超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

ベルザ六本木ビル

六本木4丁目の湖雲寺跡地に建設予定のホテル「ランガム」は衝撃的なデザインになる!?

ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 当ブログでも過去に何度か紹介した六本木4丁目の湖雲寺跡地の再開発。香港の高級ホテルチェーン「ランガム」が超高層ホテルを建設する計画で「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」などの既存ビルが解体され、湖雲寺跡地埋蔵文化発掘調査も行われましたがその後はずっと動きのないままでした。

 ところが最近教えて頂いたサイトに衝撃的なデザインが完成予想図が公開されていました。久しぶりにランガムのHPを確認すると以前はCOMMING SOON 2021だったのがCOMIMING SOON 2024となっていたので、このデザインで計画が進められているのかもしれません。

▼PEAK | The Langham Tokyo - Ropponngi
https://www.peakdpm.com/the-langham-tokyo.html



ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 開発者はPEAKでデザインは隈研吾。海外にありそうな低層部が細く上層部が太くなるこのデザイン。地震の多い日本で実現できるのか?と思ってしまいますが是非とも実現して欲しいです。



ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 総客室数は280戸ということ以外規模の情報は見当たりませんでしたが、周辺のビルとの高さを見比べた感じだと高さ180mくらいでしょうか。過去の情報だと30階建てのホテルを建設ということでしたが、階数は30階以上あるように見えますが、今は続報を待つのみです。



(仮称)六本木4丁目計画

 ということで、久しぶりに現地の撮影に行ってきました。既存ビルの解体工事が行われていたときは「(仮称)六本木4丁目計画解体工事」となっていたので「(仮称)六本木4丁目計画」として扱います。

 まずは「六本木ヒルズ」の展望台からの眺めです。



(仮称)六本木4丁目計画

 場所はグレーのタワーマンション「THE ROPPONGI TOKYO」(地上39階、高さ149.92m)と首都高を挟んだすぐ近くです。背後のキューブを重ねた白い建物はアメリカ大使館宿舎です。



(仮称)六本木4丁目計画

 「(仮称)六本木4丁目計画」にズームです。



(仮称)六本木4丁目計画

 目の前から撮影。



(仮称)六本木4丁目計画

 仮囲いの中です。



(仮称)六本木4丁目計画

 何か作業が行われていました。現地作業予定の看板には特に何も書かれはいませんでした。



(仮称)六本木4丁目計画

 反対側の路地から撮影。背後の「THE ROPPONGI TOKYO」よりも高いランガムのホテルが計画されています。



(仮称)六本木4丁目計画

 今回、参考にしたランガムのHPとPEAKのHPを見ると名称は「THE LANGHAM, TOKYO」「The Langham Tokyo - Roppongi」「LANGHAM ROPPONGI」など3パターンありました。どういった名称になるのかはわかりませんが、それよりもあのデザインが建設されるのかどうかですね。最近は動きがなかったのでこの場所を追うのは放置気味でしたがこれからは追って行きたいと思います。



追記です。
ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 完成予想図が掲載されていたサイトの別ページには違う完成予想図も載っていました。格子状の外枠を被せたような外観ですが、透けて見える中は下が細くなっています。こっちの方が現実的なデザインではありますが、最終的にはどういったデザインで落ち着くんでしょうね?

湖雲寺跡地「(仮称)六本木4丁目計画」の現在の様子(2017.4.30)

(仮称)六本木4丁目計画
 「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」などの跡地の再開発「(仮称)六本木4丁目計画」です。駐車場と4棟の既存ビルがありましたが解体は終わっており現在は湖雲寺跡地埋蔵文化発掘調査が行われています。

 この「湖雲寺」については色々あったようですが気になる人は下記記事をご覧ください。また「ベルザ六本木」の解体前にも怪しげな貼り紙があったりしましたが、今は再開発に向けて動いているようです。この場所には香港の高級ホテルチェーン「ランガム」が地上30階建て、延べ3万5000屐270室規模のホテルを建設する計画となっています。

▼産経新聞(2016年9月22日)
「墓地の上なんて不気味すぎる」六本木地上げ頓挫で超高級ホテル計画牋転稔瓠―ゞ桔/曜,亮蠡海怠る

(仮称)六本木4丁目計画
 六本木駅方面から撮影。

(仮称)六本木4丁目計画
 仮囲いも一緒に撮影。この左側あたりにお墓が残っています。

(仮称)六本木4丁目計画
 反対側の小さなコインパーキングから撮影。

(仮称)六本木4丁目計画
 ここまで来たなら無事にホテル建設はできそうですね。

(仮称)六本木4丁目計画
 ここは六本木の交差点から六本木一丁目駅や溜池山王駅方面に少し行った場所で、六本木駅も六本木一丁目駅も使えるなかなか便利な立地です。

湖雲寺跡地埋蔵文化発掘調査
 湖雲寺跡地埋蔵文化発掘調査は7月31日まで行われます。この後はいよいよ着工となるんですかね?撮影した4月30日時点ではまだ建築計画のお知らせは見当たりませんでした。

「ベルザ六本木」など解体中「(仮称)六本木4丁目計画」の解体工事状況(2017.3.4)

(仮称)六本木4丁目計画
 3月4日に撮影した「(仮称)六本木4丁目計画」です。現在は「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」など既存ビルの解体工事などが行われています。

(仮称)六本木4丁目計画
 以前の情報だと解体後の跡地は香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が30階建てのホテルを建設する計画となっています。

(仮称)六本木4丁目計画
 六本木通り沿いから撮影した「(仮称)六本木4丁目計画」です。

(仮称)六本木4丁目計画
 六本木駅側から撮影。解体中のビルは色々あった「ベルザ六本木」です。

六本木ヒルズからの眺め
 六本木ヒルズからの眺めです。左の巨大な超高層ビルは「東京ミッドタウン」で、「(仮称)六本木4丁目計画」は写真右下あたりです。

(仮称)六本木4丁目計画
 「(仮称)六本木4丁目計画」にズームです。中央に少しだけ見えている解体工事現場が同計画地です。気になる人もいると思うで触れておくと左上はアメリカ大使館宿舎です。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。4月30日までの解体工期で小椋組によって行われています。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事範囲図
 解体工事範囲図です。このあたりの土地は「湖雲寺」という寺が所有していたそうですが、土地を担保に再開発をしようとしたところ不動産ブローカーにいいようにやられて「湖雲寺」の土地はほとんどなくなって11基のお墓だけが残り、それらがネックとなって再開発の計画がストップしていたという過去があったようです。この範囲図のDの文字の左側あたりにその墓が残っているので、墓は残すことで話しがまとまったものと思われます。あとは計画通りランガムのホテルが建設されるかどうかですね。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事「ベルザ六本木」など4棟の解体状況(2016.12.17)

(仮称)六本木4丁目計画
 既存ビルの解体工事が行われている「(仮称)六本木4丁目計画」です。六本木ヒルズの展望台から撮影しました。地上げなど色々あった場所で「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」などが解体中です。

六本木ヒルズからの眺め
 少し広角で撮影。四角を組み合わせたデザインのアメリカ大使館宿舎の近くです。解体後の跡地ですが、以前は香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が30階建ての高層ホテルを建設する計画がありました。この計画が今でも継続中なのかは不明です。

解体中のベルザ六本木
 解体中の「ベルザ六本木」です。

解体中の六本木ことぶきビルディング
 解体中の「六本木ことぶきビルディング」です。

(仮称)六本木4丁目計画
 首都高越しに見た「(仮称)六本木4丁目計画」です。それなりに広い敷地です。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事範囲図
 現地に掲示されている(仮称)六本木4丁目計画解体工事範囲図です。Dと書いてある場所の左に湖雲寺の墓地(11基)がありましたが、範囲に入ってなさそうな感じがします。また、範囲内のビルが描かれていない場所は駐車場となっていた場所です。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。「Great eagle Tokyo特定目的会社」を発注者として小椋組によって2016年9月18日〜2017年4月30日の工期で解体工事が行われます。

「ベルザ六本木」など4棟が「(仮称)六本木4丁目計画解体工事」として来月から解体開始!

(仮称)六本木4丁目計画
 去年10月の六本木・赤坂方面の空撮です。この中で左下に名称を入れた場所で「(仮称)六本木4丁目計画」として解体工事のお知らせが設置されました。

 位置関係を説明しますと中央の建設中のビルが「六本木グランドタワー」(地上43階、高さ230.76m)で、その右側の首都高の下あたりが東京メトロ南北線の六本木一丁目駅となります。また、「(仮称)六本木4丁目計画」の目の前にある首都高を左側に行くと六本木駅があります。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事
 「(仮称)六本木4丁目計画」の解体工事のお知らせです。正確には「(仮称)六本木4丁目計画解体工事」で全4棟の解体が「Great eagle Tokyo特定目的会社」を発注者として、2016年9月18日〜2017年4月30日までの工期で小椋組によって解体工事が行われます。

(仮称)六本木4丁目計画
 「(仮称)六本木4丁目計画」の現地です。左のビルは「ベルザ六本木ビル」です。右の仮囲いの奥には湖雲寺の墓地(11基)がありましたがどうなったのかは不明です。

(仮称)六本木4丁目計画
 この六本木4丁目のこの場所は、このブログでも何度か取り上げていますが不動産ブローカーによる地上げがあった場所で色々とこじれていたようですが、こうして来月から解体工事が始まるということは全て片が付いたということのようですね。

(仮称)六本木4丁目計画
 上のビルとの間にコインパーキングがありますが、この「六本木ことぶきビルディング」も同じ解体工事のお知らせが設置されていました。

 この一帯には香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が30階建ての高層ホテルを建設する計画があった場所ですが、今は再びその計画が動き出すのか気になるところです。

▼過去記事
2016/07/11:六本木4丁目のあの場所に仮囲いの設置開始
2016/07/11:六本木4丁目のあの場所の現地の様子

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク