超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

地上35階、高さ120m「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」の既存建物解体工事に着手!東京建物、旭化成不動産レジデンス等によるタワマンと葛飾区新庁舎を建設へ(2023.9.26)


立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 建物完成予想図
建物完成予想図[出典:東京建物]

 京成立石駅の北口側で計画されている「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。同再開発では地上35階、高さ約120mのタワーマンションと地上13階、高さ約62mの葛飾区新庁舎が計画されており、現地では既存建物の解体工事に着手しました。この記事では同再開発の概要や既存建物解体状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上40階、高さ約150m「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の建設状況!現在は鬼工事で大型商業施設を建設中(2023.9.12)


東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:現地看板]

 葛飾区の金町駅近くに建設されるタワーマンション「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約150m)の完成予想図です。現在は鬼工事として約4万9500屬梁腟模商業施設が建設中で、タワーマンションは挟工事として2025年度から工事が始まる予定となっています。この記事では同再開発の概要や建設状況(2023年9月12日時点)、地図等を載せています。

続きを読む

地上34階、高さ約125m「立石駅南口西地区第一種市街地再開発事業」の都市計画決定!野村不動産、東京建物、阪急阪神不動産による駅前タワマン


立石駅南口西地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:葛飾区]

 京成押上線「京成立石」駅前で計画されている「立石駅南口西地区第一種市街地再開発事業」(地上34階、高さ約125m)について、2023年7月12日付けで葛飾区より都市計画決定の告示を受けたことが、本準備組合に参加組合員予定者として参画している野村不動産、東京建物、阪急阪神不動産より発表がありました。同再開発は低層部に店舗が入る総戸数約700戸のタワーマンションで、2027年度の着工予定となっています。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。

続きを読む

地上39階、高さ約160m「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」の組合設立認可!新小岩駅前に三井不レジによるタワマンを建設へ


新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業 完成イメージパース
完成予想図[出典:東京都]

 JR「新小岩」駅前の再開発「新小岩駅南口地区第一種市街地再開発事業」(地上39階、高さ約160m)について、新小岩駅南口地区市街地再開発組合の設立を2022年11月18日に認可すると東京都より発表がありました。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。

続きを読む

地上40階、高さ約150m「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の変更届が公開!着工済みの鬼で大型商業施設、挟でタワマン建設へ


東金町一丁目西地区市街地再開発事業 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:東京都環境局]

 葛飾区の金町駅近くの大規模再開発「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約150m)の完成予想図です。現在は鬼工事として約4万9500屬両Χ隼楡澆建設中で、11月1日に同再開発についての変更届が東京都より公開されました。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。

続きを読む

地上40階、高さ約150m「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の権利変換計画認可!商業施設等となる鬼工事が10月着工!タワーマンションは2026年度着工予定


東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三菱地所]

 葛飾区の金町で計画されている「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約150m)の完成予想図です。同事業を推進する三菱地所、三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャルより権利変換計画について認可を受けたと発表がありました。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。

続きを読む

地上40階、高さ約150m「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の鬼工事が10月に着工!まずは4万9500屬両Χ隼楡澆ら建設へ

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:東京都]

 金町駅近くで計画されている「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」について事業計画の変更が認可されたと葛飾区より発表がありました。

 変更後の規模は地上40階、塔屋2階、地下1階、高さ約150m、敷地面積約2万4755屐建築面積約1万8460屐延床面積約15万9330屐⇒囘咾賄絞沺⊆動車教習所、公益施設、住宅約900戸等、建築主は東金町一丁目西地区市街地再開発組合(参加組合員:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、三菱地所)、特定業務代行者はフジタで2022年10月着工、2030年7月竣工予定となっています。

▼葛飾区(2022年7月7日)
東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業の事業計画について

▼三菱地所:ニュースリリース(2021年5月17日)
〜地上40階建の超高層マンションと商業・業務・公益施設の複合再開発〜
「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立


▼東京都都市整備局:報道発表資料(2021年4月27日)
東金町一丁目西地区市街地再開発組合の設立を認可します



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 工期が約8年と長いのは鬼工事と挟工事に分かれているためで、鬼工事では屋上に自動車教習所がある地上5階、地下1階、高さ28mの店舗が建設されます。挟工事では地上40階、地下1階、高さ約150m、総戸数約900戸の住宅棟と、公益施設も入る商業棟が建設されます。

 住宅は1LDK〜4LDKのファミリータイプ中心で専有面積は平均約67屬箸覆蠅泙后また、商業施設は三菱地所が担当する大型のショッピングモールとなります。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 配置図の右下が金町駅がある場所で駅に近い側にタワーマンションが配置されます。鬼工事では左の自動車教習コースと書いてある場所が建設され、挟工事で公益施設、集合住宅と書いてある場所が建設されます。

 挟工事の計画地には「イトーヨーカドー金町店」があり、屋上は「金町自動車教習所」となっています。鬼工事でこの自動車教習を隣に移転させ、その後解体してタワーマンションの建設が始まります。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 計画地はJR「金町」駅の北口から東京理科大学方面に徒歩3分程度の場所です。JR「金町」駅の南側には「京成金町」駅もあり2駅2路線が利用可能となっています。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2015年1月にセスナから撮影した金町駅周辺です。赤い網掛けをした場所が「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建設地の空撮

 写真中央の自動車教習所のコースがある建物が「イトーヨーカドー金町店」で、その背後の駐車場と空き地が鬼工事部分となります。鬼工事が完了すると「イトーヨーカドー金町店」の解体工事を含めた挟工事が始まります。



イトーヨーカドー金町店 閉店のお知らせ

 挟工事で解体される「イトーヨーカドー金町店」ですが2022年9月4日に閉店するとのお知らせが掲示されていました。駐車場が鬼工事の範囲に含まれているので閉店するのかもしれません。



イトーヨーカドー金町店

 金町駅に近い側の「イトーヨーカドー金町店」です。



イトーヨーカドー金町店

 敷地北側から見た「イトーヨーカドー金町店」です。



イトーヨーカドー金町店

 西側から撮影。手前の駐車場が鬼工事で閉鎖になるものと思われます。



イトーヨーカドー金町店

 駐輪場等も鬼工事で閉鎖になるものと思われます。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 鬼工事

 敷地西端から撮影。鬼工事の敷地は更地か駐車場・駐輪場となっているだけなので解体工事はあっという間に終わってすぐに着工となりそうです。

 鬼工事の規模は地上5階、地下1階、高さ28m、敷地面積1万4744.64屐建築面積1万1750屐延床面積4万9500屬如屋上に自動車教習所がある大型のショッピングモールとなります。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 鬼工事 建築計画のお知らせ

 現地には鬼工事の建築計画のお知らせも設置されていました。施工者は未定となっていますがフジタになるものと思われます。物件概要は挟も含めた全体の値となっています。

■物件概要■
計画名:東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都葛飾区東金町1丁目-2136〜2169の一部
交通:JR常磐線(各駅停車)「金町」駅
   京成金町線「京成金町」駅
用途:住宅、店舗、公益施設、自動車教習所、駐車場、公共駐輪場等
総戸数:約900戸
階数:地上40階、塔屋2階、地下1階
高さ:約150m
敷地面積:約24,755
建築面積:約18,460
延床面積:約159,330
構造:S+RC造
建築主:東金町一丁目西地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、三菱地所
特定業務代行者:フジタ
コンサルタント業務:佐藤総合計画
工期:2022年10月1日着工〜2025年4月30日竣工(鬼工事)
   2026年度着工〜2030年7月竣工予定(挟工事)

立石駅前!地上35階、高さ120m「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」の組合設立認可!葛飾区新庁舎と東京建物、旭化成不動産レジデンス等によるタワマン建設へ!

立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 建物完成予想図
建物完成予想図[出典:東京建物]

 東京都より2021年4月28日に都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、立石駅北口地区市街地再開発組合の設立を認可すると発表がありました。同組合が進めている再開発事業は「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」で地上35階、高さ約120mのタワーマンションと地上13階、高さ約62mの葛飾区新庁舎が計画されています。参加組合員として東京建物、旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社が参画しており、基本設計は日本設計が担当しています。事業費は約932億円で2022年度に権利変換計画認可、2023年度着工、2028年度竣工予定となっています。

 追記です。2021年4月28日に立石駅北口地区市街地再開発準備組合、東京建物、旭化成不動産レジデンス、一般財団法人首都圏不燃建築公社より市街地再開発組合設立認可についてのニュースリリースが出ました。特に目新しい情報はなかったのですが、新たに完成予想図が追加されたので載せておきます。この完成予想図も解像度が良いもので公開されたので置き換えています。

▼東京都都市整備局:報道発表資料(2021年4月27日)
立石駅北口地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼建設通信新聞(2021年4月28日)
2組合の設立認可/立石駅北口、東金町一丁目西/東京都

▼東京建物:ニュースリリース(2021年4月28日)
『立石駅北口地区第一種市街地再開発事業』市街地再開発組合設立認可



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 交通広場(駅前広場)
交通広場(駅前広場)[出典:東京建物]

 西街区と東街区の間に整備される交通広場(駅前広場)です。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 西街区・マンション低層部
西街区・マンション低層部[出典:東京建物]

 西街区に建設されるタワーマンションの低層部です。1、2階は商業施設が計画されています。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 路地空間の再生ゾーン
路地空間の再生ゾーン低層部[出典:東京建物]

 西街区の建設されるタワーマンションのさらに西側です。立石らしさである路地空間を再現するとされていますが、お洒落な街になってしまいます。こちら側は3階まで商業施設となります。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 東街区・建物低層部
東街区・建物低層部[出典:東京建物]

 葛飾区新庁舎となる東街区の低層部です。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 同再開発は西街区と東街区に分かれており、西街区には低層部に商業施設が入る地上35階、地下2階、高さ約120m、約650戸のタワーマンションが建設されます。

 東街区には地上13階、地下2階、高さ約62mの葛飾区新庁舎が建設され、両棟の間には交通広場も整備されます。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 場所は形成立石駅の目の前で、西端は鋭角な三角形となっているためその部分には広場も整備されます。広場は5号まであるようですが1号以外はそれほど広さはなさそうです。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 東京スカイツリーの展望台から見た蛇行する中川方面です。この中で矢印を入れたあたりが「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」の計画地となります。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 ズームです。赤茶色のマンションから手前あたりが計画地となっています。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 2020年10月3日に現地で撮影した「立石駅北口地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。ここは計画地の中で一番鋭角となっている部分でここには広場が整備されます。右側の工事現場は「京成電鉄押上線(四ツ木駅〜青砥駅間)連続立体交差事業」で立石駅の高架化が行われています。この高架化も合わせて立石駅周辺は新たな街に生まれ変わりそうです。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 敷地北西側です。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 立石駅前から見たタワーマンション本体の建設地面です。手前は交通広場でマンション本体は奥かと思います。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 タワーマンションの建設地を北西側から見た様子です。この辺りには小さな店が複数建ち並んでいます。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 こういった小規模な店は解体され再開発でガラッと変わってしまいます。再開発後の建物にも商業施設は入りますがチェーン店系ばかりで今のような雰囲気は失われるかと思います。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 駅前から葛飾区新庁舎の建設地方面です。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 立石駅通りを北側に進んだところから見た区庁舎の建設地方面です。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 敷地北東側から見た様子です。この赤茶色の建物がスカイツリーから見えていたマンションで11階建ての「モナークマンション立石」です。地権者がかなり多そうな再開発です。



立石駅北口地区第一種市街地再開発事業

 敷地南東側から線路越し見た様子です。左奥に見えているのが京成立石駅です。右側に葛飾区新庁舎、左奥に35階建てのタワーマンションが建設されます。

■物件概要(西街区)■
計画名:立石駅北口地区第一種市街地再開発事業 西街区
所在地:東京都葛飾区立石4丁目
用途:住宅、店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:約650戸
階数:地上35階、地下2階
高さ:約120m
敷地面積:約7,130
建築面積:約4,900
延床面積:約79,200
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
建築主:立石駅北口地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、旭化成不動産レジデンス、首都圏不燃建築公社
基本設計:日本設計
工期:2023年度着工〜2028年度竣工予定

金町駅近く!地上40階、高さ150m「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の組合設立認可!三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャルによるタワマンです

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:東京都]

 東京都より2021年4月28日に都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、東金町一丁目西地区市街地再開発組合の設立を認可すると発表がありました。同組合が進めている再開発事業は「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」で地上40階、高さ約150mのタワーマンションなどが計画されています。参加組合員として三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、三菱地所が参画しており、特定業務代行者はフジタが選定されています。事業費は約700億円で2022年度に権利変換計画認可、鬼工事として2022年度着工〜2025年度竣工、挟工事として2026年度着工〜2030年度竣工予定となっています。

▼東京都都市整備局:報道発表資料(2021年4月27日)
東金町一丁目西地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼建設通信新聞(2021年4月28日)
2組合の設立認可/立石駅北口、東金町一丁目西/東京都

▼三菱地所:ニュースリリース(2021年5月17日)
〜地上40階建の超高層マンションと商業・業務・公益施設の複合再開発〜
「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 同再開発は鬼工事と挟工事に分かれており、鬼工事では地上4階、地下2階、高さ約30mの店舗と自動車教習所等で構成される施設が建設されます。計画地内にあるイトーヨーカドー金町店の屋上には金町自動車教習所があるのでそれが移転するものと思われます。

 鬼工事が完了すると挟工事が始まり、地上40階、地下2階、高さ約150m、総戸数約860戸の住宅棟と、地上4階、地下2階、高さ約30mの商業棟が建設されます。商業棟の4階部分は公益施設となります。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 完成イメージパースとは反対側から見た配置図です。この図の右下がJR金町駅がある場所で駅からは徒歩3分程度の距離となっています。

 この配置図で公益施設、集合住宅と書いてある所が現在のイトーヨーカドー金町店がある場所で、挟工事でタワーマンションなどが建設されます。そして自動車教習コースと書いてある場所が鬼工事で、店舗や自動車教習所が建設されます。店舗は再びイトーヨーカドーになるかは不明ですが大型のショッピングモールになります。商業施設部分は三菱地所が担当します。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 計画地はJR金町駅の北口から東京理科大学方面に少し歩くとすぐに着きます。

 JR金町駅の南側には京成金町駅もあり2駅で京成高砂駅に行くことができます。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 少し古いですが2015年1月にセスナから撮影した金町駅周辺です。赤い網掛けをした場所が「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



東金町一丁目西地区市街地再開発事業 建設地の空撮

 自動車教習所がある場所がイトーヨーカドー金町店で、その背後の駐車場と空き地が鬼工事部分となります。見ての通り既存建物はないので解体工事は駐車場を撤去する程度となりそうなので工事が始まればあっという間に着工となりそうです。鬼の工事が完了するとイトーヨーカドー金町店の解体工事を含めた挟工事が始まります。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2020年11月8日に現地で金町駅に近い側から撮影したイトーヨーカドー金町店です。この辺りに地上40階、高さ約150mの住宅棟が建設されます。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 こちら側には公益施設も入る商業棟が建設されます。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 鬼工事が行われる駐車場側から見た「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。右奥に見えているのは金町駅の南側に建つ「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)と「プラウドタワー金町」(地上21階、高さ86.1m)です。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 このように駅から離れた所では更地となっている場所もあります。まずはこちら側から工事が始まります。



東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月26日に東京スカイツリーから見た金町方面です。左のタワーマンションが「シティタワー金町」(地上37階、最高高さ127.66m)、右のタワーマンションが「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)で、これからのちょうど中間あたりに「東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上40階、高さ約150m)が建設されます。

■物件概要■
計画名:東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都葛飾区東金町1丁目-2136〜2169の一部
用途:住宅、店舗、公益施設、自動車教習所、公共駐輪場等
総戸数:約860戸
階数:地上40階、地下2階
高さ:約150m
計画対象面積:約2.54ha
敷地面積:約24,770屐A敷地)
延床面積:約17万1250屐柄澗痢
建築主:東金町一丁目西地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、三菱地所
特定業務代行者:フジタ
コンサルタント業務:佐藤総合計画
工期:2022年度着工〜2025年度竣工(鬼工事)、2026年度着工〜2030年度竣工予定(挟工事)

高さ86.1m「プラウドタワー金町」の建設状況(2020.11.8)

プラウドタワー金町

 金町駅前で建設中のタワーマンション「プラウドタワー金町」(地上21階、高さ86.1m)の完成予想図です。野村不動産による分譲のタワーマンションで、場所はJR金町駅の南口側にある駅前ロータリーに面しており、西隣には京成金町駅もあります。2路線が徒歩1分圏内です。



プラウドタワー金町

 駅前ロータリーには複数のバス乗り場もあります。



プラウドタワー金町

 南側の路地から撮影。南側には「ヴィナシス金町タワーレジデンス」(地上41階、最高高さ138.2m)がありますが、「ヴィナシス金町タワーレジデンス」は敷地東寄り、「プラウドタワー金町」は敷地西寄りにマンション本体を配置してお見合い部屋が少なくなるように配慮されています。



プラウドタワー金町

 そのため影になる時間帯もありますが日当たりは大丈夫そうでした。開けた視界が良いなら北側、日当たり重視なら南側となりますが、どっちが人気なんでしょうね?都心方面は南西側のため、南側住戸ならば東京スカイツリーなども見えそうです。



プラウドタワー金町

 少し離れた場所から撮影。このように「プラウドタワー金町」と「ヴィナシス金町タワーレジデンス」が並んでいます。撮影した11月8日時点で18階あたりまで建設が進んでいるように見えましたが、こうして並んでいる様子を見てしまうとかなり低く感じてしまいますね(^^;)

 ちなみに線路の手前側(写真左側)では低層部に商業施設や自動車教習所が入るタワーマンション「東金町一丁目西地区市街地再開発事業」(地上38階、高さ約150m)が計画されています。事業協力者として三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャルが参画しており、住宅部は2024年度着工〜2027年度竣工予定となっています。



水元公園から見た金町

 金町の北側にある水元公園から11月15日に撮影した金町方面です。こうして見るとお見合い部屋になるのは角住戸くらいなんですかね。



水元公園から見た金町

 夜景バージョンです。上の写真より少し金町に近い側から撮ったので「プラウドタワー金町」はちょっとしか見えません。



プラウドタワー金町 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 「プラウドタワー金町」の完成予想図です。21階建てですが低層部の階高があるため高さは86.1mで、25〜28階建てのタワーマンションくらいの高さとなります。



プラウドタワー金町 断面構成図
断面構成図[出典:公式HP]

 フロア構成は1階、2階が店舗、3階が公益施設、そして4階〜21階が住宅部分となります。



プラウドタワー金町 4階平面図
4階平面図[出典:公式HP]

 4階には共用施設としてワークラウンジ、コミュニティラウンジ、スタディルームが配置されます。



プラウドタワー金町 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。公式HPを見ると先着順で6戸が販売中で専有面積56.56屐87.10屐間取りは2LDK〜4LDKで販売価格は5598万円〜8598万円となっていました。今週末には第3期の3戸が販売となります。

■物件概要■
名称:プラウドタワー金町
計画名称:金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都葛飾区金町6丁目7000番
用途:共同住宅、店舗、事務所、駐車場
総戸数:190戸(非分譲19戸含む)
階数:地上21階、地下1階
高さ:86.1m
構造:RC造一部鉄骨造(地上部)、RC造(地下部)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:2,655.64
建築面積:1,835.00
延床面積:25,323.02
事業者:金町六丁目駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:佐藤総合計画
施工者:戸田建設
工期:2018年12月22日着工〜2021年7月30日竣工予定
入居:2021年9月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
マイブック
スポンサーリンク