超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

地上28階「プラウドタワー川口クロス」の建設状況(2021.10.23)

プラウドタワー川口クロス

 川口で建設中のタワーマンション「プラウドタワー川口クロス」(地上28階、高さ99.85m)です。2021年10月23日に撮影しました。野村不動産単独の分譲のタワーマンションで2023年2月下旬の竣工に向けて前田建設工業・埼和興産共同企業体によって建設が進められており、2021年11月中旬から販売開始予定となっています。



プラウドタワー川口クロス 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 「プラウドタワー川口クロス」の完成予想図です。低層部は商業施設等となりその上にタワーマンションが乗る形となります。マンション部分は結構大きく総戸数は481戸(非分譲住戸31戸含む)となっています。



プラウドタワー川口クロス 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。



プラウドタワー川口クロス

 完成予想図からもわかるかと思いますが、低層部はかなり大きく1〜3階は商業・業務フロアとなり1階にはスーパーマーケットや路面店舗、2階は飲食店、中〜大型物販店舗と認可保育園、3階には事務所と医療モールが入る計画となっています。



プラウドタワー川口クロス フロア概念図
フロア概念図[出典:公式HP]

 1〜3階のフロア構成はこのようになり、1階のスーパーマーケット左側には通り抜けができる敷地内通路が整備されます。。



プラウドタワー川口クロス

 現地にはテナント募集の看板が出ていたので入居店舗はまだ決まっていないようでした。



プラウドタワー川口クロス

 建設地の南側には「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)の2棟のタワーマンションが並んでいます。



プラウドタワー川口クロス

 一番北側から撮影。現地に行って実際に歩くとわかりますがかなり広い敷地です。



プラウドタワー川口クロス

 ただ変形の敷地のため少々撮りにくさもあります。



プラウドタワー川口クロス

 JR川口駅のデッキからの眺めです。中央奥に見えるタワークレーンが「プラウドタワー川口クロス」です。左の建物は「そごう川口店」でしたが、2021年2月28日に閉店しています。



プラウドタワー川口クロス

 その「旧そごう川口店」横から撮影。数か月後にはこの隙間を埋めるタワマンに成長していそうです。



川口のタワーマンション群

 10月30日に東京スカイツリーの天望回廊から撮影した川口のタワーマンション群です。大きく蛇行している川は荒川です。



プラウドタワー川口クロス

 中央あたりにズームです。写真中央のタワークレーンが見えている場所が「プラウドタワー川口クロス」の建設地です。



プラウドタワー川口クロス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー川口クロス
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、保育所、自動車車庫
総戸数:481戸(非分譲住戸31戸含む、店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
構造:鉄筋コンクリート (一部鉄骨造)
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:前田建設工業・埼和興産共同企業体(代表者:前田建設工業)
工期:2020年2月12日着工〜2023年2月下旬竣工予定
入居:2023年3月下旬予定

地上28階「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設状況!野村不動産のタワマンです(2021.1.3)

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 川口で建設中のタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。

 建築主は川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合で参加組合員として野村不動産が参画しています。野村不動産のタワーマンションと言えば通常「プラウドタワー」を冠にした名称となりますが、川口では既に「プラウドタワー川口」(地上21階、高さ66.60m)があるためここは「プラウドタワー川口ほにゃらら」といった感じの名称になりそうですね。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 低層部の1〜3階部分は約9000屬龍閥函Χ般鎧楡(44室)となり、4階〜28階が総戸数481戸の共同住宅となります。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:野村不動産]

 建設地は川口駅から東へ約300m、樹モール(川口銀座商店街)沿いの一帯で敷地面積9,6069.41屬箸なりの広さがあります。また、建物内には東西に貫通する敷地内通路も配置されます。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 2021年1月3日に現地から撮影した「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 計画地の南側には「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)といったタワーマンションが建ち並んでいます。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 敷地の北東側です。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 南側にはこのようにタワーマンションが並んでいるので開けた視界は期待できません。超高層マニア的には西向きの部屋だと、川口駅西側のタワマン群もほど良い距離で見えるので良いかと思います。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 右側で建設中のマンションは「レーベン川口GRAN ART」(地上13階)で既に完売しています。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 ゲートの網目状の隙間からスマホで仮囲いの中を撮影しました。ちなみにこういった隙間撮影ができるようにスマホを買うときは1つレンズを選んでいます。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 奥の方が地下がある場所のようです。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 地下がない場所は敷鉄板が敷き詰められていました。



川口栄町 3 丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:前田建設工業
工期:2020年2月12日着工〜2023年3月31日竣工予定

川口の地上28階タワマン「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.11.9)

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 川口に建設される野村不動産のタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 1階〜3階は約9,000屬龍閥函Χ般鎧楡(44室)で4階〜28階が住宅部分(481戸)となります。

 ところで野村不動産のタワーマンションと言えば「プラウドタワー」を冠にした名称が多いですが、川口では既に「プラウドタワー川口」(地上21階、高さ66.60m)が建設中のためここは違う名称になります。「プラウド」の冠は付くと思いますがどういった名称になるんでしょうね。




川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 建設地は川口駅から東へ約300m、樹モール(川口銀座商店街)沿いで、ディスカウントストアの「ザ・プライス川口店」等があった場所です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 GWに来たときはまだ既存ビルはありまだ営業していたのですが、それから約半年後に行くとすっかり既存ビルは解体されていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 川口駅前から続く六間道路沿いから見た建設地です。松屋などがあるこの左側の区画は再開発には含まれていません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 商店街に面しているため人通りが多く、なるべく人を入れないで撮ろう思うとなかなか全体は撮れません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 これはいい感じに撮れました。「ザ・プライス川口店」があったのは写真奥側でこの辺りは小さな店舗が並んでいました。

 奥に見えるタワーマンションは「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 左のマンションは「リビオ川口セルフィア」(地上14階)で再開発には参加していません。この南側(写真左側)には駐車場があったのですが、そこでは1,2階が店舗となる13階建てマンションの建設が始まっていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。ほぼ更地なっていました。12月1日には着工予定となっています。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
特定業務代行者:前田建設工業・埼和興産共同企業体
工期:2019年12月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

地上19階「ザ・パークハウス 川口本町」の建設状況(2019.5.5)

ザ・パークハウス 川口本町

 川口駅の東口から荒川方面に徒歩4分の位置に建設される「ザ・パークハウス 川口本町」(地上19階、高さ60.00m)の完成予想図です。現地看板を撮影しました。



ザ・パークハウス 川口本町

 完成予想図をもう1枚。道路の奥に見えるペデストリアンデッキは川口駅に繋がっています。



ザ・パークハウス 川口本町

 「ザ・パークハウス 川口本町」の建設地です。1階部分の鉄筋コンクリートの鉄筋が見えるようになっていました。



ザ・パークハウス 川口本町

 背後にタワーマンションが見えていますが川口駅周辺は他にも何棟もタワーマンションが建っています。建設地の西と南西側にも2棟のタワーマンションがあります。



ザ・パークハウス 川口本町

 南側には建物がありますがタワーマンションは無理そうな広さなので高層階ならば視界がなくなる恐れはないかと思います。



ザ・パークハウス 川口本町 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2020年12月上旬竣工、2021年1月下旬入居開始予定となっています。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス 川口本町
計画名:川口本町4丁目8番地区計画
所在地:埼玉県川口市本町4丁目54番7他
用途:共同住宅
総戸数:162戸(事業協力者住戸27戸含む)、他に店舗3戸
階数:地上19階、地下1階
高さ:60.00m
敷地面積:2,907.68
建築面積:1,180.00
延床面積:13,960.00
建築主(売主):三菱地所レジデンス
設計者:GA建築設計社
施工者:埼玉建興
工期:2018年7月着工〜2020年12月上旬竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

野村不動産のタワマン!地上28階「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.5.5)

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 川口に建設されるタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。参加組合員として野村不動産が参画するタワーマンションで481戸の規模で計画されています。



IMG_1033_川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 低層部の1階〜3階は約9,000屬龍閥函Χ般鎧楡澆計画されており住宅部分は4階〜28階となります。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 現地で設置されいた配置図です。グニャグニャした敷地ですがこのようにキレイに配置されます。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 場所はJR「川口」駅から東へ約300mの位置で銀座通り商店街に面しています。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 現地には道路廃止のお知らせが設置されていました。この廃止される道路があった場所あたりには敷地内通路が整備される計画となっています。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の建設地です。手前の松屋などがある一帯は再開発には参加していない場所です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 計画地内で一番大きな建物がイトーヨーカドーが運営するディスカウントストアの「ザ・プライス川口店」です。お店の前には「閉店売りつくし」ののぼりが出ていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 川口駅方面にも行ける商店街のため人通りは多い場所です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 このマンションは再開発には参加していませんが手前の家や駐車場は計画地に含まれています。背後に見えるタワーマンションは「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 この角地のパーキングも計画地内です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 最初に載せた「ザ・プライス川口店」の入り口側だと小さい建物に見えますが結構大きな建物です。手前の駐車場も再開発に含まれそうな雰囲気ですが、配置図等を見るとここは再開発には含まれないようです。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 「ザ・プライス川口店」は5月19日に閉店、そして6月1日から計画地の中央を通る道路が封鎖となるのでその頃から既存建物の解体工事が始まりそうです。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 現地には建築計画のお知らせも設置されています。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町3丁目13番地および14番地の各一部
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、塔屋1階、地下3階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
特定業務代行者:前田建設工業・埼和興産共同企業体
工期:2019年12月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク