超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

伊勢丹跡地の相模原市最高層タワマン!地上41階、最高高さ154m「(仮称)相模大野4丁目計画」の建設状況(2022.3.25)

(仮称)相模大野4丁目計画 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:相模原市]

 伊勢丹相模原店跡地に建設される分譲のタワーマンション「(仮称)相模大野4丁目計画」(地上41階、高さ146.36m)の完成予想図です。相模原市内で最高層タワマンとなります。

 規模は地上41階、地下3階、高さ約146.36m、最高高さ154.11m、敷地面積1万186.49屐建築面積7,489.85屐延床面積8万353.05屐∩躙与瑤687戸で、建築主は野村不動産、設計者と施工者は三井住友建設、工期は2022年3月1日着工、2025年5月31日竣工予定となっています。



(仮称)相模大野4丁目計画 マリオン及びガラス手摺の景観的効果
マリオン及びガラス手摺の景観的効果[出典:相模原市]

 景観に及ぼす影響を可能な限り回避・低減するために、相模原市景観計画に基づく色彩を選定し周辺地域との調和を図り、マリオンやガラス手摺を用いて陽光の変化によって豊かな色彩を持つデザインとし、マリオンによって建物を水平方向・垂直方向に分節し、単調さや威圧感の軽減も行っているとのことです。



(仮称)相模大野4丁目計画 広場イメージパース
広場イメージパース[出典:野村不動産]

 高層棟と低層棟に分かれており、その低層棟の2階部分に整備される広場の完成予想図です。相模大野駅前から続くコリドー街の先にある既存ペデストリアンデッキと接続され、そのまま「グリーンホール相模大野」方面へ通り抜けられるようになります。低層棟の1,2階は商業・地域貢献施設となります。



(仮称)相模大野4丁目計画 断面図
断面図[出典:相模原市]

 高層棟は地上41階、地下1階、低層棟は地上2階、地下3階となっています。高層棟の3階〜40階が住宅フロアとなり、そして屋上にはスカイテラスも設置されます。平面図は環境影響評価書開始時のブログに掲載しているので気になる人はそちらをご覧ください。



(仮称)相模大野4丁目計画 立面図
立面図[出典:相模原市]

 立面図です。



(仮称)相模大野4丁目計画 位置図
位置図[出典:相模原市]

 場所は小田急「相模大野」駅の西側で伊勢丹相模原店の跡地です。相模大野駅は小田急小田原線と小田急江ノ島線の2路線があり駅前には大型商業施設もあります。



(仮称)相模大野4丁目計画 位置図
位置図[出典:相模原市]

 相模大野駅と建設地の間にコリドー街商店街歩があり、歩道部分には屋根が付いているので駅前デッキとの接続部以外は屋根があるので、多少の雨ならば傘なしで駅まで行くことができます。



(仮称)相模大野4丁目計画 土地利用計画図
土地利用計画図[出典:相模原市]

 広場部分はかなり多めに確保されていることがわかります。



(仮称)相模大野4丁目計画 歩行者動線
歩行者動線[出典:相模原市]

 2階部分は既存のペデストリアンデッキと接続され、隣接する相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)とも接続されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 2022年3月25日に相模大野駅前から撮影した建設地方面です。これがコリドー街でこの突き当りに「(仮称)相模大野4丁目計画」の建設地があります。ただ、タワーマンション本体は真正面ではなく左側の方に建設されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 目の前から撮影。



(仮称)相模大野4丁目計画

 伊勢丹相模原店は解体され姿を消しています。建築計画のお知らせでは2022年3月1日着工となっているので撮影時には既に着工していたことになります。ただ、CO2の排出量を削減するために一部既存建物を再利用するとのことで、どこまでを解体するのかはよくわかりません。



(仮称)相模大野4丁目計画

 低層棟部分の構造物は地上部まで残っているのでかなり再利用されることになりそうです。



(仮称)相模大野4丁目計画

 低層棟部分です。



(仮称)相模大野4丁目計画

 道路上空が既存のペデストリアンデッキで今はベンチがあり休憩できるようになっています。



(仮称)相模大野4丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値が詳細な値に修正されていました。ところで「(仮称)相模大野4丁目計画」はプラウドシリーズになることが発表されていますが、相模大野には既に「プラウドタワー相模大野」があるのでどういった名称になるのかは予想が難しいタワーマンションとなっています。

■物件概要■
事業名:(仮称)相模大野4丁目計画
所在地:相模原市南区相模大野4 丁目4009番45(伊勢丹相模原店跡地)
用途:共同住宅・商業・地域貢献施設
総戸数:687戸
階数:地上41階、地下3階
高さ:146.36m(最高高さ154.11m)
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:10,186.49
建築面積:7,489.85
延床面積:83,535.05
建築主:野村不動産
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2022年3月1日着工〜2025年5月31日竣工予定

伊勢丹相模原店跡地!野村不動産による地上41階建て分譲タワマン「(仮称)相模大野4丁目計画」の環境影響評価書の縦覧開始

(仮称)相模大野4丁目計画 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:相模原市]

 伊勢丹相模原店跡地に建設される相模原市内最高層タワーマンション「(仮称)相模大野4丁目計画」(地上41階、高さ約153m)の環境影響評価書の縦覧が開始されました。資料には準備書からの変更箇所も記載されていましたがここでは割愛し、どういった計画なのかを今回の資料と昨年11月の事業者である野村不動産のニュースリリースを元にまとめています。

 規模は地上41階、地下1階、高さ約153m(建築基準法上の高さ約146m)、敷地面積約10,187屐延床面積約8万5000屬覗躙与687戸の分譲のタワーマンションとなります。設計と施工は三井住友建設で2022年3月着工、2025年7月竣工と供用開始予定となっています。

 同マンションについてはCO2排出量実質ゼロのプラウドシリーズとなることが決定しており、東京ガスの「カーボンニュートラル都市ガス」を全戸に導入、実質再生可能エネルギー100%の電気料金プラン「さすてな電気」や相模原市内にある卒 FIT 太陽光由来等の再生エネルギーの採用を予定しています。また、電気自動車の普及を見据えて屋内平置き駐車場約200台全区画に充電用コンセントが設置されます。さらに急速充電器付きの来客者用駐車場や、電気自動車のカーシェアなどが予定されています。

▼相模原市:環境影響評価 (2022年2月24日)
「(仮称)相模大野4丁目計画」環境影響評価書の縦覧について
※縦覧期間:令和4年2月24日〜3月25日

▼野村不動産:プレスリリース(2021年11月9日)
国内初 電気・ガス CO2排出量実質ゼロの分譲マンション建築決定 プラウドシリーズ「(仮称)相模大野 4 丁目計画」(旧伊勢丹跡地) ―再生可能エネルギーによる電気自動車充電設備を駐車場全区画に設置―



(仮称)相模大野4丁目計画 マリオン及びガラス手摺の景観的効果
マリオン及びガラス手摺の景観的効果[出典:相模原市]

 「(仮称)相模大野4丁目計画」では景観に及ぼす影響を可能な限り回避・低減するために、相模原市景観計画に基づく色彩を選定し周辺地域との調和を図り、マリオンやガラス手摺を用いて陽光の変化によって豊かな色彩を持つデザインとなります。また、マリオンによって建物を水平方向・垂直方向に分節し、単調さや威圧感の軽減も行っています。



(仮称)相模大野4丁目計画 広場イメージパース
広場イメージパース[出典:野村不動産]

 2階部分に整備される広場の完成予想図です。相模大野駅前から続くコリドー街の先にある既存ペデストリアンデッキと接続され、そのまま「グリーンホール相模大野」方面へ通り抜けられるようになります。



(仮称)相模大野4丁目計画 断面図
断面図[出典:相模原市]

 住宅棟となる地上41階、地下1階の高層棟と、店舗が入る地上2階、地下3階の低層棟で構成されます。



(仮称)相模大野4丁目計画 立面図
立面図[出典:相模原市]

 立面図です。



(仮称)相模大野4丁目計画 位置図
位置図[出典:相模原市]

 場所は小田急「相模大野」駅の西側で伊勢丹相模原店の跡地です。相模大野駅は小田急小田原線と小田急江ノ島線の2路線があり、駅前には大型商業施設もある主要駅の一つとなっています。



(仮称)相模大野4丁目計画 位置図
位置図[出典:相模原市]

 相模大野駅と計画地の間は商店街のコリドー街で歩道部分には屋根が付いています。駅前デッキとの接続部でほんの少し屋根は途切れますが、多少の雨ならば傘なしで駅まで行くことができる立地となっています。



(仮称)相模大野4丁目計画 土地利用計画図
土地利用計画図[出典:相模原市]

 2階部分には広場も設けられ緑化も行われます。



(仮称)相模大野4丁目計画 歩行者動線
歩行者動線[出典:相模原市]

 2階部分は既存ペデストリアンデッキと接続され、隣接する相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)まで真っすぐ行けるようになります。



(仮称)相模大野4丁目計画 地下3階平面図
地下3階平面図[出典:相模原市]

 低層棟部の地下には駐輪場が設けられます。



(仮称)相模大野4丁目計画 地下2階平面図
地下2階平面図[出典:相模原市]



(仮称)相模大野4丁目計画 地下1階平面図
地下1階平面図[出典:相模原市]



(仮称)相模大野4丁目計画 1階平面図
1階平面図[出典:相模原市]

 低層棟の1階には商業・地域貢献施設が整備され、高層棟の1階は住民用と思われる駐輪場が整備されます。




(仮称)相模大野4丁目計画 2階平面図
2階平面図[出典:相模原市]

 2階部分は高層棟側にも商業・地域貢献施設が入ります。



(仮称)相模大野4丁目計画 3-12階平面図
3-12階平面図[出典:相模原市]

 3階からが住宅フロアとなります。



(仮称)相模大野4丁目計画 13-23階平面図
12-23階平面図[出典:相模原市]

 13階からは北西側にあった1Rか1DKと思われる部屋がなくなります。



(仮称)相模大野4丁目計画 24階平面図
24階平面図[出典:相模原市]

 24階に1Rか1DKと思われる部屋が突然復活しているので、そこがゲストルームになる可能性が高さそうです。エレベーターも低層用と高層用の全てが止まるようになっているのが平面図からもわかります。



(仮称)相模大野4丁目計画 25-26階平面図
25-26階平面図[出典:相模原市]



(仮称)相模大野4丁目計画 27-29階平面図
27-29階平面図[出典:相模原市]



(仮称)相模大野4丁目計画 30-33階平面図
30-33階平面図[出典:相模原市]

 30階から南西向きの部屋が広くなります。



(仮称)相模大野4丁目計画 34-39階平面図
34-39階平面図[出典:相模原市]



(仮称)相模大野4丁目計画 40階平面図
40階平面図[出典:相模原市]

 最上階の40階では全方向の部屋が広くなります。



(仮称)相模大野4丁目計画 屋上階平面図
屋上階平面図[出典:相模原市]

 屋上の西角にはスカイテラスが設置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 2021年11月25日に現地から撮影した「(仮称)相模大野4丁目計画」の建設地です。計画地の南側から見た様子で撮影時は伊勢丹相模原店の解体工事が行われていました。



(仮称)相模大野4丁目計画

 伊勢丹相模原店と接続していた既存ペデストリアンデッキから撮影。この方向に地上41階、高さ約153mのタワーマンションが建設されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 伊勢丹相模原店の解体工事はかなり進んでいました。撮影から3ヵ月ほど経っているので今はもう更地になっているかと思います。



(仮称)相模大野4丁目計画

 広場などが整備される低層棟側です。こちらは1階部分がまだ残っていました。CO2排出量を約35%削減するために一部既存建物を再利用することなのでこの部分が残るのかもしれません。



(仮称)相模大野4丁目計画

 北側から撮影。地上から見た感じからしても残る部分かと思いますが、着工から少し経った頃に現地に行って確かめてこようと思います。



(仮称)相模大野4丁目計画

 相模大野駅前から建設地方面を撮影。環境影響評価書にここからの眺望も掲載されていましたが、左端にチラッと見える程度となります。個人的には正面にドン!と見える方が好きですが、人によっては圧迫感を感じるのかもしれません。



(仮称)相模大野4丁目計画 主要な眺望景観
主要な眺望景観[出典:相模原市]

 こちらがその駅前からの眺望です。



(仮称)相模大野4丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。当初の計画では地上45階、高さ170mとなっていましたが、地上43階、高さ151mに規模縮小され、そして現在は地上41階、高さ約146m、最高高さ約153mにさらに規模縮小されています。
※ 建築計画のお知らせの数値の方が正しければ高さ約148m、最高高さ約155mとなりそうです。

 「(仮称)相模大野4丁目計画」はプラウドシリーズになることが発表されていますが、相模大野には既に「プラウドタワー相模大野」があります。そのためどういった名称になるのかは予想が難しいタワーマンションとなっています。

■物件概要■
事業名:(仮称)相模大野4丁目計画
所在地:相模原市南区相模大野4 丁目4009番45(伊勢丹相模原店跡地)
用途:共同住宅・商業・地域貢献施設
総戸数:687戸
階数:地上41階、地下3階
高さ:約146m(最高高さ約153m)
構造:鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:10,186.49
建築面積:7,800
延床面積:85,000
建築主:野村不動産
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2022年3月中旬着工〜2025年7月竣工・供用開始予定

伊勢丹跡地!野村不動産の地上41階、高さ148mタワマン「(仮称)相模大野4丁目計画」の既存建物解体状況(2021.11.25)

(仮称)相模大野4丁目計画 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:野村不動産]

 野村不動産による伊勢丹相模原店跡地のタワーマンション「(仮称)相模大野4丁目計画」(地上41階、高さ148m)の完成予想図です。延床面積約8万5000屐∩躙与687戸の分譲タワマンで、三井住友建設による設計と施工で2025年3月竣工予定となっています。

 同マンションについてはCO2排出量実質ゼロのプラウドシリーズになることが発表がされており、実現にあたっては東京ガスの「カーボンニュートラル都市ガス」を全戸に導入、電気に関しては実質再生可能エネルギー100%の電気料金プラン「さすてな電気」や相模原市内にある卒 FIT 太陽光由来等の再生エネルギーの採用を予定しいるとのことです。また、電気自動車の普及を見据えて屋内平置き駐車場約200台全区画に充電用コンセントが設置されます。詳細は下記プレスリリースをご覧ください。

▼野村不動産:プレスリリース(2021年11月9日)
国内初 電気・ガス CO2排出量実質ゼロの分譲マンション建築決定 プラウドシリーズ「(仮称)相模大野 4 丁目計画」(旧伊勢丹跡地) ―再生可能エネルギーによる電気自動車充電設備を駐車場全区画に設置―



(仮称)相模大野4丁目計画 広場イメージパース
広場イメージパース[出典:野村不動産]

 2階部分い整備される広場の完成予想図です。相模大野駅前から続くコリドー街の先にある既存デッキと接続され、そのまま「グリーンホール相模大野」方面へ通り抜けられるようになります。



(仮称)相模大野4丁目計画 位置図
位置図[出典:相模原市]

 場所は小田急「相模大野」駅の西側で伊勢丹相模原店の跡地です。駅と「(仮称)相模大野4丁目計画」の間にあるコリドー街の歩道部分には屋根が付いています。駅前のデッキとの接続部分には屋根はないので傘いらずとはいきませんが、雨の日でもほとんど傘を使わずに駅まで行くことができます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 2021年11月25日に南側から撮影した「(仮称)相模大野4丁目計画」の建設地です。現在は伊勢丹相模原店の解体工事が行われています。



(仮称)相模大野4丁目計画

 開いていたゲートから見た仮囲いの中です。この南側にタワーマンション本体が建設されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 伊勢丹相模原店と接続していたデッキから撮影。



(仮称)相模大野4丁目計画

 そのデッキの端から撮影。



(仮称)相模大野4丁目計画

 解体工事が行われている場所とまだ行われていない場所がありました。左にマンション本体、右に広場が建設されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 一部既存建物を再利用することでCO2排出量を約35%削減するとのことなので、広場となる部分は残るのかもしれません。ただ、先にマンション本体の建設地部分から解体工事を行った可能性もあります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 北側から撮影。こちらのまだ解体されていない場所が広場として整備されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 相模大野駅前から撮影。この目の前の通りがコリドー街でこの先の左側にタワーマンション本体が建設されます。



(仮称)相模大野4丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。当初は地上45階、高さ170mで計画されていましたが、地上43階、高さ151mに規模縮小され、そして現在は地上41階、高さ148mにさらに規模縮小されています。当初計画よりだいぶ低くなってしまいましたが、それでも相模原市内では最高層の建物となります。

 ところで同マンションはプラウドシリーズになることも発表されていますが、相模大野には既に「プラウドタワー相模大野」があるので、どういった名称になるのかは予想が難しいタワーマンションとなっています。

■物件概要■
事業名:(仮称)相模大野4丁目計画
所在地:相模原市南区相模大野4 丁目4009番45(伊勢丹相模原店跡地)
用途:共同住宅・商業・地域貢献施設
総戸数:687戸
階数:地上41階、地下3階
高さ:約148m
構造:鉄筋コンクリート造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:10,186.49
建築面積:7,800
延床面積:85,000
建築主:野村不動産
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2022年2月中旬着工〜2025年3月竣工予定

伊勢丹相模原店跡地!地上43階、高さ163m「(仮称)相模大野4丁目計画」の環境影響評価準備書が公開!野村不動産のタワーマンションとなります

(仮称)相模大野4丁目計画 完成予想図
完成予想図[出典:相模原市]

 伊勢丹相模原店跡地の再開発「(仮称)相模大野4丁目計画」の環境影響評価準備書が相模原市から公表されました。事業者は野村不動産、規模は地上43階、地下3階、高さ約163m(建築基準法上の高さ約151m)、敷地面積約10,187屐延床面積約85,000屬把秡愽瑤望Χ函地域貢献施設も入るタワーマンションとなります。

 資料を隅から隅まで見たわけではないので見落としているだけかもしれませんが戸数の記載は見つけられませんでした。現地に設置されている開発事業計画のお知らせだと総戸数は750戸となっています。工期は2022年1月着工、2025年7月竣工予定で2025年7月には供用開始予定となっています。

 この完成予想図は計画地の北側にある「相模大野中央公園」から見たもので、当初の計画では地上45階、高さ170mでしたが少しだけ規模縮小となっています。野村不動産のめ普通に考えると名称は「プラウドタワー相模大野」となりますが、既に存在しているので何かプラスした名称になるのではと思っています。

▼相模原市:環境影響評価
「(仮称)相模大野4丁目計画」準備書の縦覧及び意見書の提出について
※縦覧 令和3年6月28日〜8月11日



(仮称)相模大野4丁目計画 位置図
位置図[出典:相模原市]

 場所は小田急「相模大野」駅の東側で伊勢丹相模原店の跡地で駅からは徒歩5分程度の距離です。



(仮称)相模大野4丁目計画 土地利用計画図
土地利用計画図[出典:相模原市]

 相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)に隣接した場所が建設地で、2階部分に整備されるデッキと接続されます。図の上側が低層棟、下側がタワーマンションとなる高層棟となります。



(仮称)相模大野4丁目計画 歩行者動線
歩行者動線[出典:相模原市]

 目の前にある交通量の多い道路上空には既設のペデストリアンデッキがあり、それと再び接続されることになります。



(仮称)相模大野4丁目計画 地下3階平面図
地下3階平面図[出典:相模原市]

 地下3階には駐車場が配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画 地下2階平面図
地下2階平面図[出典:相模原市]

 地下2階も駐車場。



(仮称)相模大野4丁目計画 地下1階平面図
地下1階平面図[出典:相模原市]

 地下1階も駐車場。



(仮称)相模大野4丁目計画 1階平面図
1階平面図[出典:相模原市]

 1階の高層棟側は駐輪場、低層棟側には商業・地域貢献施設や駐車場が配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画 2階平面図
2階平面図[出典:相模原市]

 2階は商業・地域貢献施設と公共歩廊デッキとなります。



(仮称)相模大野4丁目計画 3〜12階平面図
3〜12階平面図[出典:相模原市]

 3階からは集合住宅となります。景色のほとんどない「相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)」側は狭い部屋となります。



(仮称)相模大野4丁目計画 13〜41階平面図
13〜41階平面図[出典:相模原市]

 13階からは狭い部屋はなくなります。図から正確な広さはわかりませんがほとんどがファミリータイプかと思います。



(仮称)相模大野4丁目計画 42〜43階平面図
42〜43階平面図[出典:相模原市]

 42階と43階に一番広い部屋が配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画 屋上階平面図
屋上階平面図[出典:相模原市]

 そして屋上には共用施設としてスカイテラスが設置されるようです。方向的に山側を望める場所になるようです。



(仮称)相模大野4丁目計画 立面図
立面図[出典:相模原市]

 立面図です。



(仮称)相模大野4丁目計画 断面図
断面図[出典:相模原市]

 断面図です。軒高が約151m、塔屋を含めた最高部高さが約163mということがわかります。



(仮称)相模大野4丁目計画 杭の深さ及び杭打設の地層
杭の深さ及び杭打設の地層[出典:相模原市]

 どの層まで杭を打つのかの図も環境影響評価準備書に掲載されていました。この辺りの標高は92mくらいで、杭打設深さが標高67mなので地下25mくらいまで杭を打つようです。



(仮称)相模大野4丁目計画 完成予想図
完成予想図[出典:相模原市]

 ところでこれは景観変化を示す図ですが、相模大野駅前から続くコリドー街の先にタワーマンションがそびえ立って欲しかったのですが少しずれるようです。



(仮称)相模大野4丁目計画

 今年の3月20日に撮影したコリドー通り方面です。



(仮称)相模大野4丁目計画

 ズームした先で解体中の建物が2019年9月30日に閉店した伊勢丹相模原店です。ここに野村不動産によるタワーマンション「(仮称)相模大野4丁目計画」(地上43階、最高高さ163m)が建設されます。この高さ163mは相模原市で最も高い建物となります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 コリドー通りの先にある既設ペデストリアンデッキです。「(仮称)相模大野4丁目計画」には公共歩廊デッキが整備され再び接続されます。そして隣接地にある相模女子大グリーンホール(相模原市文化会館)や相模大野図書館に接続されるようになります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 南側から見た解体中の伊勢丹相模原店です。こちら側に地上43階のタワーマンションが配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 北東側から撮影。こちら側は低層棟となります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 計画地の北側にある相模大野中央公園から見た「(仮称)相模大野4丁目計画」方面です。完成時には最初に載せた完成予想図のようにタワーマンションが見えるようになります。




(仮称)相模大野4丁目計画 建築計画のお知らせ

 現地に設置されている開発事業の概要と建築計画のお知らせです。工期が数ヵ月ずれた以外はこのまま進みそうです。

■物件概要■
事業名:(仮称)相模大野4丁目計画
所在地:相模原市南区相模大野4 丁目4009 番45(伊勢丹相模原店跡地)
用途:共同住宅・商業・地域貢献施設
総戸数:750戸
階数:地上43階、地下3階
高さ:約151m(最高部高さ約163m)
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:10,186.49
建築面積:7,800
延床面積:85,000
建築主:野村不動産
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2022年1月着工〜2025年7月竣工予定
供用開始:2025年7月予定

伊勢丹相模原店跡地の野村不動産タワマン!地上43階、高さ151m「(仮称)相模大野4丁目計画」の建設地の様子(2021.3.20)

(仮称)相模大野4丁目計画

 小田急の相模大野駅前から見たコリドー通り方面です。この通りの先に伊勢丹相模原店がありましたが2019年9月30日に閉店。跡地に野村不動産によるタワーマンション「(仮称)相模大野4丁目計画」(地上43階、高さ151m)が建設されることになっています。この高さ151mは相模原市では最も高い建物となります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 解体中の伊勢丹相模原店にズームです。通りの真正面ではなく左側にタワーマンションが配置され、右側に低層の商業施設が配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 コリドー通りを真っすぐ進むと県道51号町田厚木線がありますが、そこには道幅の広い既存のペデストリアンデッキがあります。伊勢丹に繋がっている場所はもちろん閉鎖されていますが、手前のビルにも繋がっているためペデストリアンデッキにはこうして行くことができます。

 再開発後はこのまま真っすぐ進める公共歩廊デッキが整備され、隣接地にある相模女子大グリーンホール(相模原市文化会館)や相模大野図書館へ接続される計画となっています。そしてその道はさらに隣にある相模大野中央公園へと繋がります。



(仮称)相模大野4丁目計画 土地利用計画図
土地利用計画図[出典:相模原市]

 縦覧期間が過ぎてしまったので今は見られませんが相模原市の環境影響評価手続により公開された資料です。このように敷地南側に高層棟が配置され北側に低層棟が配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画 対象事業実施区域位置図
対象事業実施区域位置図[出典:相模原市]

 場所は相模大野駅の西側で駅のデッキからだと徒歩3分くらいです。



(仮称)相模大野4丁目計画 3階平面図
3階平面図[出典:相模原市]

 3階平面図です。集合住宅部の3階〜12階は赤い点線、36階以上が黒い点線となっているので、13階〜35階が実線かと思うので36階以上が少し飛び出たデザインになるようです。



(仮称)相模大野4丁目計画 断面図
断面図[出典:相模原市]

 完成予想図は資料に見当たりませんでしたが断面図でも高層部が少し飛び出たデザインとなっていました。

 この資料が公開されたときは地上45階、高さ約170mの計画となっていましたが、現地に設置された建築計画のお知らせでは地上43階、高さ151m、塔屋12mとなっていました。塔屋が高さ151mに含まれるのかは不明ですが、2フロア減ったことを考えると高さ151mに塔屋を足すと163mとなり妥当な数値となります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 現地の写真に戻って南側から見た解体工事の伊勢丹相模原店です。こちら側に地上43階のタワーマンションが配置されます。



(仮称)相模大野4丁目計画

 北東側から撮影。こちら側は駐車場と公共歩廊デッキと地上2階の商業施設となります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 計画地の北側にある相模大野中央公園から見た「(仮称)相模大野4丁目計画」方面です。解体工事中の伊勢丹がチラッと見えていますが、将来的にはタワーマンションが見えるようになります。



(仮称)相模大野4丁目計画

 公園と相模女子大グリーンホール(相模原市文化会館)を繋ぐペデストリアンデッキから撮影。この日は吉原バレエ学園発表会があったようで人の列が見えていますが、その列のあるところと「(仮称)相模大野4丁目計画」で整備される公共歩廊デッキが繋がります。



花壇

 ちなみにその写真を撮っていた場所の隣には花壇があり花がキレイに咲いていました。こういった写真もときどき撮っているのですが毎回公開する場所がなくHDDに埋もれて行くだけなので今回は載せておきます(^^;)



(仮称)相模大野4丁目計画 建築計画のお知らせ

 現地に設置されている開発事業の概要と建築計画のお知らせです。総戸数は750戸で2025年5月末日竣工予定です。野村不動産のタワマンなので普通に考えると名称は「プラウドタワー相模大野」ですが、既に「プラウドタワー相模大野」は存在するのでここの名称はどうなるんでしょうね?名称予想が難しいタワマンです。

■物件概要■
事業名:(仮称)相模大野4丁目計画
所在地:相模原市南区相模大野4 丁目4009 番45(伊勢丹相模原店跡地)
用途:共同住宅・商業・地域貢献施設
総戸数:750戸
階数:地上43階、地下3階
高さ:151m(最後部高さ163m?)
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:10,186.49
建築面積:7,800
延床面積:85,000
建築主:野村不動産
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
工期:2021年11月1日着工〜2025年5月末日竣工予定
供用開始:2025年5月予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク