんでしょうね。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2 建築計画のお知らせ

 複合棟2の建築計画のお知らせです。こちらも超高層ではないので物件概要は省略します。




おまけ・クウェート大使館

クウェート大使館

 場所は変わって「札の辻橋」を渡ったところにある三田警察署前交差点に架かる歩道橋からの眺めです。右奥に見えるタワークレーンが「東京三田再開発プロジェクト」の建設地で、その左の超高層ビルが「住友不動産三田ツインビル西館」で、左手前が「住友不動産三田ツインビル東館」です。これら同じ住友不動産の物件で西館の敷地とは繋がるため再開発ビルは「住友不動産三田ツインビル北館」とかになるのではとも思っています。



クウェート大使館

 ところで「札の辻橋」の先に怪しげな建物が見えます。



クウェート大使館

 これは丹下健三作品の「クウェート大使館」で再開発によって既存ビルが解体されたことにより見えるようになっています。タワークレーンは右側に見えるのでオフィスビルに隠れることはなさそうですが、住宅棟の工事が進むとまた見えなくなりそうです。そのため今だけの景色です。



クウェート大使館

 もう少し近くから撮影。ここの建設現場に行くと毎回「クウェート大使館」を撮影していますが、いつまで見られるのかはわかりません。



クウェート大使館

 高台を登った側からも見ることができます。



クウェート大使館

 目の前には道路がありますが、その道路から見上げるとこの通り。やっぱり少し離れた場所から見るのがいいですね。

地上23階「ザ・パークハウス 三田タワー」の建設状況!イタリア大使館の隣のタワマンです(2020.8.10)

ザ・パークハウス 三田タワー

 三田の高台で建設中のタワーマンション「ザ・パークハウス 三田タワー」(地上23階、最高高さ78.76m)です。撮影時点で18階あたりまで建設が進んでいました。



ザ・パークハウス 三田タワー

 「ザ・パークハウス 三田タワー」は「メゾン三田」(地上11階、1968年竣工)の建替えで、国内初の「マンション建替法に基づく容積率の緩和特例制度」が適用されたプロジェクトで容積率が400%から463.5%へ増えています。



ザ・パークハウス 三田タワー

 南と西側は薄いネットしかありませんでしたが、北と東側は中が見えない防護ネットに覆われていました。



ザ・パークハウス 三田タワー

 建設地から一番近い幹線道路の桜田通り沿いにある公園から見た「ザ・パークハウス 三田タワー」です。



ザ・パークハウス 三田タワー
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 完成予想図です。斜めになっている角が中層部から少し前に出るデザインとなっています。



ザ・パークハウス 三田タワー
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 下から見上げた完成予想図です。このようなデザインの場合の窓拭きはどうやるんでしょうね?長い棒を付けたブラシでも使うのでしょうか。気になります。



ザ・パークハウス 三田タワー
エントランス外観完成予想CG[出典:公式HP]

 エントランスです。



ザ・パークハウス 三田タワー
外観俯瞰CG[出典:公式HP]

 上から見ると全体的に円が描かれています。



ザ・パークハウス 三田タワー
Sタイプ リビング・ダイニング完成予想CG[出典:公式HP]

 建設地の西側はイタリア大使館で、そのさらに隣は綱町三井倶楽部があります。そのため住戸によってはそれらを借景する景色が広がります。よっぽどのことがない限りこれらの施設が再開発されることはないと思うので、半永久眺望と言ってもよい場所かと思います。



ザ・パークハウス 三田タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。マンションの建替えのため総戸数111戸のうち事業協力者住戸は57戸となっています。公式HPを見ると現在は8戸が先着順申込受付中で間取りは2LDK、3LDK、専有面積は77.25屐102.73屐販売価格は1億5200万円〜2億4300万円となっています。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス 三田タワー
仮称:(仮称)三田二丁目計画
計画名:(仮称)メゾン三田建替計画
所在地:東京都港区三田2丁目31番1他2筆(地番)
用途:共同住宅
総戸数:111戸(事業協力者住戸57戸含む)
階数:地上23階、地下2階
高さ:75.76m(最高高さ78.76m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
基礎工法:杭基礎工法
敷地面積:1,972.83
建築面積:672.08
延床面積:13,216.95
建築主:メゾン三田管理組合
売主:三菱地所レジデンス・旭化成不動産レジデンス
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年5月1日着工〜2021年3月中旬竣工予定
入居:2021年5月中旬予定

地上22階「ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー」の建設状況(2020.8.10)

ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
完成予想図[出典:公式HP]

 白金高輪駅と麻布十番駅の間で建設中のタワーマンション「ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー」の完成予想図です。

 地上22階、地下2階、最高高さ79.405mのタワー棟と地上7階、地下2階のレジデンス棟で構成される分譲マンションで、三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産の3社が売主です。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
配置図[出典:公式HP]

 L字型の敷地にレジデンス棟、タワー棟、ラウンジ棟が配置されます。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
位置図[出典:公式HP]

 最寄駅は「白金高輪」駅が徒歩8分、「麻布十番」駅が徒歩9分、「三田」駅が徒歩12分とどの駅からもちょっと距離があります。ただ、その分色々な駅が徒歩圏となっています。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 地上22階、最高高さ79.405mとなる建設中のタワー棟です。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 北側の部屋が東京タワービューとなります。南向き信仰が強い日本ですが北側の方が眺望良好のタワーマンションって人気が高いのは北側になるんですかね?



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 敷地北側では地上7階建てのレジデンス棟の建設も始まっています。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 今は隙間からタワー棟が見えますが、レジデンス棟が上棟するとこのあたりからタワー棟は見えなさそうです。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 タワーマンションでも低層のレジデンス棟があるところは結構ありますが、そういったマンションはタワー棟の低層階とレジデンス棟ではどっちが人気なんですかね?建設現場巡りはしていますが、モデルルーム巡りはしていないのでそういった知識が全然ありません。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 公式HPを見ると13戸が先着順申込受付中となっています。間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は46.35屐121.44屐販売価格は6790万円〜2億6700万円となっています。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
計画名称:(仮称)港区三田5丁目計画
所在地:東京都港区三田五丁目66番4
用途:共同住宅
総戸数:266戸(事業協力者住戸11戸含む)
階数:地上22階、地下2階
高さ:70.00m(最高高さ79.405m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎・直接基礎
敷地面積:5,260.23
建築面積:2,581.84
延べ面積:31,367.11
建築主(売主):三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産
設計者:フジタ
施行者:フジタ
工期:2018年11月27日着工〜2021年10月中旬竣工予定
入居:2021年12月上旬予定

旧東京簡易保険支局跡地「(仮称)三田一丁目計画」の概要が判明!三井不レジと三菱地所レジによる約1100戸の14階建てマンションに!

(仮称)三田一丁目計画 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 昨日から「(仮称)三田一丁目計画」の港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧が開始されました。これは現在解体工事中の「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」跡地の再開発で、既存建築物の意匠や素材の一部を継承したマンションとなります。この完成予想図の正面部分が意匠を継承した部分となるようです。

▼港区:環境アセスメント(2020年8月11日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧【(仮称)三田一丁目計画】
縦覧期間:20202年8月11日(火曜日)〜2020年9月10日(木曜日)まで



(仮称)三田一丁目計画 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 同計画の規模は地上14階、地下2階、高さ約45.5m、敷地面積約25,200屐延床面積14,500屬5棟構成、約1100戸という巨大なマンションとなります。事業者は三井不動産レジデンシャルと三菱地所レジデンスの2社です。



(仮称)三田一丁目計画 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 このように南棟、西棟、北棟、東‥錙東棟の5棟構成となります。



(仮称)三田一丁目計画 立面図(南棟、東棟)
立面図(南棟、東棟)[出典:港区]

 南棟が「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」の意匠の一部を継承したデザインとなっています。



(仮称)三田一丁目計画 立面図(東‥錙∪湘)
立面図(東‥錙∪湘)[出典:港区]

 各棟の正確な規模は不明ですが西棟が一番低い棟となることはわかります。その西棟上階2層は完成予想図とこの立面図からしてルーフテラスがある部屋になるようです。



(仮称)三田一丁目計画 南北断面図
南北断面図[出典:港区]

 南北断面図を見ると両棟の間には共用部と書かれているので、格棟は1階部分で接続されるようになりそうです。南棟側は周辺駅からは遠い位置となりますがメインエントランスが配置されます。駅から近い敷地北西側にはサブエントランスが設けられる計画となっています。



(仮称)三田一丁目計画 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 場所は麻布十番駅と赤羽駅の間の南側で、幹線道路や取得からは少し離れた静かな場所です。



(仮称)三田一丁目計画 計画地周辺の鉄道網図
計画地周辺の鉄道網図[出典:港区]

 計画地周辺の鉄道網図を見るとJR田町駅も近くにありますが歩くにはちょっと距離があります。



旧東京簡易保険支局

 2019年12日14日にヘリから撮影した「(仮称)三田一丁目計画」の計画地方面です。いつもなら赤い網掛けをするところですが既存建物の「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」が特徴的で網掛けは邪魔になりそうなので無しです。

 手前の緑地で道路左側が「綱町三井倶楽部」、右側が「イタリア大使館」です。これらの緑地を借景できる立地です。



旧東京簡易保険支局

 少しズームです。今回は超高層物件ではないのでここで超高層情報を…左上のタワーマンションは「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)です。



旧東京簡易保険支局

 さらにズームです。屋上はバスケットコートなどがあったのでしょうか?色々線が引いてあるのが見えます。撮影時には既に仮囲いが設置され西側の建物は既に解体が始まっていました。



旧東京簡易保険支局

 こちらは解体が始まる前の2019年8月3日に撮影したの「旧東京簡易保険支局かんぽ生命保険東京サービスセンター)」です。



旧東京簡易保険支局

 こちらは2020年8月10日の撮影ですが両側が解体されたことがわかります。完成予想図を見るとこの正面部分の意匠が継承されます。



旧東京簡易保険支局

 横から見るとこの通り横側は既に解体されています。



旧東京簡易保険支局

 こちらは解体前に南西側から見た様子です。



旧東京簡易保険支局

 今はこのように解体されてしまっています。



旧東京簡易保険支局

 東側もこのように解体されています。



旧東京簡易保険支局

 東側にあった建物も解体され「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」が見えるようになっています。



旧東京簡易保険支局 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。工期は2019年10月9日〜2020年12月9日までとなっています。



(仮称)三田一丁目計画 工事工程
工事工程[出典:港区]

 「(仮称)三田一丁目計画」の工事工程です。55ヶ月間の工期が予定されています。

■物件概要■
名称:(仮称)三田一丁目計画
所在地:東京都港区三田一丁目4-60
用途:共同住宅、駐車場等
総戸数:約1100戸
駐車場:約510台
自転車:約550台
自動二輪車:約10台
階数:地上14階、地下2階
高さ:約45.5m
敷地面積:約25,200
延床面積:約145,000
事業者:三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス
工期:2020年度着工〜2024年度竣工予定
供用開始:2024年度予定

眈招設・青木あすなろ建設の新本社ビル!地上18階、高さ約86m「(仮称)TCGビル新築計画」の建設地の様子(2020.6.27)

(仮称)TCGビル新築計画
完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設、青木あすなろ建設が本社・本店を置く「TCGビル」の建て替え「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.83m)の完成予想図です。

 この完成予想図が公開されたときは地上16階、地下1階、延床面積約15,000屬之弉茲気譴討い泙靴燭、現地に設置された建築計画のお知らせでは地上18階、地下1階、延床面積16,492.86屬傍模拡大されています。そのため実際に建設されるビルは若干変わるかと思います。



(仮称)TCGビル新築計画

 2015年10月にヘリから撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」の建設地です。赤い網掛けをしました。当時はまだ「TCGビル」がありました。



(仮称)TCGビル新築計画

 こちらは2016年10月の空撮です。場所は第一京浜沿いの角地でJR田町駅とJR浜松町駅の間です。距離的にはJR田町駅の方が近く都営線の三田駅の方がさらに近い立地です。



(仮称)TCGビル新築計画

 2020年6月27日に撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」の建設地です。既存の「TCGビル」の解体は既に終わっているようにも見えましたが解体工期は8月31日までとなっており、着工予定は9月1日となっています。竣工予定は2023年2月28日までと規模の割には長めになっています。



(仮称)TCGビル新築計画

 第一京浜を田町駅側に移動して撮影。背後に見えるタワーマンションは「グローバルフロントタワー」(地上34階、最高高さ119.5m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 今度は浜松町側から撮影。中央奥に見える超高層ビルは数日前に街区全体竣工が発表された田町駅前の「msb Tamachi(ムスブ田町)」で「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上31階、高さ168.98m)といったツインタワーがあります。

 それらと比べるとここは小規模なビルとなりますが、大きな通りが交差する角地のため第一京浜を通っているときにはそれなりに目立つビルとなりそうです。



(仮称)TCGビル新築計画

 最後は2019年1月にセスナから撮影した東京の超高層ビル群です。矢印を付けたあたりが建設地です。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.83m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,492.86
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック総合計画事務所・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク