超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

空撮・遊覧飛行(北海道)

札幌の大通公園前に高さ185mの超高層ビル計画「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」に着手!2028年竣工予定で高層部はハイグレードホテルに

(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:平和不動産]

 札幌の大通公園前の再開発「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」の都市計画手続きを札幌市へ要望すると平和不動産より発表され、同時に計画概要も明らかになりました。

 規模は地上34階、塔屋1階、地下3階、高さ約175m、最高高さ約185m、敷地面積5,029.89屐延床面積約9万9400屐⊆舁徑囘咾六務所・ホテル・商業施設、事業者は平和不動産が理事長を務める大通西4南地区市街地再開発準備組合となっています。

 今後のスケジュールとしては2022年度に都市計画決定、2023年度に事業認可(市街地再開発組合設立)、権利変換計画認可を経て2028年に竣工・供用開始予定となっています。

▼平和不動産:IRニュース(2022年7月12日)
(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業の着手に関するお知らせ



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業 概要図
概要図[出典:平和不動産]

 フロア構成は低層部に商業施設、中層部にオフィス、そして高層部が国際水準のハイグレードホテルで計画されています。また、地下フロアでは札幌市営地下鉄「大通」駅にも接続されます。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:平和不動産]

 低層部には吹き抜けのアトリウム空間も整備されます。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:平和不動産]

 低層部屋上には大通公園を望む屋外テラスも整備されます。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:平和不動産]

 計画地は「道銀ビルディング」と「新大通ビルディング」がある大通公園の南側で札幌駅前通にも面しています。

 目の前にある地下鉄東西線・南北線「大通」駅とは地下で接続されます。また、東豊線「大通」駅やJR「札幌」駅なども地下街や地下通路を経由してアクセス可能となっています。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業

 2021年11月6日にセスナから撮影した札幌市街です。写真中央下の矢印を入れた場所にある青い網掛けをしたビルが「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 矢印の右側の大きめのビルが「北洋大通センター」(地上19階、最高高さ96m)で、これの倍近い最高高さ約185mの超高層ビルが建設されることになります。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業

 「さっぽろテレビ塔」(高さ147.2m)がある場所から「大通公園」が続いており、その公園沿いの矢印を入れた場所が計画地です。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業

 「さっぽろテレビ塔」の展望台から2022年6月25日に撮影した「大通公園」で、矢印を入れた場所が「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 「大通公園」は「さっぽろ雪まつり」の会場にもなる東西約1.5キロの公園で、南北に貫く道路を一部廃止して公園を繋げる案も検討されています。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。灰色のビルが「道銀ビルディング」で北洋銀行の看板があるビルが「新大通ビルディング」です。



道銀ビルディング

 地上から見た北海道銀行の本店がある「道銀ビルディング」です。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の最上階にある展望室から見た札幌の街で、右側の矢印を入れた場所が「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。北海道銀行と北洋銀行が並んでいる場所が計画地です。

 札幌では北海道新幹線札幌延伸や2030年冬季オリンピック誘致を見据えた再開発が活発になってきており、計画中の超高層ビルが全て建設されると北海道の超高層ビルランキングは大きく変動し、現在北海道で最も高い「JRタワー」が5位になります。

1位:(仮称)北5西1・西2地区市街地再開発事業(地上43階、高さ約245mm、2028年度竣工予定)
2位:(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業(地上35階、高さ約200m、2028年度竣工予定)
3位:(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業(地上34階、最高高さ約185m、2028年竣工予定)
4位:ONE札幌ステーションタワー(地上48階、最高高さ175.20m、2023年竣工予定)
5位:JRタワー(地上38階、高さ173m、2003年竣工)

■物件概要■
事業名:(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業
所在地:北海道札幌市中央区大通西4丁目
交通:札幌市営地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」駅
用途:事務所・ホテル・商業
階数:地上34階、塔屋1階、地下3階
高さ:約175m(最高高さ約185m)
構造:鉄骨造一部地下鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:5,029.89
建築面積:−
延床面積:約99,400
建築主:大通西四丁目南地区市街地再開発準備組合(理事長:平和不動産)
設計者:−
施工者:−
工期:2028竣工予定

地上35階、高さ200m「札幌駅南口北4西3地区」の環境影響評価書が公開!ヨドバシカメラ、オフィス、ホテルが入る複合施設を建設へ

(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:札幌市]

 札幌駅前の大規模再開発「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書が札幌市より公開されました。事業者は札幌駅南口北4西3地区市街地再開発準備組合、代表者はヨドバシホールディングス、規模は地上35階、地下6階、高さ約200m、延床面積約21万200屐業務・商業・宿泊・駐車場等で構成される複合ビルが計画されています。

 2020年12月1日に計画段階環境配慮書が公開されたときは高さ約240mのA案と高さ約190mと高さ約160mのツインタワーとなるB案がありましたがA案が採用され、2020年12月15日に環境影響評価方法書が公開されたときは地上40階、最高高さ約220mと規模縮小し、2021年8月13日に環境影響評価準備書が公開されときは今と同じ規模の地上35階、高さ約200mへとさらに規模縮小しています。

▼札幌市(2022年3月16日)
(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 環境影響評価書
※縦覧 令和4年3月15日から4月13日まで



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 札幌駅南口東からの景観
札幌駅南口東からの景観[出典:札幌市]

 札幌駅南口東から見た低層部の完成予想図です。低層部は他の地域のヨドバシカメラと同じような外観となるようです。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 札幌駅南口駅前広場における高層部を含む景観
札幌駅南口駅前広場における高層部を含む景観[出典:札幌市]

 札幌駅南口駅前広場から見た完成予想図です。中高層部の他と違うデザインとなっている縦部分はエレベーターホールになるのかもしれません。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 JRタワー展望室T38からの景観
JRタワー展望室T38からの景観[出典:札幌市]

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階にある展望室から見た完成予想図です。札幌中心部方面の眺望が削られることになります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 さっぽろテレビ塔展望台からの景観
さっぽろテレビ塔展望台からの景観[出典:札幌市]

 さっぽろテレビ塔展望台から見た完成予想図です。この図には描かれていませんが、右側の赤いビルの背後あたりに昨日のブログにも載せた「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約245m)が見えるようになります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 計画建築物 断面計画
計画建築物 断面計画[出典:札幌市]

 フロア構成は低層部が商業施設フロア、中層部がオフィスフロア、そして高層部がホテルフロアとなります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 計画建築物 配置計画
計画建築物 配置計画[出典:札幌市]

 基壇部は高さ約60mで札幌駅とは反対の南側に超高層部が配置されます。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 想定歩行者動線図
想定歩行者動線図[出典:札幌市]

 建物内には東西に通り抜けられる敷地内貫通通路が整備されます。周辺の建物とペデストリアンデッキで接続されることはありませんが既存地下ネットワークと接続され、地上に出ることなく札幌駅や大通駅にアクセスできるようになります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 事業の実施区域位置図(詳細)
事業の実施区域位置図(詳細)[出典:札幌市]

 計画地はJR札幌駅の真正面で旧札幌西武跡地を含む一帯となっています。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 事業の実施区域位置図(広域)
事業の実施区域位置図(広域)[出典:札幌市]

 計画地の西側は札幌駅前通に面しており、地下には地下鉄南北線「さっぽろ」駅があります。JR「札幌」駅や東豊線「さっぽろ」駅も地下通路を通って行けるようになります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 2021年11月6日にセスナから撮影した札幌駅方面です。位置図と同じような方向から見た空撮で矢印を入れたあたりが「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画地となっています。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 少し近づいてもう1枚。赤い網掛けをした場所が計画地です。その右側の低層の大きな建物が札幌駅がある駅ビルで、札幌駅との間には駅前広場しかないことがわかります。

 写真右下の大きな駐車場がある場所では「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約245m)が計画されており、こちらが北海道で最も高い超高層ビルとなります。「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」は地上35階、高さ約200mで北海道で2番目に高い超高層ビルとなります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 空撮をもう1枚。右側の「JRタワー」(地上38階、高さ173m)が北海道で最も高い超高層ビルですが、近くでは北海道最高層タワマンとなる「ONE札幌ステーションタワー」(地上48階、高さ175.20m)も建設中で、周辺の再開発が全て終わると北海道で4番目の高さにランクダウンします。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 その「JRタワー」の展望室から見た「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。手違いで写真が消えてしまったのでこれだけちょっと古い写真ですが現状と特に変わりはありません。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 空撮した日と同じ2021年11月6日に撮影した現地の様子です。札幌駅前通がある北西側から撮影。この北海道銀行がある場所がヨドバシカメラになりそうです。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 南西側から撮影。ここにはレンガ調の旧札幌西武がありましたが随分前に解体されています。仮囲いには「ヨドバシカメラ」建設地予定地の看板があります。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 南東側から撮影。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 北東側から撮影。コインパーキングとなっている場所もレンガ調の旧札幌西武があった場所です。



(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 工事工程表
工事工程表[出典:札幌市]

 工期は約56ヵ月を予定していますが着工時期や竣工時期の記載は見当たりませんでした。

■物件概要■
名称:(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業
所在地:北海道札幌市中央区北4条西3丁目
交通:JR「札幌」駅、地下鉄南北線・東豊線「さっぽろ」駅
用途:業務、商業、宿泊、駐車場等
駐車場台数:約740台
階数:地上35階、地下6階
高さ:約200m
構造:鉄骨造 一部 鉄骨鉄筋コンクリート造
施工区域:約1.7ha
事業区域:約1.1ha
建築面積:約9,800
延床面積:約210,200
建築主:札幌駅南口北4西3地区市街地再開発準備組合
代表者:ヨドバシホールディングス

札幌駅前の超高層ビルは地上43階、高さ245mにやや規模縮小!札幌駅交流拠点北5西1・西2地区の環境影響評価準備書の縦覧開始!

(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:札幌市]

 札幌駅前で計画されている「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価準備書の縦覧が開始され、最新の計画概要が判明しました。今までは地上46階、地下4階、最高高さ約250m、延床面積約39万5000峙模となっていましたが、今回の資料では地上43階、地下4階、高さ約245m、延床面積約38万8500屬箸笋箋模縮小しています。

 高層6フロアはマリオット・インターナショナルと提携したホテルとなることが先月発表されていますが、今回公開となった完成予想図を見るとテラスがある場所から最上階までは7フロアあります。

▼札幌市:札幌駅交流拠点内のプロジェクトに係る環境影響評価(2022年2月1日)
(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業  環境影響評価準備書
※縦覧期間:令和4年(2022年)2月1日(火)〜3月2日(水)



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 ホテルからの眺望イメージ
ホテルからの眺望イメージ[出典:JR北海道]

 提携発表時に公開されたホテルからの眺望イメージを見ると、階高がかなりの高さがあるように見えるのでこのイメージ図はテラスがあるフロアかと思われます。ホテルは6フロアとのことなので最上階はデザインを合わせただけの機械室かもしれません。もしくはフロント等とは別に客室が6フロアという可能性もあります。

 ところでマリオット・インターナショナルによる日本国内で展開しているラグジュアリーブランドは「ザ・リッツ・カールトン」「セントレジス」「エディション」「Wホテル」「JWマリオット」「ラグジュアリーコレクション」がありますが、東京、大阪、京都などにもあり、2022年には福岡にも開業する「ザ・リッツ・カールトン」が札幌にも進出し「ザ・リッツ・カールトン札幌」になるのではと思っています。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 断面計画
断面計画[出典:札幌市]

 計画建築物は北5西1地区と北5西2地区に分かれており、両地区に連続した基壇部が設けられ低層部は商業施設となります。北5西1地区の中層階がオフィスフロア、高層階がホテルフロアとなります。また、1階部分にはバスターミナルも配置されます。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 歩行者動線のイメージ
歩行者動線のイメージ[出典:札幌市]

 両街区の間には既存の道路がありますが、その上空もビル本体となり2階レベルでは広場空間とも繋がる歩行者動線が形成されます。上部が超高層となる北5西1地区は北海道新幹線の改札にも繋がります。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:札幌市]

 配置計画図には高さの詳細も記載されており、これを見るとテラスがあった場所が高さ約190mで軒高が約225m、機械室が約235mで塔屋が約245mとなりそうです。また、完成予想図と見比べると高さ約55mの基壇部や高さ約66mの機械室上部は屋上庭園として開放されそうです。

 既存商業施設である「札幌エスタ」の7階と「JRタワー」に入る商業施設「札幌ステラプレイス」の6階は連絡通路で接続されています。この図には約35mと書かれたピンク色の部分があるので、そこに連絡通路が整備され再び接続されることになりそうです。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 位置図(詳細)
位置図(詳細)[出典:札幌市]

 計画地は現在、北5西1地区は駐車場と駐輪場として利用されており、北5西2地区は商業施設の「札幌エスタ」があります。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 位置図(広域)
位置図(広域)[出典:札幌市]

 計画地はJR「札幌」駅の目の前で地下鉄東豊線「さっぽろ」駅にも近い場所です。札幌は雪国のため地下通路や地下街が発達しており、距離はありますが図の大通駅の先にあるすすきのまで地下だけで行けます。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 今後のスケジュール
今後のスケジュール[出典:JR北海道]

 おおまかな今後のスケジュールです。北5西2地区にある「札幌エスタ」は2023年夏の閉店が決定しています。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業 工事工程表
工事工程表[出典:札幌市]

 2023年度の着工から約2年後には地上躯体工事と地下躯体工事が始まり、そこから1年4カ月で上棟する計画となっています。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業

 2021年11月6日にセスナから撮影した「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。写真中央下の大きな駐車場がある場所が超高層棟が建設される北5西1地区です。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業

 北5西1地区にある巨大な駐車場の右隣が「JRタワー」(地上38階、高さ173mで、そのすぐ後ろが北5西2地区の「札幌エスタ」です。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)は現時点で北海道で最も高い超高層ビルで、その隣に「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約245m)が建設されます。

 また、この空撮の右下あたりでは「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」(地上35階、高さ約200m)が計画されており、そしてこの空撮には写っていませんが左下の方では北海道で最も高いタワーマンションとなる「ONE札幌ステーションタワー」(地上48階、高さ175.20m)が建設中です。札幌駅周辺の超高層化が進みます。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業

 「JRタワー」の最上階にある展望台から見下ろした北5西1地区です。お見合いにならないよう敷地の右側の方に寄せて超高層棟が建設されますが眺望は大きく削られます。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業

 地上から見た「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。左側の「札幌エスタ」と合わせて再開発が行われます。



(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業

 「札幌エスタ」の2階デッキ部分から見た「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。ここに建設される超高層ビルの高層部にマリオット・インターナショナルのラグジュアリーブランドのホテルが進出しますが、東京、大阪、京都などにあり、2022年には福岡にも開業する「ザ・リッツ・カールトン」が進出し「ザ・リッツ・カールトン札幌」になるのではと思っています。

■物件概要■
名称:(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業
所在地:北海道札幌市中央区北5条西1丁目、西2丁目、及び西3丁目の一部
用途:業務、商業、宿泊、駐車場、バスターミナル等
階数:地上43階、地下4階
高さ:約245m(最高高さ)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
施工区域:約3.1ha
事業区域:約2.3ha
建築面積:約22,000
延床面積:約388,500
建築主:札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合
参加組合員:札幌市、JR北海道、札幌駅総合開発、ジェイ・アール北海道バス、JR北海道ホテルズ
設計者:日本設計
特定業務代行者:清水・伊藤・岩田地崎・札建・泰進共同企業体(代表企業:清水建設)
工期:2023年度着工〜2029年度竣工予定
開業:2029年秋予定

地上18階「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の建設状況!ススキノラフィラ跡地の再開発です(2021.11.6〜8)

(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画 外観イメージ
外観イメージ[出典:東急不動産]

 札幌のすすきので建設中の複合ビル「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の完成予想図です。地上18階、高さ約78m、延床面積約53,378屬脳Χ氾絞沺▲轡優灰鵝▲曠謄襪らなる市営地下鉄「すすきの」駅直結の複合施設となります。

▼東急不動産:ニュースリリース(2021年7月2日)
〜ススキノラフィラ跡地に新たなにぎわいを創出〜 「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」着工



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画 フロア構成イメージ
フロア構成イメージ[出典:東急不動産]

 フロア構成は地下2階〜4階は商業施設で地下1階にはイトーヨーカ堂による食品スーパーマーケット、1階の一部にはアインファーマシーズによるコスメ&ドラッグストア、5階〜7階にはTOHOシネマズによる10スクリーン、約1800席のシネマコンプレックス、そして7階〜18階には東急ホテルズによる約470室のホテルが予定されています。また、1階の月寒通(国道36号)に面した場所には屋内バス待合所も整備されます。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画 屋内広場イメージ
屋内広場イメージ[出典:東急不動産]

 すすきの交差点に面した角地の2、3階には屋内外広場が整備されます。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画 位置図
位置図[出典:東急不動産]

 建設地はすすきの交差点に面した「ススキノラフィラ」の跡地です。以前、札幌周辺にいたことがある人には「ロビンソン百貨店」や「ヨークマツザカヤ」と言った方がわかりやすいかもしれません。

 札幌市営地下鉄南北線「すすきの」駅に直結した立地で、すすきのの玄関口と言って良い場所です。地下街のポールタウンにも接続しているので、歩くにはかなりの距離がありますがJR札幌駅まで地下だけで行くこともできます。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 2021年11月6日にセスナからの空撮です。左下の矢印を入れた場所が「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の建設地です。目の前の大きな通りを境に左側がすすきの繁華街で、右側が商業施設が建ち並ぶ場所となります。右上に見える紅葉している場所が、さっぽろ雪まつりでは大雪像が並ぶ大通公園です。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の建設地にズームです。右上のオレンジ色の建物は、ここに入るホテルの運営者と同じ東急ホテルズによる「札幌 東急REIホテル」です。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 さらにズームです。地下部分の工事が行われていることがわかります。また、既存ビルが2棟残っており虫食い状態になっていることもよくわかります。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 2021年11月8日にすすきの交差点から撮影した「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の建設地です。反時計回りに敷地を一周載せていきます。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 左のKIRINの広告がテレビとかでよく見る「すすきの」のあの場所です。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 すすきのの繁華街側から撮影。



(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画

 歩道の上にプレハブ事務所が設置されていました。

■物件概要■
事業名:(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画
所在地:北海道札幌市中央区南4条西4丁目1番1(地番)
用途:店舗・シネマコンプレックス・ホテル等
階数:地上18階、地下2階
高さ:約78m
敷地面積:約5,157
建築面積:約4,725
延床面積:約53,378
建築主:東急不動産、竹中工務店、イトーヨーカ堂、アインファーマシーズ、キタデン
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2021年7月2日着工〜2023年秋頃

最高価格5億円!北海道最高層タワマン「ONE札幌ステーションタワー」の第1期登録申込受付開始!

ONE札幌ステーションタワー 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 北海道で階数、高さ共にNo.1となるタワーマンション「ONE札幌ステーションタワー」(地上48階、高さ175.20m)の第1期登録申込受付が本日11月27日〜12月4日までの期間で開始されました。売主は大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPOの4社です。

 総戸数624戸のうち第1期で販売される戸数は244戸で間取りは1LDK(34戸)・2LDK(62戸)・3LDK(121戸)・4LDK(27戸)、専有面積は49.69屐227.99屐販売価格は5160万円〜5億円となっています。東京の分譲タワマンを見ているかのような価格帯となっています。

 場所は札幌駅のすぐ近くで地下鉄東豊線「さっぽろ」駅に繋がる地下通路に直結となります。そこから南北線「さっぽろ」駅、JR「札幌」駅や各施設、地下街にも直結となります。

▼ONE札幌ステーションタワー:公式HP
https://www.daiwahouse.co.jp/mansion/hokkaido/sapporo81/



ONE札幌ステーションタワー

 ここからは10日ほど前に載せた「ONE札幌ステーションタワー」の再編集となります。これは2021年11月6日にセスナから撮影した「ONE札幌ステーションタワー」です。右手前のタワマンは「プレミスト札幌ターミナルタワー」(地上38階、最高高さ128.1m)、左上は「D'グラフォート札幌ステーションタワー」(地上40階、最高高さ143.15m)です。



ONE札幌ステーションタワー

 右側(北側)が業務棟、下(東側)がホテル棟、右下(北東側)が駐車場棟です。道路を挟んださらに右側は札幌市立北九条小学校で、ここの小学校の日照問題等で当初計画のツインタワマンから1棟に変更になっています。



ONE札幌ステーションタワー

 この空撮の上がJR「札幌」駅です。見ての通り札幌駅の目の前ではありませんが、少し右側に行ったところにも駅直結の地下通路の入口があります。



ONE札幌ステーションタワー

 右側のタワークレーンは一見フロアクライミングに見えますが、他の建設現場のと比べるとやや違う感じに見えるかと思いますが、これは大成建設が超高層建築工事向けに開発したタワークレーンの新技術「テコアップシステム」で現場初導入されたものです。赤プリ解体時に使用した「テコレップシステム」を発展させたシステムでタワークレーンを搭載した専用鉄骨フレームごと上昇するとのことです。



ONE札幌ステーションタワー

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階展望室から見た北側の様子です。左が現時点の北海道で最も高いタワーマンションの「D'グラフォート札幌ステーションタワー」(地上40階、最高高さ143.15m)で、右側がその記録塗り替えて北海道で最も高いタワーマンションとなる「ONE札幌ステーションタワー」(地上48階、高さ175.20m)です。

 ちなみにこの172.20mは「JRタワー」の高さ173mを抜いて北海道で最も高い建物となります。ただ「JRタワー」の隣では地上46階、高さ約250mの「(仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約250m)が計画されています。



ONE札幌ステーションタワー

 「ONE札幌ステーションタワー」にズームです。



ONE札幌ステーションタワー

 現地から撮影した「ONE札幌ステーションタワー」です。時計回りに載せていきます。



ONE札幌ステーションタワー

 北西角側は業務棟となります。



ONE札幌ステーションタワー

 北東角にある駐車場棟と業務棟の隙間から撮影。



ONE札幌ステーションタワー

 南東角から撮影。今はこうして下から上まで見えていますが手前には地上14階、高さ50.70mのホテル棟が建設されます。



大倉山から見た札幌市街

 前回の記事には載せていなかったスキージャンプ台で有名な大倉山ジャンプ台の展望台から見た札幌市街です。



大倉山から見た札幌駅周辺

 札幌駅方面にズームです。



大倉山から見たONE札幌ステーションタワー

 この中央のタワークレーンが見えいてるのが「ONE札幌ステーションタワー」です。



ONE札幌ステーションタワー 完成予想図
完成予想図[出典:再開発組合HP]

ONE札幌ステーションタワー 完成予想図
完成予想図[出典:再開発組合HP]

 再開発組合のHPに掲載されている完成予想図です。



北8西1地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:再開発組合HP]

 札幌駅に一番近い場所に「ONE札幌ステーションタワー」が配置されます。



北8西1地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:再開発組合HP]

 1〜3階はホールを含む商業施設となり住宅部は4〜48階となります。軒高は166.20mで最高部の高さは175.20mです。



ONE札幌ステーションタワー 位置図
位置図[出典:公式HP]

 場所は札幌駅の北側で、建設中の北海道新幹線の「札幌」駅もすぐ近くです。エメラルドグリーンのような色が付いている箇所が地下道や地下街で色々な場所へ繋がっています。



ONE札幌ステーションタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ONE札幌ステーションタワー
計画名:北8西1地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(A棟)
所在地:北海道札幌市北区北八条西一丁目1番1,2の一部、3,4の一部、5の一部、6,7の一部、8
用途:共同住宅、店舗(物販、飲食、その他)、事務所、自動車車庫、多目的ホール
総戸数:624戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下2階
高さ:166.20m(最高高さ175.20m)
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造
敷地面積:9,712.88
建築面積:6,982.88
延床面積:98,602.37
建築主:札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPO
設計者:大成建設
施工者:大成建設・伊藤組土建・スターツCAM共同企業体
工期:2020年7月1日着工〜2023年12月31日竣工予定
入居:2024年3月予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク