超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

三井不動産

地上41階、高さ200m「大手町一丁目2地区開発事業」は2016年7月着工!

大手町一丁目2地区開発事業
大手町一丁目2地区開発事業の完成予想図[出典:三井不動産]

 三井物産と三井不動産が大手町で計画している「大手町一丁目2地区開発事業」です。環境影響評価書が提出され、5月11日から25日までの期間で縦覧が開始されています。日刊建設工業新聞、建設通信新聞にも記事が掲載されましたので、その情報をまとめると建設される超高層ビルは2棟(延べ36万)で皇居側のA棟が地上30階、地下5階、高さ約155m、B棟が地上41階、地下5階、高さ約200m、工期は2016年7月着工、2019年3月竣工の予定で基本設計と環境影響評価書の作成は日建設計が担当しています。既報との差はA棟の高さが約160mから約155mに変わったところと工期の詳細が判明したことくらいだと思います。

▼日刊建設工業新聞(2015年5月12日)
三井物産、三井不/大手町一丁目2地区開発(東京都千代田区)/アセス手続き完了

▼建設通信新聞(2015年5月12日)
2棟36万屬16年夏着工/大手町一丁目2地区/三井物産と三井不

解体中の三井物産ビル
 5月10日に撮影した大手町で解体中の「三井物産ビル」(地上24階、高さ100m、1976年竣工)です。この場所にA棟が建設されます。A棟の低層部には店舗の他に多目的ホール・ホワイエが入ります。

 解体の施工業者は鹿島建設なので鹿島カットアンドダウン工法で解体されるかもと思いましたが、ビル全体が足場で覆われたので上から解体するノーマル工法となりそうです。また、「大手町一丁目2地区開発事業」の施行者は未定となっていますが、このまま鹿島建設が施行者になるかと思います。

大手町パルビルと大手町一丁目三井ビルディング
 これは別な日に撮影した「大手町パルビル」(地上9階、1961年竣工)と「大手町一丁目三井ビルディング」(地上9階、1961年竣工)です。まだ解体のお知らせすら見当たらなかったので今回は撮影しませんでした。この2つのビルが建っているあたりにB棟が建設されます。B棟の高層階は約200室のホテルとなります。B棟の低層部にも店舗が入ります。

大手町の超高層ビル群
 六本木ヒルズから撮影した大手町の超高層ビル群です。足場で覆われているビルが解体中の「三井物産ビル」です。その右後ろで建設中の超高層ビルは「(仮称)大手町一丁目第3地区第一種市街地再開発事業 A棟」(地上31階、高さ168.28m)です。そしてさらにその右側の薄い青っぽいビルが「読売新聞東京本社ビル」(地上33階、高さ200m)です。「大手町一丁目2地区開発事業」のB棟はその読売新聞のビルと同じくらいの高さとなります。

■(仮称)大手町一丁目2地区計画の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目2地区計画
所在地:東京都千代田区大手町1丁目2番
用途:事務所、店舗、多目的ホール、ホワイエ、ホテル、バンケット、駐車場、地域冷暖房施設
階数(A棟):地上30階、地下5階
高さ(A棟):高さ約155m
階数(B棟):地上41階、地下5階
高さ(B棟):高さ約200m
構造:S造(一部SRC・RC造)
敷地面積:2万0900
延床面積:36万1000
事業主体:三井物産・三井不動産
基本設計:日建設計
工期:2016年7月着工〜2019年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

地上24階「三井物産ビル」の解体状況(2015年3月7日)

三井物産ビル
 解体作業が始まっている「三井物産ビル」(地上24階、高さ100m、1976年竣工)です。三井物産の本店ビルとして利用されていましたが、去年の11月25日に移転しており、今年の1月5日から解体工事が始まっています。解体の施工者は鹿島建設なので鹿島カットアンドダウン工法で解体されるかもと思いましたが、ここまで足場が組まれたので普通に上から解体する工法になるのかもしれません。解体工期は来年の3月31日までとなっています。

 解体後の跡地は「(仮称)大手町一丁目2地区計画」のA棟として地上30階、地下5階、高さ約160mのオフィスビルが建設されます。

大手町パルビルと大手町一丁目三井ビルディング
 同再開発地である「大手町パルビル」(地上9階、1961年竣工)と「大手町一丁目三井ビルディング」(地上9階、1961年竣工)です。こちらはまだ解体工事のお知らせすら見当たりませんでした。ただ、「三井物産ビル」と同じく来年の3月末までには解体されると思います。

 こちらの解体後の跡地は「(仮称)大手町一丁目2地区計画」のB棟として地上41階、地下5階、高さ約200mの高層階がホテルとなる複合ビルが建設されます。

(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図
(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図[出典:三井不動産]

 2016年度着工、2019年度竣工予定でこの2棟のビルが建設されます。A棟とB棟の間には平将門の首塚がありますが、再開発には含まれていないので今のまま残ることになりそうです。

■(仮称)大手町一丁目2地区計画の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目2地区計画
所在地:東京都千代田区大手町1丁目2番
用途:事務所、店舗、多目的ホール、ホワイエ、ホテル、バンケット、駐車場、地域冷暖房施設
階数(A棟):地上30階、地下5階
高さ(A棟):高さ約160m
階数(B棟):地上41階、地下5階
高さ(B棟):高さ約200m
構造:S一部SRC・RC造
敷地面積:2万0900
延床面積:36万1000
事業主体:三井物産・三井不動産
工期:2016年度着工〜2019年度竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

地上24階「三井物産ビル」の解体工事の準備が始まる

三井物産ビル
 大手町1丁目の皇居の目の前に建つ「三井物産ビル」(地上24階、高さ100m、1976年竣工)です。

三井物産ビル
 2015年1月5日から2016年3月31日までの工期で解体工事が行われますが、1月24日に現地に行ってみると解体工事の準備が始まっていました。

三井物産ビル
 解体工事は鹿島建設によって行われます。鹿島建設はビルの下からだるま落としのように解体する「鹿島カットアンドダウン工法」の技術を保有していますが、ここのビルはどのように解体するのかはまだわかりませんでした。今後この足場が上まで組まれていけば普通の解体工事となりそうです。

三井物産ビル 解体工事のお知らせ
 年末に撮影した「三井物産ビル」の解体工事のお知らせです。

大手町パルビル
 「三井物産ビル」が建つ区画では、この「大手町パルビル」(地上9階、1961年竣工)と「大手町一丁目三井ビルディング」(地上9階、1961年竣工)も解体され、跡地では「(仮称)大手町一丁目2地区計画」として超高層ビル2棟が建設されます。

(仮称)大手町一丁目2地区計画の完成イメージ図
(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図[出典:三井不動産]

 解体準備が始まった「三井物産ビル」が建っている場所あたりがA棟で地上30階、高さ約160mのオフィスビルが建設されます。B棟は地上41階、高さ約200mのオフィスビルで高層階はホテルとなります。A棟とB棟との間には平将門の首塚がありますが、もちろんこの再開発には含まれていません。2016年度着工予定で、2019年度竣工予定です。

■(仮称)大手町一丁目2地区計画の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目2地区計画
所在地:東京都千代田区大手町1丁目2番
用途:事務所、店舗、多目的ホール、ホワイエ、ホテル、バンケット、駐車場、地域冷暖房施設
階数(A棟):地上30階、地下5階
高さ(A棟):高さ約160m
階数(B棟):地上41階、地下5階
高さ(B棟):高さ約200m
構造:S一部SRC・RC造
敷地面積:2万0900
延床面積:36万1000
事業主体:三井物産・三井不動産
工期:2016年度着工〜2019年度竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

地上24階「三井物産ビル」が1月5日から解体工事開始

三井物産ビル
 大手町1丁目に建つ「三井物産ビル」(地上24階、高さ100m、1976年竣工)です。三井物産本店ビルとして使用されていましたが、去年の11月25日に近隣ビルに移転しており、1月5日から「(仮称)大手町一丁目2地区計画」に向けて解体工事が始まることとなりました。

三井物産ビル 解体工事のお知らせ
 現地では「三井物産ビル」の解体工事のお知らせも設置されました。解体工期は2015年1月5日から2016年3月31日までで鹿島建設によって解体工事が行われます。鹿島建設なのでだるま落としのように下から解体する鹿島カットアンドダウン工法で解体されるかもしれません。

大手町パルビル
 「大手町パルビル」(地上9階、1961年竣工)です。ここも「(仮称)大手町一丁目2地区計画」の計画範囲に入っていますが、まだ解体工事のお知らせは見当たりませんでした。ここはプロミスの本社として使用されていましたが、2011年3月に三井物産と三井不動産に売却されています。

大手町一丁目三井ビルディング
 「大手町一丁目三井ビルディング」(地上9階、1961年竣工)です。ここも「(仮称)大手町一丁目2地区計画」の計画範囲に入っていますが、同じく解体工事のお知らせは見当たりませんでした。ここは三井生命保険の本社ビルとして使用されていましたが2010年に移転しています。それまでの名称は「三井生命大手町ビル」でした。

(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図
(仮称)大手町一丁目2地区計画 外観イメージ図[出典:三井不動産]

 解体後の跡地に建設される「(仮称)大手町一丁目2地区計画」の外観イメージ図です。A棟が地上30階、地下5階、高さ約160m、B棟が地上41階、地下5階、高さ約200mです。B棟の高層階はホテルとなります。竣工は2019年度の予定となっています。

(仮称)大手町一丁目2地区計画 配置図
(仮称)大手町一丁目2地区計画 配置図[出典:三井不動産]

 配置図を見ると赤い点線で敷地が囲われていますが、南側の真ん中に一部避けている部分があります。ここは平将門の首塚で、さすがに再開発の範囲には入っていません。

■(仮称)大手町一丁目2地区計画の物件概要■
名称:(仮称)大手町一丁目2地区計画
所在地:東京都千代田区大手町1丁目2番
用途:事務所、店舗、多目的ホール、ホワイエ、ホテル、バンケット、駐車場、地域冷暖房施設
階数(A棟):地上30階、地下5階
高さ(A棟):高さ約160m
階数(B棟):地上41階、地下5階
高さ(B棟):高さ約200m
構造:S一部SRC・RC造
敷地面積:2万0900
延床面積:36万1000
事業主体:三井物産・三井不動産
工期:2016年度着工〜2019年度竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

TGMM芝浦プロジェクトの敷地内に建つ港区スポーツセンターが年明けから解体スタート

TGMM芝浦プロジェクトの完成予想図
(仮称)TGMM芝浦プロジェクトの完成予想図[出典:三井不動産]

 田町駅東口の目の前では「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」という地上31階、高さ180mのA棟、地上36階、高さ185mのB棟、地上9階、高さ65mのホテル棟、地上6階、高さ35mの生活支援施設棟の4棟を建設するプロジェクトがあります。

港区スポーツセンター中央棟
 その中でB棟と生活支援施設棟が建設される場所には「港区スポーツセンター」がありますが、本日、2014年12月17日でこの場所での営業が終了します。そして明日からは近隣施設への引っ越し作業が開始されます。

 ちなみにここは中央棟で、第1〜2武道場、第2〜4競技場があります。

港区スポーツセンターアリーナ棟
 隣のアリーナ棟です。第1競技場があり、2階は観覧席とランニングコースとなっています。

港区スポーツセンタープール棟
 こちらはプール棟でトレーニングパーク、第3〜4武道場、プール、プール見学コーナー、ベビールームがあります。

港区スポーツセンター
 「港区スポーツセンター」全体です。手前のフェンスで囲われた部分は「旧芝浦小学校・幼稚園」跡地です。

港区スポーツセンター 解体工事のお知らせ
 現地には「港区スポーツセンター」の解体工事のお知らせも出ていました。解体工事名は「(仮称)田町駅東口北地区保育園整備等工事」となっており、これは生活支援施設棟のことを指しているものと思われます。また、ジム棟はアリーナ棟のことで、総合支所はプール棟のことです。解体工事の工期は年明けの2015年1月5日から2015年5月27日となっています。

みなとパーク芝浦
 「港区スポーツセンター」の移転先となる「みなとパーク芝浦」です。3階から8階がスポーツセンターで1階、2階には他の港区施設が入ります。その中には「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」の計画地内にある区立男女平等参画センターもあります。
 スポーツセンターは12月23日にオープニングイベントが開催され営業開始となります。

TGMM芝浦プロジェクト 配置図
(仮称)TGMM芝浦プロジェクトの配置図[出典:三井不動産]

 配置図を見ると右側に公共街区とありますがここは東京ガスの研究施設跡地で、東京ガスはこの土地と田町駅東口に建つ港区の区有地を交換して取得しています。港区は交換して取得した土地に「みなとパーク芝浦」を建てて施設を移転させ、移転が終了すると今度は東京ガスの「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」が本格始動します。事業パートナーは三井不動産と三菱地所で、TGMMのTGは東京ガス、MMは三井と三菱という意味らしいです。

TGMM芝浦プロジェクト A棟
 「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト A棟」の建設地です。「旧芝浦小学校・幼稚園」跡地で移転を待つ必要がないので一足先に着工しても良さそうですが、まだ建築計画のお知らせは見当たりませんでした。ただ、フェンスには建設業の許可票が設置されており、鹿島建設の名称が入っています。そのまま施工も鹿島建設になるかどうはわかりません。

■(仮称)TGMM芝浦プロジェクトの物件概要■
所在地:東京都港区芝浦三丁目
主要用途:事務所、店舗、ホテル、生活支援施設、地域冷暖房施設、駐車場等
敷地面積:約28,000
A棟(事務所棟):地上31階、地下2階、高さ約180m、延床面積約135,000
B棟(事務所棟):地上36階、地下2階、高さ約185m、延床面積約145,000
ホテル棟:地上9階、地下2階、高さ約65m、延床面積約11,000
生活支援施設棟:地上6階、高さ約35m、延床面積約6,800(既存建物をリニューアル)
設計監理:三菱地所設計・日建設計
工期:2015年度〜2019年度(予定)


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク