超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

三田小山町西地区

地上44階、地上29階「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」再開発組合の設立認可!

三田小山町西地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 東京都より「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」を計画している三田小山町西地区市街地再開発組合の設立を9月10日に認可すると発表がありました。

 同再開発事業は麻布十番駅近くの首都高目黒線の東側で、地上44階、高さ約165mと地上29階、高さ約125mのタワーマンションが建設されます。2021年の権利変換計画認可を経て、2023年3月に着工、2027年3月の竣工を予定しています。以前の情報と変わりなければ参加組合員として三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社が参画、事業協力者は戸田建設と大成建設となっています。総事業費は約1081億円となっています。

▼東京都:報道発表資料(2020年9月9日)
三田小山町西地区市街地再開発組合の設立を認可します



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 計画地は北街区と南街区に分かれており、両街区の間には区画道路も整備されます。敷地西側の古川沿いには親水広場、南東側には公園も整備されます。

 北街区にはトライスター型となる地上44階、高さ約165mの住宅A棟、南街区には地上29階建ての住宅B棟が建設されます。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 北街区に建設されるタワーマンションは地上44階、塔屋2階、地下1階、高さ約165mで北側にはオフィス棟も建設されます。用途は住宅、オフィス、店舗で延床面積は約109,380屬箸覆辰討い泙后0柄阿両霾鵑畔僂錣蠅覆韻譴仭躙与瑤鰐790戸です。ただ、地上45階で計画されていた頃の情報なので最新の計画戸数は異なるかもしれません。

 南街区に建設されるタワーマンションは地上29階、塔屋2階、地下1階、高さ約125mで東側には住宅C棟も建設されます。用途は住宅、店舗、保育園で延床面積は約71,750屬箸覆辰討い泙后0柄阿両霾鵑畔僂錣蠅覆韻譴仭躙与瑤鰐510戸です。ただ、地上33階で計画されていた頃の情報なのでこちらも最新の計画戸数は異なるかもしれません。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は麻布十番駅の東側で、首都高の一ノ橋ジャンクションの南東側の一帯で、地区面積約2.5haという広さがあります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 2019年12月14日にヘリから撮影した「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。建設地の右隣は「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.06m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)です。今の麻布十番駅周辺はこの2棟がランドマーク的存在となっていますが、



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 2020年8月30日に六本木ヒルズから撮影した「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。何となく敷地に赤い網掛けをしました。

 「パークコート麻布十番 ザ タワー」よりも35mくらい高く、そしてトライスター型となるのでA棟はかなり存在感のあるタワーマンションとなりそうです。

■物件概要(北街区)■
事業名:三田小山町西地区第一種市街地再開発事業(北街区)
所在地:東京都港区三田一丁目
用途:住宅、オフィス、店舗
総戸数:約790戸
階数:地上44階、地下1階
高さ:約165m
敷地面積:約10,900
建築面積:約5,900
延床面積:約109,380
事業主:三田小山町西地区市街地再開発準備組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社
事業協力者:戸田建設、大成建設
工期:2023年3月着工、2027年3月竣工予定

■物件概要(南街区)■
事業名:三田小山町西地区第一種市街地再開発事業(南街区)
所在地:東京都港区三田一丁目
用途:住宅、店舗、保育園
総戸数:約510戸
階数:地上29階、地下1階
高さ:約125m
敷地面積:約9,500
建築面積:約4,700
延床面積:約71,750
事業主:三田小山町西地区市街地再開発準備組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社
事業協力者:戸田建設、大成建設
工期:2023年3月着工、2027年3月竣工予定

地上45階、33階「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」夏には本組合設立認可の見通し!

三田小山町西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:港区]

 麻布十番駅のすぐ近くの三田小山町西地区で計画されている「三田小山町西地区市街地再開発事業」の完成予想図です。約4年前に都市計画案の縦覧で公開された資料の完成予想図になります。

 このように何年も前から計画がありましたが、本日の建設通信新聞に三田小山町西地区市街地再開発準備組合が夏にも本組合の摂理認可を得る見通しとなったと掲載されました。ようやく同再開発事業が動き出すこになります。

▼建設通信新聞:2020年3月30日
夏に本組合設立認可/延べ18万屐22年度着工/三田小山町西再開発



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:港区]

 敷地真ん中に道路を軸に上が北街区、下が南街区となっており、規模は以前の情報を合わせると北街区のトライスター型の住宅A棟が地上45階、地下1階、最高高さ165m、事務所棟が地上8階、高さ55mとなっています。

 また、南街区の住宅B棟が地上33階、地下1階、最高高さ125m、住宅C棟が地上16階、高さ80mとなっており、C棟の東側には公園も整備されます。

 北街区は総戸数約790戸、南街区は約510戸、合わせて約1300戸という巨大なタワーマンションとなります。場所からして億超えが当たり前のマンションとなると思いますが、戸数が多いので分譲されると都内の平均分譲価格を押し上げるマンションとなりそうです。

 参加組合員予定者は三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社、事業協力者は戸田建設と大成建設、コンサルタントはアール・アイ・エーが担当しています。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 「三田小山町西地区市街地再開発事業」の計画地に赤い網掛けをした空撮写真(2019年12月14日撮影)です。建設地の隣は「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.06m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)が並んでいますが、これらよりも大きなタワーマンションが建設されることになります。

 右上には東京タワーが写っていますが、「パークコート麻布十番 ザ タワー」があるので東京タワーが見える部屋は意外と少ないのかもしれません。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 位置図を無理やり空撮写真にはめ込んでみました。無理やり合成しているので多少のずれはありますが、だいたいこのような位置関係となります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 もう少し左側の空撮写真です。隣にはY字型が目立つ首都高の一ノ橋ジャンクションがあります。また大きな通りは麻布通りでこの地下に都営メトロ南北線の「麻布十番」駅があります。また、首都高とぶつかったところの左側の地下には都営大江戸線の「麻布十番」駅があります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 六本木ヒルズの展望台から見た「三田小山町西地区市街地再開発事業」の計画地方面です。写真中央あたりに地上45階、最高高さ165mの住宅A棟、その右側に地上33階、最高高さ125mの住宅B棟が将来見えるようになります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 最後は3月21日に東京タワーから撮影した計画方面の眺めです。まだ解体工事などは行われていないようです。今後のスケジュールは2021年度の権利変換計画認可を経て2022年度に着工、2026年度の完成を予定しています。

■物件概要■
計画名称:三田小山町西地区第一種市街地再開
所在地:東京都港区三田一丁目
用途:共同住宅、事務所、店舗
総戸数:約790戸(北街区)、約510戸(南街区)
階数:地上45階、地下1階(北街区)、地上33階、地下1階(南街区)
高さ:約165m(北街区)、約125m (南街区)
敷地面積:約10,900(北街区)、約9,500(南街区)
建築面積:約5,900(北街区)、約4,700(南街区)
延床面積:約108,200(北街区)、約71,400(南街区)
事業主:三田小山町西地区市街地再開発準備組合
参加組合員(予定者):三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社
事業協力者:戸田建設と大成建設
コンサルタント:アール・アイ・エー
工期:2022年度着工、2026年度竣工予定

三田小山町西地区の都市計画案の縦覧開始!

 このブログでも何度か取り上げている「三田小山町西地区」ですが、昨日、2月22日から3月7日までの期間で都市計画案の縦覧が開始されました。それに伴い港区のHPにおいて資料が公開されています。

▼東京都港区:2016年2月22日
三田小山町西地区に関する都市計画案について

三田小山町西地区の完成予想図
三田小山町西地区の完成予想図[出典:港区]

 たぶん今回が初公開の「三田小山町西地区」の完成予想図です。


三田小山町西地区の配置図
三田小山町西地区の完成予想図[出典:配置図]

 配置図と見比べた方がわかりやすいかと思いますが、トライスター型の住宅A棟が一番大きく地上45階、地下1階、最高高さ165mとなります。次の大きな住宅B棟は地上33階、地下1階、最高高さ125mとなります。そして住宅C棟は高さ80m、事務所棟高さ55mとなります。


三田小山町西地区の配置図
 配置図をGoogleMapに重ねあわせてみました。かなり大きな再開発ということがわかるかと思います。場所は麻布十番駅のすぐ近くで東隣には「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.06m)が建っていますが、それよりも大きなタワーマンションとなります。

六本木ヒルズから見た三田小山町西地区
 六本木ヒルズから見た「三田小山町西地区」の計画地です。配置図などと見比べて計画地に色を付けてみました。多少ずれいるかもしれませんが、名称を入れたあたりに各棟が建設されます。

六本木ヒルズから見た三田小山町西地区
 同方向を少し広角で見た様子です。この位置にトライスター型のタワーマンションはかなり目立ちそうです。

六本木ヒルズ方面の夜景
 近くの某タワーマンションから撮影した六本木ヒルズ方面の夜景です。「三田小山町西地区」に建つタワーマンションからはこれと同じような夜景が望めるようになります。すぐ隣に「パークコート麻布十番 ザ タワー」が建っているので東京タワーが見える部屋は少なさそうです。完成予定は2023年度とまだかなり先なのでそれまでに周辺の景色は色々と変わっているかもしれません。

■三田小山町西地区市街地再開発事業の物件概要■
[北街区]
住宅A棟:地上45階、地下1階、高さ165m
事務所棟:高さ55m
延床面積:約108,200
敷地面積:約10,900
建築面積:約5,900

[南街区]
住宅B棟:地上33階、地下1階、高さ125m
住宅C棟:高さ80m
延床面積:約71,400
敷地面積:約9,500
建築面積:約4,700

[今後のスケジュール]
2016年6月:都市計画決定
2017年度:市街地再開発組合設立認可
2018年度:権利変換計画認可
2019年度:工事着工
2023年度:工事完成

三田小山町西地区の地上45階建てと33階建てタワーマンション計画

三田小山町西地区の空撮
 以前載せた写真の使い回しですが麻布十番駅の東側に位置する三田小山西地区の空撮です。赤枠で囲った部分が「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」で地上45階建てと33階建てのタワーマンションなどが計画されています。

 昨日から「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」の環境影響評価書案に係る見解書の縦覧が開始されており、何か新しい情報がないかと思っていたところ建設通信新聞に同再開発の記事が掲載されました。今まで判明している情報と合わせて計画概要を載せていきます。

 計画地は三田1丁目の北西側で麻布十番駅や一ノ瀬JCTのすぐ近くで「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)の隣の約2万0400屬良瀉呂任后左に橋が写っていますがその橋から「パークコート麻布十番 ザ タワー」にかけて新しく道路が整備されます。この空撮は上がちょうど北となりますが、その道路で分断して北街区と南街区に分かれます。

 北街区の北側に地上10階、高さ約50mの事務所棟が建設されます。1階が店舗、2階以上がオフィスフロアとなります。そして「パークコート麻布十番 ザ タワー」の西側には地上45階、高さ約165m、総戸数約790戸となる住宅A棟が建設されます。3階以上が住宅フロアとなります。以前見た配置図ではトライスター型となります。総延べ面積は約10万8200屐敷地面積は約1万0900屐建築面積は約5900屬任后

 南街区の西側には地上33階、高さ約125mの住宅B棟と東側には地上16階、高さ約66mの住宅C棟が建設されます。C棟の1階は店舗となります。総延べ面積は約7万1400屐敷地面積は約9500屐建築面積は約4650屬任后

 事業協力者は戸田建設と大成建設、事業計画のコンサルタント業務をアール・アイ・エーで、スケジュールは2015年度に都市計画決定、2017年着工、2020年の完成予定となっています。

▼建設通信新聞:2015年3月12日
新年度に都計決定/総延べ18万屐17年着工/三田小山町西地区市街地再開発

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業 A棟_20141227
 現地で撮影した「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」のA街区方面です。この橋から中央の「パークコート麻布十番 ザ タワー」にかけて新しく道路が整備されます。

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業 B棟_20141227
 「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」のB街区方面です。左に見切れているのは「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)

六本木ヒルズから見た麻布十番方面
 六本木ヒルズから見た「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」方面の景色です。近隣のタワーマンション「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」の相場と、それらよりも規模が大きく麻布十番駅にも近いことを考えると普通のサラリーマンには手が出せないかなり高額なタワーマンションとなりそうです。

■(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業の物件概要■
[北街区]
住宅A棟:地上45階、地下1階、高さ約165m
事務所棟:地上10階、地下1階、高さ約50m
総延べ面積:約10万8200
敷地面積:約1万0900
建築面積:約5900

[南街区]
住宅B棟:地上33階、地下1階、高さ約125m
住宅C棟:地上16階、地下1階、高さ約66m
総延べ面積:約7万1400
敷地面積:南街区約9500
建築面積:南街区約4650

[全体]
敷地面積:約2万0400
総戸数 :計約1300戸
事業協力者:戸田建設、大成建設
事業計画のコンサルタント:アール・アイ・エー
見解書:トーニチコンサルタント

[今後の予定]
都市計画決定:2015年
解体工事着手:2017年
建物竣工:2020年


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク