超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(神奈川編)

高さ約150m「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者が三菱地所等5社に決定!高層部は賃貸レジデンスに!

関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:三菱地所]

 三菱地所を代表企業とした、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産の5社で構成される共同企業体は、2020年6月30日に関内駅前港町地区市街地再開発準備組合から「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の事業協力者優先交渉権者に選定され、2020年10月1日に準備組合と事業協力に関する基本協定書を締結し、事業協力者として参画することが決定したことが発表されました。

 関内駅前では2つの大規模再開発が計画されており、この完成予想図の左側の棟が「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」で規模は地上31階、地下1階、高さ約150m、延床面積約8万8500屬之弉茲気譴討い泙后1βΔ両し薄く描かれている棟は「横浜市現市庁舎街区活用事業」で地上34階、地下1階、最高高さ約180m、延床面積約131,000屬之弉茲気譴討い泙后1γ爾防舛れている横浜スタジアムと関内駅の間に2棟の超高層ビルが建設されることになります。

 今後の目標スケジュールは2020〜2022年度に都市計画協議、事業計画案検討などを行い、2023年度の都市計画決定を経て2024年度に組合設立認可、そして2025年度に権利変換計画認可、建物解体・着工し、2029年度に竣工予定となっています。

 ところで左側にはさらに薄く高さ80〜100mくらいの箱が描かれているので、ここでも再開発が計画されているようです。全ての再開発が終わると関内駅前は大きく変わることになります。

▼三菱地所:ニュースリリース(2020年10月1日)
関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 
事業協力に関する基本協定書を締結




関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 施設概要図
施設概要図[出典:三菱地所]

 「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」のフロア構成は低層部に商業施設「くすのきテラス」や横浜にまつわる食材等のミュージアム、ナイトクラブ、グローバルシェアキャンパス、ベンチャー企業成長支援施設が配置され、中層部はグルーバルビジネス拠点となり、そして高層部は最高級グレード賃貸レジデンスとなります。その住宅部とオフィス部の境目には展望フロアとなるスカイラウンジも設置されます。このスカイラウンジは観光・集客のカテゴリーに入っているので一般の人も行ける場所となりそうです。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業 再開発エリア
再開発エリア[出典:三菱地所]

 場所は関内駅の北側(海側)で旧横浜市庁舎があった場所の隣の街区です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 2020年10月4日に現地で撮影してきた「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」(地上31階、高さ約150m)の計画地です。これは関内駅前から見た様子です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 そこから海側に移動して撮影。左奥に少しだけ見えているのが旧横浜市庁舎で「横浜市現市庁舎街区活用事業」(地上34階、最高高さ約180m)の建設地です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その旧横浜市庁舎側から見た計画地方面です。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 旧横浜市庁舎側から線路側に移動した場所から見た様子です。どのビルも普通に稼働しているので再開発が行われる雰囲気は全くありません。



横浜市現市庁舎街区活用事業

 ちなみに旧横浜市庁舎は仮囲いが設置され再開発が行われる雰囲気が出てきていました。ちなみにこちら棟は保存活用したホテルとなるので解体はされません。この裏側の棟が解体されます。



横浜ランドマークタワーからの眺め

 場所は変わって同じ日に撮影した「横浜ランドマークタワー」の展望台からの眺めです。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その中で「横浜スタジアム」がある方向にズームです。



関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業

 その中でこの辺りが「関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業」の建設地となります。横浜スタジアムと超高層ビルが並ぶのでそれなりに目立つ場所となりそうです。

■物件概要■
事業名:関内駅前港町地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横浜市中区港町2ほか
用途:事務所、教育施設、商業施設、賃貸住宅、展望施設
階数:地上31階、地下1階
高さ:約150m
敷地面積:約7,500
建築面積:約5,500
延床面積:約8万8500
事業主:関内駅前港町地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所(代表)、スターツコーポレーション、フジタ、ケン・コーポレーション、東急不動産
工期:2025年度着工〜2029年度竣工予定

横浜みなとみらいのロープウェイの建設状況!既に支柱が完成!ザ・タワー 横浜北仲から撮影(2020.7.23)

みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 横浜みなとみらいで建設中のロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」の完成時の景観イメージです。右上の位置△らの景観と書いてありますが、次の図を参考に見てください。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
事業概要[出典:横浜市]

 JR桜木町駅前の「桜木町駅前停留所」からワールドポーターズ前の「運河パーク停留所」まで結ぶ約630mのロープウェイで汽車道の南側を通るルートとなっています。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 JR桜木町駅前の「桜木町駅前停留所」の完成予想図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 支柱は地上2基、海上3基の合計5基で最大高さはおよそ40mとなっています。そこに8人乗りゴンドラが36基で運行される予定となっています。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
景観イメージ[出典:横浜市]

 ワールドポーターズ前の「運河パーク停留所」の完成予想図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 これは2020年7月23日に「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)にお邪魔したときに撮影した、屋上スカイテラスから見た建設中の「YOKOHAMA AIR CABIN」の支柱です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 みなとみらいにロープウェイって本気なの?と半信半疑に思っていましたがもう支柱が出来上がっていました。海上の支柱の真ん中で段を数えた感じからしてこれが一番高い支柱かと思います。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 右上のワールドポーターズの目の前の建設現場が「運河パーク停留所」となります。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 その「運河パーク停留所」にズームです。着々と工事が進んでいるようでした。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 少し下がって「ザ・タワー 横浜北仲」の25階にあるビューラウンジから見た「運河パーク停留所」です。ロープウェイに載るときはパスモやスイカでサクッと乗れるようになるんですかね?価格や運用方法がどうなるのか気になるところです。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 8人乗りゴンドラということなので、左に乗るのか右に乗るのかで大きく眺めは変わりそうですね。楽しいのは汽車道を見下ろす側となりそうです。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 支柱の隣に船が係留されていますが支柱の点検や整備をするときは毎回船移動なんでしょうね。維持費もそこそこかかりそうですね。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 さらに下がって5階にあるパーティルームからの眺めです。5階まで来ると支柱は見上げる高さとなります。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 世の中、色々な再開発がありますがみなとみらいにロープウェイは全く予想できなかった未来図です。



みなとみらいのロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

 桜木町駅側の海上支柱です。手前の駐車場では住友不動産による再開発「北仲通北地区(A地区)再開発計画」(地上41階、最高高さ約162m)が計画されており、タワーマンションなどが建設されますが、ゴンドラと同じ高さの部屋だと落ち着かないでしょうね〜。

 もしこの都市型ロープウェイが成功したら全国各地で同じようなロープウェイが出現するのかもしれないですね。失敗すると支柱や土台だけ残る負の遺産となりそうですがここはどうなるんでしょうね?開業予定は2020年度末です。

地上50階、高さ180mツインタワーマンション「日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の建設地の様子(2020.06.27)

学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 2019年1月にセスナから撮影した武蔵小杉のタワーマンション群です。数日前に載せた「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(Kosugi 3rd Avenue The Residence)」(地上38階、最高高さ142m)で武蔵小杉のタワーマンション建設ラッシュは一旦途切れますが、次は赤い網掛けをした場所で「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」が始まります。

 同再開発は隣へ移転する「日本医科大学 武蔵小杉病院」跡地の再開発で地上50階、高さ約180m、延べ17万4000屐¬1500戸のツインタワーのタワーマンションが建設されます。事業者は三菱地所レジデンスと大成建設が予定されています。

 写真中央あたりのツインタワーは「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズ」(地上53階、高さ178.90m)で、これと同じくらいのツインタワーが2026年2月28日竣工予定で建設されます。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
土地計画図[出典:川崎市]

 約5年前に公開された環境影響評価方法書に掲載されていた配置図です。図の上のB地区が「日本医科大学 武蔵小杉病院」の移転先で、C地区が現在の「日本医科大学 武蔵小杉病院」がある場所です。移転が完了すると病院は解体され南北に並ぶツインタワーマンションが建設されます。

 武蔵小杉駅は図の右下の方で駅前立地ではありませんが徒歩数分の距離です。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画
断面図[出典:川崎市]

 断面図です。健康増進施設はスポーツクラブのことでしょうか?計画が変わっていなければ店舗等も入る建物となります。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画

 2020年6月27日に撮影した「学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画」の計画地です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 「日本医科大学 武蔵小杉病院」は移転前のため解体等はまだ始まっていません。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 こちらが病棟でしょうか?軽くググってみてもよくわかりませんでした(^^;)



日本医科大学 武蔵小杉病院

 武蔵小杉駅からは遠い側から撮影。右奥に見えているタワーマンションが「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」(地上38階、最高高さ142m)です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 隣で建設中の「日本医科大学 武蔵小杉病院」の移転先です。



日本医科大学 武蔵小杉病院

 2021年7月末竣工、グランドオープンは2021年秋の予定です。



日本医科大学 武蔵小杉病院
完成予想図[出典:日本医科大学]

 ここが完成し移転が完了したら、いよいよ三菱地所レジデンスによるツインタワーの建設が始まります。



建設反対

 ちなみに隣には建設反対の旗が出ていました。



学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。病院建設も含まれているので工期が物凄く長くなっています。

■物件概要■
計画名:学校法人日本医科大学武蔵小杉キャンパス再開発計画(C地区)
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町一丁目304番2ほか48筆
用途:共同住宅等
総戸数:約1500戸
階数:地上50階、地下1階
高さ:約180m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:20,178.29
建築面積:10,500
延床面積:174,800
建築主:日本医科大学
事業者:三菱地所レジデンス、大成建設
設計者:未定
施工者:未定
工期:2026年2月28日竣工予定

地上38階「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス」の6月27日時点の様子!商業施設は7月9日に一部先行オープン!

コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 武蔵小杉で一番新しいタワーマンション「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンスKosugi 3rd Avenue The Residence)」(地上38階、最高高さ142m)です。2020年6月に竣工しています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 売主は三井不動産レジデンシャルと東急不動産で、総戸数は514戸(販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)、9月中旬から最終期の販売開始予定となっています。間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は41.99屐79.83屐価格は4700万円台〜8400万円台が予定されています。

 数カ月後には入居も始まるようですが、本日7月9日より低層部に入る商業施設などの一部が先行オープンします。いよいよ街開きです。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 場所は武蔵小杉駅のすぐ近くでJR南武線「武蔵小杉」駅までは徒歩1分、東急東横線、東急目黒線の「武蔵小杉」駅は徒歩2分、横須賀線、湘南新宿ラインの「武蔵小杉」駅は駅構内の連絡通路を利用して徒歩8分となっています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 北側は90度凹んだL字型のタワーマンションとなっています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 なかなか珍しい形をしたタワーマンションとなっています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 少しだけ離れて撮影。武蔵小杉はタワーマンション街で有名ですが、横浜も東京都心もそれなりに距離があるので開けた視界の部屋よりも、この武蔵小杉のタワーマンション群が見える部屋の方が楽しめそうな気がします。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 撮影に行った6月27日時点ではまだ工事中で敷地内に入ることはできませんでしたが、空地等を描いた看板は設置されていました。広場に挟まれた部分は商業施設棟となっており左上がマンション本体となっています。マンションや商業施設を含めた複合施設としての名称は「Kosugi 3rd Avenue」となっています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 商業施設棟を北側から見た様子です。


コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 反対側には大きな広場やテラスもあります。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 撮影時は外構整備の最終段階といった感じでした。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 この広場も含めて本日、7月9日より一部店舗が先行オープンします。店舗名や今後のオープン予定などは公式サイトをご覧ください。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 ベンチが多そうな広場に見えましたが今日は生憎の雨のため使えないかもしれませんね。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 商業施設部の1階〜3階は階段状のテラス「ステップガーデン」となっているので、少しは景色が楽しめるのかなと思っています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 敷地の中央あたりの「センタースクエア」です。ここにもベンチがありました。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 商業施設棟の4階部分は川崎市総合自治会館となっています。多目的ホール、大小の会議室、展示コーナーなどを備え、市民の学習やふれあいの場となるとのことです。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 ところで敷地内にある街灯がセミの羽のようなデザインとなっていました。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 住宅棟の1階〜3階部分も商業施設となり、こちらは川崎信用金庫、みずほ銀行、保育施設、川崎市小杉こども文化センターなどとなっています。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 JR南武線側では道路が整備中でした。こちらの完成はもうちょっと先ですかね。

■物件概要■
名称:コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(Kosugi 3rd Avenue The Residence)
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目600番地(地番)
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:519戸(販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)その他、店舗・事務所等
階数:地上38階、地下2階(建築基準法上、地上39階、地下2階)
高さ:約142m
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
敷地面積:8,347.32
建築面積:5,007.82
延床面積:68,871.92
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2017年3月1日着工〜2020年6月末竣工
入居:2020年10月下旬予定

地上31階、高さ約150m「関内駅前港町地区市街地再開発」の規模判明!関内駅前に旧市庁舎街区と合わせて2棟の超高層ビルが誕生へ!

関内駅前港町地区市街地再開発
イメージパース[出典:建設通信新聞]

 JR関内駅前で計画されている「関内駅前港町地区市街地再開発」の概要が報道各社の記事により判明しました。規模は地上31階、地下1階、高さ約150m、延べ約8万8500屬離フィス中心のビルで、低層部に商業施設、高層部に高級賃貸マンションや展望フロアで構成されます。オフィスにはグローバル企業の本社の誘致を見込むとのことなので、ある程度企業誘致の目処は立っているのかもしれません。

 事業主は関内駅前港町地区市街地再開発準備組合、事業協力者は三菱地所(代表)、ケン・コーポレーション、スターツコーポレーション、東急不動産、フジタの5社となっています。

 今後のスケジュールは2020-2022年度に都市計画協議、事業計画案検討など、2023年度に都市計画決定、2024年度の組合設立認可を経て2025年度に権利変換計画認可、既存建物解体、着工となっています。

 この完成予想図の左が「関内駅前港町地区市街地再開発」(地上31階、高さ約150m)で、右が既報のもう一つの再開発「横浜市現市庁舎街区活用事業」(地上34階、最高高さ約180m)です。現在は両街区の間に道路がありますが、記事とこの図を見た感じだとその道路は廃道となり、両街区の低層部は連続・連携した配置となります。

 また、図の高層部の少し飛び出た部分が展望施設部分かと思いますが、誰でも行ける場所なのか高層部に配置される高級賃貸マンション用の施設なのかイマイチよくわかりません。続報待ちです。

▼建設通信新聞(2020年7月2日)
三菱地所グループに決定/延べ約9万峭眩悒咼/関内駅前港町地区再開発

▼カナロコ(2020年7月1日)
関内駅前に超高層ビル 三菱地所など再開発へ 横浜



関内駅前港町地区市街地再開発
位置図[出典:横浜市]

 この位置図の「港町民間街区」と書いてある場所が「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地です。右側の「現市庁舎街区活用事業」は移転する「横浜市庁舎」の再開発で現在は新庁舎へ引っ越し中です。



関内駅前港町地区市街地再開発

 2013年1月のセスナから撮影した関内方面です。赤い網掛けが「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地で、青い網掛けが「横浜市現市庁舎街区活用事業」の計画地です。この関内駅前に2棟の超高層ビルが建ち並ぶことになります。



関内駅前港町地区市街地再開発

 今年の2月に撮影した「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。矢印を付けたあたりが「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地です。

 矢印の左下の超高層ビルは「横浜市新市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)で、関内にある現市庁舎からここへ引っ越しとなります。



関内駅前港町地区市街地再開発

 ズームです。横浜スタジアムが目立っています。



関内駅前港町地区市街地再開発

 「関内駅前港町地区市街地再開発」の計画地を赤い網掛け、「横浜市現市庁舎街区活用事業」の計画地を青い網掛けをしてみました。関内方面は微妙な超高層しかなかったので、ここの2棟が完成すると関内のランドマークとなりそうです。

■物件概要■
事業名:関内駅前港町地区市街地再開発
所在地:神奈川県横浜市中区港町2ほか
用途:事務所、教育施設、商業施設、賃貸住宅、展望施設
階数:地上31階、地下1階
高さ:約150m
地区面積:約1.4ha
延床面積:約8万8500
事業主:関内駅前港町地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三菱地所(代表)、ケン・コーポレーション、スターツコーポレーション、東急不動産、フジタ
工期:2025年度着工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク