超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

うめきた2期地区開発事業

うめきた2期エリアの都市公園「(仮称)うめきた公園」の工事に本格着手!SANAAによる大屋根施設や安藤忠雄氏によるミュージアムも配置!2024年夏頃に一部先行開園

(仮称)うめきた公園 完成イメージ
完成イメージ[出典:三菱地所]

 三菱地所を代表企業とするうめきた2期開発事業者JV9社より「うめきた2期地区開発事業」における都市公園「(仮称)うめきた公園」の工事について、公民連携により本格着手することが発表されました。
※JV9社:三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社

 「(仮称)うめきた公園」は西日本最大のターミナル駅「JR大阪駅」前において、大規模ターミナル駅直結の都市公園としては世界最大級の規模となる約4万5000屬量明僂鮓悗蝓▲フィス・商業施設・中核機能・ホテル・分譲住宅等で構成する民間宅地と一体的かつシームレスに整備されます。整備主体は大阪市と都市再生機構で、公共によるベースグレードの公園整備に加え、事業者JRのデザイン提案等によるまち全体の魅力を高めるアップグレードを実施後、大阪市に移管予定となっています。

 一般園地の基本設計は日建設計・三菱地所設計、実施設計は日建設計、施工者は大林組・竹中工務店・竹中土木特定建設工事共同企業体。公園内の設置許可施設の整備主体は事業者JVで総延床面積は約1万1000屐8園施設全体の基本設計・実施設計は日建設計(ネクストイノベーションミュージアムの設計監修は安藤忠雄建築研究所)、公園内施設のうち大屋根施設の基本設計・実施設計はSANAA事務所、施工はうめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)となっています。2025年の大阪・関西万博の開催に先立つ2024年夏頃の先行開園、2027年春頃の全体開園予定です。

▼三菱地所:ニュースリリース(2022年5月16日)
「(仮称)うめきた公園」工事本格着手
〜西日本最大のターミナル駅「JR大阪駅」直結&オフィス・中核機能等の民間宅地とシームレスに隣接!
QOL向上&イノベーション創出を実現するサステナブルな都心型パブリックスペース・エコシステムを公民連携で整備〜




(仮称)うめきた公園 公園全体計画図
公園全体計画図[出典:三菱地所]

 「(仮称)うめきた公園」全体の計画図です。中央を通る道路を挟んで南公園と北公園に分かれており、南公園は建設中の「うめきた(大阪)」駅に隣接しておりシームレスに繋がります。「うめきた(大阪)」駅は現在のJR「大阪」駅とも改札内の地下通路で接続され、改札外でも新しく整備されるデッキでJR大阪駅方面と接続します。



(仮称)うめきた公園 公園施設配置計画
公園施設配置計画[出典:三菱地所]

 「(仮称)うめきた公園」の両側は民間による再開発が行われており超高層ビル群に囲まれた公園となります。



(仮称)うめきた公園 南公園の空間イメージ
南公園の空間イメージ[出典:三菱地所]

 南公園の完成予想図です。天然芝と水盤のある「リフレクション広場」が整備され、SANAA事務所の設計による大屋根イベントスペースとの一体利用により1万人規模のイベントが開催可能となります。



(仮称)うめきた公園 南公園の空間イメージ
南公園の空間イメージ[出典:三菱地所]

 公園内には段丘状の丘や水遊びのできる薄層の水盤が整備され、多様なアクティビティの展開が可能となります。



(仮称)うめきた公園 南公園の空間イメージ
南公園の空間イメージ[出典:三菱地所]

 公園内には庭園空間の「エントリーガーデン」も整備されます。



(仮称)うめきた公園 スポーツキューブ
スポーツキューブ[出典:三菱地所]

 南公園内に整備される「スポーツキューブ」は運動や健康に関する展示やイベント・プログラム等が体験できる屋外テラスと一体となった施設となります。



(仮称)うめきた公園 パーティレストラン
パーティレストラン[出典:三菱地所]

 南公園内に整備される「パーティレストラン」は日常からハレ日まで多目的に楽しむことができる飲食施設となります。



(仮称)うめきた公園 北公園の空間イメージ
北公園の空間イメージ[出典:三菱地所]

 北公園の完成予想図です。緑とダイナミックな水景(池・滝)のある空間「うめきたの森」が整備され、滝の上部では桜が楽しめるようになります。



(仮称)うめきた公園 北公園の空間イメージ
北公園の空間イメージ[出典:三菱地所]

 北公園南西入口部には水景施設が整備されます。



(仮称)うめきた公園 北公園の空間イメージ
北公園の空間イメージ[出典:三菱地所]

 園内には石壁と滝が整備され、周辺では紅葉も楽しめるようになります。



(仮称)うめきた公園 ネクストイノベーションミュージアム
ネクストイノベーションミュージアム[出典:三菱地所]

 北公園内に整備される「ネクストイノベーションミュージアム」は安藤忠雄氏の設計で、機能の大部分を地下に埋設し地上部分は壁面緑化によって緑のボックスにすることで、周辺の公園景観に溶け込むような外観となっています。

 同施設は新しい製品や技術、サービス、アートなど、ライフデザイン・イノベーションに資する「モノ」やイベント・プログラム等のさまざまな「コト」に触れられる、天井高さ15mを誇る大展示室を擁したミュージアムです。ここには公園利用者・施設来館者が利用できる飲食・物販機能も併設されます。



(仮称)うめきた公園 みんなのキューブ
みんなのキューブ[出典:三菱地所]

 南公園内に整備される「みんなのキューブ」は各種企業活動など多目的に利用できるスペースのほか、市民活動の拠点として憩い、集える飲食施設・フリースペースが併設されます。



(仮称)うめきた公園 エディテインメントキューブ
エディテインメントキューブ[出典:三菱地所]

 「エディテインメントキューブ」はこどもから大人までが、屋内外でアクティビティや多様なプログラムを通じて「あそび」と「学び」を体験することができる施設となります。



(仮称)うめきた公園 ビューレストラン
ビューレストラン[出典:三菱地所]

 ビューレストランは四季折々の景色を楽しむことができる飲食施設となります。



(仮称)うめきた公園 ひらめきの道
ひらめきの道[出典:三菱地所]

 南公園と北公園を繋ぐ歩行者デッキの「ひらめきの道」です。



うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「うめきた2期地区開発事業」全体の完成予想図です。今回公開された完成予想図と見比べると色々と変更があるようなので、この完成予想図は古いものとなります。

 民間による再開発の南街区には地上51階、高さ約185m、約9万3000峙模の分譲タワマンや、地上39階、高さ181.50m、31万7249.30峙模の事務所・商業施設・ウォルドーフ・アストリア大阪などが入る複合施設が建設されます。北街区には地上46階、高さ172.55mm、7万2593.16峙模の分譲タワマンや、地上26階、高さ124.30m、6万5421.20峙模の事務所・ホテル・商業施設等が入る複合施設が建設されます。詳細は当ブログの過去記事をご覧ください。

うめきた2期 南街区
うめきた2期 北街区



(仮称)うめきた2期地区開発事業

 2022年2月23日に「グランフロント大阪」の屋上広場から撮影した「うめきた2期地区開発事業」の建設地です。広大な敷地のため境界線がどこだかわかりませんが、中央あたりが「(仮称)うめきた公園」となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業

 以前、大阪の人と話したときに同再開発について残念がっている人が多かったのですが、個人的には広大な敷地を活かした完成が楽しみな再開発です。ニューヨークのセントラルパークのような存在になって欲しいものです。

うめきた2期 南街区の建設状況!地上39階、高さ181mの商業、事務所、ホテル「ウォルドーフ・アストリア大阪」等で構成される複合ビルとなります(2022.2.23)

(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 大阪のうめきたの大規模再開発「(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区」です。2022年2月23日に「グランフロント大阪」の屋上広場から撮影しました。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 写真手前には大規模な都市公園が整備され、鉄骨が組まれ始めている場所では地上39階、高さ181.50m、延床面積31万7249.30屐∋務所、ホテル、商業施設で構成される南街区賃貸棟が建設中です。

 事業者は三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社の8社、設計者は三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店の4社、施工者は竹中工務店、大林組の2社となっており、2024年11月下旬の竣工予定です。



うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「うめきた2期地区開発事業」全体の完成予想図です。敷地中央には大規模な都市公園(約4万5000)が配置され、都市公園の左が南街区で右が北街区です。北街区については今朝のブログに載せています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 各街区の概要です。南街区賃貸は西棟が2棟、東棟が2棟の計4棟の超高層ビル群に見えますが建築基準法上では1棟扱いとなるようです。

■南街区■
分譲棟:地上51階、地下2階、高さ約185m、約93,000屐共同住宅(分譲)、約600戸
賃貸棟:地上39階、地下3階、高さ181.50m、317,249.30屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年11月下旬竣工予定

■北街区■
分譲棟:地上46階、高さ172.55mm、72,593.16屐共同住宅(分譲)、2026年3月下旬竣工予定
賃貸棟:地上26階、地下3階、高さ124.30m、65,421.20屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年4月下旬竣工予定



うめきた2期地区 ホテル事業の配置図
うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 同再開発のホテルについては昨年11月に発表があり、南街区賃貸棟・西棟は「ウォルドーフ・アストリア大阪」、南街区賃貸棟・東棟は名称未定のUSホテル(アップスケールホテル)が入る計画となっています。



ウォルドーフ・アストリア大阪 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「ウォルドーフ・アストリア大阪」は関西初進出のヒルトンの最上級ラグジュアリーブランドで南街区賃貸棟・西棟の2階および28階〜38階に入ります。「ウォルドーフ・アストリア」ブランドとしては東京の「日本橋一丁目中地区」(地上52階、高さ284m)が日本初進出として先に発表されましたが、開業時期はこちらの方が早くなる予定です。


 総客室数は252室で50屬中心となり、ウォルドーフ・アストリアの象徴であるラウンジ&バーの「ピーコック・アレー」や、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室といった施設も用意されます。



ウォルドーフ・アストリア大阪 ピーコック・アレー完成予想イメージ
ピーコック・アレー完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 ラウンジ&バーの「ピーコック・アレー」の完成予想図です。



USホテル 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 USホテルはアップスケールホテルのことで、名称はまだ未定ですが阪急阪神ホテルズによるホテルになることは決定しており、南街区賃貸棟・東棟の5階〜28階に入ります。総客室数は482室で23屬中心となり、レストラン、バー、フィットネスといった施設も入ります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 建設地の写真に戻って「(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟」(地上39階、高さ181.50m)にズームです。鉄骨が組まれている場所が西棟で高層部には「ウォルドーフ・アストリア大阪」が入ります。

 この奥が南街区分譲棟の計画地で地上51階、地下2階、高さ約185m、約600戸の分譲のタワーマンションが建設されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 左の鉄骨が組まれている周辺以外は都市公園として整備されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業

 うめきたの敷地の北側から撮影。左手前が今朝のブログに載せた北街区で、右の奥に見える建設現場が南街区です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 現在はタワークレーン2基で鉄骨が組まれて始めていますが、まだまだタワークレーンは増えるかと思います。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 敷地南側から撮影。左奥には最上部でツインタワーが繋がる「梅田スカイビル」の頭が見えています。右側の超高層ビル群は「グランフロント大阪」で、うめきた2期はこれらの間に建つ超高層ビル群となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 まだ鉄骨が組まれ始めたばかりですが夏頃にはかなり熱い建設現場となりそうです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 すぐ近くでは「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)と「大阪駅西高架エリア開発」(地上23階、高さ121.6m)も建設中で、大阪駅周辺の超高層ビル密度がどんどん高くなってきています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 大阪駅改札外の端にあるデッキ部分から撮影。中央奥のタワーマンションは「グランドメゾン新梅田タワー THE CLUB RESIDENCE」(地上51階、高さ178m)です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 前日の2月22日に同じ場所から撮影した夜景バージョンです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 同じく2月22日に梅田スカイビルの展望台から見た南街区方面の夜景です。23日の明るい時間帯にも行きたかったのですが、途中で雪が降ってきて撮影が中断したりと時間なく行けませんでした。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。発表されているホテル概要とは微妙に数値が異なります。Slホテルはスーパーラグジュアリーホテルのことで「ウォルドーフ・アストリア大阪」となります。USホテルはアップスケールホテルのことで阪急阪神ホテルズのホテルとなります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 完成予想イメージ

 現地に設置されている完成予想図です。これらまとめて1棟扱いとなるようですが、超高層ビルの数を棟数えるときには4棟でカウントしてもいいかなと思っています。

■物件概要(南街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番39の一部、19番13の一部、19番7の一部
用途:事務所、ホテル(ウォルドーフ・アストリア大阪、USホテル)、商業施設等
階数:地上39階、地下3階(西棟)、地上28階、地下3階(東棟)
高さ:181.50m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:25,262.07
建築面積:17,586.72
延床面積:約314,250
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:うめきた2期区域設計監理業務共同企業体(三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店)
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店、大林組)
工期:2020年12月上旬着工〜2024年11月下旬竣工予定

うめきた2期 北街区に2基目のタワークレーン!地上26階、高さ124mの商業、事務所、ホテル「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」となります(2022.2.23)

(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 大阪のうめきたで建設中の「(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区」です。2022年2月23日に「ノースゲートビルディング」の屋上広場から撮影しました。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 写真手前には大規模な都市公園が整備され、タワークレーンが設置されている場所には地上26階、高さ124.30mとなる事務所、ホテル、商業施設で構成される北街区賃貸棟が建設されます。賃貸棟の事業者は三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社の8社で、設計者は日建設計、竹中工務店、施工者は竹中工務店、大林組で2024年4月下旬の竣工予定となっています。

 背後の敷地が細くなっていく場所には地上46階、高さ172.55mとなる分譲のタワーマンションが建設されます。分譲棟の事業者は積水ハウス、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社の8社で、設計者は竹中工務店、日建ハウジングシステム、施工者は未定で2022年4月初旬着工、2026年3月下旬の竣工予定となっています。



うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「うめきた2期地区開発事業」全体の完成予想図です。大規模な都市公園(約4万5000)の左が南街区で右が北街区です。今回のブログは北街区ですが南街区も別記事で載せます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 各街区の概要です。南街区賃貸は4棟の超高層ビル群に見えますが建築基準法上では1棟扱いとなるようです。

■南街区■
分譲棟:地上51階、地下2階、高さ約185m、約93,000屐共同住宅(分譲)、約600戸
賃貸棟:地上39階、地下3階、高さ181.50m、317,249.30屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年11月下旬竣工予定

■北街区■
分譲棟:地上46階、高さ172.55mm、72,593.16屐共同住宅(分譲)、2026年3月下旬竣工予定
賃貸棟:地上26階、地下3階、高さ124.30m、65,421.20屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年4月下旬竣工予定



うめきた2期地区 ホテル事業の配置図
うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 同再開発のホテルについては昨年11月に発表があり、南街区賃貸棟・西棟は「ウォルドーフ・アストリア大阪」、南街区賃貸棟・東棟は名称未定のUSホテル(アップスケールホテル)、北街区賃貸棟は「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」となることが発表されています。



キャノピーbyヒルトン大阪梅田 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 北街区に入る「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は日本初進出となるヒルトンのライフスタイルブランドで、北街区賃貸棟の10階〜25階に位置しています。客室は32屬鮹羶瓦箸垢308室で、ブランドの象徴となる「キャノピー・セントラル」は、フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えています。他にもシャワールームを完備する「トランスファー・ラウンジ」、フィットネス、会議室が設置予定となっています。また、1階には公園に面するカフェが併設されます。



キャノピーbyヒルトン大阪梅田 キャノピー・セントラル完成予想イメージ
キャノピー・セントラル完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「キャノピー・セントラル」の完成予想図です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 建設地の写真に戻って「(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟」(地上26階、高さ124.30m)にズームです。2基目のタワークレーンが設置途中でした。オレンジ色の支柱のタワークレーンは大林組で、設置中のシルバーの支柱のタワークレーンは竹中工務店というスーパーゼネコン2社での建設となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 「グランフロント大阪」の屋上広場から撮影。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 鉄骨が組まれている背後にもビル本体が建設されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 地上から撮影。撮影は2日前の夕方頃なので、昨日か今日には2基目のタワークレーンが完成しているかと思います。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 反対側から撮影。タワークレーンの真後ろが「グランフロント大阪 南館タワーA」(地上38階、高さ179.5m)、その左が「グランフロント大阪 北館タワーB」(地上38階、高さ175.211m)です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 まだ1階部分の鉄骨しか組まれていませんが、次回訪問時には迫力ある建設現場になっていそうです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業

 敷地北側から撮影。手前の大きな空き地部分が「(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟」(地上46階、高さ172.55m)の建設地です。2024年4月初旬の着工予定です。

 空き地の背後が北街区賃貸棟の建設地で、右奥に見えているのが南街区の建設地です。左端の奥に見切れている建設地は「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。LSホテルはライフスタイルホテルの意味です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ

 事務所、ホテル、商業施設で構成される北街区賃貸棟の建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 配置図

 配置図です。角度を変えながらどんどんセットバックするビルとなります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 西側立面図

 西側立面図です。中層部まで階段状になります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ

 分譲のタワーマンションとなる北街区分譲棟の建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ 配置図

 うめきた2期の中で一番北側に配置されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ 西側立面図

 西側立面図です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 完成予想イメージ

 現地に設置されている完成予想図です。中央が北街区賃貸棟で左の薄く描かれているのが北街区分譲棟です。右側は「グランフロント大阪 北館タワーB」です。

■物件概要(北街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番40、1番41の一部、1番18の一部
用途:事務所、ホテル(キャノピーbyヒルトン大阪梅田)、商業施設等
階数:地上26階、地下3階
高さ:124.30m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:8,402.88
建築面積:5,350.00
延床面積:約64,200
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:日建設計、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2021年2月中旬着工〜2024年4月下旬竣工予定

■物件概要(北街区分譲棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番41の一部、1番18の一部
用途:共同住宅(分譲)
階数:地上46階
高さ:172.55m
構造:RC造
敷地面積:7,318.81
建築面積:3,609.30
延床面積:72,593.16
建築主:積水ハウス(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社
設計者:竹中工務店、日建ハウジングシステム
施工者:未定
工期:2022年4月下旬着工〜2026年3月下旬竣工予定

高さ124.30m、高さ172.55m「うめきた2期 北街区賃貸棟・分譲棟」の建設状況(2021.12.20)

(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 うめきたで建設中の「(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区」の建設地です。2021年12月20日に「ノースゲートビルディング」の屋上広場から撮影しました。タワークレーンが設置されている場所が賃貸棟で地上26階、高さ124.30m、その背後に地上46階、高さ172.55mの分譲棟、そして手前には大規模な都市公園が整備されます。

 賃貸棟の事業者は三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社の8社、設計者は日建設計、竹中工務店、施工者は竹中工務店、大林組で2024年4月下旬の竣工予定となっています。

 分譲棟の事業者は積水ハウス、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社の8社、設計者は竹中工務店、日建ハウジングシステム、施工者は未定で2022年4月初旬着工、2026年3月下旬の竣工予定となっています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 賃貸棟

 建設地にズームです。



うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「うめきた2期地区開発事業」全体の完成予想図です。左が超高層ビル群が南街区賃貸棟と分譲棟で、右が北街区賃貸棟と分譲棟です。南街区について今朝のブログに載せているのでそちらをご覧ください。両街区の間には約4万5000屬療垰垳園が整備されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 各街区の規模は以下のようになっています。

■南街区■
分譲棟:地上51階、地下2階、高さ約185m、約93,000屐共同住宅(分譲)、約600戸
賃貸棟:地上39階、地下3階、高さ181.50m、317,249.30屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年11月下旬竣工予定

■北街区■
分譲棟:地上46階、高さ172.55mm、72,593.16屐共同住宅(分譲)、2026年3月下旬竣工予定
賃貸棟:地上26階、地下3階、高さ124.30m、65,421.20屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年4月下旬竣工予定



うめきた2期地区 ホテル事業の配置図

うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 このうちホテルについては南街区賃貸棟・西棟は「ウォルドーフ・アストリア大阪」、南街区賃貸棟・東棟は名称未定のUSホテル、北街区賃貸棟は「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」となることが発表されています。



キャノピーbyヒルトン大阪梅田 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」は日本初進出のヒルトンのライフスタイルブランドで、北街区賃貸棟の10階〜25階に位置しています。総客室数は308室で32屬中心となり、ブランドの象徴となる「キャノピー・セントラル」は、フロントやラウンジなどのほかにレストラン、ルーフ・トップバーも兼ね備えています。他にもシャワールームを完備する「トランスファー・ラウンジ」、フィットネス、会議室が設置予定となっています。また、1階には公園に面するカフェが併設されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 分譲棟

 梅田スカイビルから見た北街区です。中央が分譲棟あたりで右下が賃貸棟の建設地です。展望台の構造上、敷地全体が見られないのが残念です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区

 北街区についてはあまり写真がないので地上から撮影した1枚も載せておきます。タワークレーンの手前あたりまでは都市公園となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ

 北街区賃貸棟の建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 配置図

 配置図です。角度を変えてどんどんセットバックするビルとなります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 西側立面図

 西側立面図です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ

 北街区分譲棟の建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ 配置図

 うめきた2期の中では分譲棟は一番北側に配置されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟 建築計画のお知らせ 西側立面図

 西側立面図です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区 完成予想イメージ

 現地で撮影した完成予想図です。賃貸棟の完成予想イメージのため分譲棟は薄く描かれています。

■物件概要(北街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番40、1番41の一部、1番18の一部
用途:事務所、ホテル(キャノピーbyヒルトン大阪梅田)、商業施設等
階数:地上26階、地下3階
高さ:124.30m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:8,402.88
建築面積:5,350.00
延床面積:約64,200
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:日建設計、竹中工務店
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店・大林組)
工期:2021年2月中旬着工〜2024年4月下旬竣工予定

■物件概要(北街区分譲棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 北街区分譲棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番41の一部、1番18の一部
用途:共同住宅(分譲)
階数:地上46階
高さ:172.55m
構造:RC造
敷地面積:7,318.81
建築面積:3,609.30
延床面積:72,593.16
建築主:積水ハウス(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社
設計者:竹中工務店、日建ハウジングシステム
施工者:未定
工期:2022年4月下旬着工〜2026年3月下旬竣工予定

地上39階、高さ181.50m「うめきた2期 南街区賃貸棟」の建設状況!高層部にはホテル「ウォルドーフ・アストリア大阪」が入ります(2021.12.20)

(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟

 うめきたで建設中の「(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟」(地上39階、高さ181.50m)の建設地です。2021年12月20日に梅田スカイビルから撮影しました。写真中央あたりに見た目的には5棟(賃貸棟・分譲棟)の超高層ビルが建設され、左下あたりには大規模な都市公園が整備されます。敷地面積25,262.07屬紡个靴瞳築面積は17,586.72屐延床面積317,249.30屬箸覆蠅泙后

 同再開発の事業者は三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社の8社、設計者は三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店、施工者は竹中工務店、大林組、2024年11月下旬の竣工予定となっています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟

 建設地にズームです。1階床が見えてきている場所が西棟、その後ろが東棟の建設地で大きく2つに分かれていますが、建築計画のお知らせでは南街区賃貸棟として1つしかないので、建築基準法上では1棟扱いになりそうです。



うめきた2期地区 全景完成予想イメージ
うめきた2期地区 全景完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「うめきた2期地区開発事業」全体の完成予想図です。左が超高層ビル群が南街区賃貸棟と分譲棟で、右が北街区賃貸棟と分譲棟です。北街区について別記事で載せます。両街区の間には約4万5000屬療垰垳園が整備されます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 配置図
配置図[出典:三菱地所]

 各街区の規模は以下のようになっています。

■南街区■
分譲棟:地上51階、地下2階、高さ約185m、約93,000屐共同住宅(分譲)、約600戸
賃貸棟:地上39階、地下3階、高さ181.50m、317,249.30屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年11月下旬竣工予定

■北街区■
分譲棟:地上46階、高さ172.55mm、72,593.16屐共同住宅(分譲)、2026年3月下旬竣工予定
賃貸棟:地上26階、地下3階、高さ124.30m、65,421.20屐∋務所、ホテル、商業施設等、2024年4月下旬竣工予定



うめきた2期地区 ホテル事業の配置図

うめきた2期地区 ホテル事業の配置図[出典:三菱地所]

 このうちホテルについては南街区賃貸棟・西棟は「ウォルドーフ・アストリア大阪」、南街区賃貸棟・東棟は名称未定のUSホテル、北街区賃貸棟は「キャノピーbyヒルトン大阪梅田」となることが発表されています。



ウォルドーフ・アストリア大阪 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 「ウォルドーフ・アストリア大阪」はヒルトンの最上級ラグジュアリーブランドで関西初進出で南街区賃貸棟・西棟の2階および28階〜38階に位置しています。総客室数は252室で50屬中心となり、ウォルドーフ・アストリアの象徴であるラウンジ&バー「ピーコック・アレー」や、レストラン、フィットネス、スパ、屋内プール、チャペル、ライブラリー・ラウンジ、宴会場、会議室といった施設が配置されます。



>USホテル 外観完成予想イメージ
外観完成予想イメージ[出典:三菱地所]

 USホテルはアップスケールホテルのことで、名称は未定ですが阪急阪神ホテルズのホテルとなり南街区賃貸棟・東棟の5階〜28階に入ります。総客室数は482室で23屬中心となり、レストラン、バー、フィットネスが設置予定となっています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟

 「グランフロント大阪」の屋上広場から見た「(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟」の建設地方面です。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟

 ズームです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区 賃貸棟

 「ノースゲートビルディング」の屋上広場から撮影。ここからだと南街区賃貸棟の建設地の一部しか見えません。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区

 ただ都市公園が建設される場所はよく見えます。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟

 同ビルのデッキ部分から撮影。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟

 少しズームです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟

 さらにズームです。鉄骨が見え始めています。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。約1年前に設置されて概要のためか発表されたホテル概要とは微妙に数値が異なります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 配置図

 配置図にズームです。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 建築計画のお知らせ 東側立面図

 立面図を見ても4棟のビル群に見えますが扱い的には1棟となります。



(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟 完成予想イメージ

 現地で撮影した完成予想図です。

■物件概要(南街区賃貸棟)■
計画名:(仮称)うめきた2期地区開発事業 南街区賃貸棟
所在地:大阪府区大阪市大深町1番39の一部、19番13の一部、19番7の一部
用途:事務所、ホテル(ウォルドーフ・アストリア大阪、USホテル)、商業施設等
階数:地上39階、地下3階(西棟)、地上28階、地下3階(東棟)
高さ:181.50m
構造:S造(一部RC造・SRC造)
敷地面積:25,262.07
建築面積:17,586.72
延床面積:約314,250
建築主:三菱地所(代表企業)、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、うめきた開発特定目的会社
設計者:うめきた2期区域設計監理業務共同企業体(三菱地所設計、日建設計、大林組、竹中工務店)
施工者:うめきた2期共同企業体(竹中工務店、大林組)
工期:2020年12月上旬着工〜2024年11月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク