超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

タワーホール船堀

日鉄興和不動産と東京建物が江戸川区船堀に27階建てタワマン!江戸川区新庁舎を含む「船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者が選定されました!

 日鉄興和不動産と東京建物より東京都江戸川区船堀に江戸川区庁舎の移転を計画している「船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者に選定され「事業協力に関する協定書」を締結したと発表がありました。

 同事業は都営新宿線「船堀」駅前にある「タワーホール船堀」の北側の約2.7haの区域を南北2つの敷地に分け、北側に江戸川区新庁舎、南側に民間の再開発ビルを建設する計画となっています。

 新庁舎は低層庁舎と高層庁舎の2パターンで検討中ですが、再開発ビルは地上27階、地下1階、高さ100m未満、延床面積約57,000屬脳Χ函業務、共同住宅(約300戸)で構成するタワーマンションが計画されています。

 今後は2023年度に都市計画決定、2024年度に本組合設立認可、2025年度に権利変換計画認可を経て2025年度着工、2028年度竣工予定となっています。

▼日鉄興和不動産(2021年10月27日)
「船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業」事業協力者に選定

▼江戸川区(最終更新日;2021年10月14日)
新庁舎建設に向けた検討に着手しました



船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:日鉄興和不動産]

 場所は船堀街道と新大橋通りに面した約2.7haの区域でタワーホール船堀の北側一帯です。



船堀四丁目地区市街地再開発 現在と将来の敷地形状の想定
現在と将来の敷地形状の想定[出典:江戸川区]

 その区域は都営住宅等の跡地と民営地で構成されており、主要道路に面した部分に点在している民営地を南側に集約し、北側を江戸川区新庁舎を建設する計画となっています。



江戸川区新庁舎 高層庁舎イメージ
高層庁舎イメージ[出典:江戸川区]

 高層庁舎となった場合のイメージ図です。船堀駅から新庁舎まで歩行者デッキで接続する計画となっています。タワーホール船堀の展望塔の高さは115mで高さ103mの位置に展望室がありますが、その展望室よりは低い建物となるようです。



江戸川区新庁舎 低層庁舎イメージ
低層庁舎イメージ[出典:江戸川区]

 低層庁舎となった場合のイメージ図です。個人的には高層庁舎の方がシンボル性があって好きですが、民間施設のタワーマンションの北側高層階の眺望の妨げになるのでこちらの低層庁舎になるのではと思っています。



船堀四丁目地区市街地再開発

 ちょっと古いですが2011年5月にヘリから撮影した船堀です。赤い網掛けをした部分が「船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地で当時はまだ都営住宅などがありましたが現在は解体されて更地になっています。

 背後の建物が「タワーホール船堀」で高さ115mの展望タワーがあります。そのタワーの背後にある建物が元UR賃貸の「船堀駅前トキタワー」(地上27階、高さ91m)です。



タワーホール船堀

 その「船堀駅前トキタワー」から見た「タワーホール船堀」です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 その背後に見えるこの空き地部分が「船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地の北側で江戸川区新庁舎の建設予定地です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 「タワーホール船堀」の展望室から撮影した「船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。このように都営住宅などは既に解体され敷地の大部分は空き地となっています。民間の敷地ならば着工までの間は駐車場等として利用されそうですがずっと更地のままとなっています。



船堀四丁目地区市街地再開発

 地上から見た敷地北側の江戸川区新庁舎の建設地予定地です。中央の高層マンションも計画地に含まれています。



船堀四丁目地区市街地再開発

 船堀街道側から見た敷地の南側です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 タワーホール船堀側です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 このタワーホール船堀側に27階建てのタワーマンションが建設されます。高層階は展望台から覗かれる部屋になりそうです。

■物件概要■
事業名称:船堀四丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都江戸川区船堀四丁目の一部
地区面積:約2.7ha

・庁舎敷地(北側)
主な用途:業務(区役所)、駐車場 等
構造等:未定
敷地面積:約10,100
延床面積:約55,000

・民間敷地(南側)
主な用途:商業、業務、共同住宅 等
総戸数:約300戸
階数:地上27階、地下1階
高さ;100m未満
構造:RC造等
敷地面積:約7,300
延床面積:約57,000

船堀に江戸川区新庁舎とタワーマンション計画!船堀四丁目地区市街地再開発準備組合が事業協力者の募集を開始!

 東京江戸川区の船堀に江戸川区庁舎の移転が計画されています。その計画地は都営住宅などの跡地でまとまった土地となっていますが民営地にも挟まれた不整形な形状のため権利者の協力を得て敷地の形を整理し、新庁舎及び再開発ビルを建設する「船堀四丁目地区市街地再開発」が計画されています。

 その再開発事業を行う船堀四丁目地区市街地再開発準備組合が事業協力者の募集を開始したと建設通信新聞に掲載されました。募集期間は2021年3月25日〜2021年4月23日でコンサルタント業務を担当しているアール・アイ・エーが受付をし9月にも決定する予定とのことです。

▼建設通信新聞(2021年3月29日)
4月23日まで事業協力者受付/区の新庁舎も計画/船堀四丁目再開発準備組合

▼江戸川区(最終更新日;2021年1月25日)
新庁舎建設に向けた検討に着手しました



船堀四丁目地区市街地再開発
整備イメージ[出典:建設通信新聞]

 同再開発は北棟(区庁舎棟)と南棟(民間棟)に分かれており、区庁舎棟は低層庁舎と高層庁舎で検討されていましたが、建設通信新聞の記事では低層庁舎となっています。これは低層庁舎に決定したということなんですかね。階数や高さは未定ですが民間棟は最初からタワー型で計画されています。

 場所は都営新宿線「船堀」駅の北側にある「タワーホール船堀」の北側一帯で、駅前広場から江戸川区新庁舎まで歩行者デッキで接続。途中で「タワーホール船堀」にも接続し新たな歩行者動線を確保する計画となています。



船堀四丁目地区市街地再開発
対象区域[出典:建設通信新聞]

 対象区域は船堀4丁目2、3、6街区の一部約2.7haで、新庁舎の規模は延べ5万崢度で想定されています。今後のスケジュールは2021年度から庁舎の設計に向けた準備に入り、2025年度着工、2028年度竣工予定となっています。



船堀四丁目地区市街地再開発

 これは約10年前の2011年5月にヘリから撮影した船堀です。写真中央の赤い網掛け部分が「船堀四丁目地区市街地再開発」の計画地です。当時はまだ都営住宅などがありました。

 背後の大きな建物が「タワーホール船堀」で高さ115mの展望タワーがあり、高さ103m地点には無料の展望室があります。そのタワーの背後が賃貸のタワーマンション「船堀駅前トキタワー」(地上27階、高さ91m)です。船堀駅を挟んでタワーマンションが2棟並ぶことになります。



タワーホール船堀

 船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 その背後に見えるこの空き地部分が「船堀四丁目地区市街地再開発」の計画地で、見えている部分が江戸川区新庁舎の建設予定地となります。



船堀四丁目地区市街地再開発

 2020年11月5日に「タワーホール船堀」の展望室から撮影した「船堀四丁目地区市街地再開発」の計画地です。このように都営住宅などは既に解体され敷地の大部分は空き地となっています。その周りを囲むように民間のマンションなどがあるので権利者の協力を得て敷地の形を整理し再開発事業が行われます。

 また、敷地を横切る道路がありますがこの道路はもう少し「タワーホール船堀」に移動することになるかと思います。左端に見えいてる道路は船堀街道で、その船堀街道に面した左下の建物にはTSUTAYAが入っています。最近はTSUTAYAの実店舗がどんどん閉店していますが、ここも再開発に合わせて移転せずに閉店となりそうな気がしています。



船堀四丁目地区市街地再開発 現在と将来の敷地形状の想定
現在と将来の敷地形状の想定[出典:江戸川区]

 このように民有地が主要道路に接する形で点在しているのを「タワーホール船堀」側に集約し、北側一帯を江戸川区新庁舎の建設予定地とする計画となっています。



船堀四丁目地区市街地再開発

 地上から見た同再開発の計画地です。これは江戸川区新庁舎の建設地側です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 船堀街道側から撮影。このように何もない更地の状態が何年か続いていますが、着工までこの状態が続きそうです。



船堀四丁目地区市街地再開発

 タワーマンションが建設される南棟(民間棟)側です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 高層階は隣にある「タワーホール船堀」の展望台から覗かれる部屋となりそうです。



船堀四丁目地区市街地再開発

 「タワーホール船堀」はこうして見ると結構大きな施設です。



船堀四丁目地区市街地再開発

 2025年度着工予定のため民間の既存建物の解体もまだまだ先になりそうです。

東京スカイツリーとタワマンから見た雲海写真24枚!東京が雲海に包まれました(2019.10.30)

 2019年10月30日早朝、関東に雲海が広がりました。2X階にある自宅マンションからも雲海を見ることができ、これはと思って出勤前に東京スカイツリーにも登って雲海を見てきました。そのときの写真24枚です。

雲海とタワーホール船堀

 まずは自宅から見た雲海とタワーホール船堀です。撮影時間は5時50分頃です。



雲海と鉄塔

 奥に見えた鉄塔もこのように雲海から突き抜けていました。今の自宅も含めてタワーマンションに10年以上住んでいますがこんな光景を見たのは初めてです。



雲海と東京スカイツリー

 東京スカイツリーも雲から突き抜けていました。後から望遠レンズで撮ろうと思っていたのですが、他を撮っている間にほぼ見えなくなってしまいました。



江戸川区の雲海

 このように家の前にも濃霧が流れてきて…



江戸川区の雲海

 徐々に景色が白くなっていき…



雲海とタワーホール船堀

 タワーホール船堀の下の方は見なくなりました。最終的には上の方も含めてほぼ見えなくなっていました。



東京スカイツリー

 そして場所は変わって東京スカイツリーです。到着したときはこうして薄っすら見えるときもあればほぼ見えなくなるときもありました。



東京スカイツリー

 スカイツリーの足元です。周りに濃霧が立ち込めているのがわかります。



雲海と東京スカイツリーの影

 ということで東京スカイツリーの展望台から見た雲海です。天望デッキと天望回廊の写真が混ざっています。こうして雲海にスカイツリーの影が写っていました。



雲海と東京と富士山

 東京都心には雲海はなく富士山も見えていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 浅草、上野まで雲海が広がっていました。もっと早い時間だと広範囲に雲海が広がっていたかもしれません。



東京スカイツリーから見た雲海

 手前が浅草、中央が上野、奥が池袋です。



東京スカイツリーから見た雲海と池袋

 雲海は池袋の超高層ビル群を避けるような形となっていました。



東京スカイツリーから見た雲海と池袋

 雲海は超高層があると避けたりするんですかね?練馬のタワーマンションあたりも雲海はなさそうでした。



東京スカイツリーから見た雲海と日暮里

 ただ、日暮里などはこのように雲海の中でした。



東京スカイツリーから見た雲海とエルザタワー55

 埼玉方面もこのように雲海に包まれていました。川口では「エルザタワー55」(地上55階、高さ185m)だけ頭を出していたのはさすがでした。左奥はさいたま新都心です。



東京スカイツリーから見た雲海と曳舟

 曳舟駅前には複数のタワマンがありますが「イーストコア曳舟二番館」(地上41階、最高高さ141.56m)だけ顔を出していました。



東京スカイツリーから見た雲海と錦糸町

 中央が錦糸町の「ブリリアタワー東京」(地上45階、高さ159m)、奥が「ザ・ガーデンタワーズ」(地上39階、高さ134.3m)です。



東京スカイツリーから見た雲海

 その隣には果てしない雲海が広がっていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 豊洲や東雲など湾岸方面は雲海と言うよりは濃霧といった感じでした。



東京スカイツリーから見た雲海

 8時半くらにはスカイツリー近くの雲海は随分と薄れてきていました。スカイツリーのオープン時間の8時に登れて良かったです。



東京スカイツリーから見た雲海と南千住

 南千住のタワーマンションです。



東京スカイツリーから見た雲海

 スカイツリーに登った直後はこの手前も雲海が広がっていましたが8時半過ぎにはこのように雲は減っていました。



東京スカイツリーから見た雲海

 ただ、山に登らずこうして雲海を見られるのは贅沢な時間でした。出勤前の寄り道だったので8時半過ぎには降りましたがもっと展望台にいたかったです。以上、雲海写真24枚でした!

東京の大雪

大雪翌日の東京超高層ビル群
 昨日の東京は大雪でしたね。物凄い吹雪でした。これは大雪翌日の午前6時過ぎの東京都心方面の眺めです。手前の街並みが雪化粧しているだけで他はいつも通りです。

大雪翌日の船堀街道
 自宅のすぐ下の船堀街道はこの通り雪国状態でした。札幌育ちなので北から目線から言わせてもらうと騒ぐほどの雪ではありませんが…

大雪の船堀
 これは昨日の14時頃です。

大雪の船堀
 これは19時頃。この時間帯は風が強くで外に出て写真を撮るのも気合が必要でした。

大雪のタワーホール船堀
 これはちょっと戻って17時頃のタワーホール船堀です。

大雪のトキビル前
 さらに戻って16時半ころの船堀のトキビル前です。

大雪のトキビル前
 自宅から見るよりも雪は結構積もっているように感じました。

大雪のダイエー船堀店前
 これはダイエー船堀店です。風が強かったせいかそれほど積もったようには見えまえんでした。ただ吹き溜まりはかなりの雪になっていました。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

タワーマンションから見る飛行機雲


本日の飛行機雲

自宅マンションの共有廊下から見た
本日の飛行機雲です。

左端には「東京スカイツリー
右端のには「タワーホール船堀」です。


本日の飛行機雲

「タワーホール船堀」を正面にしてパチリ。

中央奥にちょこんと見えるのは
市川駅前のタワーマンションです。

超広角で撮っているので小さく見えていますが
肉眼ではもっと大きく見えます。

この後すぐに出掛けたのですが
また新たな飛行機雲が出来ていました。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク