超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

ブランズタワーみなとみらい

ブランズタワーみなとみらいの建設状況(2016.2.9)

ブランズタワーみなとみらい
 みなとみらいで建設中の分譲のタワーマンション「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)です。撮影時点で17階部分を建設中でした。ここは東急不動産のフラッグシップ・プロジェクトと位置付けらています。

ブランズタワーみなとみらい
 昨年の10月下旬に公式HPを見たところ最終13邸となっていましたが、今公式HPを見ると先着順で4戸となっており、SUUMOで見るとその4戸のうち3戸は階数も掲載されていました。住戸は3〜5階で、専有面積は71.29屐81.23屐価格は8010万円〜9050万円となっていました。低層階だから安いというわけでもないので残ってしまったんですかね。

ブランズタワーみなとみらい
 地上から見た「ブランズタワーみなとみらい」です。今はこうして見えていますが、これから手前にオフィスビルが建設されます。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 そのオフィスビル「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」(地上15階、最高高さ83m)の建設現場です。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 パシフィコ横浜のペデストリアンデッキから見た同建設地です。

みなとみらいのタワーマンション群
 そのパシフィコ横浜の目の前の道路が国際大通りで、その道路沿いにはこのように高さ約100mのタワーマンションがずらっと並んでいます。国内有数のタワーマンション密集地帯です。

■ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定

ブランズタワーみなとみらいの建設状況(2015.10.24)

ブランズタワーみなとみらい
 みなとみらいで建設中の「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)です。撮影時点で6階まで建設が進んでいました。ここは東急不動産のフラッグシップ・プロジェクトと位置付けらたタワーマンションとなっており、販売も順調に進んでいるようで公式HPを見ると最終13邸となっていました。

みなとみらい
 建設地はみなとみらいのタワーマンション群から少しだけ離れた場所で、パシフィコ横浜と国際大通りを挟んだ向かい側、クイーンズスクエア横浜寄りの場所です。最寄り駅はみなとみらい線のみなとみらい駅です。

ブランズタワーみなとみらい
 パシフィコ横浜のデッキから見た「ブランズタワーみなとみらい」です。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 隣には「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」(地上15階、最高高さ83m)が建設中です。

みなとみらい
 横浜ランドマークタワーの展望台からの眺めです。写真中央のビルが「みなとみらいセンタービル」(地上21階、高さ98.2m)で、その背後にタワークレーンの先だけが見えているのが「ブランズタワーみなとみらい」です。

ブランズタワーみなとみらいの完成予想図
ブランズタワーみなとみらいの完成予想図[出典:公式HP]

 反対側から見た「ブランズタワーみなとみらい」の完成予想図です。なかなか凄い立地です。

■ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
入居:2017年2月下旬予定

ブランズタワーみなとみらいの建設状況(2015年8月23日)

ブランズタワーみなとみらい
 みなとみらいで建設中の「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)です。ここはみなとみらい駅まで徒歩2分という立地で、東急不動産のフラッグシップ・プロジェクトと位置付けらたタワーマンションです。

ブランズタワーみなとみらい
 現在は1階部分の鉄筋コンクリートが出来たところくらいでしょうか?これからどんどん伸びてきます。

ブランズタワーみなとみらい
 これらの写真はパシフィコ横浜のデッキから撮影しています。つまり海側はパシフィコ横浜しか建物はないので視界は開けています。

みなとみらい21 32街区
 「ブランズタワーみなとみらい」の隣では「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」(地上15階、最高高さ83m)が建設されます。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 オフィスビルの建設地はまだほぼ更地ですが着工は10月15日の予定です。

みなとみらいのタワーマンション群
 みなとみらいのタワーマンション群です。ここに新たに「ブランズタワーみなとみらい」が加わります。そして右奥には「ブルーハーバータワーみなとみらい」(地上27階、高さ97.70m)も加わります。みなとみらいは徐々に賑やかになっていってます。

■ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
販売:2015年5月下旬販売開始予定
入居:2017年3月下旬予定

ブランズタワーみなとみらいの建設状況と最高高さ83mのオフィス棟(2015年5月30日)

ブランズタワーみなとみらい
ブランズタワーみなとみらい[出典:公式HP]

 「みなとみらい」駅徒歩2分の位置に建つ「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)です。東急不動産のフラッグシップ・プロジェクトと位置付けられており、分譲価格も高く坪単価は400万を超えているようです。

ブランズタワーみなとみらい
 5月30日撮影の「ブランズタワーみなとみらい」の建設地です。タワークレーンが設置されていました。左奥にはよこはまコスモワールドの観覧車が見えています。ここはみなとみらいの中心地と言っても良い場所なので、みなとみらいの施設はどこも徒歩圏です。

ブランズタワーみなとみらい
 少し近くに移動した場所から撮影。右上には「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296m)が見えていますが、隣には「みなとみらいセンタービル」(地上21階、高さ98.2m)が建っているためランドマークタワーが見える部屋はかなり少なさそうです。

ブランズタワーみなとみらい
 さらに近くからもう1枚。これらの写真は道路を挟んだ隣にある「パシフィコ横浜」のペデストリアンデッキから撮影しています。左側にも空き地がありますが、そこには地上15階、最高高さ83mのオフィスビルが建設されます。

ブランズタワーみなとみらい
 「ブランズタワーみなとみらい」の建設地にズームです。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
 「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」の建設地にズームです。

(仮称)MM21-32街区 オフィス計画 建築計画のお知らせ
 現地にはオフィス棟の建築計画も掲示されていました。以前の報道では地上14階、高さ約71mの規模でしたが、建築計画では地上15階、高さ78m(最高部の高さ83m)となっています。用途は事務所、駐車場の他に店舗、保育所となっています。設計、施工は住宅棟と同じく清水建設の担当です。

(仮称)MM21-32街区
 これは「横浜ランドマークタワー」からの眺めですが、「(仮称)MM21-32街区 オフィス計画」の建設地の一部が見えるだけです。辛うじて「ブランズタワーみなとみらい」のタワークレーンの先だけが見えていますがわかりますか?クレーンの先が見えているということは、ここからも高層階の一部は見えるようになりそうです。

■ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
販売:2015年5月下旬販売開始予定
入居:2017年3月下旬予定

■(仮称)MM21-32街区 オフィス計画の概要■
計画名称:(仮称)MM21-32街区 オフィス計画
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:事務所・店舗・駐車場・保育所
階数:地上15階、塔屋1階(駐車場棟:地上6階)
高さ:78m(最高部の高さ83m)
敷地面積:7,058.34
建築面積:5,100
延床面積:55,600
構造:鉄骨造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年10月15日着工〜2017年7月31日竣工予定

地上29階「ブランズタワーみなとみらい」の建設状況(2015年2月28日撮影)

横浜みなとみらいの空撮
 横浜みなとみらいの空撮です。今朝載せた「ブルーハーバータワーみなとみらい」の記事と同じ空撮ですが、今回はそのときにも紹介した「ブランズタワーみなとみらい」です。

ブランズタワーみなとみらい
 昨日撮影した「ブランズタワーみなとみらい」(地上29階、高さ99.70m)の建設地です。当初は32街区にある空き地の半分が建設地かと思っていたのですが、この敷地の掘削作業をしている場所が建設地となるようです。

 最初の空撮でもわかるかと思いますが、「パシフィコ横浜」「けいゆう病院」「クイーンズタワー」「みなとみらいセンタービル」「MMパークビル」などに囲まれた場所です。また、「クイーンズタワー」側にある空き地では地上14階、地下1階、高さ約71mとなる事務所棟が建設予定となっています。まだ事務所棟の建築計画のお知らせは見当たりませんでしたが、敷地の一部で地質調査をやっているように見えました。

 ここはみなとみらい駅まで徒歩2分の距離で周辺には商業施設が色々とあり、みなとみらいの中心地区と言ってよい場所です。公式サイトの情報によると、みなとみらいでは居住人口1万人制限があり、現在の居住人口は7600人でみなとみらいに新築で住むチャンスは減ってきています。場所的には高そうですが「ブルーハーバータワーみなとみらい」と共に注目のタワーマンションになりそうですね。

ブランズタワーみなとみらいの建築地方面
 横浜ランドマークタワーから見た「ブランズタワーみなとみらい」の建設地方面です。「みなとみらいセンタービル」(地上21階、高さ98.2m)い隠れて事務所棟の建設地しか見えません。将来的に見えてもマンションの極一部だけかもしれません。高層階の共用施設としては27階にビューラウンジ、最上階にスカイデッキが設置されます。

ブランズタワーみなとみらい 建築計画のお知らせ
 「ブランズタワーみなとみらい」の建築計画のお知らせです。

■(ブランズタワーみなとみらいの概要■
名称:ブランズタワーみなとみらい
計画名称:(仮称)みなとみらい21 32街区プロジェクト(住宅棟)
地名地番:横浜市西区みなとみらい3丁目7番2
用途:共同住宅
総戸数:228戸(非分譲住戸30戸含む)
階数:地上29階、地下1階
高さ:99.70m
敷地面積:3,025.00
建築面積:1,500.00
延床面積:26,448.45
構造:鉄筋コンクリート造
建築主:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2014年10月1日着工〜2017年1月下旬竣工予定
販売:2015年5月下旬販売開始予定
入居:2017年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク