超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(東京編)

地上63階、高さ390m「Torch Tower(トーチタワー)」の建設予定地の様子!高さ日本一の超高層ビルです(2020.10.11)

Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:内閣府]

 東京駅日本橋口前の三菱地所による大規模再開発「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の完成予想図です。中央が地上63階、高さ約390mの「Torch Towerトーチタワー)」、その左下が昨日のブログにも載せた地上38階、高さ約212mの「常盤橋タワー」です。



Torch Tower 用途構成図
用途構成図[出典:三菱地所]

 「Torch Towerトーチタワー)」のフロア構成は地下1階〜6階が店舗、3階〜6階には約2000席の大規模ホールも入り、7階〜53階がオフィスフロア、57階〜61階が約100室の国際級ホテル、そして62階と屋上が展望施設となります。



Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 東京駅側から見た完成予想図です。手前の「ホテルメトロポリタン丸の内」が入る「サピアタワー」は地上35階、高さ166.1mでそれなりの高さがありますが、背後の「Torch Towerトーチタワー)」が大き過ぎて普通のビルの大きさに見えてしまいます。



TOKYO TORCH 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 夜景バージョンです。高層部の大きく口を開いた部分が57階に配置されるホテルのロビーとなります。



Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 広角で見た昼間バージョンの完成予想図です。



TOKYO TORCH

 同じような角度から見た2020年10月11日時点の東京駅周辺です。「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)が建設されるとこの景色は大きく変わります。2023年度着工、2027年度竣工予定のため2026年中には上棟しているかもしれません。



Torch Tower 57階ホテルロビー
57階ホテルロビー[出典:三菱地所]

 57階のホテルロビーの完成予想図です。外気を取り入れるデザインで緑と風に包まれる空間となるとのことで、完成予想図を見る限りでは公園のような空間が高さ300m超の場所に出現することになります。この空間を提案する方も受け入れる方も凄いです。



Torch Tower 空中遊歩道
空中遊歩道[出典:三菱地所]

 ホテルロビーは宿泊者以外も行ける場所なのかは不明ですが、低層部の1階〜8階に空中遊歩道が整備され誰でも行ける場所となります。全長約2キロ、約5000屬竜模で、終着地となるこの完成予想図の右上部分には約2,500屬硫鮎緜躅爐眄鞍されます。



下水道局棟
外観イメージ[出典:内閣府]

 その広場の裏では地上9階、高さ約65mの「下水道局棟」が建設中です。



TOKYO TORCH 街区配置図
街区配置[出典:三菱地所]

 このように場所は東京駅の北側、山手線の外側で線路側に「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)、日本橋側に「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)が配置され、両棟の間には広場も整備されます。その広場の地下には変電所、下水道局棟の地下には下水ポンプ場も整備されます。

 また東京駅や大手町とは地下通路で接続され、将来的には日本橋にも地下通路で接続されるようになり、地下歩行者ネットワークが強化されます。つまりは日比谷から日本橋まで地下通路だけで行けるようになります。



Torch Tower 開発ステップ図
開発ステップ図[出典:三菱地所]

 同再開発は段階的に建設が進められており現在はSTEP2の工程となっています。このSTEPを踏むには理由があります。それは「Torch Towerトーチタワー)」の建設地の地下には下水ポンプ所があり、これを下水道局棟の地下へ機能を移設する工事が行われています。その完了を待ってからの工事となるためこのような開発ステップとなっています。



下水道局棟

 その下水道局棟の建設地です。仮囲いの中はほとんど見えませんが地下では下水ポンプ所の建設も行われています。



Torch Tower

 背後は「日本ビル」で壁が独特な見た目になっていますが、これは下水道局棟のため部分解体したためです。今はパソナの本社として利用されています。



Torch Tower

 この「日本ビル」は2021年度から解体が始まり、2023年度からは「Torch Towerトーチタワー)」の建設が始まります。



TOKYO TORCH

 「大手町プレイス」前の橋から見た「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の建設地方面です。左の建設中の超高層ビルが「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)で、その右側に「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)が建設されます。



Torch Tower

 大手町・丸の内側から建設地方面を見ると手前のJRの高架が邪魔ですが、高さ390mになると全く気にならないレベルとなりそうです。



朝日生命大手町ビル

 「Torch Towerトーチタワー)」の建設のため解体される「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)です。久しぶりの超高層ビルの解体で、どういった工法で解体するのかも注目ポイントです。



日本ビル

 その隣の「日本ビル」です。パソナが一棟借りしているかつ、解体が決まっていることもあってビル内には「大手町牧場」があります。



TOKYO TORCH 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 京橋上空あたりから見た完成予想図です。もっと暗い完成予想図でしたがちょっと明るく加工しています。

 「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ約390m)の手前が現時点で東京駅周辺では最も高い超高層ビルである「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)です。左端の形が薄く描かれている場所に地上45階、高さ240mの「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」が建設中で、その右隣の薄く描かれている場所では地上51階、高さ250mの「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の建設へ向けて既存ビルの解体工事が始まっています。

 他にも地上45階、高さ約233mの「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」、地上46階、高さ約240mの「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」といった計画があります。日本橋も東京駅周辺に含めると地上49階、高さ約287mの「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」があるため「常盤橋タワー」の東京駅周辺の高さランキングは1位だったのが7位となります。言いたいことはこれからの東京駅周辺は凄いことになるということで、将来は国内最大と言ってもいい超高層ビル群が誕生します。



TOKYO TORCH 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。地上63階になることが発表されましたがまだ地上61階のままでした。



TOKYO TORCH 開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせも情報は更新されていませんでしたが、そのうち情報が更新されると思います。

■物件概要(Torch Tower)■
名称:Torch Tower
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、ホテル、ホール、店舗、駐車場等
総客室数:約100室
階数:地上63階、地下4階
高さ:約390m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)、外殻制振構造
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約13,200
延床面積:約544,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定

高さ212m「常盤橋タワー」の建設状況!塔屋の形状がわかるようになりました(2020.10.11)

常盤橋タワー

 東京駅日本橋口前で建設中の三菱地所による超高層オフィスビル「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)です。「東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)」と呼ばれていたプロジェクトのA棟で街区名称も「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」に決定しています。

 シンプルなデザインですが現地で見るとなかなか格好良く見えます。現時点の東京駅周辺では最も高い超高層ビルということが大きいのかもしれません。



常盤橋タワー

 建設は随分と進んで低層部の外観もかなり見えるようになってきました。フロア構成は地下1階〜3階に店舗、3階にカフェテリア、機械室を挟んで8階にラウンジ・カンファレンスルーム、そして9階〜37階がオフィスフロアとなります。ビルの外壁を見ると角以外窓がない部分があるのでそこが機械室フロアかと思います。最上階の38階は機械室です。



常盤橋タワー

 当初のメイン撮影スポットだった呉服橋交差点から撮影した「常盤橋タワー」です。この高さになると交差点の角地からでは標準レンズで入り切らないため日本橋側に移動して撮影しています。



常盤橋タワー

 低層部です。



常盤橋タワー

 北側から首都高越しに撮影。まだ随分と先の話になりますがこの部分の首都高は撤去され地下化されます。



常盤橋タワー

 北東側の低層部です。



常盤橋タワー

 「常盤橋タワー」の北側です。窓のない黒い部分はエレベーターや階段などオフィスフロア以外の設備がある部分です。



常盤橋タワー
基準階平面図[出典:三菱地所]

 このようなフロア配置で、1フロア約2580(約780坪)、天井高2.85mとなります。



常盤橋タワー

 北西側から撮影。



常盤橋タワー

 少し離れて「大手町プレイス」2階のデッキから撮影。最初の方にも書きましたが高さがあるとシンプルなデザインでも格好いいです。

 手前の白いビルは「日本ビル」で2021年度から解体が始まります。この写真には写っていませんが右隣の「朝日生命大手町」も解体が始まり、そして2023年度からは地上63階、高さ390mで日本一の高さとなる超高層ビル「Torch Tower」の建設が始まります。



常盤橋タワー

 「KITTE丸の内」6階の屋上庭園から東京駅越しに見た「常盤橋タワー」方面の超高層ビル群です。赤レンガの東京駅丸の内駅舎との対比がいい感じです。



常盤橋タワー

 「常盤橋タワー」にズームです。塔屋の外観はかなり完成に近付いてきているように見えました。



常盤橋タワー

 「丸の内ビルディング」5階のテラスから東京駅越しに見た超高層ビル群です。こちらの方が東京駅がキレイに見えます。



常盤橋タワー

 ズームです。



常盤橋タワー

 「新丸の内ビルディング」7階のテラスから撮影。



常盤橋タワー

 ここからはチラッとしか見えませんが、塔屋の一番高い部分まで鉄骨が組まれたことがわかります。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)
完成予想図[出典:三菱地所]

 最後は東京駅越しに見た「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」全体の完成予想図です。地上38階、高さ212mの「常盤橋タワー」は現地で見ると迫力ある高さに見えるのですが、地上63階、高さ390mの「Torch Tower」が完成すると小さく見えてしまいますね。街区全体が完成する日が楽しみです。

■物件概要(常盤橋タワー)■
名称:常盤橋タワー
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト A棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上38階、地下5階(※建築基準法上では地上40階)
高さ:約212m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年6月末竣工予定

地上36階「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」の建設状況!東池袋駅直結タワマンです(2020.10.3)

プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結の野村不動産によるタワーマンション「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。滅多に出ない駅直結タワマンのため注目されています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 低層部の完成予想図です。敷地面積は2,665.68屬妊織錙璽泪鵐轡腑鵑箸靴討篭垢瓩良瀉呂里燭瓮好沺璽箸淵織錙璽泪鵐轡腑鵑箸覆蠅泙后



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 敷地配置図
敷地配置図[出典:公式HP]

 建物内には入居者以外も使用できる「東池袋」駅の出入り口がありエスカレーターと階段が設置されます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 駅直結概念図
駅直結概念図[出典:公式HP]

 駅直結と言っても長いペデストリアンデッキや地下通路を通って改札まで何分も歩く場所もありますが、ここは改札までが近い駅直結タワマンとなります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 各階平面概念図
各階平面概念図[出典:公式HP]

 そしてここは改札のあるフロアからエレベーターで直接各住居フロアへアクセス可能となります。利便性は物凄く高いですがロビー階を寄らずに部屋まで行けてしまうので、郵便受けを見る機会がかなり減りそうですね。

 1階〜3階には商業・業務施設エリアとなり住宅フロアは4階からとなります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 2020年10月3日に現地で撮影した「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。信号のところに閉鎖中の文字が見えますが、これはここに東池袋駅への出入り口があったためでです。このまま閉鎖になるわけではなく先程も書きましたがエスカーレーターもある出入り口が新たに整備されます。

 いつもは「サンシャイン60」にも写真を撮りに行っていますが、展望室内で鬼滅の刃のイベント開催中で予約制となっており、その場でチケットを取ろうとするもカードのセキュリティのIDとパスワードがわからず断念しました…。11月23日までの開催なので行く人は気をつけましょう。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 東池袋駅直結ということばかり注目されていますが目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅があります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 近くには「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)と「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)といったタワーマンションがあります。ただ、これとは反対側にはタワーマンションなど超高層はないので中層階あたりからは抜けた視界が広がります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 都電荒川線越しに撮影。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 細い路地から見上げて撮影。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 もう少し建設が進むと路地からは上の方だけ見上げて撮ることになりそうです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 少し角度を変えると右奥にもタワーマンションが見えますが、れは「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)で低層部が豊島区役所、中高層部が「Brillia Tower池袋(ブリリアタワー池袋)」となっています。ここも地下通路で東池袋駅直結となっているので豊島区役所まで外を歩くことなく行けるようになります。

 また、その目の前ではツインタワーマンションとなる「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」(北街区:地上53階、高さ約190m、南街区:地上50階、高さ約185m)の計画もあります。ちなみにここの撮影のあと現地を軽く歩いてみましたがまだ現地で動きはありませんでした。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。現地には東京都と豊島区の建築計画のお知らせがありますが、内容に違いはないので東京都の方を載せておきます。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
計画名:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目254番(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数:248戸 (うち非分譲住戸55戸)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年2月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬竣工予定

地上27階「(仮称)港区新橋6丁目計画」の建設状況!積水ハウスの賃貸タワマンです(2020.9.27)

(仮称)港区新橋6丁目計画

 2019年12月にヘリから撮影した新橋方面の空撮です。この中で左下に矢印を入れた場所では積水ハウスによるタワーマンション「(仮称)港区新橋6丁目計画」(地上27階、最高高さ91.15m)が建設中です。



(仮称)港区新橋6丁目計画

 2020年9月27日に現地で撮影した「(仮称)港区新橋6丁目計画」です。一部外観が見えるようになっていますが低層部は防護ネットで覆われているので何階まで建設が進んだのかは不明です。個人的な感覚では13階程度の高さに見えました。



(仮称)港区新橋6丁目計画

 東京都の建築物環境計画制度で公開されている情報では全戸賃貸で総戸数124戸となっていますが、物件の公式HP等はまだ見当たらないので詳細は不明です。



(仮称)港区新橋6丁目計画

 同物件の建設地は四方が道路で囲まれた敷地となっていますが、どの方向の道路も広い道路ではありません。



(仮称)港区新橋6丁目計画

 特に南と東側は車1台くらいしか通れない広さの道路のため、角地から見上げて撮るとすぐ隣に建物が映り込みます。



(仮称)港区新橋6丁目計画

 少し日付は進んで2020年10月11日に「世界貿易センタービル」の展望室から撮影した「(仮称)港区新橋6丁目計画」です。頭が見えるようになってきましたがまだ高くなります。



(仮称)港区新橋6丁目計画

 広角で撮影。小さくてわかりにくいですが中央が「(仮称)港区新橋6丁目計画」です。最上階まで達するとこういった広角でも探しやすくなりそうです。

 最寄駅は都営三田線「御成門」駅となりますが駅からは少し歩きます。もっと歩くことになりますが浜松町駅や新橋駅、大門駅も徒歩圏の立地です。



(仮称)港区新橋6丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)港区新橋6丁目計画
所在地:東京都港区新橋6丁目11
用途:共同住宅・保育所
総戸数:124戸(賃貸)
階数:地上27階
高さ:87.24m(最高高さ91.15m)
敷地面積:952.24
建築面積:402.49
延床面積:10,443.83
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:杭基礎
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2019年8月1日着工〜2021年8月31日竣工予定

地上46階、高さ186mタワマン「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の既存ビル解体状況!建築計画のお知らせが設置されました(2020.10.11)

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 浜松町に建設されるタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。既報では地上46階、地下3階、最高高さ約190mでしたが、現地に設置された建築計画のお知らせでは地上46階、塔屋2階、地下2階、高さ181m、最高高さ186mとなっていました。港区の文化芸術ホールが入る中層棟は高さ50mです。

 建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で参加組合員として世界貿易センタービルディングと鹿島建設の参画が発表されていますが、三菱地所のIR資料に同再開発が掲載されているため現在は三菱地所レジデンスも参画している可能性があります。

 建設地は浜松町駅と大門駅の近くで他の再開発ビルを経由して駅直結となる予定です。着工は2021年2月16日、竣工は2026年9月30日の予定ですが、高層棟は竣工前の2025年頃に共用開始予定となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:港区]

 完成予想図ではわかりにくいですが、高層棟の裏に港区の文化芸術ホールが入る中層棟があります。また、高層棟の低層部はオフィスフロアとなるため住宅フロアは全て高さ60m以上くらいになりそうです。高さ60mは20階建てマンションの高さがあるので、住宅フロアの一番下でもそれなりの高さがあります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 中層棟は敷地北側、高層棟は南側に配置されます。高層棟の南側には広場や公園が整備され、中層棟の3階部分にも広場が設置されます。この図には描かれていませんが周辺施設ともペデストリアンデッキで接続され、そのまま各駅に行くことができるようになります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 場所は山手線内側で浜松町駅のすぐ近くです。浜松町駅にはJRと東京モノレールの駅があり羽田空港へ始発で行くことができます。また、北側には都営大江戸線と浅草線の大門駅があり、浅草線は京急直通で羽田空港へ、そして京成線とも直通しており成田空港にも一本で行くことができます。全国、世界を飛び回るビジネスマンには良い立地かもしれません。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 (1)

 世界貿易センタービルの展望室から見た「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。2021年2月19日までの工期で既存ビルの解体工事が行われていますが、既にほぼ更地なっていました。解体工事は参加組合員でもある鹿島建設が担当しています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 解体建物配置図

 現地に設置されている解体建物配置図です。L字型に解体され「東京都交通局大門庁舎」が残っていますが、ここは高層棟より遅れて建設される港区の芸術ホールの建設地のため後から解体されます。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 少し広角でもう1枚。中央に吹き抜けがある緑色の屋上のビルが「東京都交通局大門庁舎」です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 地上から見た「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。既存ビルが解体され空が広くなっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南西角地から撮影。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 上を見上げると超高層ビルが建ち並んでいます。左から「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)、「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)、「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)です。中央の「世界貿易センタービル」は今後解体され高さ約200mの超高層ビルに建替えられます。

 というわけで北、北東、東側に超高層ビルが建ち並ぶ立地となります。そのため南、西側住戸は開けた視界が広がりますが、北、東側住戸は目の前に超高層ビルといった視界になります。特に西側住戸は目の前が東京タワービューとなるので向きによって価格差が大きなタワーマンションとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 浜松町駅側から撮影。周辺には小規模なビルが建ち並んでいますが、住宅フロアは高さ60m以上はありそうなので、一番下の部屋でもこれからのビルよりも高い位置となります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますがほぼ100%鹿島建設になるかと思います。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物
住所:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、塔屋2階、地下2階
高さ:181.00m(最高高さ186.00m)
敷地面積:5,890.00
建築面積:4,430.00
延床面積:75,000.00
建築主:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設
設計者;鹿島建設 一級建築士事務所
施工者;未定
工期:2021年2月16日着工〜2026年9月30日竣工予定
供用開始:2025年頃に高層棟、2026年頃に全体供用開始予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク