超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(東京・関東)

「日本橋一丁目1・2番地区」の概要判明!地上27階、高さ140mオフィスビルを建設へ

日本橋一丁目1・2番地区 完成イメージ
完成イメージ[出典:日刊建設工業新聞]

 東京都中央区日本橋で計画されている再開発「日本橋一丁目東地区」と「日本橋一丁目1・2番地区」の概要が建設系新聞に掲載されました。ここではそのうち「日本橋一丁目1・2番地区」の概要について載せます。

 「日本橋一丁目1・2番地区」はA街区からD街区まで分かれており、区域面積約0.8ha、総延べ約9万といった規模で計画されています。事業者の日本橋一丁目1・2番街区再開発準備組合には三井不動産、東急不動産が事業協力者として参画しており、都市ぷろ計画事務所がコンサルタント、そして関係権利者に清水建設が加わっています。8月の都市計画原案、10月の都市計画案公表を経て、12月の都市計画審議会に諮り、2022年1月の都市計画決定を目指します。

 A街区は地上27階、地下3階、高さ約140m、延べ8万4000屐∋務所、店舗、文化体験施設で構成されるオフィスビルが建設されます。2027年度着工、2032年度竣工予定となっています。

 B街区は地上7階、700屐C街区は地上5階、1600屐D街区は平屋40屬濃務所や店舗などで構成されます。B街区は2032年度竣工、C、D街区は2034年度の竣工予定となっています。

 完成予想図は首都高地下化後の様子で、日本橋川側へには広場のようなスペースも設けられるようです。また、奥には「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)や「日本橋一丁目東地区」のビルも描かれています。

▼日刊建設工業新聞(2021年6月10日)
東京・日本橋一丁目の2地区再開発/東地区は39万平米、1・2番地区は9万平米に

▼建設通信新聞(2021年6月10日)
日本橋一丁目再開発計画/東地区に40万峪楡澤/1・2番地区は延8.6万

▼当ブログの日本橋一丁目東地区の記事
「日本橋一丁目東地区」の概要判明!地上40階、高さ240mオフィスビルと地上52階、高さ225mタワマンを建設へ



日本橋一丁目1・2番地区

 2020年12月18日の日本橋の空撮写真に「日本橋一丁目1・2番街区市街地再開発事業」の計画地に赤い網掛けをしました。首都高沿いの写真上側では「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約233m)が計画されており、日本橋の超高層ビル群と東京駅周辺の超高層ビル群が完全に繋がることになります。



日本橋一丁目1・2番地区

 少し広角でもう1枚。左下の赤い網掛けをした場所が「日本橋一丁目東地区」で地上40階、高さ約240mの事務所棟と地上52階、高さ約225mの住宅棟が計画されています。

 そして両地区の間は「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)の計画地となっており現在は既存ビルの解体工事が行われています。また、写真右下では「日本橋室町一丁目地区」(地上36階、高さ180m)の超高層ビルが計画されています。これからは日本橋の時代がやってきます。



日本橋一丁目1・2番地区

 永代通りと中央通りが交差する日本橋交差点から撮影した「日本橋一丁目1・2番地区」方面です。永代通り沿いの新しいビルは敷地に含まれずその裏一帯が敷地となっています。



日本橋一丁目1・2番地区

 こちらの緑色の看板があるビルからが計画地です。



日本橋一丁目1・2番地区

 地名ではなくブリッジの日本橋の付け根から撮影。このあたりのビル群が計画地です。



日本橋一丁目1・2番地区

 日本橋から日本橋川と一緒に撮影。今は目の前に首都高がありますが地下化され高架ごと撤去されます。



日本橋一丁目1・2番地区

 反対側の完成予想図と同じ側から撮影。護岸壁は整備したばかりなのかキレイでした。



日本橋一丁目1・2番地区

 中央通り側以外は路地しかないので撮影しにくい場所です。首都高地下化が終われば日本橋川の対岸から撮影できますがまだまだ先の話しです。

■物件概要(A街区)■
事業名:日本橋一丁目1・2番地区市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、カンファレンス
階数:地上27階、地下3階
高さ:約140m
敷地面積:3590
延床面積:約8万4000
事業者:日本橋一丁目1・2番地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、東急不動産
コンサルタント:都市ぷろ計画事務所
関係権利者:清水建設
工期:2027年度着工〜2034年度竣工予定

「日本橋一丁目東地区」の概要判明!地上40階、高さ240mオフィスビルと地上52階、高さ225mタワマンを建設へ

日本橋一丁目東地区 完成イメージ
完成イメージ[出典:日刊建設工業新聞]

 東京都中央区日本橋で計画されている再開発「日本橋一丁目東地区」と「日本橋一丁目1・2番地区」の概要が建設系新聞に掲載されました。ここではそのうち「日本橋一丁目東地区」の概要について載せます。

 「日本橋一丁目東地区」はA街区からE街区まで分かれており、区域面積約3.6ha、総延べ約39万屬箸い辰慎模で計画されています。事業者の日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合には三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設の4社が事業協力者として参画しており、日本設計がコンサルタントを務めています。8月の都市計画原案、10月の都市計画案公表を経て、12月の都市計画審議会に諮り、2022年1月の都市計画決定を目指します。

 A街区は地上40階、地下4階、高さ約240m、延べ27万4000屐∋務所、店舗、カンファレンスで構成される事務所棟が建設されます。2026年度着工、2030年度竣工予定となっています。

 B街区は地上52階、地下3階、高さ約225m、延べ12万屐⊇斬陲篝験荵抉膸楡澆嚢柔される住宅棟が建設されます。2031年度着工、2034年度竣工予定となっています。

▼日刊建設工業新聞(2021年6月10日)
東京・日本橋一丁目の2地区再開発/東地区は39万平米、1・2番地区は9万平米に

▼建設通信新聞(2021年6月10日)
日本橋一丁目再開発計画/東地区に40万峪楡澤/1・2番地区は延8.6万

▼当ブログの日本橋一丁目1・2番地区の記事
「日本橋一丁目1・2番地区」の概要判明!地上27階、高さ140mオフィスビルを建設へ



日本橋一丁目東地区

 これは2020年12月18日の日本橋の空撮で「日本橋一丁目東地区市街地再開発事業」の計画地に赤い網掛けをしました。複数の情報があり正確な敷地の範囲が不明ですが、右側の首都高沿いの建物も計画地に含まれている可能性があります。

 計画地は昭和通り沿いの長細い敷地で北側(写真上側)が地上52階、高さ約225mの住宅棟が計画されているB街区で、南側(写真下側)が地上40階、高さ約240mの事務所棟が計画されているA街区となります。都営浅草線「日本橋」駅に隣接している場所のため駅直結になる可能性もあります。

 残りのC街区〜E街区は北側の日本橋川を超えたところ江戸橋ジャンクションあたりになるようですが場所の詳細は不明です。C街区には平屋250屐D街区には2階建て150屐E街区には2階建て250屬両規模な建物となり公共・公益施設が配置されます。



日本橋一丁目東地区

 東京駅方面側からの空撮です。手前は「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)の計画地となっており現在は既存ビルの解体工事が行われています。将来的には高さ200mオーバーの超高層ビルが3棟密集して並びます。



日本橋一丁目東地区

 昭和通りと永代通りが交差する江戸橋一丁目交差点から見た「日本橋一丁目東地区」方面です。こちら側が地上40階、高さ約240mの事務所棟が計画されているA街区となりますが、2026年度着工予定のためまだ数年間はこの景色が続きそうです。



日本橋一丁目東地区

 茅場町方面から撮影。右側の建物も計画地に含まれるのかどうかは今後正式に計画が公表されたときにわかるかと思います。



日本橋一丁目東地区

 地上52階、高さ約225mの住宅棟が計画されているB街区方面です。日本橋郵便局がある場所がそのままB街区になるものと思われます。

 東京で出てくる再開発を見ていると着工時期が遅れることは多々ありますが、規模は少し縮小されることはあっても誤差の範囲程度でそのまま建設されることがほとんどです。着工まではまだまだ先ですが、その間にも次々と再開発計画が出てくると思うので2035年頃にはどんな超高層ビル群になっているのか楽しみです。

■物件概要(A街区)■
事業名:日本橋一丁目東地区市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、カンファレンス
階数:地上40階、地下4階
高さ:約240m
延床面積:約27万4000
事業者:日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設
コンサルタント:日本設計
工期:2026年度着工〜2030年度竣工予定

■物件概要(B街区)■
事業名:日本橋一丁目東地区市街地再開発事業(B街区)
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:住宅、サービスアパートメント、生活支援施設
階数:地上52階、地下3階
高さ:約225m
延床面積:約12万
事業者:日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設
コンサルタント:日本設計
工期:2031年度着工〜2034年度竣工予定

帝国ホテル等の建替え概要が判明!日比谷公園前の内幸町一丁目街区に約230mの超高層ビル3棟と高さ145mの帝国ホテルが建設されます!

(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画

(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都環境局]

 帝国ホテル等が建ち並ぶ日比谷公園の東側一帯の大規模再開発「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画」の環境影響評価書案が公開され概要が判明しました。大きく南地区、中地区、北地区の3つの地区に分かれており、それぞれの地区に高さ約230mの超高層ビルを建設する計画で総延床面積約110万屬猟饗腟模再開発となっています。

 北地区が帝国ホテルの建替えで鬼工事で地上46階、高さ約230mのノースタワー、挟工事で地上29階、高さ約145mの新本館が建設されます。両棟合わせて延床面積約42万屬嚢期は2024年度着工〜2030年竣工予定(鬼:ノースタワー)、2031年度着工〜2036年度竣工予定(鬼:新本館)となっています。

 中地区は日比谷U-1ビルやNTT日比谷ビル等がある場所で地上46階、高さ約230m、延床面積約37万屬離札鵐肇薀襯織錙爾建設されます。隣の日比谷公園とは大規模なデッキで接続する計画にもなっています。ビル本体の工期は2022年度着工〜2029年度竣工予定で、2037年度以降に全体の工事完了予定となっています。

 南地区はみずほ銀行内幸町ビル等がある場所で地上43階、高さ約230m、延床面積約31万屬離汽Ε好織錙爾建設されます。ビル本体の工期は2022年度着工〜2028年度竣工予定で、2037年度以降に全体の工事完了予定となっています。

 最終的な完成は2037年度以降になるようですが、高さ230mの超高層ビル3棟は2030年度までに建設される予定となっています。帝国ホテルの新本館が2036年度竣工予定なので完成予想図の超高層ビル群が全て完成するのは約15〜16年後となります。

▼東京都環境局:環境影響評価図書(2021年6月8日)
「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区)」環境影響評価書案
「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区)」環境影響評価書案
「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区)」環境影響評価書案
※閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。
※閲覧可能期間は令和3年6月8日から同年7月7日までです。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画 配置計画図
配置計画図[出典:東京都環境局]

 各棟の配置図です。上から北地区、中地区、南地区となっています。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画 計画地の現況図
計画地の現況図[出典:東京都環境局]

 場所は日比谷公園の東側で日比谷通りとJRの線路に挟まれた約6.5haの敷地となっています。最寄駅は内幸町駅、日比谷駅となりますが、霞ヶ関駅や銀座駅、JR新橋駅、JR有楽町駅あたりも徒歩圏に位置しています。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画

 2019年12月14日にヘリから撮影した「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画」方面です。全体を赤い枠で囲みました。かなり広大な敷地で超高層ビルも複数棟建っています。

 右側の超高層ビルが「東京ミッドタウン日比谷」(地上35階、高さ191.46m)ですがこれよりも大きな超高層ビルが3棟建ち並ぶことになります。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画

 反対側から撮影。超高層ビルもどんどん建て替えられる時代になってきました。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画

 少し広角で空撮をもう1枚。大手町から続く超高層ビル群が日比谷・内幸町まで繋がることになります。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画

 日比谷公園から見た「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画」方面です。このビル群が解体され高さ約230mの超高層ビル3棟と高さ約145mのホテルが建ち並ぶことになります。




(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区)

(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都環境局]

 「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区)」の完成予想図です。事業者は帝国ホテルと三井不動産(代表事業者)で現在、帝国ホテル本館と帝国ホテルタワー等が立地している場所で、鬼工事で地上46階、高さ約230mのノースタワー、挟工事で地上29階、高さ約145mの新本館が建設されます。両棟合わせた延床面積は約42万屬箸覆蠅泙后



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 配置計画図
配置計画図[出典:東京都環境局]

 現在の帝国ホテルタワーがある場所にノースタワー、帝国ホテル本館がある場所に新本館が計画されています。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 新本館はホテル、ノースタワーは低層部に商業施設、中層部にオフィス、そして高層部にホテルといった構成となります。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 ノースタワーのホテル部は一部セットバックしています。また低層部は高さ31mでデザインの変換点としての表情線を設ける計画となっています。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 新本館は高さ31mでセットバックし、高層階に行くにつれてさらにセットバックするデザインとなっています。ニューヨーク等ではよく見るデザインですが日本ではなかなかないデザインです。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 計画地の現況図
計画地の現況図[出典:東京都環境局]

 建設地は帝国ホテル本館、帝国ホテルタワー、駐車場棟がある場所です。



帝国ホテル

 現在の帝国ホテルです。挟工事のためまだしばらくは解体されずに残ります。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区) 全体工事工程
全体工事工程[出典:東京都環境局]

 鬼工事として2024年度から帝国ホテルタワーの解体を開始し2030年度にはノースタワーが竣工予定となっています。挟工事として2031年度から新本館を解体し新本館を建設、その後、駐車場棟を解体する計画で2036年度には工事完了する予定となっています。

■物件概要(北地区)■
事業名:(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(北地区)
所在地:東京都千代田区内幸町一丁目1番1号 他
用途:オフィス、宿泊施設、商業及び駐車場等
階数:地上46階、地下4階(鬼:ノースタワー)、地上29階、地下4階(挟:新本館)
高さ:約230m(鬼:ノースタワー)、約145m(挟:新本館)
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)、鉄骨造(地上)
区域面積:約2.4ha
延床面積:約42万
事業者:帝国ホテル、三井不動産(代表事業者)
工期:2024年度着工〜2030年度竣工予定(鬼:ノースタワー)、2031年度着工〜2036年度竣工予定(鬼:新本館)
供用開始:2037年度予定(最終共用分)
※工期には解体工事も含みます。




(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区)

(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区) 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都環境局]

 「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区)」の完成予想図です。事業者はエヌ・ティ・ティ都市開発(代表事業者)、公共建物、東京電力パワーグリッド、三井不動産で現在、日比谷U-1ビルやNTT日比谷ビル等が立地している場所で、地上46階、高さ約230m、延床面積約37万屬離札鵐肇薀襯織錙爾建設されます。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区) 配置計画図
配置計画図[出典:東京都環境局]

 日比谷公園側に超高層棟が配置されJRの線路側には広場が配置されます。また、日比谷公園とはデッキで接続される計画となっています。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 低層部に商業施設、中層部にオフィス、高層部に宿泊施設といった構成となります。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 低層部にはホールも計画されています。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区) 計画地の現況図
計画地の現況図[出典:東京都環境局]

 建設地内の大きな既存ビルは日比谷U-1ビルとNTT日比谷ビルとなりますが、他にも地区内では小さめなビルが複数棟ある場所となっています。



日比谷U-1ビル

 「日比谷U-1ビル」(地上26階、高さ109.3m、1984年竣工)です。大和生命(現 プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険)により建設されたビルで完成当時の名称は「大和生命ビル」でした。その後、日本ビルファンド投資法人に譲渡し「NBF日比谷ビル」と名称が変わり、そして2018年3月30日に三井不動産に譲渡され「日比谷U-1ビル」に名称が変更となっています。



NTT日比谷ビル

 「NTT日比谷ビル」(地上9階、1961年竣工)です。旧名称は「日比谷電電ビル」「日比谷電電総合建物」です。大手町へ移転したNTTコミュニケーションズの本社が入っていたビルです。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区) 全体工事工程
全体工事工程[出典:東京都環境局]

 2022年度から日比谷U-1ビル、NTT日比谷ビルの解体を開始し2029年度にはセントラルタワーが竣工予定となっています。その後は設備移設工事や残りの既存ビルの解体工事を予定しており全体の工事完了予定は2037年度以降が予定されています。

■物件概要(中地区)■
事業名:(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(中地区)
所在地:東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 他
用途:オフィス、宿泊施設、商業、ホール及び駐車場等
階数:地上46階、地下6階
高さ:約230m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
区域面積:約2.2ha
延床面積:約37万
事業者:エヌ・ティ・ティ都市開発(代表事業者)、公共建物、東京電力パワーグリッド、三井不動産
工期:2022年度着工〜2029年度竣工予定、2037年度以降に工事完了予定
供用開始:2037年度予定(最終共用分)
※工期には解体工事も含みます。




(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区)

(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区) 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都環境局]

 「(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区)」の完成予想図です。事業者は第一生命保険(代表事業者)、中央日本土地建物、東京センチュリー、東京電力パワーグリッドで現在、みずほ銀行内幸町ビル等が立地している場所で、地上43階、高さ約230m、延床面積約31万屬離汽Ε好織錙爾建設されます。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区) 配置計画図
配置計画図[出典:東京都環境局]

 東西に横長の敷地中央に超高層棟が配置されます。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 低層部に商業、宿泊施設、ウェルネス促進施設、中高層部がオフィスといった構成となります。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区) 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 内幸町駅に繋がる地下通路接続口からもアクセスできるようにするとなっているので、駅直結になるものと思われます。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区) 計画地の現況図
計画地の現況図[出典:東京都環境局]

 建設地内にはみずほ銀行内幸町ビルの他に東京電力ホールディングス本店もあります。



みずほ銀行内幸町本部ビル

 「みずほ銀行内幸町本部ビル」(地上32階、最高部高さ140m、1981年竣工)です。当初は旧第一勧業銀行の本店ビルとして建設されました。



東京電力ホールディングス本店

 「東京電力ホールディングス本店」(地上16階、高さ102.01m、1972年竣工)です。高さは赤白の電波塔部分を除いた部分の高さかと思います。



(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区) 全体工事工程
全体工事工程[出典:東京都環境局]

 2022年度からみずほ銀行内幸町本部ビルの解体を開始し2028年度にはサウスタワーが竣工予定となっています。その後は設備移設工事や残りの既存ビルの解体工事を予定しており全体の工事完了予定は2037年度以降が予定されています。

■物件概要(南地区)■
事業名:(仮称)内幸町一丁目街区 開発計画(南地区)
所在地:東京都千代田区内幸町一丁目1番3号 他
用途:オフィス、宿泊施設、商業、ウェルネス促進施設及び駐車場等
階数:地上43階、地下5階
高さ:約230m
構造:S造、一部SRC造
区域面積:約1.9ha
延床面積:約31万
事業者:第一生命保険(代表事業者)、中央日本土地建物、東京センチュリー、東京電力パワーグリッド
工期:2022年度着工〜2028年度竣工予定、2037年度以降に工事完了予定
供用開始:2037年度予定(最終共用分)
※工期には解体工事も含みます。

地上36階シニアレジデンス「パークウェルステイト西麻布」が着工!最上階には帝国ホテルによるレストランサービスもあります!

(仮称)パークウェルステイト西麻布計画 建物全体完成予想イメージ
建物全体完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 三井不動産レジデンシャルより、東京都港区西麻布で計画していたシニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」が2021年5月31日に着工したと発表がありました。運営は三井不動産レジデンシャルウェルネスで建物内には慶應義塾大学病院と連携したクリニックの開設し幅広い医療ニーズに対応、24時間体制で看護士が常駐、介護専用フロアでは専任ケアスタッフによるは24時間の介護サービスを受けることができます。2024年秋の開業予定です。

 規模は地上36階、地下1階、高さ124.80m、最高高さ128.43m、延床面積45,977.47屬覗躓鐚漆421室(一般居室361室、介護居室60室)、住戸面積は約39崑罅遡142崑罎梁腟模シニアレジデンスとなります。場所は六本木通りに面した西麻布四丁目で「西麻布三井ビルディング」(地上19階、高さ78.95m)の跡地です。

▼三井不動産レジデンシャル:ニュース(2021年6月7日)
三井不動産グループによる都心初・シリーズ最高峰のシニアサービスレジデンス
「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」着工
地上36階、総居室数421室  2024年秋 開業予定




パークウェルステイト西麻布 ロビーラウンジ完成予想イメージ
ロビーラウンジ完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 ラグジュアリーホテルのようなロビーラウンジの完成予想図です。



パークウェルステイト西麻布 ライブラリー完成予想イメージ
ライブラリー完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 ラグジュアリーな分譲マンションと同じようにライブラリースペースもあります。こういった設備は三井不動産レジデンシャルで培ったノウハウが活かされることになります。



パークウェルステイト西麻布 水景完成予想イメージ
水景完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 敷地内には入居者が散策できる約2,200屬離廛薀ぅ戞璽肇ーデンも設置される計画となっています。



パークウェルステイト西麻布 ティーパビリオン完成予想イメージ
ティーパビリオン完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 散策するだけではなく自然に触れながらくつろげる空間「ディーパビリオン」も配置されます。



パークウェルステイト西麻布 ダイニング完成予想イメージ
ダイニング完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 最上階には高さ約6mとなる2層吹き抜けのダイニングが配置され、帝国ホテルに委託した調理・サービスが提供される予定となっています。また「ディーパビリオン」ではブッフェ形式のコンチネンタルブレックファストや喫茶などが提供されるとのことです。



パークウェルステイト西麻布 ウェルネスプール完成予想イメージ
ウェルネスプール完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 9階はスパ・フィットネスフロアとなり医科学的根拠に基づき水温・水深・水流などが設定された特別なジェットマッサージプールも設置されます。



パークウェルステイト西麻布 大浴場完成予想イメージ
大浴場完成予想イメージ[出典:三井不動産レジデンシャル]

 プール以外にもサウナや大浴場、フィットネスルーム、トリートメントルームなど多彩な施設が備えられています。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画 計画地案内図
計画地案内図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 建設地は六本木と渋谷の中間の西麻布4丁目で六本木通りに面した場所です。最寄り駅は六本木駅、渋谷駅、広尾駅、表参道駅になりますがどの駅も徒歩10分以上かかる都心の鉄道空白地帯となっています。ただ、ここに入居できるのは億単位の資産がある人だけだと思うので、タクシーを使うなり特に不便はなないのかなと思います。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画 建設地の空撮

 2020年12月18日にヘリからの空撮です。左の赤い網掛けを下場所が「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」の建設地です。右側に六本木ヒルズが見えていますがそれなりの距離があります。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画

 4月24日に六本木ヒルズの屋上スカイデッキから撮影した渋谷方面です。中央の道路が首都高渋谷線とその両脇が六本木通りです。その六本木通りに面した写真下側が「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」の建設地です。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画

 建設地にズームです。「西麻布三井ビルディング」の跡地で敷地面積は7,018.51屬鳩觜修聞さがあります。

 敷地を隠しているマンションは「レジディア西麻布」ですが、それに隠れてでほとんど見えない部分には日鉄興和不動産によるタワーマンション「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」(地上32階、最高116.00m)が建設されます。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画

 着工の前日、5月30日に撮影した「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」の建設地です。既存ビルの「西麻布三井ビルディング」は全て解体されたように見えますが、解体工期は2024年1月31日までとなっています。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画

 路地を入った南西側から撮影。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画

 六本木通りを渡って首都高渋谷線の高架越しに撮影。高架下に見える仮囲いが建設地です。また、黄色のタクシーの右側の高架下にも仮囲いがチラッと見えていますが、そこが「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」の建設地となります。

 数年後にはこの景色に地上36階、高さ124.80mのシニアレジデンスと、地上32階、最高高さ116.00mのタワーマンションが建ち並ぶことになります。



(仮称)パークウェルステイト西麻布計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)パークウェルステイト西麻布計画
計画名称:(仮称)港区西麻布四丁目計画
所在地:東京都港区西麻布四丁目168-1番地14筆
用途:有料老人ホーム
総戸数:421室(一般居室361室、介護居室60室)
階数:地上36階、地下1階
高さ:124.80m(最高高さ128.43m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,018.51
建築面積:2,894.96
延床面積:45,977.47
建築主:三井不動産レジデンシャル シニアレジデンス事業部
設計者:大林組 一級建築士事務所
施工者:大林組 東京本店
工期:2021年5月31日着工〜2024年6月30日竣工予定
開業:2024年秋予定

外観デザイン:日建ハウジングシステム、ミサワアソシエイツ一級建築士事務所
外構デザイン:SWA Group
照明デザイン:シリウスライティングオフィス
インテリアデザイン:日建スペースデザイン
介護・看護パートナー:東京海上日動ベターライフサービス
医療連携:医療法人社団慶永会

西麻布に日鉄興和不動産のタワマン!地上32階、最高高さ116m「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」の建設地の様子(2021.5.30)

(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 西麻布に日鉄興和不動産による新規のタワーマンション計画が出ました。名称は「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」で規模は地上32階、高さ108.09m(最高116.00m)、敷地面積1,671.33屬紡个靴瞳築面積625.00屐延床面積19,150屬2021年10月1日着工、2024年2月末日竣工予定となっています。施工者は未定ですが設計者の戸田建設が施工を行うものと思われます。

 場所は六本木と渋谷を結ぶ六本木通り(首都高渋谷線)沿いで、六本木と渋谷のちょうど中間あたりの「西麻布六本木通ビル(旧西麻布28森ビル)」跡地です。この辺りはどの駅からも距離がある都心の駅空白地帯で、最寄り駅は六本木駅、渋谷駅、広尾駅、表参道駅になると思いますがどの駅も徒歩10分以上の位置となっています。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 2016年10月15日に別角度から撮影。「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」の計画地に赤い網掛けをしました。大きい方のビルが「西麻布六本木通ビル(旧西麻布28森ビル)」(地上13階、高さ45.9m)でその隣の「西麻布石橋ビル」(地上6階、高さ24.3m)も計画地に含まれており現地では解体工事が行われています。

 その右側の「西麻布三井ビルディング」(地上19階、高さ78.95m)も解体され跡地には三井不動産レジデンシャルによるシニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」(地上36階、最高高さ128.43m)が建設されます。つまり西麻布にタワーマンション2棟が建ち並ぶことになります。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 2021年4月24日に六本木ヒルズのスカイデッキから見た渋谷方面です。中央の道路が首都高渋谷線でその両脇が六本木通りです。この写真下側の六本木通りの左側が「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」の建設地です。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 ただ手前には「レジディア西麻布」があり敷地は赤い網掛けをしたほんの一部しか見えません。その背後に見える建設現場は「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」の建設地です。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 5月30日に現地から撮影した「(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画」の建設地です。隣には首都高があるので道路を渡った側からは撮影できず歩道からしか撮れません。これは六本木側からの撮影です。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 しかも周辺は細い路地しかないので撮影場所が少ないです。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 仮囲いの中です。一部既存ビルの構造物が残っていますが地上部の解体はほぼ終わっているようでした。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 渋谷側から撮影。建築面積は625屬靴ないので細身のタワーマンションとなりそうです。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画

 カラーコーンの中には入らず無理やり中を撮影。手前は地下まで掘っているようでした。2021年9月30日までの工期で戸田建設が解体工事を行っています。



(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。分譲なのか賃貸なのかもわかりませんが、分譲ならば日鉄興和不動産なので「グランリビオ西麻布タワー」とかそんな感じの名称になるんですかね。情報待ちです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)西麻布六本木通りビル建替計画
所在地:東京都港区西麻布4丁目168-6他
用途:共同住宅
階数:地上32階、地下1階
高さ:108.09m(最高高さ116.00m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:1,671.33
建築面積:625
延床面積:19,150
建築主:日鉄興和不動産
設計者:戸田建設
施工者:未定
工期:2021年10月1日着工〜2024年2月末日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク