超高層マンション・超高層ビル

タワーマンションに住みながら全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。
2005年5月1日から毎日更新し続けている超高層ビル専門ブログです。

超高層ビル日記(東京編)

地上33階、高さ約151m「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト」の建設状況!住友不動産の高級賃貸ラ・トゥールとオフィスの複合施設(2022.5.6)

(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 西新宿五丁目で住友不動産が建設中の「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」(地上33階、高さ151.40m)です。青梅街道に十二社通りが接続する成子坂下交差点から5月6日に撮影しました。

 オフィス部は「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」として住友不動産のHPに掲載されていましたが、賃貸マンション部についても「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト」として公式HPがオープンしています。

▼公式HP
(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト
(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟
外観完成予想図[出典:住友不動産]

 フロア構成は18階までがオフィスビルの「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」で、19階〜35階が賃貸マンションの「(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト」となります。

 賃貸マンションの総戸数は184戸で、そのうち4戸が非賃貸住戸、151戸が広告対象外住戸となっています。広告対象外となるフロアは21〜23階、25〜29階、31〜34階でどういった扱いになるのかは不明ですが、当初の計画にあったSOHO住宅になるのかもしれません。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 青梅街道を中野坂上駅側へ移動した場所から撮影。規模は地上33階、地下2階、高さ151.40m、敷地面積7,980.01屐建築面積4,121.14屐延床面積9万702.50屐7築主は西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合で参加組合員として住友不動産が参画。設計者はアール・アイ・エー、E.D.L共同企業体、施工者は大成・五洋建設共同企業体で2023年3月下旬竣工予定となっています。

 背後で建設中のタワーマンションはB街区の「(仮称)西新宿五丁目 淀橋複合開発計画 タワーマンションプロジェクト」(地上35階、最高高さ131.57m)です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 建設地の西側を流れる神田川沿いから撮影。左上に飛行機が見えていますが羽田空港に向けて次々に飛行機が飛んで行っていました。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 敷地の神田川側には広場が整備されますが、同時に護岸壁の整備も行われていました。この神田川が新宿区と中野区の境界になります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 南西側から撮影。窓がない部分にはエレベーターやトイレといった設備が配置され、隣のB街区のタワマンとお見合い部屋にならないように配慮されています。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 基準階平面図
基準階平面図(14〜17階)[出典:住友不動産]

 南東角は窓があるデザインになっていますが基準階平面図を見るとその部分も専有部ではないことがわかります。

 オフィスフロアは天井高3m、専有面積599.31坪(1,981.17屐砲量誼豢間で、内階段の設置やミニキッチンの設置も可能となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」は板状の超高層ビルのため、B街区のタワマンから見ると北側は巨大な壁となります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 南東側の十二社通り沿いから撮影。



西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 隣のB街区のタワーマンションとの距離はかなり近いです。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 2022年5月8日に「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から撮影。中央に見えている2基のタワークレーンが「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」です。B街区のタワーマンションはここから見えることはなさそうです。



新宿の超高層ビル群

 高さ151.40mの超高層ビルでもこの新宿の超高層ビル群の中では埋もれてしまいます。



新宿の超高層ビル群

 同じ日に江戸川区の自宅から撮影。中央左のタワークレーンがB街区のタワマン、右がA街区の「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」でここからも少ししか見えません。



(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト 位置図
位置図[出典:住友不動産]

 場所は東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上」駅と東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅の間で、若干「中野坂上」駅の方が近いです。JR「新宿」駅も徒歩圏ですが徒歩17分ほどかかります。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」の完成予想図です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 青梅街道沿いの低層部です。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 十二社通り沿いです。低層部には商業施設が入ります。



(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 ビル本体と神田川の間には広場が整備されます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト・(仮称)ラ・トゥール西新宿五丁目プロジェクト
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
交通:JR・小田急線・京王線「新宿」駅徒歩17分
   東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅徒歩7分
   東京メトロ丸ノ内線・都営大江戸線「中野坂上」駅徒歩6分
   都営大江戸線「西新宿五丁目」駅徒歩11分
   都営大江戸線「都庁前」駅徒歩12分
   都営新宿線「新宿」駅徒歩19分
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:184戸(非賃貸住戸4戸、広告対象外住戸151戸含む)
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,702.50
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)

最高価格は25億5000万円!高さ221.55m「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」第2期販売開始

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)の第2期販売が先着順で開始されました。販売戸数は4戸で間取りは3BR+Guest Room、4BR、専有面積は227屐379.12屐販売価格は9億6000万円〜25億5000万円、管理費は月額22万6090円〜50万2011円、修繕積立金は月額5万7470円〜10万4460円、引渡時一括払いの修繕積立基金は707万2640円〜1183万3680円、管理準備金は22万6090円〜50万2110円となっています。

 駐車場は機械式200台で月額6万円〜7万円、自走式82台で月額9万円〜17万円、駐輪場は435台で月額500円〜2000円、プレミアム駐輪場が月額1万5000円、バイク置場は28台で月額1万5000円となっています。分譲住戸は保有資産が5億円以上の超富裕層しか手が出せないタワーマンションとなっています。

▼公式HP
虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 販売情報



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
住戸概要[出典:公式HP]

 フロア構成は4〜11階にサービスアパートメント、12〜42階がスイートで1BR〜4BRの部屋が328戸、41階にゲストハウス ゲストルーム、ゲストハウス リビング・ダイニング、42階にスカイサロン、スカスイート専用フロント、そして43階〜54階がスカイスイートで2BR〜5BRの部屋が59戸となっています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 370-A type
370-A type[出典:公式HP]

 25億5000万円の部屋と思われる50階南東角の370-A typeの間取り図です。4ベッドルームで専有面積は379.12屬如▲肇ぅ譴4ヵ所、バスルームは3ヵ所、そしてサブエントランスもあります。第1期で販売された同タイプ部屋は25億円でした。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー オーダーメイド用住戸
オーダーメイド用住戸[出典:公式HP]

 51階北東角の部屋は2番目に広い専有面積314.91屬妊ーダーメイド用住戸となっています。フルリノベーション工事が前提の部屋となります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 310-A' type
310-A' type[出典:公式HP]

 51階北西角の310-A' typeの間取り図です。4ベッドルームで専有面積は314.91屬如▲肇ぅ譴4ヵ所、バスルームは2ヵ所、シャワールームは1ヵ所、そしてサブエントランスもあります。今回の販売価格は不明ですが第1期で販売された同タイプ部屋は14億2000万円でした。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 220-A1 type
220-A1 type[出典:公式HP]

 9億6000万円の部屋と思われる35階南東角の220-A1 typeの間取り図です。3ベッドルーム+ゲストルームで専有面積は227.00屬如▲肇ぅ譴4ヵ所、バスルームは2ヵ所、シャワールームは1ヵ所あります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー ゲストハウス リビング・ダイニング
ゲストハウス リビング・ダイニング[出典:公式HP]

 41階のゲストハウス リビング・ダイニングです。約210屬龍間でパーティなど貸切での利用が可能です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー スカイサロン
スカイサロン[出典:公式HP]

 スカイスイート(43階〜54階)専用ラウンジとなる42階のスカイサロンです。コーヒーやソフトドリング、スナックなどが用意され、1階にある虎ノ門ヒルズキッチンからルームサービスも利用可能となっています。



虎ノ門ヒルズ

 2022年4月2日東京タワーのトップデッキから撮影した「虎ノ門ヒルズ」で中央が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」です。

 現時点で高さ215.25m(最高高さ221.55m)は高さ日本一のタワーマンションとなりますが、右後ろに「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)があり、そして左側では「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)が建設中のため数値よりも低く感じてしまいます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 標高25.7mの愛宕山の山頂にある愛宕神社から見たレジデンシャルタワーと森タワーです。レジデンシャルタワーから直接愛宕山に行けるデッキが整備されています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 階段状の庭の上にあるデッキが愛宕山に繋がっています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 レジデンシャルタワーと森タワーはデッキで接続されており、「虎ノ門ヒルズ」の各棟はデッキなどで接続されるため、各棟から信号などで止まることなく愛宕山まで行くことができます。

■物件概要■
名称:虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕1丁目1-1
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
総戸数:547戸(サービスアパートメント160戸)
住戸構成:1BR(約55屐法5BR(約1,270屐
サービスアパートメント:1R(約35屐法2BR(約110屐
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)、制振構造
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.72
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2022年1月竣工
公式HP:https://www.toranomonhills-residentialtower.com/

住友不動産による「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況!高さ約116mオフィスビル・高さ約147m賃貸タワマン(2022.5.6)

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅南口前の大規模再開発「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。2022年5月6日に撮影しました。地上20階、高さ115.83mの業務棟で、左端にチラッと見えるタワークレーンが地上37階、高さ146.84mの住宅棟です。

 建築主は中野二丁目地区市街地再開発組合で参加組合員として住友不動産が参画。設計者はアール・アイ・エー、施工者は西松建設で2024年2月29日の竣工予定となっています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 東側の隙間から撮影。撮影時点で14階あたりの建設が始まったところでした。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南側から撮影した業務棟です。規模は地上20階、地下2階、高さ115.83m、敷地面積5,676.67屐建築面積4,142.96屐延床面積4万9712屬離フィスビルで1〜5階は店舗フロアとなります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 住宅棟の規模は地上37階、地下2階、高さ146.84m、敷地面積4,404.85屐建築面積3,465.32屐延床面積5万262屐∩躙与397戸の賃貸のタワーマンションとなります。住友不動産の賃貸タワマンということで名称は「ラ・トゥール中野」になる可能性が高いと思っています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 少し離れた場所から撮影。手前の階段状のマンションは「コーシャハイム中野フロント」で今回の再開発事業には関係ありませんが、中野二丁目土地区画整理事業で区画整理された場所に建設されています。

 また、手前の開放されていない道路は幅員11.5〜13mの主要区画道路で、同再開発の東側も通る新たな道路となります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 西側から駅前広場越しに撮影。業務棟前にあるビルは同再開発によって解体されます。右側の住宅棟前には既存ビルがズラッと残ります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 業務棟前の角地にある既存ビルは2023年1月31日までの工期で解体工事が行われます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 西側にあるJR総武線・中央線を越える歩道橋から撮影。業務棟は3フロアごと鉄骨を組んでいることがわかります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅の北口側から撮影。色々な場所から見えるようになってきています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」全体の完成予想図です。地上37階、高さ146.84mの住宅棟は完成時に中野区で最も高い建物となりますが、北口側では中野サンプラザ等を建て替える「(仮称)中野四丁目新北口駅前地区第一種市街地再開発事業」が地上60階、高さ約262mで計画されているため、計画通りに建設が進むと大きく抜かれることになります。



(仮称)住友不動産 中野駅前プロジェクト
イメージパース[出典:住友不動産]

 業務棟の完成予想図です。柱がある部分の下が商業施設で上がオフィスフロアとなります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:住友不動産]

 業務棟の店舗フロアは1階〜5階で1900坪超となります。



(仮称)住友不動産 中野駅前プロジェクト 基準階平面図
基準階平面図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアの基準階平面図です。専有面積は531.27坪(1,756.22)で天井高3mの無柱空間となります。トイレやエレベーター、階段などの設備は南東角となります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 整備イメージ図
整備イメージ図[出典:住友不動産]

 建設地は中野駅の南口駅前広場に隣接しており、業務棟は中野駅に近い北側に配置され、住宅棟は南側に配置されます。

 建設地は傾斜地となっており住宅棟東側の2階レベルの場所には「丘の上の広場」が整備されます。図を見ると隣の公園とデッキで接続されるようですが、その公園部分は駐輪場として利用されています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(住宅棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
交通:JR中央線・総武線、東京メトロ東西線「中野」駅
用途:住宅、店舗
総戸数:397戸
階数:地上37階、地下2階
高さ:146.84m
基礎工法:直接基礎
構造:RC造一部S造
敷地面積:4,404.85
建築面積:3,465.32
延床面積:50,262
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月26日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(オフィス棟)■
仮称:(仮称)住友不動産 中野駅前プロジェクト
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
交通:JR中央線・総武線、東京メトロ東西線「中野」駅
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:115.83m
基礎工法:直接基礎
構造:S造一部SRC造
敷地面積:5,676.67
建築面積:4,142.96
延床面積:49,712
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定

地上27階、最高高さ約99m「パークコート神宮北参道 ザ タワー」の建設状況(2022.5.6)

パークコート神宮北参道 ザ タワー

 北参道で建設中の分譲のタワーマンション「パークコート神宮北参道 ザ タワー」(地上27階、最高高さ99.01m)です。2022年5月6日に明治通り沿いから撮影しました。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 規模は地上27階、地下1階、高さ89.98m、最高高さ99.01m、敷地面積4,837.13屐建築面積2,407.65屐延床面積55,655.00屐∩躙与471戸、売主は三井不動産レジデンシャル、設計者は清水建設、施工者は清水・フジタ建設共同企業体で2023年6月下旬竣工、2024年4月下旬入居開始予定となっています。2022年6月上旬からは第3期1次の販売開始予定となっています。
※2022年3月以前に販売された住戸は2023年7月下旬入居開始予定



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 低層部にズームです。ここがメインエントランスとなります。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 敷地東側にある路地側から撮影。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 波打つ特徴的なデザインとなっています。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 北東側から見上げた様子です。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 北東側の低層部です。こちらが駐車場の出入口となります。駐車場は総戸数471戸に対して機械式140台、平面4台となっており、駐輪場は826台、バイク置場は50台となっています。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 見る角度によって表情が変わるタワーマンションとなっています。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 撮影場所の背後には首都高新宿線が通っています。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 その首都高越しに撮影。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 どこから見ても「パークコート神宮北参道 ザ タワー」だとわかるデザインです。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 明治通りが通る北参道交差点から撮影。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 下から見上げてもいいデザインです。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 少し代々木側に移動して埼京線・湘南新宿ラインの踏切越しに撮影。ここはちょうど道路の先に「パークコート神宮北参道 ザ タワー」が見える場所となっています。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 JR代々木駅前から撮影。最寄駅は徒歩1分の東京メトロ副都心線「北参道」駅となりますが、JR山手線・JR総武線・都営大江戸線「代々木」駅は徒歩6分で日常使いできる距離にあります。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 新宿タカシマヤ前にあるJRの線路に架かるイーストデッキから撮影。見た感じでは最上階まで達しており塔屋の建設も始まっているようでした。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 2020年5月8日に「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から撮影。



パークコート神宮北参道 ザ タワー

 左の森は明治神宮、右は新宿御苑でこれら森を借景できるタワーマンションとなります。明治神宮の南側には代々木公園があるので都心にいながら巨大な森が目の前に広がります。



パークコート神宮北参道 ザ タワー 敷地配置イラスト
敷地配置イラスト[出典:公式HP]

 敷地配置イラストを見ると路地側に抜ける公開空地も整備されるようです。



パークコート神宮北参道 ザ タワー 駐車場出入口完成予想CG
駐車場出入口完成予想CG[出典:公式HP]

 駐車場の出入口は敷地北東側の路地に面した場所となります。




パークコート神宮北参道 ザ タワー メインエントランス完成予想CG
メインエントランス完成予想CG[出典:公式HP]

 メインエントランスは最寄駅の「北参道」駅に一番違い側となります。



パークコート神宮北参道 ザ タワー 風除室完成予想CG
風除室完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー エントランスラウンジ完成予想CG
エントランスラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー エントランスラウンジ完成予想CG
エントランスラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー 吹抜空間完成予想CG
吹抜空間完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー スタディラウンジ完成予想CG
スタディラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー ライブラリーラウンジ完成予想CG
ライブラリーラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー ランドリーラウンジ完成予想CG
ランドリーラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー ロフトラウンジ完成予想CG
ロフトラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー パーティラウンジ完成予想CG
パーティラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー ゲストルーム完成予想CG
ゲストルーム完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー フィーリングデッキ完成予想CG
フィーリングデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 共有施設として屋上には明治神宮を望める「フィーリングデッキ」が配置されます。



パークコート神宮北参道 ザ タワー フィーリングデッキ完成予想CG
フィーリングデッキ完成予想CG[出典:公式HP]



パークコート神宮北参道 ザ タワー スクリーンデッキ完成予想CG
スクリーンデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 他の共用施設としてはフィットネスルーム、シネマラウンジ、ゴルフラウンジもあります。



パークコート神宮北参道 ザ タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:パークコート神宮北参道 ザ タワー
計画名:(仮称)渋谷区千駄ヶ谷四丁目計画
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目6番15号他
交通:東京メトロ副都心線「北参道」駅徒歩1分、JR山手線・JR総武・中央緩行線「代々木」駅・都営大江戸線「代々木」駅徒歩6分
用途:共同住宅、店舗、保育所
総戸数:471戸(販売総戸数471戸、他に店舗1戸)
階数:地上27階、地下1階
高さ:89.98m(最高高さ99.01m)
構造:RC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,837.13
建築面積:2,407.65
延床面積:55,655.00
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水・フジタ建設共同企業体
工期:2020年3月1日着工〜2023年6月下旬竣工予定
入居:2023年7月下旬予定
公式HP:https://www.31sumai.com/mfr/X1709/

渋谷の地上30階、高さ133mタワマン「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」の建設状況(2022.5.8)

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から2022年5月8日に撮影しました。

 手前の建設中の巨大なビルが5月12日のブログに載せた地上39階、高さ179.97m、延床面積18万4718.55屬A街区で、その左後ろで建設中のビルが地上29階、高さ133m、延床面積6万9154.42屬B街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の規模は地上29階、地下2階、高さ133.00m、敷地面積8,479屐建築面積5,800屐延床面積6万9200屬如▲フィス、分譲マンション、サービスアパートメントで構成される複合施設となります。建築基準法上では地上29階、地下2階となりますが傾斜地が建設地のため運用上では地上30階、地下1階となります。

 建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画、設計者と施工者は戸田建設で2023年11月30日竣工予定となっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 壁面の階数表記は運用上の階数となっており、撮影時には22階部分の建設が始まったところでした。また、こちら側に鉄骨が出ている部分にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 高層部にズームです。建築物環境計画書制度によると住宅部の戸数は155戸で分譲となっており、その他にもサービスアパートメント部もあります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の東側です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 傾斜地沿いの道に沿って低層の構造物ができていました。完成予想図を見るとこの上に住宅エントランスができそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 同じ場所から見上げたB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 少し離れた南東側から見たB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 近くから撮影。手前はC街区の「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南側から撮影。この手前には広場が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南西側から撮影。建設地の周囲は細い路地ばかりですが北側には同再開発で整備される広めの道路が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 北東側から撮影。こちら側にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 低層部です。少なくても右端の鉄筋が見えている場所までは建物本体が建設されそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の音楽坂沿道には板状の建物が建設されています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 こちら側はガラス張りの階段スペースとなっています。ここからは見えませんが奥の方にも建物は続いています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷ストリーム」側から見たその建物部分と超高層棟です。手前のタワークレーンはA街区のA2棟でこれからビル本体が建設されるためこの隙間はなくなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:CBRE]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」全体の完成予想図です。左の超高層ビルがA街区で右側がB街区です。また、A街区の手前に見える板状の小さな建物もB街区です。

 B街区のデザインが左右で異なっている下半分の左がオフィスフロアで、その右側とセットバックした高層部が住宅部となります。正確なフロア構成はわかりませんが下半分の右側がサービスアパートメントで、高層部が分譲マンション部かと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置図[出典:東急不動産]

 B街区は渋谷駅からは遠い側となりますがA街区とはデッキで接続されそのまま渋谷駅にも繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 2階デッキ
2階デッキ[出典:CBRE]

 A街区とB街区を結ぶ2階デッキです。先ほどの階段が見えていたビルに繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)音符坂沿道
(仮称)音符坂沿道[出典:CBRE]

 2階デッキからB街区の超高層棟へ向かう「(仮称)音符坂」沿道です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路
(仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路[出典:CBRE]

 配置図では「(仮称)丘の上広場」となっていた「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」へ繋がる通路です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場
(仮称)MIDORIはぐくみ広場[出典:CBRE]

 通路を抜けた先の「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 住宅エントランス前
住宅エントランス前[出典:CBRE]

 住宅エントランスです。全体の完成予想図にはこういった場所は見当たらないので渋谷駅とは反対の恵比寿側に配置されるものと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサーリンク