みなとみらい21中央地区60・61街区 イメージパース
イメージパース[出典:横浜市]

 横浜市の市有地「みなとみらい21中央地区60・61街区」について、開発事業者を公募した結果、事業予定者がケン・コーポレーションを代表企業としたグループに決定したことが発表されました。場所はケン・コーポレーションによるKアリーナ隣接地で、地上27階、高さ100mの商業、ミュージアム、ホテル、オフィスで構成される複合施設と、地上13階、高さ64.25mの専門学校が建設されます。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




みなとみらい21中央地区60・61街区 街区詳細図
街区詳細図[出典:横浜市]
 「みなとみらい21中央地区60・61街区」はケン・コーポレーションによるKアリーナの隣接地で、東区画と西区画に分かれており、両区画を合わせた敷地面積は2万3131.72屬播效呂稜箋儔然覆220億4163万7695円となっています。

 東区画に建設される東棟の規模は地上27階、塔屋1階、地下1階、高さ100m、延床面積12万9325屐∪抄莢茲坊設される西棟の規模は地上13階、塔屋1階、地下1階、高さ64.25m、延床面積2万5835屬箸覆辰討り、事業予定者はケン・コーポレーション(代表企業)、SMFLみらいパートナーズ、鹿島建設、岩崎学園で、2026年3月に着工し、西棟は2028年8月、東棟は2029年2月竣工予定となっています。

 東棟のオフィス部のフロア構成は1〜2階が商業施設、3階が共用部、4〜21階が賃貸オフィスとなり、ホテル部のフロア構成は1階がエントランス、2階がロビー、ギャラリー、3階がレストラン、4〜5階が機械室、6〜27階がホテルとなり、ミュージアムは1〜7階となります。中央の低い建物が1〜2階の商業施設になります。

 西棟は岩崎学園が運営する専門学校となり、1階がラウンジ、2〜13階が教室、実習室等となります。




みなとみらい21中央地区60・61街区 位置図
位置図[出典:横浜市]

 場所は横浜駅の東側(海側)に位置しており、最寄駅はみなとみらい線「新高島」駅となります。隣接地にはKアリーナなどがあるケン・コーポレーションによる「Music Terrace」があり、同街区に建設される建物とはデッキで接続します。また、隣接地には「横浜アンパンマンこどもミュージアム」もあります。




みなとみらい21中央地区60・61街区

 「みなとみらい21中央地区60・61街区」の東棟(地上27階、高さ100m)の計画地です。一時期は横浜市による劇場が計画されていたこともありました。



みなとみらい21中央地区60・61街区

 現在は特に建物は何もなく、Kアリーナやヒルトン横浜など「Music Terrace」全体が見えるようになっています。



みなとみらい21中央地区60・61街区

 敷地内には斜めに貫く仮設通路が整備されています。



みなとみらい21中央地区60・61街区

 Kアリーナのデッキから撮影した「みなとみらい21中央地区60・61街区」です。みななとみらいのタワマン群を見渡せる場所となっています。



みなとみらい21中央地区60・61街区

 同じ場所から撮影した「横浜アンパンマンこどもミュージアム」です。この右側にある駐車場部分が西棟の建設地で、地上13階、高さ64.25mの専門学校になります。



みなとみらい21中央地区60・61街区

 少し場所を移動してもう1枚。今はみなとみらいのタワマン群を眺めるのに良い場所となっています。



みなとみらい21中央地区60・61街区

 この正面あたりに1〜2階の商業施設が配置されます。今はKアリーナによる混雑が話題になることがありますが、商業施設などができるとある程度は人の流れが分散そうですね。









街区名:みなとみらい21中央地区60・61街区
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目2番1ほか
交通:みなとみらい線「新高島」駅
   みなとみらい線「みなとみらい」駅
   JR・京急・東急・相鉄・みなとみらい線・市営地下鉄「横浜」駅
用途:オフィス、ホテル、ミュージアム、商業施設(東棟)
   専門学校(西棟)
階数:地上27階、塔屋1階、地下1階(東棟)
   地上13階、塔屋1階、地下1階(西棟)
高さ:100m(東棟)
   64.25m(西棟)
敷地面積:23,131.72
建築面積:−
延床面積:129,325屐陛貪錙
     25,835屐弊湘錙
構造:−
事業予定者:ケン・コーポレーション(代表企業)、SMFLみらいパートナーズ、鹿島建設、岩崎学園
設計者:−
施工者:−
工期:2026年3月着工〜2028年8月西棟竣工予定、2029年2月東棟竣工予定




▼横浜市(2024年2月5日)
みなとみらい21中央地区60・61街区の事業予定者が決定しました

▼横浜市(2024年2月5日)
60・61街区(令和5年度)