武蔵小杉の空撮
武蔵小杉駅の西側の空撮(2013年1月20日撮影)です。

今回の武蔵小杉シリーズは終了の予定だったのですが
小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業に係る条例環境影響評価審査書の公告について
のお知らせがちょうど昨日川崎市からありました。

せっかくなのでこの機会に武蔵小杉の未着工のタワーマンションを
ここでまとめておこうと思います。

未着工のタワーマンションは3箇所の計4棟で、この空撮に名称を入れた箇所に建設されます。
・小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
・(仮称)小杉町二丁目開発計画
・小杉駅北口地区開発計画

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
小杉町3丁目東地区第一種再開発事業」です。

まだ既存建物がありますがこの場所に地上44階、最高高さ165mとなる
南側直角の二等辺三角形型のタワーマンションが建設されます。

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業
エクラスタワー武蔵小杉」前のこの辺りも再開発対象で
この辺りは商業業務棟が建設される予定となっています。

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業 事業計画のお知らせ
小杉町3丁目東地区第一種再開発事業」の事業計画のお知らせです。

階数高さ:地上44階、地下3階、高さ約160m(最高高さ約165m)
敷地面積:約8,350
建築面積:約5,120
延べ面積:約76,000
総戸数:520戸
工期:2015年7月〜2018年12月

といった感じです。

(仮称)小杉町二丁目開発計画
(仮称)小杉町二丁目開発計画」です。
JX日鉱日石エネルギーの社宅が建っていますが解体が始まっています。

この場所はA地区で地上54階、高さ180m(最高高さ190m)となる
超高層タワーマンションが建設されます。

また、左側にも同じようにJX日鉱日石エネルギーの社宅が建っていますが
その場所はB地区として地上54階、高さ180m(最高高さ190m)となる
超高層タワーマンションが建設されます。

最高高さ約190mのツインタワーが誕生することになります。
同じ外観のツインタワーのタワーマンションとしては
「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)に次ぐ高さとなります。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 事業計画のお知らせ
道路を挟んで撮ったので写りが悪いですが…
(仮称)小杉町二丁目開発計画」の事業計画のお知らせです。

階数高さ:A地区、B地区共に地上54階、地下1階、高さ約180m(最高高さ約190m)
敷地面積:A地区→約8,480屐B地区→約8,650
建築面積:A地区→約5,550屐B地区→約5,160
延べ面積:A地区→約69,130屐B地区→約70,170
総戸数:A地区→640戸、B地区→640戸
工期:2013年5月1日〜2016年11月末日

といった感じです。
事業計画では既に着工していることになっていますが
今は既存建物の解体に着手したところです。

小杉駅北口地区開発計画
小杉駅北口地区開発計画」です。

ホテル・ザ・エルシイ跡地」であるコインパーキングと
現在建っている「NEC小杉ビル」が再開発計画対象で
地上48階、高さ170mのタワーマンションが計画されています。

「(仮称)小杉町二丁目開発計画」のA地区の斜め向かいで
将来的にはペデストリアンデッキで繋がる計画となっています。

ただ、環境影響評価(環境アセスメント)の手続きはまだのようなので
本格的に動き出すのはまだ先になりそうです。

武蔵小杉の空撮
最後に武蔵小杉駅のタワーマンション群全体の空撮です。

10年くらい前ですが勤務地が武蔵小杉だったこともあるので
現在のこのタワーマンション群には驚かされます。

武蔵小杉駅から左端のNECの方に歩いてみたときは
何だこの空き地は?と思ったりもしたのですが
そのときは今の状況は想像できませんでした。

街が大きく変化する再開発って面白いですね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ