超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

三田

新「TCGビル」の建設状況!地上18階、高さ85.834mの眈哨灰鵐好肇薀ショングループの本社ビルとなります(2022.1.18)

(仮称)TCGビル新築計画

 田町と浜松町の間で建設中の「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.834m)です。2022年1月18日に目の前を通る第一浜から撮影しました。同ビルは眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設と青木あすなろ建設が本社・本店を置いていた「TCGビル」の建て替えとなります。



(仮称)TCGビル新築計画

 建設地は第一京浜と日本で2番目に短い国道である国道130号(旧海岸通り)が交差する芝4丁目交差点の角地で、第一京浜が大きくカーブする場所でもあります。



(仮称)TCGビル新築計画

 旧海岸通りを海側に行った場所から撮影。建設地の隣はJR山手線や新幹線、東京モノレールの高架があります。



(仮称)TCGビル新築計画

 東京モノレールの高架下あたりから撮影。モノレールが通るまで待ちたかったのですが、ずっとこの場で立ち止まっているのも怪しいので移動。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町駅のペデストリアンデッキからはモノレールと一緒に撮ることができました。



(仮称)TCGビル新築計画

 もう少し広角で撮影。左は数日前のブログに載せた「田町タワー」(地上29階、高さ156m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 場所は変わって恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た「(仮称)TCGビル新築計画」です。



(仮称)TCGビル新築計画

 白金高輪駅周辺のタワーマンション群の隙間から見えていますがかなり埋もれてしまっています。



(仮称)TCGビル新築計画

 こちらは2021年12月27日に六本木ヒルズから撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」です。高層部だけ見えました。背後は「グローバルフロントタワー」(地上34階、最高高さ119.5m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 広角で撮影。そこまで高さのあるビルでもないので六本木ヒルズからは完全に埋もれそうです。



(仮称)TCGビル新築計画

 こちらは東京タワーのトップデッキから撮影。ここからだと低層フロアまで見えます。



(仮称)TCGビル新築計画

 東京タワーからレインボーブリッジ方面を見ると見つけることができます。



(仮称)TCGビル新築計画

 さらに広角で撮影。東京都心で高さ100m以下だとやっぱり埋もれてしまいそうですが、第一京浜を浜松町駅側から田町駅側に行くと正面に見えるのでかなりの存在感があります。



(仮称)TCGビル新築計画 完成予想図
完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 「(仮称)TCGビル新築計画」の完成予想図です。「建設会社の本社ビルとしてふさわしい美しい建物」が設計コンセプトとなっています。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.834m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,488.64
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定

田町駅近く「春日ビル」の解体工事開始!跡地には高さ100mのオフィスビル計画があります(2022.1.18)

春日ビル

 田町駅近くの第一京浜沿いにある「春日ビル(NEC春日ビル)」(地上10階、高さ31m、1966年竣工)の解体工事が始まりました。発注者は中央日本土地建物、解体工事を行う施工者は清水建設で2021年12月1日〜2023年6月30日の工期で解体が行われます。



春日ビル

 撮影した2022年1月18日時点では解体用の足場が組まれ始めていました。解体後の跡地は「(仮称)春日ビル建替計画」として最高高さ100m、延床面積約55,500屬濃務所、カンファレンス、子育て支援施設、店舗、駐車場、駐輪場で構成されるビルへの建て替えが計画されています。



春日ビル

 作業車両の出入口とするためか一部解体されている場所もありました。



春日ビル

 4〜10階は総戸数389戸の「UR都市機構田町駅前市街地住宅」となっていました。古いビルだったためか田町駅のすぐ近くとしては格安の家賃でした。



春日ビル

 田町駅周辺は超高層ビルやタワーマンションが点在する場所でしたが、徐々に超高層ビルの密度が高くなってきています。



春日ビル

 2020年12月18日にヘリから撮影した田町駅周辺の超高層ビル群で、左側の矢印を入れた場所が「春日ビル」です。



(仮称)春日ビル建替計画 計画地位置図(広域)
計画地位置図(広域)[出典:港区]

 計画地は田町駅の近くで敷地内には都営浅草線「三田」駅の出入口もりました。そのため再開発ビルとなる「(仮称)春日ビル建替計画」は「三田」駅直結となりそうです。



(仮称)春日ビル建替計画 計画地位置図(詳細)
計画地位置図(詳細)[出典:港区]

 線路を挟んだ南側では「東京工業大学田町キャンパス土地活用事業」(地上36階、高さ約178m)の計画もあり、田町駅周辺の差開発はまだまだ続きそうです。



春日ビル 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。

■物件概要■
事業名:(仮称)春日ビル建替計画
所在地:東京都港区芝五丁目34 番
用途:事務所、カンファレンス、子育て支援施設、店舗、駐車場、駐輪場
階数:不明
高さ:約100m
敷地面積:約5,140
延床面積:約55,500
事業者:日本土地建物
工期:2022年度着工〜2024年度竣工予定

田町タワーの建設状況!地上29階、高さ156mの三田駅直結、田町駅にデッキ直結の超高層オフィスビルです(2022.1.18)

田町タワー

 三田駅直結となる超高層オフィスビル「田町タワー」(地上29階、高さ156m)です。JR田町駅の海側にある階段から2022年1月18日に撮影しました。

 事業名は「(仮称)TTMプロジェクト」で「TTM」は事業主である徳栄商事(T)、田町ビル(T)、三菱重工業(M)の3社の頭文字となっています。設計者は三菱地所設計、施工者は清水建設で2023年4月末日の竣工予定です。



田町タワー

 建設地は三菱自動車の本社があった「第一田町ビル」と「徳栄ビル」の跡地です。



田町タワー

 目の前にはJR「田町」駅のホームがありますが、改札までは接続される隣の「森永プラザビル」のペデストリアンデッキを経由して徒歩2分となります。



田町タワー

 建設地の目の前を通る第一京浜沿いから撮影。



田町タワー

 建設地は明治維新前夜の慶応4年3月14日に幕府の陸軍総裁、勝海舟が西郷隆盛と会見し江戸無欠開城を取り決めた「勝・西郷会談」の行われた薩摩藩屋敷跡とのことで、ここにはそれを示す田町薩摩邸(勝・西郷の会見地)附近沿革案内がありました。現在は建替えに伴い保管中とのことなので敷地内のどこかに再び設置されることになるかと思います。



田町タワー

 背後の超高層ツインビルは「msb Tamachi(ムスブ田町)」の「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)と「田町ステーションタワーS」(地上32階、高さ168.98m)で新しい超高層オフィスビルです。田町駅徒歩圏内では数日前のブログに載せた「東京三田再開発プロジェクト」(地上42階、高さ215m)も建設中で、大規模オフィスビルが増加しています。



田町タワー

 「森永プラザビル」のペデストリアンデッキから撮影。このペデストリアンデッキと「田町タワー」は接続されJR「田町」駅まで直結徒歩2分となります。



六本木ヒルズから見た三田方面の眺め

 少し過去に戻って2021年12月27日に「六本木ヒルズ」の展望台から見た三田方面の超高層ビル群です。



田町タワー

 「田町タワー」(地上29階、高さ156m)の建設地にズームです。



田町タワー

 さらにズームです。免震 + 制振のハイブリッド構造システムとなります。



田町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:港区]

 「田町タワー」の完成予想図です。一部壁面を少しずらした特徴的なデザインとなっています。



田町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 夜景バージョンの完成予想図です。窓明かりを見るとわかりますが塔屋部分がかなり大きなオフィスビルとなります。



田町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 海側から見た完成予想図です。



田町タワー 断面図
断面図[出典:公式HP]

 フロア構成は地下1階〜2階がレストラン&ショップ、3階がスポーツジム、保育所、4階が英語にも対応した健診センター・クリニックとテナント専用ラウンジ、そして6〜28階がオフィスフロアとなります。



田町タワー 28階平面図
28階平面図[出典:公式HP]

 オフィスフロアとしては最上階となる28階の平面図です。展望テラスもある高さ130m地点のプレミアムオフィスフロアとなります。



田町タワー 基準階平面図(中層階)
基準階平面図(中層階)[出典:公式HP]

 中層階の基準階平面図です。



田町タワー 基準階平面図(中層階)
基準階平面図(中層階)[出典:公式HP]

 その中で緑色で囲まれた場所は…



田町タワー レイアウトプラン
レイアウトプラン[出典:公式HP]

 木彫デッキのテラス風の空間となります。ジャロジー窓の採用で自然の風を取り入れることも可能となります。



田町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 主に休憩場所として使用されるスペースとなりそうです。



田町タワー エントランスホール完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 2層吹き抜けのエントランスホールの完成予想図です。



田町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:公式HP]

 「田町タワー」は都営三田線・浅草線「三田」駅と直結となります。



田町タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:田町タワー
計画名称:(仮称)TTMプロジェクト
所在地:東京都港区芝5丁目315番1他
用途:事務所、飲食物販店舗、診療所、運動施設、保育所、駐車場
階数:地上29階、塔屋1階、地下2階
高さ:156m(最高156m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、免震+制振のハイブリッド構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:8,617.93
建築面積:5,949.77
延床面積:112,178.97
建築主:三菱重工業
事業主:田町ビル、徳栄商事、三菱重工業
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
工期:2021年1月末着工〜2023年4月末日竣工予定

東京三田再開発プロジェクトの建設状況!住友不動産による地上42階、高さ215mの超高層オフィスビルです(2022.1.18)

東京三田再開発プロジェクト

 住友不動産による超高層オフィスビル「東京三田再開発プロジェクト三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。2022年1月18日に田町駅前のペデストリアンデッキから撮影しました。

 左後ろの赤いビルは同じ住友不動産による「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。同再開発は西館と同じく赤いラインを使ったデザインとなっているため、ツインビルのもう片方にも見えますが、少し離れた場所に「住友不動産三田ツインビル東館」があります。



東京三田再開発プロジェクト

 目の前の札の辻交差点に架かる歩道橋から見上げて撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部です。西館に比べて赤いラインが細いですが色は同じに見えます。



東京三田再開発プロジェクト

 高輪ゲートウェイ駅側に移動して撮影。田町駅側から見ると普通の箱型ですがこちらか見ると斜めに切り込まれています。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部でセットバックし、中層部で少し形が変わることがわかります。



京三田再開発プロジェクト

 三田の高台側から撮影。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 同じ場所から高台側を見ると「旧東急アパート本館・別館」跡地で建設中の「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」(地上9階、高さ31.5m)を真横から見ることができます。背後の要塞のようなビルは丹下健三作品の「クウェート大使館」です。



東京三田再開発プロジェクト

 住宅棟-1の建設地越しに撮影。地上部の建設が始まるとこの景色は見られなくなります。



東京三田再開発プロジェクト

 見るからにワンフロアが大きなビルですが、高層階(35階)でも889.33坪(2939.89)という広さがあります。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(35F)
基準階平面図(35F)[出典:住友不動産]

 その35階の基準階平面図です。オフィスフロア部には柱のない無柱空間となります。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部はさらに大きく7階の基準階で1203.68坪(3979.02)の広さがあります。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(7F)
基準階平面図(7F)[出典:住友不動産]

 その7階の基準階平面図です。セットバックする前のフロアのため最大幅は90mあります。



東京三田再開発プロジェクト

 高台を下る坂の途中から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 高台を下った場所から撮影。手前の同再開発の敷地で聖徳学園の校舎などがあります。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 その聖徳学園の移転先として「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2」(地上7階、高さ28.5m)が建設中です。1、2階が幼稚園、3階からが専門学校となります。現在の校舎がある場所には広場が整備されます。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 奥の方では鉄骨が組まれて始めていました。



東京三田再開発プロジェクト

 場所を変えて高輪ゲートウェイ駅のデッキから撮影。ツインタワーのようにそびえ立っているので目立ちます。



東京三田再開発プロジェクト

 さらに場所を変えて恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た白金・高輪・三田方面です。



東京三田再開発プロジェクト

 「東京三田再開発プロジェクト」にズームです。



東京三田再開発プロジェクト

 ここからは日付が古くなって2021年12月27日に東京タワーから見た「東京三田再開発プロジェクト」です。



東京三田再開発プロジェクト

 こちらは六本木ヒルズから見た様子です。この辺りでは最も高い超高層ビルとなるのでランドマーク的存在となりそうです。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「東京三田再開発プロジェクト」の完成予想図です。札ノ辻交差点に架かる歩道橋が架け替えられ「札の辻橋」側と高台側に延伸されます。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 その歩道橋から見た完成予想図です。現在の歩道橋とは全く外観が違うため新しく架け替えられることがわかりますが、今はまだ工事は始まっていません。



東京三田再開発プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:199,709
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定

眈招設・青木あすなろ建設の新本社ビル!地上18階、高さ約86m「(仮称)TCGビル新築計画」の建設状況(2021.11.23)

(仮称)TCGビル新築計画

 田町と浜松町の間で建設中の「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.834m)です。眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設、青木あすなろ建設が本社・本店があった「TCGビル」の建て替えでです。

 建設地は第一京浜と日本で2番目に短い国道の国道130号(旧海岸通り)が交差する芝4丁目交差点の角地です。第一京浜が大きくカーブしている交差点のため浜松町側からは道路の先に見えるビルとなります。



(仮称)TCGビル新築計画

 タワークレーン2基で建設中で撮影時は外壁の工事は行なわれておらず鉄骨だけが組まれている状態でした。



(仮称)TCGビル新築計画

 板状のビルで浜松町側は丸い角となっています。



(仮称)TCGビル新築計画

 建設地の隣には山手線や新幹線などJRの高架と東京モノレールの高架があります。

 超高層とは関係ありませんが写真に写っている青いスーパーはランボルギーニのアヴェンタドールSJVで新車価格は5000万円オーバーです。近くにあるランボルギーニのディーラーがあるのでこの辺を歩くとランボルギーニを見かけることがあります。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町駅側から東京モノレールの高架下から撮影。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町駅のデッキから撮影。左のタワークレーンは今朝のブログに掲載した「(仮称)TTMプロジェクト」(地上29階、高さ156m)の建設地で、右奥に見えているのが「(仮称)TCGビル新築計画」です。



(仮称)TCGビル新築計画

 ズームです。背後には「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)が見えているので、地上43階、高さ228.88mと地上45階、高さ227.28mのツインタワーとなる「芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)」が見える場所にもなります。



(仮称)TCGビル新築計画

 最後は11月20日に渋谷スカイからの景色です。ロケットのような形をした「日本電気本社ビル」(地上43階、高さ180m)の左後ろが「(仮称)TCGビル新築計画」です。



(仮称)TCGビル新築計画 完成予想図

完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 「(仮称)TCGビル新築計画」の完成予想図です。は「建設会社の本社ビルとしてふさわしい美しい建物」を設計コンセプトとなっています。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.834m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,488.64
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク