超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

三宮

最上階にインフィニティプール!地上32階、高さ164m「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」高層階に「EVOL HOTEL KOBE(仮称)」が出店

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ
外観イメージ[出典:テイクアンドギヴ・ニーズ]

 神戸三宮駅前の大規模再開発「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、高さ約164m)の完成予想図です。同再開はバスターミナル、公益施設、商業施設、業務施設、宿泊施設等で構成される複合施設で、建物内には歩行者用歩廊が整備され、周辺デッキとも接続され駅まで行けるようになります。この完成予想図は「雲井通5・6丁目地区」で左が雲井通5丁目地区となります。

 雲井通5丁目地区に建設される超高層ビルの高層階には神戸初のラグジュアリーブティックホテル「EVOL HOTEL KOBE(仮称)」が出店することがテイクアンドギヴ・ニーズより発表されました。六甲山やポートアイランドなど神戸らしい景色を一望できる高さ約150mに位置し、最上階には幅30mのインフィニティプールや、眺望を楽しめるテラス付きレストラン、バー、スパなどが備えられます。旅慣れた大人が“ホテルで過ごすこと”自体を堪能できるホテルとなります。

▼テイクアンドギヴ・ニーズ:ニュースリリース(2022年5月18日)
2023 年の渋谷・富ヶ谷に続き、渋谷・道玄坂と神戸へ
テイクアンドギヴ・ニーズが新たに 2 つのホテルを出店
〜TRUNK(HOTEL)と新ブランド「EVOL HOTEL(仮称)」で展開〜




神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:雲井通5丁目再開発]

 2019年9月の都市計画提案時の断面図です。低層部にはバスターミナルの他に店舗も設けられ、その上にホールと図書館が配置されます。中層部はオフィスフロアとなり高層部がホテル「EVOL HOTEL KOBE(仮称)」となります。



EVOL HOTEL KOBE(仮称) ルーフトッププール
EVOL HOTEL KOBE(仮称) ルーフトッププール[出典:テイクアンドギヴ・ニーズ]

 最上階の屋上にはインフィニティプールが配置されます。シンガポールのマリーナベイサンズで有名になったあのプールと同じような仕様です。



EVOL HOTEL KOBE(仮称) 客室
EVOL HOTEL KOBE(仮称) 客室[出典:テイクアンドギヴ・ニーズ]

 客室は住友不動産のタワーマンションで見かける床から天井までが窓のダイレクトウィンドウとなるようです。客室は60〜70室で想定客室単価は3万円〜20万円となっています。



神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 バスターミナル 乗降場イメージ
バスターミナル 乗降場イメージ[出典:雲井通5丁目再開発]

 中・長距離バスターミナルの完成予想図です。



神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 バスターミナル 待合空間イメージ
バスターミナル 待合空間イメージ[出典:雲井通5丁目再開発]

 駅周辺に分散しているバス停が集約されわかりやすくなります。



神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:雲井通5丁目再開発]

 「神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地は三ノ宮駅の東側で、ミント神戸との間が「雲井通6丁目地区」となっています。



神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三菱地所]

 計画地には神戸市勤労会館、神戸市中央区役所、東横INN神戸三ノ宮2、サンパル、雲井通小公園があります。



神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:雲井通5丁目再開発]

 計画地の北東側には神戸市で最高層の「シティタワー神戸三宮」(地上54階、高さ190m)があります。この図には描かれていませんが駅前では「JR三ノ宮新駅ビル開発」(地上32階、高さ約160m)の計画もあり、三ノ宮駅周辺は大きく進化していきます。

■物件概要■
計画名称:神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目
交通:JR「三ノ宮」駅、阪神「神戸三宮」駅、ポートライナー「三宮」駅、阪急「神戸三宮」駅、地下鉄「三宮」「三宮・花時計前」駅
用途:商業施設、バスターミナル施設、公益施設、業務施設、宿泊施設
総客室数:60〜70室
階数:地上32階、塔屋1階、地下2階
高さ:約164m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:約8,230
建築面積:−
延床面積:約98,900
建築主:雲井通5丁目再開発
特定事業参加者:三菱地所(代表企業)、三菱倉庫・神鋼不動産
特定業務代行者:大林組
工期:2022年度以降着工(解体工事を含む工期約5年)
開業:2027年度頃開業予定(EVOL HOTEL KOBE(仮称))

JR三ノ宮新駅ビル開発のイメージパース等が公開!地上32階、高さ約160mの商業施設、ホテル、オフィスで構成される複合ビルを建設へ

JR三ノ宮新駅ビル開発 イメージパース
イメージパース[出典:神戸市]

 「JR三ノ宮新駅ビル開発」について、JR西日本、UR西日本支社、神戸市より計画概要が公開されました。商業施設、ホテル、オフィスで構成される複合ビルで、規模は地上32階、塔屋2階、地下2階、高さ約160m、敷地面積約8600屐延床面積約10万屬如2022年度にJR西日本とURは都市計画提案を行い、都市計画決定を経て2023年度着工、2029年度の開業を目指します。

 各社報道を総合するとフロア構成は地下1階〜10階が約1万9000屬両Χ隼楡漾12〜17階は賃貸面積約6000屬離フィス、18〜30階が約250室のホテル、そして31階にはレストランフロアとなります。完成予想図を見ると商業、オフィス、ホテル部とセットバックしており、商業施設部の上には屋上広場も整備されます。

▼神戸市:記者資料提供(2022年3月30日)
JR三ノ宮新駅ビル開発について



JR三ノ宮新駅ビル開発 イメージパース
イメージパース[出典:神戸市]

 商業施設となる低層部の完成予想図です。神戸の産業や多様な食文化を背景とした付加価値の高い“モノ提案”や地域生活者の生活を豊かにする“コト・トキ提案”など、リアルとオンラインを組み合わせて「神戸ならでは」の価値を提供することにより、神戸の魅力を体感できる商業施設を目指すとのことです。



JR三ノ宮新駅ビル開発 三宮クロススクエアのイメージ
三宮クロススクエアのイメージ(東側・第1段階)のイメージ[出典:神戸市]

 「JR三ノ宮新駅ビル開発」はJR西日本グループがビル建設を行い、URは共同事業者として土地の一部を取得し、新駅ビルと歩行者デッキおよび三宮クロススクエアの工事間調整、公共施設活用に係るルールづくりやエリアマネジメント組織の立ち上がり支援等を行います。

 三宮クロススクエアとは三宮交差点を中心にフラワーロードと中央幹線の一部を人と公共交通優先の空間とする計画で、こちらはその第1段階の完成予想図です。第1段階では中央幹線を10車線から6車線に減らして歩行者空間が拡幅されます。完成時期は新駅ビル同時期の2029年度目標となっています。大阪湾岸道路西伸部供用後以降となる第2段階では6車線から3車線に減る計画となっています。

▼神戸市
「三宮クロススクエア」について



JR三ノ宮新駅ビル開発 駅前広場上空デッキ イメージパース
駅前広場上空デッキ イメージパース(ミント神戸前から南西を望む)[出典:神戸市]

 「ミント神戸」側には約2500屬留愾姐場上空デッキが整備されます。



JR三ノ宮新駅ビル及びその周辺の乗換動線イメージ
JR三ノ宮新駅ビル及びその周辺の乗換動線イメージ[出典:神戸市]

 三宮周辺地区にはJR「三ノ宮」駅、阪神「神戸三宮」駅、ポートライナー「三宮」駅、阪急「神戸三宮」駅、地下鉄「三宮」「三宮・花時計前」駅の6つの駅がありますが「乗換動線がわかりにくい」「駅から周辺のまちへのつながりが弱い」「広場など人のための空間が少ない」等の課題を抱えており、これらの課題解決を図り地区全体の魅力向上を図るため、6つの駅をあたかも1つの大きな「えき」となるような空間として、駅と駅、駅と周辺のまちをつなぐ「えき〜まち空間」が創出されます。



JR三ノ宮新駅ビル開発

 三ノ宮交差点から2021年12月21日に撮影した「JR三ノ宮新駅ビル開発」の計画地方面です。場所はJR「三ノ宮」駅の東口側で、緑色のビル「ミント神戸」(地上18階、高さ92m)の目の前に位置しています。



JR三ノ宮新駅ビル開発

 この辺りには「三宮ターミナルホテル」がありましたが既に解体されています。



JR三ノ宮新駅ビル開発

 地下部の解体はまだ行われてないようで地下に潜る階段が残っていました。

■物件概要■
計画名:JR三ノ宮新駅ビル開発
所在地:兵庫県神戸市中央区雲井通8丁目1-2
交通:JR「三ノ宮」駅、阪神「神戸三宮」駅、ポートライナー「三宮」駅、阪急「神戸三宮」駅、地下鉄「三宮」「三宮・花時計前」駅
用途:商業、ホテル、オフィス
総客室数:約250室
階数:地上32階、塔屋2階、地下2階
高さ:約160mm
敷地面積:約8,600
建築面積:-
延床面積:約100,000
事業主:JR西日本グループ
設計者:-
施工者:-
工期:2023年度着工予定
開業:2029年度予定

最上階に展望フロア!地上29階「神戸阪急ビル東館 建替計画」の建設状況(2018.11.23)

神戸阪急ビル東館 建替計画
完成後の外観イメージ[出展:阪急電鉄]

 阪急神戸三宮駅の駅ビル「神戸阪急ビル東館」の建替え「神戸阪急ビル東館 建替計画」(地上29階、高さ約120m)の完成メージ図です。元々は1936年3月に建設されたビルでしたが1995年1月の阪神・淡路大震災により被災し解体されました。その後は1995年12月に暫定的な建物として開業していましたが、2016年4月に建替が決定し同年8月から解体されました。完成後のビルの低層部には「旧神戸阪急ビル東館」のデザインが継承されます。


神戸阪急ビル東館 建替計画
施設構成図[出展:阪急電鉄]

 フロア構成は地下2階〜3階が商業施設、4階〜15階がオフィスフロア、17階〜28階がホテルズ、29階が展望フロアとレストランとなります。ホテルは阪急阪神ホテルズが展開する「remm(レム)」が入居する予定となっています。


神戸阪急ビル東館 建替計画
施工計画[出展:阪急電鉄]

 駅ビルのため乗り換え等にも影響が出るため工事は2段階に分けて施工されています。この図は第1段階(2017年7月〜2018年秋頃)で東部分の新築工事を行います。


神戸阪急ビル東館 建替計画
施工計画[出展:阪急電鉄]

 第2段階(2018年秋頃〜2021年春)では東側に施工した部分が駅への動線としビル本体の工事を行います。


神戸阪急ビル東館 建替計画
 1枚目の完成予想図と同じ方向から見た「神戸阪急ビル東館 建替計画」です。現在は第2段階の工事が行わているものと思われます。

神戸阪急ビル東館 建替計画
 反対側のJR三ノ宮駅越しに見た「神戸阪急ビル東館 建替計画」の建設地方面です。展望フロアも楽しみですが、入居するホテルがレムということは宿泊費はそれほど高くないはずなので、神戸に泊まるときのホテルの第一候補となりそうです。

■物件概要■
名称:新・神戸阪急ビル東館
所在地:兵庫県神戸市中央区加納町4丁目2番1号
用途:ホテル、オフィス、商業施設、駅施設等
階数:地上29階、地下3階
高さ:約120m
構造:鉄骨造(地下部:鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:約7,100
建築面積:約5,650
延床面積:約28,850
建築主:阪急電鉄
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2017年7月3日着工〜2021年春竣工予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から釜山で見かけた高層部に連結通路があるタワーマンションです。撮影に行く前にある程度調べてから行っていますが、ここも含めて現地で初めて知った建物がかなりあります。

地上54階「シティタワー神戸三宮」とライトアップ「ティアラ190」

シティタワー神戸三宮
神戸で最高層の地上54階建て、高さも神戸最高のタワーマンション
シティタワー神戸三宮」(地上54階、高さ190m)です。
オフィスビルなども含めて神戸市で最も高いです。

場所は三宮駅から北東に徒歩数分で、低層部には商業施設棟もあります。

スカイラウンジはハーバーランド方面の39階に設置されており
同39階にはパーティールームも設置されています。

シティタワー神戸三宮
ホテルオークラ神戸」(地上35階、高さ135m)の30階から見た
シティタワー神戸三宮」方面の眺めです。

シティタワー神戸三宮のライトアップ「ティアラ190」
夜になると屋上部分がライトアップされます。

シティタワー神戸三宮のライトアップ「ティアラ190」
様々な色に変化します。

シティタワー神戸三宮のライトアップ「ティアラ190」
このライトアップは「ティアラ190」と名称が付いています。

「女性があたかもティアラを身につけているかのよう。」
といった思いが込められて「ティアラ190」と名付けられたそうです。

シティタワー神戸三宮のライトアップ「ティアラ190」
やたらと派手なバージョンもありました。

ということで「ティアラ190」を動画で撮ってみました。

日本のマンションでここまでやっているところは他には知らないです。
他のタワーマンションはライトアップしても一色だけです。
ただ「ワテラス」は試験点灯時だけ色々な色に変化していました。

シティタワー神戸三宮の物件概要■
名称:シティタワー神戸三宮
所在地:兵庫県神戸市中央区旭通
総戸数:640戸(非分譲46戸含む)
階数:地上54階、地下1階
高さ:高さ190m
敷地面積:8,367.81
建築面積:5,797.63
延床面積:92,937.68
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
売主:住友不動産
設計者:環境再開発研究所・東急設計コンサルタント・織本構造設計共同企業体
施工者:大林組
竣工日:2013年1月28日


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

神戸市最高層となる地上54階建ての「シティタワー神戸三宮」

シティタワー神戸三宮
神戸の三宮駅近くで建設中のタワーマンション
シティタワー神戸三宮」(地上54階、高さ190m)です。

神戸市内最高層かつ神戸市で最も高い建物です。
シティタワー住友不動産のタワーマンションシリーズですが
シティタワーシリーズの中でも最高層となります。

やっぱり50階を超えると迫力がありますね。

シティタワー神戸三宮
最上階部分です。
公式サイトで54階からの眺望が見られますが絶景です。
これくらいの高さに一度は住んでみたいものです。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク