超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

ブランズタワー豊洲

地上48階「ブランズタワー豊洲」の建設状況!タワークレーンの撤去が始まっています(2021.6.5)

ブランズタワー豊洲

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。晴海大橋から6月5日に撮影しました。ブランズの冠が付いたマンションですが東急不動産の他にNIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズが売主となっています。

 総戸数1152戸という巨大な分譲の大規模タワーマンションですが、公式HPを見ると4戸が先着順申込受付中となっていました。間取りは2LDK〜3LDK、専有面積は78.19〜126.56屐価格は1億3480万円〜2億4130万円です。この4戸が売れると完売ですかね。



ブランズタワー豊洲

 豊洲は超高層化が進みこの写真に左側の晴海側もタワーマンションが建ち並んでいますが、このように目の前には晴海運河が広がっているので開けた視界が広がるタワーマンションとなっています。



ブランズタワー豊洲

 それでいて豊洲駅や「ららぽーと豊洲」にも近い立地となっています。左下が「ららぽーと豊洲」でその右後ろに豊洲駅があります。



ブランズタワー豊洲

 こちら側には住宅展示場やBBQができるWILD MAGIC、ニッポンレンタカーなどがありますが、このあたりが再開発されない限り開けた眺望は続きそうです。



ブランズタワー豊洲

 今回はほぼ撮影した順に載せていきます。これはゆりかもめ「新豊洲」駅近くの交差点から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。既に上棟しています。



ブランズタワー豊洲

 春海橋公園から撮影。手前は「がすてなーに(ガスの科学館)」です。



ブランズタワー豊洲

 こういった道の先にそびえたつ超高層って用意された道のように見えていいですよね。好きです。



ブランズタワー豊洲

 「豊洲ベイサイドクロス」と「豊洲公園」を結ぶ橋「豊洲パークブリッジ」から撮影。住宅フロアは5階からとなりますが普通のマンションの7,8階程度の高さがありそうです。そのため住宅フロアは目の前にあるゆりかもめの高架よりも高い位置となっています。



ブランズタワー豊洲

 設計と施工は熊谷組となっています。



ブランズタワー豊洲

 ついつい熊谷組を「くまがやぐみ」と読んでしまうことがありますが読み方はゲートに書いてある通り「くまがいぐみ」です。

 住宅フロアの一つ下の4階部分にはパーティルーム、ゲストルーム、キッズルーム、フィットネスルームなど様々な共用施設が集約されています。高層階の共用施設としては東京都心を望める33階角にスカイビューラウンジがあります。



ブランズタワー豊洲

 最初に撤去されたタワークレーンで一部だけまだ残っていました。





 これは6月2日に自宅から撮影したタワークレーンのクライミングダウンのタイムラプス動画です。どんどんタワークレーンが下りて行く様子がわかります。



ブランズタワー豊洲

 その隣では保育所棟が建設中でした。



ブランズタワー豊洲

 豊洲西小学校越しに見た「ブランズタワー豊洲」です。タワーマンションを建てるときに小学校が定員オーバーするとのことで、土地の一部を譲渡して小学校の増築が行われています。



ブランズタワー豊洲

 東電堀と和大学江東豊洲病院の間にある遊歩道から撮影。足元は豊洲西小学校です。こういった周辺に超高層が当たり前にある場所で育った子供と超高層がない地方都市で育った子供では、どちらが超高層好きになる確率が高いんでしょうね。



ブランズタワー豊洲

 高層部にズームです。波打ったバルコニーが特徴的です。

 上層3フロアはプレミアムフロアで47邸のために専用エレベーター3基が用意されているとのことです。



ブランズタワー豊洲

 近くから見上げて撮影。



ブランズタワー豊洲

 スーパーマーケットが入る予定の生活利便施設棟は外観はほぼ完成しているように見えました。食料品が足元で買えるのはいいですよね。



ブランズタワー豊洲

 東電堀越しに撮影。ここから見る姿が一番格好いいですね。



ブランズタワー豊洲

 目の前は水辺や「豊洲ぐるり公園」などがあり、そして豊洲駅やショッピングモールの「ららぽーと豊洲」にも近い。そして開けた視界が広がる眺望。湾岸の新築タワマンで話題になるのは「パークタワー勝どき」の方ですが個人的には「ブランズタワー豊洲」の方が住んでみたいマンションです。経済的な理由で住めませんが(^^;)



ブランズタワー豊洲

 場所は変わってレインボーブリッジから撮影した豊洲方面です。「メブクス豊洲」(地上12階、高さ74.335m)なども加わり望遠レンズの圧縮効果もあって凄いビル群に見えています。



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」にズームです。



ブランズタワー豊洲

 少し移動してもう1枚。ところで「豊洲ぐるり公園」ができたばかりの頃は人が少なかったのですが今はかなり賑わっていますね。



ブランズタワー豊洲

 久しぶりにレインボーブリッジを渡りましたが随分と景色が変わっていて面白かったです。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

最上階到達!地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2021.4.10)

ブランズタワー豊洲

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社が売主で総戸数1152戸という分譲の大規模タワーマンションです。



ブランズタワー豊洲

 高層部にズームです。撮影した4月10日時点で最上階の48階に達していました。



ブランズタワー豊洲

 がすてなーにの春海橋公園側から撮影。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園超しに撮影。手前ではちょうどゆりかもめが通っていました。



ブランズタワー豊洲

 目の前が公園や水辺という立地はいいですよね。公園が再開発されたり、この辺りの水辺が埋め立てられたりは考えにくいので眺望は安泰ですね。もし何かあるとしたら「がすてなーに(ガスの科学館)」がある場所ですかね。



ブランズタワー豊洲

 それにしてもこのくらいの規模のタワーマンションになると、住民でも外から自分の家を探すのは難しそうですね。ただ、ここはデザインがフロアによって変わるのでまだ探しやすいのかもしれません。



ブランズタワー豊洲 保育所棟

 豊洲西小学校の隣では低層の保育所棟の建設も始まっていました。



豊洲西小学校

 ちなみにこの豊洲西小学校は増築された校舎で、用地は同タワーマンション建設によって小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地となっています。この譲渡がなければ噂のあったツインタワーになっていたかもしれないですね。



ブランズタワー豊洲

 その豊洲西小学校越しに見た「ブランズタワー豊洲」です。こちらは2015年4月1日の開校時からある校舎です。



ブランズタワー豊洲

 近くから見上げて撮影。



ブランズタワー豊洲

 高層部は晴海フラッグのように波打ったバルコニーとなっている部分もあります。



ブランズタワー豊洲 生活利便施設棟

 敷地内にはスーパーマーケットが入る予定の生活利便施設棟も建設中です。近くに「ららぽーと豊洲」がありますが、毎日のように利用するスーパーが敷地内にあるのは便利でいいですね。



豊洲

 豊洲大橋から見た晴海・豊洲の超高層ビル群です。水辺にズラッと超高層が並ぶ様子は壮観で何度見ても飽きない景色です。



ブランズタワー豊洲

 この「ブランズタワー豊洲」が加わったことにより橋から超高層を見渡せる範囲が広がりました。

 ところでゲストルーム、パーティルーム、フィットネスルームなどの共用施設は4階に集約されますが、33階の西角にビューラウンジが設置されます。ちょうどこちら側を望める場所となります。



豊洲・勝どき

 4月11日に東京タワーのトップデッキから撮影した豊洲・勝どき方面です。



ブランズタワー豊洲

 この「THE TOKYO TOWERS」の隣に見えているのが「ブランズタワー豊洲」です。東京タワーからは西向きの部屋のほとんどが見えているので、西向きで低層フロア以外の部屋ならば東京タワーが見えるということになります。



豊洲

 4月10日に江戸川区の自宅から撮影した豊洲方面です。



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」にズームです。右側の「豊洲シエルタワー」(地上40階、最高高さ144.35m)も結構大きなタワーマンションですが低く見えてしまいます。



ブランズタワー豊洲

 4月12日に撮影した夜景バージョンです。来年、2022年3月下旬から入居開始予定なので1年後には窓明かりが点いてこの夜景もさらに賑やかになっていそうです。ちなみに公式HPを見ると2022年5月下旬に引き渡し予定となっていますが、たぶんこれから購入した部屋の場合の話しだと思います。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると現在は分譲中の部屋はないようですが、5月上旬より第4期1次の販売が開始予定となっています。ただ、先月に値上げが宣言されているので今まで販売した部屋よりは分譲価格が上がります。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

40階まで到達!地上48階「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2021.2.6)

ブランズタワー豊洲

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。撮影した2021年2月6日時点で40階まで建設が進んでいました。現時点でも結構な高さがありますがまだ高くなります。

 東急不動産のブランド「ブランズ」の冠が付くタワーマンションですが売主は東急不動産の他にNIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社となっています。総戸数1152戸という巨大な分譲タワマンです。



ブランズタワー豊洲

 最寄り駅の「豊洲」駅まで徒歩4分の距離ですが、目の前には東電堀、豊洲ぐるり公園、豊洲六丁目第二公園といった緑化空間、親水空間があるためゆったりとした生活できそうな環境となっています。



豊洲地区1-1街区開発計画 商業施設棟

 足元ではスーパーマーケットができる予定の低層棟の建設も進んでいます。



ブランズタワー豊洲

 近くから見上げて撮影。高層部のバルコニーが波打っているのがわかります。



ブランズタワー豊洲

 敷地隣の「豊洲西小学校」越しに撮影。



豊洲西小学校

 その「豊洲西小学校」は増築工事中で、この増築部の用地は同タワーマンション建設によって小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地となっています。



ブランズタワー豊洲

 学校の隣から撮影。



ブランズタワー豊洲

 住宅フロアはちょうど足場のない5階からで、4階には共用施設が集約されます。見ての通り4階までの高さがそこそこあるので、住宅フロア一番下の5階でも7,8階程度の高さがありそうです。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園超しに撮影。目の前はゆりかもめの高架で、住宅フロアはこのゆりかもめより高い位置となります。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園からもう1枚。10時頃の撮影なので公園内には人が少ないですがお昼くらいは大勢の子供たちで賑わっている公園です。



ブランズタワー豊洲

 高層部にバルコニーがない角部屋が見えていますが、そこの33階部分にはスカイビューラウンジが設置されます。



ブランズタワー豊洲

 場所は変わって「豊洲大橋」から見た「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 この辺りは豊洲、晴海の水辺にタワーマンションや超高層ビルがズラッと建ち並んでおり、超高層マニア的ならば好きな景色が広がっています。



ブランズタワー豊洲

 日付は変わって1月31日に「世界貿易センタービル」の40階にある展望台から見た「ブランズタワー豊洲」です。ここの展望台はこの写真を撮った数時間後に営業終了となったのでここからの景色はもう見られません。



ブランズタワー豊洲

 2月7日に東京タワーのメインデッキ(真ん中あたりの展望台)から撮影。手前が浜松町、奥が勝どき、東雲あたりですが…



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」の高層部だけ見えました。33階のスカイラウンジ部が見えているので、スカイラウンジからは東京タワーの半分ちょっとが見えることになりそうです。



ブランズタワー豊洲

 最後は2月9日に撮影した江戸川区の自宅から見た豊洲方面の眺めです。左端が「ブランズタワー豊洲」です。豊洲の再開発はここが完成すると一旦落ち着く感じですかね。今のところ新たなタワーマンション計画は耳にしていません。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

最新空撮あり!地上48階「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.12.18-29)

ブランズタワー豊洲

 2020年12月18日にヘリから撮影した「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。建設地左の高架はゆりかもめで「豊洲」駅までは徒歩4分の距離です。東京メトロ有楽町線「豊洲」駅の出入口までも徒歩4分です。

 東急不動産のマンションブランド「ブランズ」の冠が付くタワーマンションですが売主は東急不動産の他にNIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズの4社となっています。



ブランズタワー豊洲

 高層部にズームです。撮影時は34階まで建設が進んでいました。拡大すると角の方に作業員が集まっているのがわかります。



ブランズタワー豊洲

 足元の手前で建設中の建物は敷地内にできるスーパーマーケットです。撮影時の高度は周辺の建物と比べた感じからすると高さ190mくらいかと思います。



ブランズタワー豊洲

 一回のフライトであちこち回ったので豊洲駅側から見た空撮はありません。見てみたい人は自分でヘリを飛ばしましょう!



ブランズタワー豊洲

 2020年12月29日に現地から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。空撮のときより少し高くなって36階部分の建設が始まっていました。



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」は撮影できる場所が多いので写真が多めになります。



ブランズタワー豊洲

 撮影場所が多い理由は近くに公園や水辺が多いためで、言い換えると開けた視界が多い場所とも言えます。



ブランズタワー豊洲

 手前の斜めの屋根の建物は「がすてなーに(ガスの科学館)」で、これが超高層化しない限り眺望はずっと続きます。



ブランズタワー豊洲

 南側には東電堀があります。



ブランズタワー豊洲

 もう少し離れて撮影。豊洲の超高層やタワマン側は開けた視界とはならないかもしれませんが、すぐ近くに超高層のため夜は迫力ある夜景となりそうです。



ブランズタワー豊洲

 近くから見上げて撮影。高層部のバルコニーが波打ってるのがわかります。



ブランズタワー豊洲

 隣の「豊洲西小学校」と撮影。隣の足場がある場所は小学校の増築工事中の部分で、この土地はタワマン建設によって小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地となっています。



ブランズタワー豊洲

 場所は変わって晴海大橋から見た「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 豊洲の超高層と一緒に撮影。左の方には晴海のタワマン群もあり晴海大橋からの眺めはいつ見ても飽きません。



ブランズタワー豊洲

 晴海大橋から撮影した深夜の「ブランズタワー豊洲」です。29日の0時半くらいの撮影です。



ブランズタワー豊洲

 0時半でも起きている人は結構いるようでキレイな夜景でした。



ブランズタワー豊洲

 昼間は賑わっている公園も人がいません。



ブランズタワー豊洲

 最後はもう一度空撮です。右のタワマン群は東雲、左奥が豊洲で建設中のタワーマンションが「ブランズタワー豊洲」です。



ブランズタワー豊洲

 「SKYZ」と「BAYZ」と一緒に撮影。右奥には東京スカイツリーです。



ブランズタワー豊洲

 水辺の目の前のタワーマンションはいいですね〜。都心に近く超高層マニア的には最高の眺めが広がっていそうです。ゲストルーム、パーティルーム、フィットネスルームなどの共用施設は4階に集約されますが33階にはビューラウンジが設置されます。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2021年2月上旬から第三期一次の販売開始予定となっています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

地上48階、高さ約180m「ブランズタワー豊洲」の建設状況(2020.11.29)

ブランズタワー豊洲

 豊洲で建設中のタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。ちょうど目の前をゆりかもめが通っていますが、そのゆりかもめ「豊洲」駅までは徒歩4分の距離です。東京メトロ有楽町線「豊洲」駅の出入口までも徒歩4分の距離です。



ブランズタワー豊洲

 もう少し近くから撮影。撮影した2020年11月29日時点で31階まで建設が進んでいました。1フロアが大きいため現時点でも結構大きなタワーマンションに見えますがまだまだ高くなります。



ブランズタワー豊洲

 豊洲公園と春海橋公園から見た「ブランズタワー豊洲」です。こういった道の正面に超高層がある景色は好きです。ちなみに左は豊洲公園、右は春海橋公園ですが、この道はどっちの公園に属するのかは不明です。



ブランズタワー豊洲

 豊洲駅に近い側の目の前から撮影。ゲストルーム、パーティルーム、フィットネスルームなどの共用施設は4階に集約され5階からが住宅フロアとなります。「ブランズタワー豊洲」の幕の上が5階ですが1〜4階までの階高がそこそこあるので5階と言っても8階くらいの高さがあるかもしれません。



ブランズタワー豊洲

 東側から撮影。左端にチラッと見切れているのは…



豊洲西小学校

 増築工事中の「豊洲西小学校」です。この増築部分の土地はタワマン建設によって小学校が定員オーバーとならないように江東区に譲渡した土地となっています。



ブランズタワー豊洲

 南側から撮影。



ブランズタワー豊洲

 目の前の南側には東電堀、豊洲ぐるり公園、豊洲六丁目第二公園という駅近ながら恵まれた環境となっています。

 写真左側のスペースにはスーパーマーケットがオープンする予定となっているため、食品の買い物は家の目の前、他の買い物はららぽーと豊洲と使い分けができます。人が多過ぎるのは嫌だけど便利な場所が良いといった人には最高の立地かと思います。自分の収入では手が届きませんが宝くじが当たったら住んでみたいタワーマンションです(笑)



ブランズタワー豊洲

 「豊洲大橋」から見た「ブランズタワー豊洲」です。こちら向きの左角(西)の33階には共用施設としてにビューラウンジが設置されます。



ブランズタワー豊洲

 晴海側から撮影。一番下の住宅フロアでもゆりかもめより高い位置のため、こちら向きの部屋は開けた視界の先に晴海のタワーマンション群といった景色が広がります。



ブランズタワー豊洲

 前日の11月28日に自宅から撮影した「ブランズタワー豊洲」です。自宅からは「レインボーブリッジ」が見えていたのですがだいぶ隠れてしまいました。主塔が隠れなくて良かったです(^^;)



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると現在は先着順申込受付中で22戸が5230万円〜2億1700万円で販売中です。間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は43.41屐112.52屬箸覆辰討い泙后1箴果明僂聾式HPの数値を採用していますが、大きく差があるので公式HPはマンション部、建築計画のお知らせはスーパーマーケット等も含む面積かと思います。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク