超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

超高層ビル日記(大阪編)

シエリアタワー大阪天満橋の建設状況!地上30階建ての分譲タワマンで最上階まで到達しています(2021.12.20)

シエリアタワー大阪天満橋

 関電不動産開発による分譲のタワーマンション「シエリアタワー大阪天満橋」(地上30階、最高高さ100.590m)です。撮影した2021年12月20日時点で最上階の30階まで達していました。



シエリアタワー大阪天満橋 位置図
位置図[出典:公式HP]

 建設地は大川に架かる天満橋の北側に渡ったところで、最寄駅は大阪メトロ谷町線「天満橋」駅徒歩4分、京阪本線・中之島線「天満橋」駅徒歩4分、JR東西線「大阪天満宮」駅徒歩11分、大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町」駅徒歩14分となっています。南東側にある大阪城公園も近い立地です。



シエリアタワー大阪天満橋

 天満橋を渡ったところから撮影。総戸数は172戸で現時点で32戸が先着順で販売中となっています。間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は38.71屐134.44屐販売価格は3470万円〜2億3350万円となっています。2億円超えの部屋は最上階のプレミアフロアの南東角部屋です。



シエリアタワー大阪天満橋

 左の低層の建物が川側にある既存ビルです。川沿いの敷地ではありませんが高層階ならばリバーフロントを楽しめる眺望が広がります。



シエリアタワー大阪天満橋

 北東側から撮影。



シエリアタワー大阪天満橋

 目の前を通る天満橋筋を渡った北西側から撮影。西向きの高層階ならば中之島や梅田の超高層ビル群が望める場所となっています。



シエリアタワー大阪天満橋 エントランスアプローチ完成予想図
エントランスアプローチ完成予想図[出典:公式HP]

 敷地南側に設けられるエントランスアプローチの完成予想図です。



シエリアタワー大阪天満橋 公開空地及び外観完成予想図
公開空地及び外観完成予想図[出典:公式HP]

 その南側の公開空地には「彩葉の庭」が整備されます。



シエリアタワー大阪天満橋 エントランスホール完成予想図
エントランスホール完成予想図[出典:公式HP]

 天井高約3.5mのエントランスホールの完成予想図です。



シエリアタワー大阪天満橋 ラウンジ完成予想図
ラウンジ完成予想図[出典:公式HP]

 クラッシュガラスで仕切られた場所にはラウンジが設けられます。大阪城の石垣を模した重厚な壁となっています。



シエリアタワー大阪天満橋 スカイテラス完成予想図
スカイテラス完成予想図[出典:公式HP]

 高さ約100mの屋上には共用施設としてスカイテラスが設置されます。



シエリアタワー大阪天満橋 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:シエリアタワー大阪天満橋
計画名:(仮称)北区天満一丁目計画
所在地:大阪府大阪市北区天満1丁目2番(地番)
用途:共同住宅(分譲)
総戸数:172戸
階数:地上30階、地下1階
高さ:99.990m(最高高さ100.590m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造、制震構造
敷地面積:1,375.21
建築面積:733.94
延床面積:18,441.63
建築主:関電不動産開発
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2020年3月2日着工〜2022年7月竣工予定
入居:2022年8月予定

センタラグランドホテル大阪の建設状況!なんばパークス裏側のセンタラ・ホテル&リゾート(タイ)による34階建てホテルです(2021.12.21)

センタラグランドホテル大阪

 難波で建設中の超高層ホテル「センタラグランドホテル大阪」(地上34階、高さ141.56m)です。同ホテルの土地はニッピが所有しており南海電気鉄道との間で一般定期借地権設定契約を締結し、南海電気鉄道がCentara Osaka特定目的会社に転貸することによって開発が行われています。Centara Osaka特定目的会社はセンタラ・ホテル&リゾート、大成建設、関電不動産開発の3社が出資者間協定を締結して設立しています。

 「センタラ・ホテル&リゾート」は日本初進出のタイの高級ホテルで、総客室数は515室でフィットネスセンター、レストラン、宴会施設、タイと日本の文化を融合したロビー、最上階には会議・イベントスペース、ラウンジ、屋上レストラン・スカイバーといった施設が入ります。2023年半ばの開業を予定しています。



センタラグランドホテル大阪

 これは2014年1月11日の空撮ですが「なんばパークス」の南側にあった駐車場の矢印あたりが建設地です。同駐車場では「センタラグランドホテル大阪」の他に地上14階、高さ58.35mのオフィスビルと地上9階、高さ35.93mのホテル「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」が建設中です。



センタラグランドホテル大阪

 「センタラグランドホテル大阪」の低層部です。



センタラグランドホテル大阪

 一部ではガラスの取り付けが始まっていました。



センタラグランドホテル大阪

 「なんばパークス」とは反対側から撮影。左が上述したオフィスビルで手前が「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」の建設地です。



センタラグランドホテル大阪

 「なんばパークス」の裏にあるヤマダ電機前のデッキから撮影。



センタラグランドホテル大阪

 このデッキとは接続されるため南海鉄道「難波」駅や御堂筋線「難波」駅などまで繋がることになります。



センタラグランドホテル大阪

 「なんばパークス」から見た「センタラグランドホテル大阪」です。



センタラグランドホテル大阪

 ペデストリアンデッキと繋がる低層部です。



(仮称)難波中二丁目開発計画のうちB敷地計画

 隣で建設中のオフィスビルもペデストリアンデッキと接続されます。



センタラグランドホテル大阪

 パークスガーデンから見た「センタラグランドホテル大阪」です。



センタラグランドホテル大阪

 客室からはこのパークスガーデンを借景できるロケーションです。



センタラグランドホテル大阪

 難波駅方面に繋がるペデストリアンデッキからも見えるようになっています。



センタラグランドホテル大阪 イメージパース
イメージパース[出典:南海電気鉄道]

 「センタラグランドホテル大阪」の完成予想図です。色が付いているビルで手前の低いのが「(仮称)ホテル京阪 なんば グランデ」でその左がオフィスビルです。



センタラグランドホテル大阪 イメージパース
イメージパース[出典:関電不動産開発]

 「センタラグランドホテル大阪」の最上部にはオープンテラスもありそうです。



センタラグランドホテル大阪 イメージパース
イメージパース[出典:南海電気鉄道]

 ヤマダ電機前のデッキから見た完成予想図です。



センタラグランドホテル大阪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:センタラグランドホテル大阪
計画名:(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画
所在地:大阪府大阪市浪速区難波中二丁目20番2、21番1
用途:ホテル、店舗
総客室数:515室
階数:地上34階、塔屋1階
高さ:141.56m
構造:鉄骨造一部CFT造
敷地面積:4,404.72
建築面積:3,600.83
延床面積:39,123.38
建築主:Centara Osaka特定目的会社(センタラ・ホテル&リゾート、大成建設、関電不動産開発)
設計者:大成建設 一級建築士事務所
施工者:大成建設 関西支社
工期:2020年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定
開業:2023年半ば予定

大阪駅西高架エリア開発の建設状況!大阪駅の西側に23階建て新駅ビルや新改札口が誕生します(2021.12.20)

大阪駅西高架エリア開発 外観イメージ
外観イメージ[出典:JR西日本]

 JR大阪駅の西側で建設中の「大阪駅西高架エリア開発」(地上23階、高さ121.6m)の完成予想図です。左に描かれているビルは大阪駅の駅ビル「ノースゲートビルディング」(地上29階、最高高さ150m)でここも大阪駅の駅ビルとなります。

 規模は地上23階、塔屋1階、地下1階、高さ121.6m、敷地面積19,859.86(全体)に対して建築面積3,2690.46屐延床面積60,207.30屬如建築主は西日本旅客鉄道(JR西日本)、大阪ターミナルビル、設計者は西日本旅客鉄道、施工者は大林組(代表者)です。

 同地区は2021年春に着工しており、2023年春に「うめきた(大阪)地下」駅開業、新改札口暫定供用開始、2024年夏に新改札口供用開始、2024年秋に新駅ビル開業、そして2027年春までに順次、高架下商業ゾーン・バスターミナルの開業予定となっています。



大阪駅西高架エリア開発 フロア構成
フロア構成[出典:JR西日本]

 フロア構成は1階が駅コンコース等、2階が通路・広場等、3階〜5階が商業ゾーン、6階がオフィスロビー、設備室等を挟んで9階〜22階が賃貸面積は約23,000屬離フィスフロアとなります。



大阪駅西高架エリア開発 周辺鳥瞰図
周辺鳥瞰図[出典:JR西日本]

 「大阪駅西高架エリア開発」の場所は大阪駅の西端で「新駅ビル開発」以外にも「新改札口整備」と「高架下開発」が行われます。

 左端に描かれている2023年春開業予定の「うめきた(大阪)地下」駅とは改札内連絡通路で大阪駅と結ばれます。



大阪駅西高架エリア開発 1階・平面イメージ
1階・平面イメージ[出典:JR西日本]

 高架下開発は延床面積約7,000屬1階部分には新たな改札口と店舗面積約3,000屬両Χ肇勝璽鵑肇丱好拭璽潺淵襪整備されます。



大阪駅西高架エリア開発 2階・ホーム階平面イメージ
2階・ホーム階平面イメージ[出典:JR西日本]

 駅のホームは2階部分でホームの端と新設されるエスカレーターとエレベーターで新改札口に繋がります。



大阪駅西高架エリア開発 位置図
位置図[出典:JR西日本]

 場所は大阪駅の西側で超大規模再開発「(仮称)うめきた2期地区開発事業」と大阪中央郵便局跡地の「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)に挟まれています。



大阪駅西高架エリア開発

 2021年12月20日に「梅田スカイビル」から撮影した「大阪駅西高架エリア開発」です。線路沿いの細長い敷地が建設地でかなり薄い板状の超高層ビルになることがわかります。



大阪駅西高架エリア開発

 線路を挟んだ背後では「梅田3丁目計画(仮称)」(地上40階、高さ188m)が建設中です。



大阪駅西高架エリア開発

 手前では「(仮称)うめきた2期地区開発事業」の超大規模再開発が行われています。



大阪駅西高架エリア開発

 「グランフロント大阪」から撮影。



大阪駅西高架エリア開発

 大阪駅周辺の超高層ビル密度がさらに濃くなります。



大阪駅西高架エリア開発

 「ノースゲートビルディング」のデッキから撮影。線路の右側が建設地ですが奥行きが全然ない敷地ということがわかります。



大阪駅西高架エリア開発

 地上から撮影。



大阪駅西高架エリア開発

 大阪駅の屋根と一緒に撮影。うめきた2期など周辺の再開発が終わるとこの辺りは全然別な街に進化していそうです。



大阪駅西高架エリア開発 配置図

 建築計画のお知らせに掲載されている配置図です。



大阪駅西高架エリア開発 立面図

 立面図です。左側は線路がある側となります。



大阪駅西高架エリア開発 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:大阪駅西高架エリア開発
所在地:大阪府大阪市大深町19番10の一部
用途:駅施設、事務所、物販手の、飲食店舗
階数:地上23階、塔屋1階、地下1階
高さ:121.6m
敷地面積:19,859.86(全体)
建築面積:3,690.46
延床面積:60,207.30
構造:S造 一部SRC造
建築主:西日本旅客鉄道、大阪ターミナルビル
設計者:西日本旅客鉄道
施工者:大阪駅西北ビル外新築工事特定建設工事共同企業体(代表者:大林組)
工期:2021年2月末日着工〜2024年6月末日竣工予定

アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉の建設状況!梅田徒歩圏の34階建てアパホテルで2022年12月開業予定です(2021.12.20)

アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉

 梅田徒歩圏で建設中の超高層ホテル「アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉」(地上34階、高さ122.65m)です。総客室数は西日本最大客室数となる1704室で、館内設備として、最上階に展望レストランや展望プール、大浴殿・露天風呂、大型レストラン・カフェ・コンビニ、エステ・フィットネス施設等が設けられるアーバンリゾートホテルとなります。開業予定は2022年12月です。

 右奥にチラッと見えているタワーマンションは数日前のブログに載せた「梅田ガーデン」(地上56階、高さ192.075m)です。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉

 場所は大阪駅の南東側の新御堂筋沿いで、大阪メトロ谷町線「東梅田駅」から徒歩2分、JR東西線「北新地駅」から徒歩4分、JR東海道本線・大阪環状線「大阪駅」から徒歩6分に位置しています。御堂筋線「梅田」駅なども徒歩圏です。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉

 レストランは1階、3階、34階、露天風呂付き大浴殿は4階、屋外プールは34階に配置されます。その他に3階にはショップ、4階にはコンビニエンスストア、リラクゼーションコーナー、フィットネスコーナーが配置されます。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉

 アーケード街のお初天神通り商店街もすぐ近くです。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉

 梅田阪急ビルのスカイロビーから見た「アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉」方面です。右側の大きな通りが御堂筋です。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉

 「アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉」にズームです。足元に見えている高架が新御堂筋です。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 完成予想図
完成予想図[出典:アパホテル]

 「アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉」の完成予想図です。総客室数は1704室ということですが、見た感じからして外側の部屋だけでは足りなさそうなので、建物中央に景色のない部屋もあるかと思います。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。総客室数1704室に対して総定員数は3423名となっているのでセミダブルかダブルベッドの部屋になりそうです。



アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉
事業名:(仮称)アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉 新築工事
所在地:大阪府大阪市北区曽根崎2丁目1番地(地名地番)
用途:ホテル
総客室数:1704室
階数:地上34階
高さ:122.65m
構造:鉄骨造
敷地面積:3,127.33
建築面積:1,622.48
延床面積:35,602.36
建築主:アパホーム
設計者:IAO竹田設計
施工者:熊谷組
工期:2020年8月下旬着工〜2022年12月中旬竣工予定

梅田ガーデンの建設状況!住友不動産による56階建ての分譲とラ・トゥールブランドの賃貸タワマンです(2021.12.20)

梅田ガーデン

 大阪・梅田のすぐ近くで建設中の住友不動産のタワーマンション「梅田ガーデン」(地上56階、高さ192.075m)です。設計者と施工者は大林組で2022年3月下旬竣工予定で、低層部以外の外観は既に完成しています。



梅田ガーデン

 フロア構成は1階に商業施設、4〜8階にホテルヴィラフォンテーヌ、9〜39階が総戸数584戸の分譲マンション「梅田ガーデンレジデンス」、40〜56階が総戸数134戸の賃貸マンション「ラ・トゥール大阪梅田」となります。ホテルや分譲マンション、賃貸マンションも含めた施設名が「梅田ガーデン」です。

 公式HPを見ると「梅田ガーデンレジデンス」は第1期の6戸先着順受付中で1LDK〜3LDK(58.19屐79.74屐砲良屋が1億1000万円〜1億7000万円となっています。そして「ラ・トゥール大阪梅田」は1LDK〜3LDK(100.15屐183.19屐砲9戸が募集中で家賃は75万円〜135万円となっています。



梅田ガーデン

 梅田阪急ビルのスカイロビーから見た「梅田ガーデン」です。住友不動産のシティタワーシリーズでよく見るデザイン系統となっています。



梅田ガーデン

 地上から同じ方向を撮影。梅田の地下街はまだ慣れていないのでできるだけ地上に出て移動していますが、地下街のホワイティうめだの出入口から徒歩1分の場所に位置しています。

 地下街を経由すれば御堂筋線「梅田」駅や谷町線「東梅田」駅、JR「大阪」駅、阪神「大阪梅田」駅、阪急「大阪梅田」駅、四ツ橋線「西梅田」駅などにアクセス可能となっています。



梅田ガーデン

 近くから見上げて撮影。



梅田ガーデン

 そこから仮囲いの中を見ると外構の工事中でした。もうすぐ竣工ということがわかります。



梅田ガーデンレジデンス 公開空地完成予想図
公開空地完成予想図[出典:公式HP]

 同じ場所の完成予想図です。隣接したお初天神商店街と一連となった公開空地となります。



梅田ガーデンレジデンス 敷地配置概念図
敷地配置概念図[出典:公式HP]

 左側の公道となっている場所にお初天神商店街のアーケードがあります。南側は細い路地ですが歩道状の公開空地が整備されるので歩きやすくなりそうです。



梅田ガーデンレジデンス エントランスホール完成予想図
エントランスホール完成予想図[出典:公式HP]

 「梅田ガーデンレジデンス」のエントランスホールの完成予想図です。


梅田ガーデンレジデンス スカイラウンジ完成予想図
スカイラウンジ完成予想図[出典:公式HP]

 32階には共用施設のスカイラウンジがあります。他にも3階にフィットネスルーム、9階にテレワークラウンジ、パーティルームが用意されています。



梅田ガーデンレジデンス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:梅田ガーデン
分譲マンション名:梅田ガーデンレジデンス(9〜39階)
賃貸マンション名:ラ・トゥール大阪梅田(40〜56階)
仮称:(仮称)大阪梅田計画
計画名:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地:大阪府大阪市北区曽根崎2丁目73-2
用途:共同住宅、ホテル、店舗・貸会議室(文化交流施設)、大阪市管理施設
総戸数:718戸(梅田ガーデンレジデンス:584戸、ラ・トゥール大阪梅田:134戸)
総客室数:202室(4〜8階)
階数:地上56階、塔屋2階、地下1階
高さ:192.075m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
敷地面積:6,837.63
建築面積:5,072.18
延床面積:108,473.70
事業者:住友不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2018年7月2日着工〜2022年3月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク