超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

六本木三丁目東地区再開発

高さ230m「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の建設状況(2015年4月19日撮影)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 六本木一丁目駅直結となる住友不動産による超高層オフィスビルの「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。

 撮影した4月29日時点で20階ちょっとくらいでしょうか?随分と高くなってきました。完成時には一部少し飛び出た特徴的な外観となりますが、その飛び出る部分もわかるようになってきました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 少し移動した場所から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」です。手前の首都高を右側に行くと谷町JCT、左に行くと一ノ橋JCTがあります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 西側の坂を下った場所から撮影。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 低層部ではガラスカーテンウォールの取り付けも始まっており、斜めの特徴的なデザインも既にはっきりとわかるようになっています。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 業務棟の隣では「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)が建設中です。ここは住友不動産による賃貸マンションとなりますが、周辺相場から考えると狭い部屋でも家賃は30〜40万円くらいからだと思います。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 坂の下の方から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 東京ミッドタウンから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」です。背後の緑色の超高層オフィスビルの「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)よりも高くなります。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m(公式サイトでは226.95m)
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,500.74
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

ガラスカーテンウォールの取り付け開始!住友不動産六本木三丁目東地区の建設状況(2015年3月14日撮影)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 六本木3丁目で建設中の住友不動産による「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。場所は東京メトロ南北線の六本木一丁目駅のすぐ近くで完成時には駅直結となります。またこの眼の前の首都高を右側に行くと谷町JCTがあります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 近くから見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 別角度からもう1枚。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 一部ガラスカーテンウォールの取り付けが始まっていました。右端に同じ住友不動産による「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)がチラッと見えていますが、ガラスの色は随分と違うようです。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 ガラスはグリーン系かと思っていましたが、ブルーに近い感じがしました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 角部分です。ガラスの色は3色あるように見えますが、下の完成予想図の通り大きく2色のガラスカーテンウォールが取り付けられた外観となります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの完成予想図

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 同敷地内で建設中の「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。こちらは地上部が見えてきました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 アークヒルズ側から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

 右側のビルは「六本木ティーキューブ」(地上27階、高さ138.46m)です。サムスンと三井不動産によって建てられたビルで、16〜20階にサムスングループが入居していました。ただ、最近は業績悪化で持ち分を売却して飯田橋に移転といったニュースも見かけます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンから見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 六本木ヒルズから見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。本当は展望台から見たかったのですが4月28日まで改修工事のため閉館となっていました。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m(公式サイトでは226.95m)
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,500.74
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2015年2月14日撮影)

東京タワーから見た住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京タワーから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。地上40階、高さ230.06mとなる業務棟はタワークレーン4基、地上27階、高さ109.05mとなる賃貸住宅棟はタワークレーン1基と計5基のタワークレーンで建設中で東京タワーからも目立つようになってきました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 場所は谷町JCT近くで隣には首都高が通っています。高さ230mになるのでこのように首都高越しに撮影しないと全体が入らなくなりそうです。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 首都高を超えた場所から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 低層部です。1階のこの辺りは車寄せのスペースとなります。右側のスペースがオフィスエントランスとなります。

 各フロアの内訳は1階が4層吹き抜けのエントランス、5階、6階がカンファレンスセンター、7〜24階がオフィスフロア、25階が免震フロア、26階がスカイロビー、27階が機械室、28〜40階がオフィスフロアとなります。地下部は店舗や駐車場となり、地下3階では東京メトロ南北線の六本木一丁目駅に直結となります。また、何フロアを占めるのかはわかりませんが、テレビ東京の入居が決まっています。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの完成予想図
 住友不動産の別の工事現場にあった「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の宣伝用看板を撮影した完成予想図です。2種類の色を使ったガラスカーテンウォールで一部飛び出たデザインとなっています。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 ちょっと逆光気味ですが別角度から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟
 南側から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 業務棟」です。この手前には住宅棟が建設されます。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。ここ建つ住宅棟は住友不動産による賃貸マンションとなります。

東京タワーからの眺め
 もう一度東京タワーからの眺めです。超高層ビル群が成長し続けている六本木、赤坂、虎ノ門地区に新たなランドマークの誕生となります。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m(公式サイトでは226.95m)
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,500.74
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮と建設状況(2015年1月下旬撮影)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の空撮です。今までは「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」としていましたが、公式サイトが「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」としてオープンしているのでこちらの名称を使用します。

 タワークレーン4基で建設中の大きなビルが業務棟で地上40階、高さ230.06mとなります。隣のタワークレーンが1基だけある場所が地上27階、高さ109.05mの賃貸住宅棟となります。

 巨大な超高層オフィスビルだと思っていましたが、隣に建つ同じ住友不動産の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)と比べるとそこまで大きく見えないものですね。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 別角度からもう1枚。建設地は谷町ジャンクションのすぐ近くで、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅と直結となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 空撮の前日に現地から撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」の業務棟です。

 1階が4層吹き抜けのエントランス、5階、6階がカンファレンスセンター、7〜24階がオフィスフロア、25階が免震フロア、26階がスカイロビー、27階が機械室、28〜40階がオフィスフロアとなります。地下部は店舗や駐車場となり、地下3階から六本木一丁目駅に直結となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 この円形の鉄骨部分が1階の4層吹き抜けのエントランス部分となるようです。前の写真を見てわかる通り円形の鉄骨はエントランス部分だけのようです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 年末に撮影に行ったときはまだタワークレーンはありませんでしたが、今は住宅棟部分にもタワークレーンが設置されています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 ここに建設される住宅棟は賃貸マンションとなりますが、立地、周辺相場、新築、大規模再開発、タワーマンションといったことを考えると、本物のお金持ちにしか縁がないマンションになるのは確実です。

六本木・虎ノ門・赤坂の空撮
 最後に六本木、虎ノ門、赤坂全体の空撮です。

 このように超高層ビル、タワーマンションが多数建ち並んでいますが、この空撮の中では一番高い超高層ビルとなります。ただ、この左の方にはさらに高い東京ミッドタウン、六本木ヒルズがあります。

 ところで、公式サイトを見ると施工者が大成・大林建設共同企業体となっていました。建築計画のお知らせでは大林組だったのが途中で大成建設に変更になっています。ただ、着工したときのリリースでは大成・大林建設共同企業体となっていたので、大成建設が代表の共同企業体ということなのかもしれませんね。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
基礎工法(業務棟):直接基礎
基礎工法(住宅棟):杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

現地と六本木ヒルズから見た「六本木三丁目東地区」の建設状況(2014年12月27日)

六本木ヒルズからの眺め
 「六本木ヒルズ」の展望台から一番好きな方向の眺めです。

 現在、この写真の中央では六本木一丁目駅直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」が行われています。南街区では地上40階、高さ230.06mの業務棟と地上27階、高さ109.05mの住宅棟が建設中で、北街区では地上3階の店舗棟が建設中です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)にズームです。タワークレーンが重なって2基に見えるかもしれませんが4基のタワークレーンで建設中です。住宅棟は業務棟の右側ですが六本木ヒルズからは何をしているのかわかりませんでした。住宅棟は賃貸住宅となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 現地から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 少し場所を変えてもう1枚。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 さらに北側からもう1枚。写真だと伝わらないと思いますがかなりデカイです。この円柱の鉄骨がある部分は吹き抜けの空間となりそうです。中央はエレベーター設置場所かと思います。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業北街区
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業北街区」です。北街区はそれほど大きくはありません。北街区に面した通りは六本木ヒルズや渋谷まで続いています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 「東京ミッドタウン」からはタワークレーン4基がキレイに見えました。鉄骨が見えて来る日もそう遠くはなさそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 最後にもう一度、六本木ヒルズから見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。現在、日本で建設中の超高層ビルの中では個人的に一番楽しみにしているビルです。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク