(仮称)心斎橋プロジェクト 建物外観
建物外観[出典:ヒューリック]

 心斎橋で建設中の「(仮称)心斎橋プロジェクト」(地上28階、高さ132.6m)の完成予想図です。低層部に商業施設、中層部にオフィス、高層部にホテルが入る心斎橋駅直結の複合施設となります。この記事では同プロジェクトの概要や建設状況(2023年10月22日時点)、地図等を載せています。




(仮称)心斎橋プロジェクト 建物外観
建物外観[出典:ヒューリック]

 「(仮称)心斎橋プロジェクト」は御堂筋と長堀通に面した「心斎橋」駅直結の再開発で、規模は地上28階、塔屋1階、地下2階、高さ132.6m、敷地面積約3,289屐建築面積約3,004屐延床面積約4万6284屬箸覆辰討い泙后7築主はヒューリック、竹中工務店、JR西日本不動産開発、心斎橋開発特定目的会社、設計者と施工者は竹中工務店で2026年2月の竣工予定です。

 建物デザインは大阪「心斎橋」の華やかな文化やイメージをこの場所に結晶化させ、時代を超えて場所の力を映し出す「Quartz」が外観コンセプトとなっています。高層部は上昇感を生み、ランドマーク性を強調するデザインとし、中層部、低層部はボリュームを分節させて街並みになじむデザインとなっています。



(仮称)心斎橋プロジェクト 断面図
断面図[出典:ヒューリック]

 地下2階〜地上6階は店舗フロアとなり、御堂筋・長堀通に面したメゾネット店舗にはラグジュアリーブランドの誘致が計画されています。中層部の8階〜14階は1フロア約268坪のオフィスフロアとなります。

 そして高層部の16階〜28階にはヒューリックグループが運営する「ザ・ゲートホテル」が関西エリアの旗艦店として開業します。総客室数は223室で総定員数は584名となっています。また、最上階の地上約120m地点にはルーフトップバーも設置されます。



(仮称)心斎橋プロジェクト 屋外テラス
屋外テラス[出典:ヒューリック]

 8階のオフィスロビーは御堂筋を望める屋外テラスと接続します




(仮称)心斎橋プロジェクト 位置図
位置図[出典:ヒューリック]

 計画地は「心斎橋プラザビル(本館・東館・新館)」および「心斎橋フジビル」があった場所で、大阪メトロ御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅に直結します。




(仮称)心斎橋プロジェクト

 2023年10月22日に長堀通沿いの南東側から撮影した「(仮称)心斎橋プロジェクト」(地上28階、高さ132.6m)の建設地です。タワークレーンが1基設置されていました。



(仮称)心斎橋プロジェクト

 御堂筋と長堀通が交差する新橋交差点から撮影。これら御堂筋・長堀通に面した場所にはメゾネット店舗が配置されます。計画ではラグジュアリーブランドを誘致することになっています。



(仮称)心斎橋プロジェクト

 御堂筋沿いの北西側から撮影。



(仮称)心斎橋プロジェクト

 路地を入った北東側から撮影。目立ちそうなデザインのため、新たな心斎橋のシンボルの一つになりそうです。









(仮称)心斎橋プロジェクト 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。



(仮称)心斎橋プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。建築主に名を連ねていたパルコが心斎橋開発特定目的会社に変更になっています。

■物件概要■
計画名:(仮称)心斎橋プロジェクト
所在地:大阪府大阪市中央区南船場三丁目8番4他(地番)
交通:大阪メトロ御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅 直結
用途:店舗、宿泊施設、事務所
総客室数:223室
階数:地上28階、塔屋1階、地下2階
高さ:132.6m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、制振構造
敷地面積:約3,289
建築面積:約3,004
延床面積:46,284.74
建築主:ヒューリック、竹中工務店、JR西日本不動産開発、心斎橋開発特定目的会社
設計者:竹中工務店 大阪一級建築士事務所
施工者:竹中工務店
工期:2023年1月着工〜2026年2月竣工予定




▼ヒューリック:ニュース(2023年1月17日)
「(仮称)心斎橋プロジェクト」建築工事着手のお知らせ −大阪「心斎橋」に新たなランドマークとなるエリア最大級の複合施設を開発−

▼ヒューリック:ニュース(2022年5月10日)
「(仮称)心斎橋プロジェクト」について −大阪「心斎橋」に新たなランドマークとなるエリア最大級の複合施設を開発−