超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(東京編)

2786戸の巨大タワマン!地上58階「パークタワー勝どきサウス」と地上45階「パークタワー勝どきミッド」の建設状況(2021.6.5)

パークタワー勝どきとは?

パークタワー勝どき

 「パークタワー勝どき」は勝どき駅直結となる総戸数2786戸の超大規模タワーマンションです。現地では地上部の建設が始まっており左が「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)で総戸数1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)、右が「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)で総戸数1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)となっています。



パークタワー勝どき

 サウスの設計者と施工者は鹿島建設で、ミッドの設計者と施工者は清水建設となっていますが、竣工時期は両棟とも2023年8月下旬予定です。両棟とも戸数が多いためか入居時期は両棟とも2024年4月下旬と竣工から半年以上先の予定となっています。



パークタワー勝どき

 清澄通りの新島橋から撮影。タワークレーンがある場所に巨大なタワマンが出現します。



パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 「パークタワー勝どき」の完成予想図です。右側に灰色で形だけ描かれている場所には、B棟の建設予定地で地上29階、高さ約106mの板状のタワーマンションが計画されています。また、B棟の目の前の紫色の部分には晴海側と繋がる人道橋が計画されています。



パークタワー勝どき 全体敷地配置図
全体敷地配置図[出典:公式HP]

 建設地は2方向に運河がある立地で運河沿いには護岸公園が整備されます。また、両棟の間には水のある憩いの広場「セントラルラグーン」が配置されます。配置図の右上にあるメトロパビリオンから都営大江戸線「勝どき」駅に繋がる地下道が整備されます。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 セントラルラグーンの完成予想図です。噴水もある池が配置され水の中に入って遊ぶこともできる場所となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 夜はライトアップされて水景が青く染まり幻想的な空間となります。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 完成予想図を見る限りではリゾート施設のような雰囲気ですが、実際の完成したときの景色はどのような感じなんでしょうね。ここは住民以外の人も行ける場所なので楽しみです。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 こちらは住民しか行けないサウスの53階に共用施設として設置されるスカイデッキです。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 外に出られるスペースとなっており周りには水が流れる水盤が設置されるダイナミックな解放感を感じられる場所となります。



パークタワー勝どき ルーフトップラウンジ完成予想CG
ルーフトップラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 サウスの53階と54階には二層吹き抜けのルーフトップラウンジが配置されます。



パークタワー勝どき 駅通路入口完成予想CG
駅通路入口完成予想CG[出典:公式HP]

 「勝どき」駅と繋がる地下通路の出入口の完成予想図です。



パークタワー勝どき メトロパビリオン完成予想CG
メトロパビリオン完成予想CG[出典:公式HP]

 その出入口がある場所はメトロパビリオンとなります。



パークタワー勝どき 貫通通路完成予想CG
貫通通路完成予想CG[出典:公式HP]

 ミッドは完全な駅直結となるようですが、サウスは屋根付きの貫通通路でメトロパビリオンまでアクセスすることになります。



パークタワー勝どき サウス:アプローチ概念CG
サウス:アプローチ概念CG[出典:公式HP]

 サウスからメトロパビリオンまでのアプローチはこのような経路となります。地下通路はそこそこ距離があるので表記上は勝どき駅までミッドが徒歩1分、サウスが徒歩2分となりますが、改札まではさらに数分かかります。それでも駅直結物件には変わりないので人気のタワーマンションとなっています。




パークタワー勝どきサウスの建設状況

パークタワー勝どきサウス

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影した「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設現場です。撮影した6月5日時点では2階まで建設が進み3階部分の建設が始まったところでした。



パークタワー勝どきサウス

 勝どきと晴海の間にある朝潮運河沿いから撮影。右後ろが「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)ですがこれよりも高いタワーマンションとなります。左の上部が見切れているツインタワーマンションが「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)ですが、これとほぼ同じ高さとなります。



パークタワー勝どきサウス

 環状第二号線が通る「黎明大橋」から撮影。背後の一番背の高いタワーマンションが「勝どきビュータワー」(地上53階、高さ193m)で、その地下あたりに勝どき駅があります。



パークタワー勝どきサウス

 「黎明大橋」を移動してもう1枚。



パークタワー勝どきサウス

 真横からもう1枚。どの方向を見ても超高層がある立地です。



パークタワー勝どきサウス

 路地側から撮影。



パークタワー勝どきサウス

 この辺りは微妙な高さのタワーマンションが少ない場所のため、迫力あるタワーマンション群となりそうです。



パークタワー勝どきサウス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。2021年9月上旬から第1期1次の販売開始予定で価格は4700(31.29)万円〜3億7800万円(156.66)で予定されています。

■物件概要■
名称:パークタワー勝どきサウス
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:総戸数1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300.00
延床面積:180,827.74
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定
入居:2024年4月下旬予定




パークタワー勝どきミッドの建設状況

パークタワー勝どきミッド

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影した「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)の建設現場です。撮影した6月5日時点では8階まで建設が進み9階部分の建設が始まったところでした。

 地下1階〜地上3階まで商業施設、4階〜7階がオフィスフロア、そして8階〜45階が住宅フロアとなるので住宅フロアの建設が始まったことになります。



パークタワー勝どきミッド

 低層部には外壁の取り付けも始まっています。



パークタワー勝どきミッド

 朝潮運河沿いから撮影。見る角度によって形が変わって見えるタワーマンションです。



パークタワー勝どきミッド

 環状第二号線が通る「黎明大橋」から撮影。



パークタワー勝どきミッド

 路地側から撮影。左下は勝どき東地区のA3棟として建設された「臨港消防署月島出張所」です。



パークタワー勝どきミッド

 現時点でも迫力のある建設現場です。



パークタワー勝どきミッド

 この角地に勝どき駅と繋がるメトロパビリオンが建設されます。



パークタワー勝どき

 すぐ隣の道路では掘削されていたのでメトロパビリオン関連の工事かもしれません。



パークタワー勝どきミッド

 B棟の建設地となる「黎明スカイレジテル」の隣を通る道路から撮影。巨大な壁ができあがります。



パークタワー勝どきミッド

 場所は変わって同じ日にレインボーブリッジから撮影した「パークタワー勝どきミッド」です。低い位置にあるタワークレーンはサウスです。



パークタワー勝どきミッド

 少し広角でもう1枚。サウスは左の「THE TOKYO TOWERS」とほぼ同じ高さとなるのでこの景色も大きく変わります。

 それにしてもこの辺りはタワーマンションが複数棟ありますが、どこが一番眺めの良い場所なんでしょうね。たまに考えてみるのですがあれもこれも見える方が良いと考えて行くとわからなくなります。そもそも経済的利用によりどこにも住めませんが(^^;)



パークタワー勝どきミッド 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。ミッドは第2期まで販売が終了していますが、販売価格は3690万円〜3億3980万円(25.05屐153.05)で最高倍率27倍、平均倍率約2.9倍だったとのことです

■物件概要■
名称:パークタワー勝どきミッド
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)
階数:地上45階、地下2階
高さ:158.85m(最高164.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745.85
延床面積:138,312.00
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定
入居:2024年4月下旬予定

世界貿易センタービルに解体工事のお知らせ設置!8月1日から鹿島建設によって解体が行われます

世界貿易センタービル既存本館・別館解体

 「世界貿易センタービル」(地上40階、最高高さ162.59m)の解体工事のお知らせが設置されました。工事の名称は「世界貿易センタービル既存本館・別館解体」で解体工期は2021年8月1日〜2023年3月31日で発注者は世界貿易センタービルディング、解体の施工者は鹿島建設となっています。解体工事のお知らせの高さ152mは軒高で塔屋を含めた最高部高さが高さ162.59mと思われます。

 解体工事は8月1日からとなっていますが「世界貿易センタービル」の本館・別館は2021年7月1日から閉館となります。館内に入れるのは今月末までとなるようです。

 解体後の跡地には地上46階、高さ約235mの超高層ビルへ建て替えが行われます。建替え後のビルには再び展望台が入ることはないようですが、高層部には約140室の国際水準のホテルが配置されます。



世界貿易センタービル既存本館・別館解体

 建築物等の解体等の作業に関するお知らせです。



世界貿易センタービル

 昨日撮影した「世界貿易センタービル」です。8月1日から解体工事が開始されますが、いきなりビル本体の解体は始まらないので解体開始から数ヵ月ははこの姿を見ることができると思います。



世界貿易センタービル

 国内の解体された超高層ビルで最も高かったのは「グランドプリンスホテル赤坂」、で地上40階、高さは138.9mでしたが、ここがその記録を塗り替えます。ちなみに赤プリは大成建設が開発した「テコレップシステム」で解体されました。鹿島建設には「鹿島カットアンドダウン工法」というだるまおとしのように建物を足元から解体する解体工法がありますが、ここはどういった解体工法が使われるのでしょうね。

▼赤プリの解体工事を定点観測した動画
【定点観測】赤プリ解体工事【テコレップシステム】



世界貿易センタービル

 2階には結構広いデッキがありますが7月1日に閉館するためそれと同時に封鎖されると思います。もし、閉館後もデッキ部分を通れる状態が続いたとしても8月1日の解体開始時には確実に封鎖されると思います。行くなら今のうちです。



世界貿易センタービル

 左のガラスカーテンウォールのオフィスビルは「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.321m)で、建て替え後のビルはこれと同じ高さで計画されていましたが、高層部にホテルを追加して高さ約235mへと規模拡大となっています。



世界貿易センタービル

 「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」から撮影。ここから浜松町駅までペデストリアンデッキで接続されるようになるので、将来的には新しい「世界貿易センタービル」とも接続されることになりそうです。



世界貿易センタービル

 ズームです。茶色の最上部が高さ152mで最上部の白い塔屋部分の高さが162.59mだと思います。長年超高層ビルブログをやっていますが、高さに関してはどこの高さなのかはっきりとわからないことがほとんどです。



世界貿易センタービル

 「世界貿易センタービル」が竣工したのは1970年3月で当時は高さ日本一でしたが約51年で解体となります。ちなみにビルを建設したのは鹿島建設で、解体工事も鹿島建設となります。



世界貿易センタービル

 解体されるという話を聞いたのはいつだったか忘れるくらい何年も前ですが、いよいよ本当に解体されることになりますね。



世界貿易センタービル

 ここは最上階にあった展望台「シーサイドトップ」は入場料620円と安かったこともあり竹芝の再開発などを撮るのに何度も行っていました。地下の食堂はコミケの打ち上げに使ったりもしていました。



世界貿易センタービル

 赤プリをはじめとして超高層ビルの解体はいくつも見てきましたが、他のビルは見るだけで利用することはなかったのでそこまで寂しさは感じませんでしたが、こういった利用していた超高層ビルが解体されてしまうのは寂しいものがありますね。



世界貿易センタービル

 店舗は全部撤退したのか全て黒いテープが貼れていました。



世界貿易センタービル

 ビルの中に入ると引っ越しらしき作業が行われていました。



世界貿易センタービル

 まだまだ現役で使えそうなビルに見えますが、築51年もなるとやっぱり今の時代にはそぐわないんでしょうね。



(仮称)浜松町二丁目4地区A街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせはまだ規模拡大前のものでした。

■物件概要(建て替え前)■
名称:世界貿易センタービル
所在地:東京都港区浜松町二丁目4-1
用途:オフィス、ホール、店舗、展示場、バスターミナル
階数:地上40階、地下3階
高さ:152m(最高高さ162.59m)
構造:鉄骨造(高層部)、鉄骨鉄筋コンクリート造(低層部および地下)
敷地面積:16,080.99
建築面積:9,573.17
延床面積:153,941.22
建築主:東京ターミナル(現:世界貿易センタービルディング)
設計者:日建設計、武藤研究室(武藤構造力学研究所)
施行者:鹿島建設
工期:1967年8月着工〜1970年3月竣工

■物件概要(建て替え後)■
計画名称:(仮称)浜松町二丁目4地区A街区(A棟)
所在地:東京都港区浜松町二丁目5番22,37,48他
用途:バスターミナル、タクシープール、ステーションコア、事務所、店舗、駐車場、駅舎、ホテル等
階数:地上46階、塔屋2階、地下3階
高さ:約235m
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:約21,100
建築面積:約18,200
延床面積:約314,000
建築主:世界貿易センタービルディング、鹿島建設、東京モノレール、東日本旅客鉄道
設計者:鹿島建設
施行者:未定
工期:2021年8月(解体含む)〜2027年2月竣工予定(A街区)

高さ221.55m「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の建設状況!メゾネットタイプでプール付きの部屋もあるようです(2021.5.30)

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 森ビルによる高さ日本一のタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、高さ215.25m、最高高さ221.55m)です。2021年1月31日竣工予定で建設が進められていますが、地下1階で火災が発生したことが影響したのか2022年1月31日と工期が1年ほど伸びています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 開発が進む「虎ノ門ヒルズ」の住宅棟でこの「虎ノ門ヒルズ 森タワー」とはペデストリアンデッキで接続されます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 完成時には高さ日本一のタワーマンションとなりますが、同じ森ビルによる大規模再開発「虎ノ門・麻布台プロジェクト(虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」で建設中のタワーマンションが地上64階、高さ262.83mと地上54階、高さ237.20m規模となるのでこれらに抜かれます。また、数日前に概要が明らかになった「日本橋一丁目東地区」の住宅棟が地上52階、高さ約225m規模で計画されているため、規模縮小がなければこれに抜かれます。また新宿ではツインタワーとなる「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」(地上65階、高さ235m)もあり計画通りに建設されるとこちらにも抜かれることになります。

 ただ虎ノ門・麻布台プロジェクト以外は計画段階のため、少しの期間だけタワーマンションの高さ日本1位となったあとはしばらくの間は日本3位が続きます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 フロア構成の詳細はは後半に載せていますが4-11階がサービスアパートメントで12階以上が一般のレジデンスフロアとなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 建築物環境計画書制度で概要を見ると分譲391戸、賃貸160戸となっていますが、公式HPでは総戸数547戸となっており微妙な誤差があります。ただ、店舗区画が4区画あるのでそれを賃貸の戸数に含めると総戸数はそろいます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕神社車道と一緒に撮影。右側の仮囲い部分は「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の敷地に含まれます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕山のトンネルを通る道路がある交差点から撮影。左が「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」で右が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)です。

 ところで手前の仮囲いがある一帯では愛宕一丁目地区埋蔵文化財発掘調査工事が行われていますが、この辺りは2014年に「(仮称)愛宕山周辺地区(F・G地区)」として森ビルが高さ約160mの超高層ビルを建設するという情報がありました。ただ、今は別の事業者によって開発が進められることになったようです。たぶん今年中に情報は出ると思うのでそのときにお伝えします。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 愛宕山を登ったところから撮影。レジデンシャルタワーの高さ約222mのため森タワーの高さ255.5mに負けない存在感があります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 先ほどの写真に写っていた愛宕神社車道を少し下りたところから撮影。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 坂をさらに下りて行くとグルグル巻きになった設置されたばかりの鳥居がありました。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 この鳥居の先には「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」のデッキがあります。つまり「虎ノ門ヒルズ」と愛宕山はペデストリアンデッキで接続されることになります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 デッキ前には階段状の広場の建設工事が進められています。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 森タワー側から見た様子です。火災の影響で工期が伸びたのかと思っていましたが、まだ工事は続いているようなので他の要因もあって工期が伸びたのかもしれないですね。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

 森タワーとは既にペデストリアンデッキが接続されていますが通行はまだできません。ここが通れるようになると愛宕山へのアクセスが格段に良くなります。出世の階段で愛宕山を登りたい人には関係ない道になりますが。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 そのデッキ部分の完成予想図です。いつの間にかオープンしていた「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の公式HPに掲載されていました。

▼公式HP
https://www.toranomonhills-residentialtower.com/



虎ノ門ヒルズ 構成図
虎ノ門ヒルズ 構成図[出典:公式HP]

 その公式HPに掲載されていた「虎ノ門ヒルズ」の構成図です。各ビルは左から順に以下のようになっており高さ220m超えの超高層ビルが3棟建ち並びます。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(地上49階、最高高さ265.75m)



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 高さ255.5mと高さ265.75mの超高層ビルの隣では高さ221.55mのレジデンシャルタワーも小さく見えてしまいます。



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」が完成した頃はポツンと超高層ビルがある感じでしたが巨大な超高層ビル群となりますね。他にも周辺では超高層ビルの建設が進んでいるので虎ノ門エリアの超高層ビル群は迫力ある光景となりそうです。



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:公式HP]

 「愛宕グリーンヒルズフォレストタワー」から撮影した写真に合成したと思われる「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
住戸概要[出典:公式HP]

 「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の住戸概要です。

 フロア構成は4〜11階にサービスアパートメント、12〜42階に1BR〜4BR、328戸のスイート、41階にゲストハウス ゲストルーム、ゲストハウス リビング・ダイニング、42階にスカイサロン、スカスイート専用フロント、そして43階〜54階が2BR〜5BR、59戸のスカイスイートとなります。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー ゲストハウス リビング・ダイニング
ゲストハウス リビング・ダイニング[出典:公式HP]

 41階にはゲストハウス ゲストルームが2部屋。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー ゲストハウスダイニング
ゲストハウスダイニング[出典:公式HP]

 約210屬離僉璽謄などに利用可能なゲストハウス リビング・ダイニングが配置されます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー スカイサロン
スカイサロン[出典:公式HP]

 43階以上のスカイスイートに住む方の専用ラウンジのスカイサロンです。42階に設置されコーヒーやソフトドリング、スナックなどが用意されているとのことです。まだ、1階にある虎ノ門ヒルズキッチンからルームサービスも利用可能とのことです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
メゾネットタイプの角部屋[出典:公式HP]

 これはスカイスイートの部屋になるのでしょうか?吹き抜けの豪華な部屋も用意されているようです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
プールのある部屋[出典:公式HP]

 これもスカイスイートでしょうか?プライベートプールのある部屋もあるようです。特に何の説明もなく居室のページに掲載されていたので共用施設ではないと思います。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
プールのある部屋[出典:公式HP]

 10億円超えの部屋が多数あるようですがこれを見ると納得です。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 販売概要

 公式HPの販売概要を見ると専有面積が227.00屐1277.73屬噺たことのない広さの部屋まで用意されているようです。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 問い合わせフォーム

 問い合わせフォームを見ると予算の欄が2億円スタートで20億円以上まであります。1277.73屬良屋の販売価格は20億円を軽く超えて日本最高額になっても不思議ではないですね。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 問い合わせフォーム

 世帯年収は30億円以上まで用意されています。世帯年収が30億円以上って日本に何人いるんですかね?異次元過ぎます。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 駐車場・駐輪場

 ちなみに駐車場は機械室が月額6万〜7万円、自走式が月額9万円〜17万円となっています。駐輪場にはプレミアム駐輪場なるものがあって月額1万5000円となっています。毎月安い自転車が買えてしまいます。。



虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
総戸数;551戸(分譲391戸、賃貸160戸)
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2021年1月31日竣工予定

「日本橋一丁目1・2番地区」の概要判明!地上27階、高さ140mオフィスビルを建設へ

日本橋一丁目1・2番地区 完成イメージ
完成イメージ[出典:日刊建設工業新聞]

 東京都中央区日本橋で計画されている再開発「日本橋一丁目東地区」と「日本橋一丁目1・2番地区」の概要が建設系新聞に掲載されました。ここではそのうち「日本橋一丁目1・2番地区」の概要について載せます。

 「日本橋一丁目1・2番地区」はA街区からD街区まで分かれており、区域面積約0.8ha、総延べ約9万といった規模で計画されています。事業者の日本橋一丁目1・2番街区再開発準備組合には三井不動産、東急不動産が事業協力者として参画しており、都市ぷろ計画事務所がコンサルタント、そして関係権利者に清水建設が加わっています。8月の都市計画原案、10月の都市計画案公表を経て、12月の都市計画審議会に諮り、2022年1月の都市計画決定を目指します。

 A街区は地上27階、地下3階、高さ約140m、延べ8万4000屐∋務所、店舗、文化体験施設で構成されるオフィスビルが建設されます。2027年度着工、2032年度竣工予定となっています。

 B街区は地上7階、700屐C街区は地上5階、1600屐D街区は平屋40屬濃務所や店舗などで構成されます。B街区は2032年度竣工、C、D街区は2034年度の竣工予定となっています。

 完成予想図は首都高地下化後の様子で、日本橋川側へには広場のようなスペースも設けられるようです。また、奥には「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)や「日本橋一丁目東地区」のビルも描かれています。

▼日刊建設工業新聞(2021年6月10日)
東京・日本橋一丁目の2地区再開発/東地区は39万平米、1・2番地区は9万平米に

▼建設通信新聞(2021年6月10日)
日本橋一丁目再開発計画/東地区に40万峪楡澤/1・2番地区は延8.6万

▼当ブログの日本橋一丁目東地区の記事
「日本橋一丁目東地区」の概要判明!地上40階、高さ240mオフィスビルと地上52階、高さ225mタワマンを建設へ



日本橋一丁目1・2番地区

 2020年12月18日の日本橋の空撮写真に「日本橋一丁目1・2番街区市街地再開発事業」の計画地に赤い網掛けをしました。首都高沿いの写真上側では「八重洲一丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約233m)が計画されており、日本橋の超高層ビル群と東京駅周辺の超高層ビル群が完全に繋がることになります。



日本橋一丁目1・2番地区

 少し広角でもう1枚。左下の赤い網掛けをした場所が「日本橋一丁目東地区」で地上40階、高さ約240mの事務所棟と地上52階、高さ約225mの住宅棟が計画されています。

 そして両地区の間は「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)の計画地となっており現在は既存ビルの解体工事が行われています。また、写真右下では「日本橋室町一丁目地区」(地上36階、高さ180m)の超高層ビルが計画されています。これからは日本橋の時代がやってきます。



日本橋一丁目1・2番地区

 永代通りと中央通りが交差する日本橋交差点から撮影した「日本橋一丁目1・2番地区」方面です。永代通り沿いの新しいビルは敷地に含まれずその裏一帯が敷地となっています。



日本橋一丁目1・2番地区

 こちらの緑色の看板があるビルからが計画地です。



日本橋一丁目1・2番地区

 地名ではなくブリッジの日本橋の付け根から撮影。このあたりのビル群が計画地です。



日本橋一丁目1・2番地区

 日本橋から日本橋川と一緒に撮影。今は目の前に首都高がありますが地下化され高架ごと撤去されます。



日本橋一丁目1・2番地区

 反対側の完成予想図と同じ側から撮影。護岸壁は整備したばかりなのかキレイでした。



日本橋一丁目1・2番地区

 中央通り側以外は路地しかないので撮影しにくい場所です。首都高地下化が終われば日本橋川の対岸から撮影できますがまだまだ先の話しです。

■物件概要(A街区)■
事業名:日本橋一丁目1・2番地区市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、カンファレンス
階数:地上27階、地下3階
高さ:約140m
敷地面積:3590
延床面積:約8万4000
事業者:日本橋一丁目1・2番地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、東急不動産
コンサルタント:都市ぷろ計画事務所
関係権利者:清水建設
工期:2027年度着工〜2034年度竣工予定

「日本橋一丁目東地区」の概要判明!地上40階、高さ240mオフィスビルと地上52階、高さ225mタワマンを建設へ

日本橋一丁目東地区 完成イメージ
完成イメージ[出典:日刊建設工業新聞]

 東京都中央区日本橋で計画されている再開発「日本橋一丁目東地区」と「日本橋一丁目1・2番地区」の概要が建設系新聞に掲載されました。ここではそのうち「日本橋一丁目東地区」の概要について載せます。

 「日本橋一丁目東地区」はA街区からE街区まで分かれており、区域面積約3.6ha、総延べ約39万屬箸い辰慎模で計画されています。事業者の日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合には三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設の4社が事業協力者として参画しており、日本設計がコンサルタントを務めています。8月の都市計画原案、10月の都市計画案公表を経て、12月の都市計画審議会に諮り、2022年1月の都市計画決定を目指します。

 A街区は地上40階、地下4階、高さ約240m、延べ27万4000屐∋務所、店舗、カンファレンスで構成される事務所棟が建設されます。2026年度着工、2030年度竣工予定となっています。

 B街区は地上52階、地下3階、高さ約225m、延べ12万屐⊇斬陲篝験荵抉膸楡澆嚢柔される住宅棟が建設されます。2031年度着工、2034年度竣工予定となっています。

▼日刊建設工業新聞(2021年6月10日)
東京・日本橋一丁目の2地区再開発/東地区は39万平米、1・2番地区は9万平米に

▼建設通信新聞(2021年6月10日)
日本橋一丁目再開発計画/東地区に40万峪楡澤/1・2番地区は延8.6万

▼当ブログの日本橋一丁目1・2番地区の記事
「日本橋一丁目1・2番地区」の概要判明!地上27階、高さ140mオフィスビルを建設へ



日本橋一丁目東地区

 これは2020年12月18日の日本橋の空撮で「日本橋一丁目東地区市街地再開発事業」の計画地に赤い網掛けをしました。複数の情報があり正確な敷地の範囲が不明ですが、右側の首都高沿いの建物も計画地に含まれている可能性があります。

 計画地は昭和通り沿いの長細い敷地で北側(写真上側)が地上52階、高さ約225mの住宅棟が計画されているB街区で、南側(写真下側)が地上40階、高さ約240mの事務所棟が計画されているA街区となります。都営浅草線「日本橋」駅に隣接している場所のため駅直結になる可能性もあります。

 残りのC街区〜E街区は北側の日本橋川を超えたところ江戸橋ジャンクションあたりになるようですが場所の詳細は不明です。C街区には平屋250屐D街区には2階建て150屐E街区には2階建て250屬両規模な建物となり公共・公益施設が配置されます。



日本橋一丁目東地区

 東京駅方面側からの空撮です。手前は「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)の計画地となっており現在は既存ビルの解体工事が行われています。将来的には高さ200mオーバーの超高層ビルが3棟密集して並びます。



日本橋一丁目東地区

 昭和通りと永代通りが交差する江戸橋一丁目交差点から見た「日本橋一丁目東地区」方面です。こちら側が地上40階、高さ約240mの事務所棟が計画されているA街区となりますが、2026年度着工予定のためまだ数年間はこの景色が続きそうです。



日本橋一丁目東地区

 茅場町方面から撮影。右側の建物も計画地に含まれるのかどうかは今後正式に計画が公表されたときにわかるかと思います。



日本橋一丁目東地区

 地上52階、高さ約225mの住宅棟が計画されているB街区方面です。日本橋郵便局がある場所がそのままB街区になるものと思われます。

 東京で出てくる再開発を見ていると着工時期が遅れることは多々ありますが、規模は少し縮小されることはあっても誤差の範囲程度でそのまま建設されることがほとんどです。着工まではまだまだ先ですが、その間にも次々と再開発計画が出てくると思うので2035年頃にはどんな超高層ビル群になっているのか楽しみです。

■物件概要(A街区)■
事業名:日本橋一丁目東地区市街地再開発事業(A街区)
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、カンファレンス
階数:地上40階、地下4階
高さ:約240m
延床面積:約27万4000
事業者:日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設
コンサルタント:日本設計
工期:2026年度着工〜2030年度竣工予定

■物件概要(B街区)■
事業名:日本橋一丁目東地区市街地再開発事業(B街区)
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:住宅、サービスアパートメント、生活支援施設
階数:地上52階、地下3階
高さ:約225m
延床面積:約12万
事業者:日本橋一丁目東地区市街地再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、東急不動産、日鉄興和不動産、清水建設
コンサルタント:日本設計
工期:2031年度着工〜2034年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。

YouTube
主に東京スカイツリーや超高層ビルに関する動画を載せています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
スポンサーリンク
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク