超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

関内駅前!地上30階、高さ170m「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の計画段階配慮書が公開

(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 施設イメージ
施設イメージ[出典:横浜市]

 関内駅前で計画されている「(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の計画段階配慮書が横浜市より公開されました。同計画が明らかになった当時は地上31階、地下1階、高さ約150m、延床面積約8万8500屬竜模でしたが、今回公開された資料では地上30階、塔屋1階、地下1階、高さ約170m、延床面積約8万8600屬箸覆辰討い泙靴拭3数は1フロア減り、延床面積は100崛え、そして高さが約20mほど高くなっていますが、延床面積がほぼ同じなので減った1フロアは塔屋部分の可能性があります。よって延床面積がほぼ変わらず高さだけ20mも増したことになりますが、これは以前の高さ塔屋が含まれていなかったのかもしれません。

 事業者は関内駅前港町地区市街地再開発準備組合で三菱地所を代表企業とした、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産の5社で構成される共同企業体が事業協力者となっています。2025年度着工、2029年度竣工予定です。

 図の右側は移転した横浜市市庁舎の跡地の有効活用を図る「横浜市現市庁舎街区活用事業」(地上33階、高さ約170m)です。関内駅前に高さ170mの超高層ビルが2棟建ち並ぶことになります。

▼横浜市:環境アセスメント(2021年11月25日)
仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 計画段階配慮書



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 施設概要図
施設概要図[出典:横浜市]

 フロア構成は低層部に商業施設、観光・集客施設、中層部に業務施設、そして高層部が賃貸レジデンスとなる住宅施設が配置されます。業務施設と住宅施設の間には展望フロアとなるスカイラウンジも配置されます。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 東西断面図
東西断面図[出典:横浜市]

 断面図を見ると高層部に観光・集客施設の示す紫色の場所がなく、展望フロアとなる少し飛び出た部分は業務施設と住宅施設となっています。前の図では展望フロア部分は観光・集客施設を示す色になっていたので、一般の人も行ける場所なのか、住民・オフィスワーカーだけの場所になるのかは不明です。同じ横浜市にある「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)の46階〜51階はサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッドスイーツ横浜」となっており、46階にはフロントの他に宿泊者以外も利用可能なレストランと展望ロビーがありますが、ここもそういった感じになる可能性もあるのかなと思っています。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 南北断面図
南北断面図[出典:横浜市]

 南北断面図を見ても展望フロアがどうなっているのかは不明です。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:横浜市]

 配置図です。ビルの高層部は隣の「横浜市現市庁舎街区活用事業」の高層棟とできる限りお見合い部屋にならない位置関係となっています。そのためか通常は駅前に配置される交通広場が駅から遠い側に配置されています。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 再開発エリア
再開発エリア[出典:三菱地所]

 場所は関内駅の北側(海側)で駅の目の前となります。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 関内駅前の西側から見た「(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」(地上30階、高さ約170m)の計画地方面です。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 海側となる北側から撮影。左奥に少しだけ見えているのが旧横浜市庁舎で「横浜市現市庁舎街区活用事業」(地上33階、最高高さ約180m)の建設地です。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その旧横浜市庁舎側となる東側から撮影。



(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 関内駅側に戻って南側から撮影。2025年度着工予定のため数年後には一気に解体工事が始まるものと思われます。



関内駅前港町地区市街地再開発

 2013年1月にセスナから撮影した関内方面です。赤い網掛け「(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」、青い網掛けが「横浜市現市庁舎街区活用事業」の計画地です。野球場は横浜公園内にある「横浜スタジアム」です。

■物件概要■
事業名:(仮称)関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横浜市中区尾上町2丁目、真砂町2丁目、港町2丁目
用途:業務施設、商業施設、住宅施設、観光・集客施設、交通広場
階数:地上30階、塔屋1階、地下1階
高さ:約170m
敷地面積:約7,720
建築面積:約5,320
延床面積:約8万8600
事業主:関内駅前港町地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所(代表)、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産
工期:2025年度着工〜2029年度竣工予定
供用:2029年度以降予定

みなとみらいに約2万席の音楽アリーナ「Kアリーナ横浜」、高さ約100mのホテル「ヒルトン横浜」、オフィス「Kタワー横浜」が2023年秋誕生!

ミュージックテラス 外観イメージ
外観イメージ[出典:ケン・コーポレーション]

 横浜みなとみらい21地区の大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト」について、ケン・コーポレーションより音楽アリーナの名称が「Kアリーナ横浜」に決定したと発表がありました。また、併設するツインタワーのホテル棟には「ヒルトン横浜」(地上26階、高さ約100m)が横浜初進出し、もう片方のオフィス棟の名称が「Kタワー横浜」(地上21階、高さ約100m)に決定したことも同時に発表されました。街区全体の名称は「ミュージックテラス」となります。

 この完成予想図で「Kアリーナ横浜」に近い側が「ヒルトン横浜」となります。目の前には帷子川(かたびらがわ)が流れていますが貨物線の高島線で「ミュージックテラス」とは分断されています。

▼ケン・コーポレーション:プレスリリース(2021年11月16日)
世界最大級、2万席の音楽アリーナが 2023年秋誕生
音楽アリーナの施設名称を「Kアリーナ横浜」に、ホテルブランドを「ヒルトン」に決定




ミュージックテラス ミュージックテラスの広場
ミュージックテラスの広場[出典:ケン・コーポレーション]

 ホテルとアリーナの目の前に整備される広場です。右端には野外イベントスペースも描かれているので色々な音楽イベントも開催可能となりそうです。



Kアリーナ横浜 アリーナ外観
アリーナ外観[出典:ケン・コーポレーション]

 「Kアリーナ横浜」は世界最大級となる約2万席の音楽専用アリーナとなります。音楽専用アリーナということで一般的なコンサートで持ち込まれる演出機器を一部常設とし、主催者が持ち込む機材を減らし、1イベントあたり最大で大型トラック約10台分のCO2削減が見込まれるとのことです。



Kアリーナ横浜 アリーナ内観
アリーナ内観[出典:ケン・コーポレーション]

 音楽専用アリーナということで音響はもちろん良いと思いますが、スタンドの全客席がステージ正面を向いた扇形の配置となっておりステージを見やすくなっています。



Kアリーナ横浜 アリーナ断面
アリーナ断面[出典:ケン・コーポレーション]

 客席は20,030席でアリーナと3層のスタンド席で構成されています。これだけ高さのあるスタンド席だと一番上でもオーディエンスの盛り上がりが見られて楽しそうです。



Kアリーナ横浜 VIPラウンジ
VIPラウンジ[出典:ケン・コーポレーション]

 「Kアリーナ横浜」にはVIP専用のラウンジが設けられます。高級不動産を扱っているケン・コーポレーションならではの空間となりそうです。



Kアリーナ横浜 VIPロビー
VIPロビー[出典:ケン・コーポレーション]

 VIPロビーを見てもコンサート会場とは思えない空間です。



Kアリーナ横浜 VIPボックス
VIPボックス[出典:ケン・コーポレーション]

 そしてVIP専用の客席も凄いことになっています。



Kアリーナ横浜 バーラウンジ
バーラウンジ[出典:ケン・コーポレーション]

 7階には設けられるバーラウンジは『ライブを観に来たゲストだけでなく、近隣で働く方や横浜に遊びに来た方にも足を運んでいただけるような、大人の空間を提供します。』とのことなので、ここは普段から来れる場所となるようです。景色からして北側の横浜ポートサイド地区方面を望める場所となるようです。



ヒルトン横浜 ホテルロビー
ホテルロビー[出典:ケン・コーポレーション]

 「ヒルトン横浜」のロビーです。ケン・コーポレーションがヒルトンとフランチャイズ契約を締結し、所有・運営するとのことです。



Kタワー横浜 オフィスエントランスホール
オフィスエントランスホール[出典:ケン・コーポレーション]

 オフィスビルとなる「Kタワー横浜」のエントランスホールです。オフィスは基準階専有面積200坪強の中規模ハイグレードオフィスとなります。みなとみらいは1フロアの大きなオフィスビルばかりでこの規模は供給が少ないとのことです。



ミュージックテラス 位置図
位置図[出典:ケン・コーポレーション]

 場所は「横浜アンパンマンこどもミュージアム」の北側で、川沿に新設される歩行者デッキが完成すると横浜駅から徒歩9分となります。最も近い駅はみなとみらい線「新高島」駅で徒歩5分の距離となっています。図には描かれていませんが「みなとみらい」駅も徒歩圏です。



ミュージックテラス

 2021年9月20日に撮影した「ミュージックテラスです。設計者は梓設計(代表)、国建、鹿島建設、施工者は鹿島建設で2023年10月31日の竣工予定です。



Kアリーナ横浜

 「Kアリーナ横浜にズームです。竣工予定は約年後ですがもうずいぶんと建設が進んでいます。



ヒルトン横浜とKタワー横浜

 ホテル棟とオフィス棟の建設地にズームです。奥が「ヒルトン横浜」(地上26階、高さ約100m)で手前が「Kタワー横浜」(地上21階、高さ約100m)です。



ヒルトン横浜とKタワー横浜

 反対側から撮影。撮影時はタワークレーンは設置されていましたが地上部の建設はまだでした。撮影から2ヵ月近く経っているのでそろそろ地上部の建設が始まっているかもしれません。



Kアリーナ横浜

 「Kアリーナ横浜」の外壁は白一色となっていました。



Kアリーナ横浜

 アリーナのステージ側からは客席を見ることができました。



Kアリーナ横浜

 3層のスタンド席も確認できました。ただ、ここは閉じた空間となるので今はもう見えなくなっているかもしれません。



ミュージックテラス

 「横浜ランドマークタワー」の展望室からの眺めです。みなとみらいのタワーマンション群の奥に「ミュージックテラス」が位置しています。。



ミュージックテラス

 「ミュージックテラス」にズームです。



Kアリーナ横浜

 撮影時は「Kアリーナ横浜」の客席が見えていましたが、屋根部分の建設も始まっていたので今はもう見えないかもしれません。



ミュージックテラス 都市景観形成行為のお知らせ

 都市景観形成行為のお知らせです。



ミュージックテラス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。下記物件概要では都市景観形成行為の立面図の高さを採用していますが、竣工時期はケン・コーポレーションに掲載されている年月にしています。

■物件概要■
名称:ミュージックテラス
計画名称:Kアリーナプロジェクト新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目2番2 ほか2筆
用途:音楽アリーナ、ホテル、事務所、店舗、駐車場
階数(Kアリーナ横浜):地上9階
階数(ヒルトン横浜):地上26階、地下1階
階数(Kタワー横浜):地上21階、地下1階
高さ:99.99m(最高高さ110.876m)
構造:S造(一部RC造+SRC造)
敷地面積:31,793.97
建築面積:27,600.00
延床面積:119,300.00(Kアリーナ横浜:約54,090屐▲劵襯肇鷁I諭約34,850屐Kタワー横浜:約29,740)
建築主:ケン・コーポレーション
設計者:梓設計(代表)、国建、鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2020年8月1日着工〜2023年7月竣工予定

みなとみらいの住宅展示場跡地!高さ145.82m「(仮称)MM37タワー」の建設状況(2021.9.20)

(仮称)MM37タワー

 みなとみらいで建設中の「(仮称)MM37タワー」(地上28階、高さ145.82m)です。建築主は合同会社KRF48(パナホーム、ケネディクス、鹿島建設)で事務所やホテルで構成される複合ビルとなります。

 右側のビルは「三菱重工横浜ビル」(地上33階、高さ151.9m)で、その隣にあった住宅展示場「横浜ホームコレクション」の跡地が建設地です。



(仮称)MM37タワー

 オフィスフロア部の外壁の取り付けも始まっていました。



(仮称)MM37タワー

 3方向が道路に接している場所のためそれなりに目立つビルになりそうです。



(仮称)MM37タワー

 この左側には「三菱重工横浜ビル」がありますが、その間にはそこそこ広い歩行者通路が整備されます。



(仮称)MM37タワー

 「ぴあアリーナMM」前から撮影。



(仮称)MM37タワー

 「ぴあアリーナMM」のデッキから撮影。このデッキと「(仮称)MM37タワー」は2階レベルで接続される計画となっています。



三菱重工横浜ビル

 隣の「三菱重工横浜ビル」(地上33階、高さ151.9m)です。「(仮称)MM37タワー」(地上28階、高さ145.82m)はこのビルよりちょっとだけ低い高さとなります。



三菱重工横浜ビル

 「横浜ランドマークタワー」の展望台から撮影。「(仮称)MM37タワー」はその「三菱重工横浜ビル」と並んでおりランドマークタワーからはほとんど見えない位置関係となっています。



(仮称)MM37タワー 完成イメージ
完成イメージ[出典:国土交通省]

 「(仮称)MM37タワー」の完成予想図です。高層部のセットバックした部分がホテルとなります。



(仮称)MM37タワー 完成イメージ
完成イメージ[出典:国土交通省]

 みなとみらい大通り側から見た低層部の完成予想図です。左が「(仮称)MM37タワー」で右が「三菱重工横浜ビル」でその両棟の間には幅の広い歩行者通路が整備されます。そしてこの奥には狙ったかのように「横浜美術館」が見える位置関係となっています。



(仮称)MM37タワー 完成イメージ
完成イメージ[出典:国土交通省]

 別角度の低層部の完成予想図です。それなりに広い公開空地が整備される計画となっています。



(仮称)MM37タワー 概要図
概要図[出典:国土交通省]

 概要図を見ると店舗部分はごくわずかでオフィスとホテルがメインのビルとなるようです。



(仮称)MM37タワー 位置図
位置図[出典:国土交通省]

 場所はみなとみらい線「みなとみらい」駅近くで、この図の下の方にある「桜木町」駅も徒歩圏です。みなとみらいはペデストリアンデッキ網も拡大中で色々な場所に道路を渡らずに行けるようになります。



(仮称)MM37タワー 都市景観形成行為のお知らせ

 現地に設置されている都市景観形成行為のお知らせです。



(仮称)MM37タワー 都市景観形成行為のお知らせ 配置図
 配置図です。20階部分の海側に少し飛び出た部分が描かれていますがこの部分がテラスかと思います。



(仮称)MM37タワー 都市景観形成行為のお知らせ 立面図

 立面図です。この図から階数を数えると18階までがオフィスフロア、19階が機械室、20階がホテルロビーで21階からが客室となりますが、この図で階数を数えると31階建てとなってしまいます。ただ、よくよく図を見ると上部の外装a-2となっている場所は他と色が微妙に違うため、塔屋部分は客室と同じデザインとなるのかもしれません。



(仮称)MM37タワー 都市景観形成行為のお知らせ 立面図

 隣の「三菱重工横浜ビル」との高さの差はこの図の通りとなります。



(仮称)MM37タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)MM37タワー
仮称:(仮称)みなとみらい21中央地区37街区開発計画
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目3番地
用途:事務所・ホテル・店舗・駐車場
階数:地上28階、地下1階
高さ:145.82m
構造:SRC造(一部RC)、S(一部CFT柱)造
敷地面積:10,082.20
建築面積:6,105.89
延床面積:121,676.01
建築主:合同会社KRF48(パナホーム、ケネディクス、鹿島建設)
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2020年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

横浜にウェスティンホテル!高さ約100m「ウェスティンホテル横浜」の建設状況(2021.9.20)

ウェスティンホテル横浜

 横浜のみなとみらいで建設中のホテル「ウェスティンホテル横浜」(地上23階、高さ99.84m)です。既にタワークレーンも撤去され外観も低層部以外はほぼ見えるようになっています。

 同ビルの建築主は積水ハウスですがホテルの運営は「ウェスティン」ブランドを展開するマリオット・インターナショナルが行うことになっています。総客室数は373室で他に長期滞在対応型ホテル201室も併設される計画となっています。



ウェスティンホテル横浜

 デザインで特徴的なのはこの少し飛び出た部分ですね。少し隙間があって低層部にホテルを載せたようなデザインになっています。



ウェスティンホテル横浜



ウェスティンホテル横浜

 全体で見るとそこまで飛び出ているわけではありませんが目を引くデザインです。



ウェスティンホテル横浜

 反対側はこのように隙間ありません。



ウェスティンホテル横浜

 フロア構成は不明ですが途中のフロアでデザインが変わっているので、上がウェスティンホテルで下が長期滞在対応型ホテルかと思われます。



ウェスティンホテル横浜

 塔屋部分には「WESTIN」の文字も取り付けられていました。



みなとみらいの超高層ビル群

 「横浜ランドマークタワー」の展望台から見たみなとみらいの超高層ビル群です。この中で高速道路側の左端が「ウェスティンホテル横浜」です。海側は超高層ビル群が建ち並んでいますが、反対の陸側高層階は開けた視界が広がりそうです。



ウェスティンホテル横浜

 ズームです。2022年春の開業予定です。国内旅行客は回復してそうな気がしますが海外からの旅行客が回復するのはあと数年先ですかね。ホテル開業は心配になってしまいます。



ウェスティンホテル横浜 外観イメージ
外観イメージ[出典:積水ハウス]

 完成予想図を見ると「ぴあアリーナMM」方面とペデストリアンデッキで接続され、さらには「神奈川大学 みなとみらいキャンパス」(地上22階、高さ99.99m)方面にも延長される計画のようです。



ウェスティンホテル横浜 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ウェスティンホテル横浜
計画名:みなとみらい44街区計画 新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目2-4(みなとみらい44街区)
用途:ホテル・飲食店・物品販売業を営む店舗・集会所
総客室数:373室、他に長期滞在対応型ホテル201室
階数:地上23階、塔屋1階
高さ:99.84m
構造:S造
敷地面積:9,604.59
建築面積:5,981.88
延床面積:65,877.29
建築主:積水ハウス
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2019年11月6日着工〜2022年2月28日末竣工予定
開業:2022年春予定

関内駅前!地上17階、高さ74.9m「関東学院大学 横浜・関内キャンパス」の建設状況(2021.9.20)

関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図
完成予想図[出典:関東学院大学]

 関内駅前で2023年の開設に向けて建設中の「関東学院大学 横浜・関内キャンパス」(地上17階、高さ74.90m)の完成予想図です。ここには金沢八景キャンパスの法学部、経営学部、人間共生学部(コミュニケーション学科)が移転してきます。当初は2022年4月の開校を目指していましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で建設工事に大幅な遅延が生じて2023年4月の開校となります。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図

 こちらは現地の仮囲い掲載されている完成予想図です。低層部が特徴的な外観となっており、社会に開かれたキャンパスとしてホール、ギャラリー、ラウンジ、コワーキングスペース、ブックカフェなどの施設を市民開放する予定となっています。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図
完成予想図[出典:関東学院大学]

 場所はJR「関内」駅の目の前で総延長1200mの「大通り公園」の北東端にも面しています。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図
完成予想図[出典:関東学院大学]

 地下部分の完成予想図です。この辺りが市民開放される場所かと思います。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図
完成予想図[出典:関東学院大学]

 どこからが関東学院大学専用の施設なのかは不明です。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図

 このように駅前かつ目の前が公園という好立地です。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図
完成予想図[出典:関東学院大学]

 テラス部分の完成予想図ですが、ここは学生専用のスペースかと思います。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 完成予想図

 ランニングステーションも併設されるようですが、全体の完成予想図を見ても見当たらないのでビルの裏側ですかね?



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 9月20日に「大通り公園」から撮影した「関東学院大学 横浜・関内キャンパス」です。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 見た感じでは既に上棟しています。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 これからどんどん外壁の取り付けが進んで行くかと思います。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 海側の角は階段となるようです。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 少し離れた場所から撮影。高さ74.90mで高くはないのですが実際に見るとそこそこ大きなビルに見えます。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 同じ日に「横浜ランドマークタワー」から撮影した関内方面の眺めです。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス

 「関東学院大学 横浜・関内キャンパス」にズームです。



関東学院大学 横浜・関内キャンパス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:関東学院大学 横浜・関内キャンパス
所在地:神奈川県横浜市中区万代町1丁目1番1ほか18筆
用途:大学、劇場、飲食店舗、その他
階数:地上17階、地下2階
高さ:74.90m
敷地面積:2,647.78
建築面積:1,873.96
延床面積:27,095.88
構造:鉄骨造
建築主:関東学院
設計者:東畑建築事務所
施工者:フジタ
工期:2019年11月1日着工〜2022年2月28日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク