プラウドタワー大泉学園
 大泉学園駅の目の前に建つ「プラウドタワー大泉学園」(地上27階、最高高さ99.80m)です。左下に大泉学園のホームが写っているので本当に駅前ということがわかるかと思います。

グランエミオ大泉学園
 低層部の1〜3階は商業施設の「グランエミオ大泉学園」となっており、大泉学園駅の北口からペデストリアンデッキで直結となります。オープンは今年の4月の予定です。

 また、「プラウドタワー大泉学園」や「グランエミオ大泉学園」を含めた北口再開発のタウンネーミングは「リズモ大泉学園」となっています。「リズモ」のスペルは「LIZMO」でネーミング由来はL(large 大きい) + IZM(izumi泉) + O(「輪」→「和」)で、大泉の地名に由来した語で構成されています。

グランエミオ大泉学園
 右奥に辛うじて見えている4階部分には大泉区民事務所などが整備されます。

プラウドタワー大泉学園
 大泉学園駅の南口から見た「プラウドタワー大泉学園」です。今回は撮影していませんがここで後ろを振り返るとUR賃貸の「大泉学園ゆめりあタワー」(地上27階、高さ97.5m)が建っています。

大泉学園駅のペデストリアンデッキ
 大泉学園駅の北口に直結となるペデストリアンデッキです。完成しているようにも見えましたがまだ開放されていませんでした。

プラウドタワー大泉学園
 北口から見上げた「プラウドタワー大泉学園」です。手前のペデストリアンデッキが開放されたら人の流れが大きく変わりそうですね。

■プラウドタワー大泉学園の物件概要■
名称:プラウドタワー大泉学園
計画名:大泉学園駅北口地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物及び公共施設新築工事
所在地:東京都練馬区東大泉一丁目地内
用途:共同住宅、物販店舗、飲食店舗、事務所、駐車場、駐輪場
総戸数:168戸
階数:地上27階、地下2階
高さ:93.90m(最高高さ99.80m)
敷地面積:5,110.71
建築面積:4,079.43
延床面積:37,816.55
構造:鉄筋コンクリート構造、鉄骨造
基礎工法:杭基礎
建築主:大泉学園駅北口地区市街地再開発組合
売主:野村不動産
設計:アール・アイ・エー
施工:清水・西武建設共同企業体
工期:2013年1月下旬着工〜2105年3月下旬竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ