超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(上海編)

人民広場から上海を眺める


Golden Bell Plaza

 今日で一旦上海シリーズは終わりにします。今後は不定期に上海を載せて行きます。上海シリーズファンの方もそうでない方もクリックよろしくお願いします!→ここをクリック(ブログランキング)

 今回は人民広場からの景色です。中央の青っぽく見えるビルが地上45階、高さ200mの上海金鐘広場(Golden Bell Plaza)です。その隣のビルも含めて中国っぽいデザインのビル群となっています。

JWマリオット上海

 これは今回の上海遠征で宿泊したJWマリオット上海が入る地上60階、高さ284.6mのTommorow Squareです。手前の巨大の屋根の建物は上海大劇院という大劇場です。

人民広場から上海の超高層ビル群

 人民広場の北東側の超高層ビル群です。このビル群を超えて行くと外灘方面に出ます。上海は浦東新区(ジンマオタワーや上海ヒルズがあるところ)の超高層ビル群が有名ですが、これくらいの高さのビル群、マンション群はあちこちにあります。
 上海はコピー商品があちこちで売られ、交通ルールもないに等しい状態で、働いている人も携帯で話しながら適当にやったり、私語で盛り上がっているといった状況でした。このような状況が改善され(一部の道路では交通整理員のような人がいて、信号無視を注意するなど交通ルールの向上を図っていました)、中国の成長が今後も続けば日本は負けるなと感じました。頑張れにっぽん!

上海の夜景


上海の夜景

 上海は飽きた、飽きてない両方の意見がありましたが、上海シリーズは明日で一旦終わりにしようと思います。良い上海写真が発掘出来たら、そのときは載せようと思います。そんな方針ですがクリックよろしくお願いします!→ここをクリック(ブログランキング)

 東方明珠ラジオテレビ放送タワーから見た外灘(ワイタン、バンド)の夜景です。手持ちで撮っているので手ブレしてしまっています。。。これではわかりづらいと思いますが、派手なライトアップのビルが多かったです。

上海の夜景

 上の写真の右の方です。左の青いビルが結構目立っていました。また黄浦江の観光遊覧船も派手なライトアップした船ばかりでした。また上空を宣伝用の飛行船も飛んだり、でっかいモニターを積んだ宣伝用船が通っていたりとにかく賑やかでした。

上海の超高層マンションの夜景

 初日にJWマリオット上海から撮った上海の超高層マンション群の夜景です。夜は悪天のみで夜景はほとんど撮れませんでした。
 この夜景や深夜の夜景を見ていて何か物足りないと感じたのですが、それは航空障害灯でした。赤く点滅する航空障害灯があることで日本の夜景は深夜でも普通に見ていてキレイです。上海は深夜になると派手なネオンも消えてかなり寂しかったです。特にこういったタワーマンション群は、窓明かりもほとんどなくなり寂しい限りでした。航空障害灯は邪魔だと批判する人もいますが、赤く光る点はシンプルなネオンにも見えていいものです。

浦東新区の超高層ビル群


浦東新区の超高層ビル群

 上海ばっかり飽きてないですか?飽きてたら言って下さい。そんな本日もクリックよろしくお願いします!→ここをクリック(ブログランキング)

 東方明珠電視塔の高さ350mの展望台から見た浦東新区です。ここの区は1992年に新設された区で上海の新都心となっています。上海浦東国際空港や上海リニアも同区になります。
 この超高層ビル群がある地区は浦西地区と呼ばれており、近代的な200m前後の超高層ビルがいくつもあり、そしてあちこちで超高層ビルの建設工事が行われていました。超高層ビルを建てれそうな土地はまだまだあったので今後も発展して行くことでしょう。ジンマオタワーや上海環球金融中心もこの地区です。

浦東新区の超高層ビル群

 ジンマオタワーの88階にある展望室から見た浦東新区の超高層ビル群です。中央手前は陸家嘴中心緑地で、この公園に沿って超高層ビルが建つ姿はキレイでした。この地区はしっかり計画して超高層ビルを建てているような感じがしたので、今後もキレイな迫力あるビル群が形成されていくと思います。
 それにしても天気のいい日にこの景色を見たかったです。6月の上海って天気が悪いみたいです。ツアー料金がA(安い)〜Q(高い)まであって、Cだったんですよね。申し込んでから天気が悪いので安いことがわかったのですが…

JWマリオット上海からの眺めと室内


JWマリオット上海の38階ロビーから眺め

 ようやくDSをゲット!でもソフトがまだありません…。そんな本日もクリックよろしくお願いします!→ここをクリック(ブログランキング)

 上海遠征で宿泊したJWマリオット上海の38階ロビーからの眺めです。これを見てわかるようにあちこちに超高層ビル、超高層マンションが建っていました。また、超高層がないところには低層の団地のような住宅街が多かったです。日本のように10階程度の雑居ビルが建ち並ぶ光景はあまりなかったような気がします。

JWマリオット上海の38階ロビーから眺め

 中央の後ろに見える背の高いビルが、香港新世界大厦(Hong Kong New World Towers)で地上61階、高さ278mです。さすがにこれより高いビルはあまりありませんが、200m程度までのビルならあちこちに建っていました。100m程度だと奥にずらっと見えているようにビルやマンションが数え切れないくらいありました。

JWマリオット上海の客室内

 JWマリオット上海の客室内です。今回の上海旅行は父親と二人で行きました。ルックJTBのフリープランのツアー(航空券とホテルのみ)で行ったのですが、街を歩いていて気になったところへ行くことも、展望台等でじっくり写真を撮ることも出来て良かったです。また、出口とか入口の案内板等は漢字なので、日本と同じような感覚で困ることはなかったです。レストランでご飯を頼むときが大変だったくらいです。

JWマリオット上海のバスルーム

 JWマリオット上海のバスルームです。なかなか立派でした。左の鏡に映っているガラスはシャワールームで、ガラスで囲まれていました。このガラスの繋ぎ目からは水が漏れていました…。ちなみに中国の水道水は飲むことが出来ません。毎日500mmの飲料水が用意されていました。
 JWマリオット上海は地下鉄の人民広場駅にも近くてなかなか良いホテルでした。この地図で明天広場JW万豪酒店と書いてあるところがJWマリオット上海です。機会があったら是非泊まってみて下さい。ツアーじゃないと高いと思いますが…ちなみにアイスコーヒーは60元(日本円で約960円)でした。

外灘から浦東を見る


ワイタンから見たプードン

 第二事業部でも上海を載せているので良かったら見て下さい。今日のコメントは宣伝でしたがクリックよろしくお願いします!→ここをクリック(ブログランキング)

 外灘(ワイタン、バンド)から見た浦東(プードン)です。濁っている川は黄浦江で、川沿いに遊歩道が整備されているのでそこから浦東新区の超高層ビル群を見ることが出来ます。
 左のタワーが東方明珠塔で高さ467.9mです。丸い球体部分が展望室になっており、90m、263m、350mの3箇所に展望室があります。中央の背の高いビルが地上101階、高さ491.9mになる上海環球金融中心(上海ヒルズ)と、地上88階、高さ420.5mのジンマオタワー(金茂大厦)です。200m超えのビルも多数ありますが、400m超えが3棟もあるので低く見えてしまいます。

ワイタンから見たプードンの夜景

 外灘から見た浦東新区の夜景です。上海で一番有名な夜景スポットで、日曜と平日に行ってみたのですが、どちらも人だらけでした。この写真では伝わらないと思いますが、東方明珠タワーは色がいろいろと変わって派手なライトアップでキレイでした。右側のAURORAと書いてあるビルは、壁がスクリーンになっておりここもキレイでした。日本でもどこかでこうしたライトアップをして欲しいです。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク