超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

キャノピーbyヒルトン大阪梅田

高さ124.30m、高さ172.55m「うめきた2期 北街区賃貸棟・分譲棟」の建設状況(2021.12.20)

(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 うめきたで建設中の「(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区」の建設地です。2021年12月20日に「ノースゲートビルディング」の屋上広場から撮影しました。タワークレーンが設置されている場所が賃貸棟で地上26階、高さ124.30m、その背後に地上46階、高さ172.55mの分譲棟、そして手前には大規模な都市公園が整備されます。

 賃貸棟の事業者は三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社の8社、設計者は日建設計、竹中工務店、施工者は竹中工務店、大林組で2024年4月下旬の竣工予定となっています。

 分譲棟の事業者は積水ハウス、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社の8社、設計者は竹中工務店、日建ハウジングシステム、施工者は未定で2022年4月初旬着工、2026年3月下旬の竣工予定となっています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 賃貸棟

 建設地にズームです。



うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「うめきた2期地区開発事業」全体の完成予想図です。左が超高層ビル群が南街区賃貸棟と分譲棟で、右が北街区賃貸棟と分譲棟です。南街区について今朝のブログに載せているのでそちらをご覧ください。両街区の間には約4万5000屬療垰垳園が整備されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 各街区の規模は以下のようになっています。

■南街区■
分譲棟:地上51階、地下2階、高さ約185m、約93,000屐共同住宅(分譲)、約600戸
賃貸棟:地上39階、地下3階、高さ181.50m、317,249.30屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年11月下旬竣工予定

■北街区■
分譲棟:地上46階、高さ172.55mm、72,593.16屐共同住宅(分譲)、2026年3月下旬竣工予定
賃貸棟:地上26階、地下3階、高さ124.30m、65,421.20屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年4月下旬竣工予定



うめきた2期地区 ホテル事業の配置図

うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 このうちホテルについては南街区賃貸棟・西棟は「ウォルドーフ・アストリア大阪」、南街区賃貸棟・東棟は名称未定のUSホテル、北街区賃貸棟は「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」となることが発表されています。



キャノピーbyヒルトン大阪梅田 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は日本初進出のヒルトンのライフスタイルブランドで、北街区賃貸棟の10階〜25階に位置しています。総客室数は308室で32屬中心となり、ブランドの象徴となる「キャノピー・セントラル」は、フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えています。他にもシャワールームを完備する「トランスファー・ラウンジ」、フィットネス、会議室が設置予定となっています。また、1階には公園に面するカフェが併設されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 分譲棟

 梅田スカイビルから見た北街区です。中央が分譲棟あたりで右下が賃貸棟の建設地です。展望台の構造上、敷地全体が見られないのが残念です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 北街区についてはあまり写真がないので地上から撮影した1枚も載せておきます。タワークレーンの手前あたりまでは都市公園となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ

 北街区賃貸棟の建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 配置図

 配置図です。角度を変えてどんどんセットバックするビルとなります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 西側立面図

 西側立面図です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ

 北街区分譲棟の建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ 配置図

 うめきた2期の中では分譲棟は一番北側に配置されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ 西側立面図

 西側立面図です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 完成予想イメージ

 現地で撮影した完成予想図です。賃貸棟の完成予想イメージのため分譲棟は薄く描かれています。

■物件概要(北街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番40、1番41の一部、1番18の一部
用途:事務所、ホテル(キャノピーbyヒルトン大阪梅田)、商業施設等
階数:地上26階、地下3階
高さ:124.30m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:8,402.88
建築面積:5,350.00
延床面積:約64,200
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:日建設計、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2021年2月中旬着工〜2024年4月下旬竣工予定

■物件概要(北街区分譲棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番41の一部、1番18の一部
用途:共同住宅(分譲)
階数:地上46階
高さ:172.55m
構造:RC造
敷地面積:7,318.81
建築面積:3,609.30
延床面積:72,593.16
建築主:積水ハウス(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社
設計者:竹中工務店、日建ハウジングシステム
施工者:未定
工期:2022年4月下旬着工〜2026年3月下旬竣工予定

うめきた2期のホテルが決定!ヒルトンの「ウォルドーフ・アストリア大阪」「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」、阪急阪神ホテルズのホテルとなります。

うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 うめきた2期開発事業者のJV9社(三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社)より「うめきた2期地区開発事業」において計画している、スーパーラグジュアリーホテル(SLホテル)、ライフスタイルホテル(LSホテル)、アップスケールホテル(USホテル)について、SLホテル、LSホテルのオペレーターをヒルトンに、USホテルのオペレーターを阪急阪神ホテルズに決定したことが発表されました。

 また、同プロジェクトでホテル事業の幹事社であるオリックス不動産とヒルトンが運営委託契約を締結し、SLホテルの名称を「ウォルドーフ・アストリア大阪」に、LSホテルの名称「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」に決定したことも発表されています。USホテルについては名称未定となっています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2021年11月24日)
米ヒルトンの最上級ホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」が関西初進出!
「うめきた2期地区開発事業」3ホテルのオペレーター決定 (PDF 1,884KB)




うめきた2期地区 ホテル事業の配置図
うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 各ホテルは「ウォルドーフ・アストリア大阪」が南街区賃貸棟・西棟、名称未定のUSホテルは南街区賃貸棟・東棟、そして「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は北街区賃貸棟に入居し、「ウォルドーフ・アストリア大阪」は2025年度上期、「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は2024年度上期、USホテルは2024年度下期の開業を目指しています。

■物件概要(南街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番39のちイブ、19番13の一部、19番7の一部
用途:事務所、ホテル(ウォルドーフ・アストリア大阪、USホテル)、商業施設等
階数:地上39階、地下3階(西棟)、地上28階、地下3階(東棟)
高さ:181.50m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:約25,260
延床面積:約314,250
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2020年12月上旬着工〜2024年11月下旬竣工予定

■物件概要(北街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番40、1番41の一部、1番18の一部
用途:事務所、ホテル(キャノピーbyヒルトン大阪梅田)、商業施設等
階数:地上26階、地下3階
高さ:124.30m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:約8,400
延床面積:約64,200
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:日建設計、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2021年2月中旬着工〜2024年4月下旬竣工予定




ウォルドーフ・アストリア大阪

ウォルドーフ・アストリア大阪 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ヒルトンの最上級ラグジュアリーブランド「ウォルドーフ・アストリア大阪」は関西初進出で、南街区賃貸棟・西棟の2階および28階〜38階に位置しています。総客室数は252室で50屬中心となり、ウォルドーフ・アストリアの象徴であるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」や、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室といった施設が配置されます。

 ウォルドーフ・アストリアの日本初進出として発表されたのは東京の日本橋の大規模再開発「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ約284m)の39階〜47階部分に入る「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」でしたが、開業予定が2026年のため2025年度上期開業予定となっている「ウォルドーフ・アストリア大阪」が先に営業開始することになります。



ウォルドーフ・アストリア大阪 1階車寄せ完成予想イメージ
1階車寄せ完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 1階の車寄せ完成予想図です。



ウォルドーフ・アストリア大阪 ピーコック・アレー完成予想イメージ
ピーコック・アレー完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ラウンジ&バーの「ピーコック・アレー」の完成予想図です。




キャノピーbyヒルトン大阪梅田

キャノピーbyヒルトン大阪梅田 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ヒルトンのライフスタイルブランド「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は日本初進出で、北街区賃貸棟の10階〜25階に位置しています。総客室数は308室で32屬中心となり、ブランドの象徴となる「キャノピー・セントラル」は、フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えています。他にもシャワールームを完備する「トランスファー・ラウンジ」、フィットネス、会議室が設置予定となっています。また、1階には公園に面するカフェが併設されます。



キャノピーbyヒルトン大阪梅田 キャノピー・セントラル完成予想イメージ
キャノピー・セントラル完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えている「キャノピー・セントラル」の完成予想図です。




阪急阪神ホテルズのUSホテル

USホテル 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 社阪急阪神ホテルズのアップスケールホテル(USホテル)は南街区賃貸棟・東棟の5階〜28階に位置しています。総客室数は482室で23屬中心となり、レストラン、バー、フィットネスが設置予定となっています。

 ここが一番価格的に泊まりやすいホテルとなると思いますが、大阪に行ってもアパホテルとかに宿泊することが多い自分にとってはここでも敷居が高そうです。ちなみに関東以外への遠征を再開していますが、大阪は今年中に一度行くつもりでいます。大阪ネタが少ないと思っている方は少々お待ちください。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク