TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟

 JR「高輪ゲートウェイ」駅エリアのタワーマンション「TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟」(地上44階、高さ172.12m)の建設地です。2023年11月3日にJR京浜東北線の車内から撮影しました。低層部にインターナショナルスクールが併設される賃貸タワマンとなり、南隣では隈研吾氏デザインによる「TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟」(地上6階、高さ44.98m)も建設中です。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。





TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟 完成予想図
住宅棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 「TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟」はJR「高輪ゲートウェイ」駅エリアの大規模再開発「TAKANAWA GATEWAY CITY高輪ゲートウェイシティ)」の1街区のタワーマンションで、規模は地上44階、塔屋2階、地下2階、高さ172.12m、敷地面積1万2705.97屐建築面積5,905.14屐延床面積14万8294.34屐∩躙与847戸となっています。建築主はJR東日本、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)、施工者はフジタで2026年3月31日の竣工予定です。

 同タワマンはエクスパッツ(外国人ビジネスワーカー)にも対応したテラス型住宅も含む国際水準の高層高級賃貸住宅で、低層部にはインターナショナルスクールが併設されます。



TAKANAWA GATEWAY CITY 完成予想図
完成予想図[出典:JR東日本]

 「TAKANAWA GATEWAY CITY高輪ゲートウェイシティ)」は「品川開発プロジェクト(第鬼)」として大きく1〜4街区に分けて建設が行われており、右側の田町駅方面から順に1街区の住宅棟(地上44階、高さ172.12m)、2街区の文化創造棟(地上6階、高さ44.98m)、3街区の複合棟(地上31階、高さ166.86m)、4街区の複合棟(地上30階、高さ161.43m)となっています。1街区から4街区は南北約1.1kmのデッキで繋がり、4街区(複合棟)ではJR高輪ゲートウェイ駅に接続します。



TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟 インターナショナルスクール完成予想図
住宅棟 インターナショナルスクール完成予想図[出典:JR東日本]

 住宅棟に併設されるインターナショナルスクールは、幼稚園年長から高校1年程度となる11学年、各学年2クラス40名、最大440名規模で計画されています。




TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟 完成予想図
文化創造棟 完成予想図[出典:JR東日本]

 「TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟」はJR「高輪ゲートウェイ」駅エリアの大規模再開発「TAKANAWA GATEWAY CITY高輪ゲートウェイシティ)」の2街区に位置する隈研吾氏デザインのビルで、規模は地上6階、塔屋1階、地下3階、高さ44.98m、敷地面積7,977.31屐建築面積5,209.17屐延床面積は2万8952.55屬箸覆辰討い泙后7築主はJR東日本、設計者は品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)、デザインアーキテクトは隈研吾氏、施工者は鹿島建設で2026年3月31日の竣工予定です。

 文化創造棟は緑と木によって形成されたスパイラルによって建物全体で日本の四季が表現されており、展示施設、ホール等を備えた文化育成・交流・発信の拠点となります。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟 屋上庭園完成予想図
文化創造棟 屋上庭園完成予想図[出典:JR東日本]

 東側には足湯と水盤がある屋上庭園が整備されます。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟 エントランス完成予想図
文化創造棟 エントランス完成予想図[出典:JR東日本]

 エントランスは文化創造棟らしいデザインとなっています。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟 畳エリア完成予想図
文化創造棟 畳エリア完成予想図[出典:JR東日本]

 約200屬両エリアの完成予想図です。他にも約1500屬療玄┝爾筺¬1200席のライブホール、約300屬離ルタナティブスペースも整備されます。

 同施設ではプログラムのキーワードを「文化を生み出す」「未来をつくる」「伝統をつなぐ」とし、日本全国および世界と連携した自主企画プログラムが展開されます。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟 3階テラスから高輪築堤跡を眺めるイメージ
文化創造棟 3階テラスから高輪築堤跡を眺めるイメージ[出典:JR東日本]

 文化創造棟は北側に整備される公園と一体となった建物となり「TAKANAWA GATEWAY CITY」全体では約4haのオープンスペースが整備され、そのうち約2.7haが東海道五十三次に着想を得た「53 Playable Park」をコンセプトに在来種を基調とした緑に彩られます。



TAKANAWA GATEWAY CITY 公園地下から高輪築堤跡を眺めるイメージ
公園地下から高輪築堤跡を眺めるイメージ[出典:JR東日本]

 その公園には建設地から出土した「高輪築堤」の見学スペースが設けられます。



TAKANAWA GATEWAY CITY 完成予想図
完成予想図[出典:現地看板]

 現地看板を撮影した文化創造棟と住宅棟の完成予想図です。他と比べると高さはありませんが異彩を放つ存在感のある建物となりそうです。




TAKANAWA GATEWAY CITY 位置図

 各街区の位置図です。「TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟」は北端となる1街区、「TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟」は2街区に位置しており、1街区〜4街区は南北約1.1kmのデッキで接続され、4街区からはJR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅に接続します。

 また、3街区の西隣(図の上)に建設される「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」を経由することで都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅にも接続します。




TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟

 2023年11月3日に南側から撮影した「TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟」(地上44階、高さ172.12m)の建設地です。タワークレーンが4基並んでいる場所が建設地です。



TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟

 JR京浜東北線の電車内から撮影。



TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟

 見た感じでは地上部の建設が始まるのはまだ先になりそうです。




TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟

 2023年11月3日にお化けトンネルに繋がる仮設通路から撮影した「TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟」(地上6階、高さ44.98m)の建設地です。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟

 ここに建設されるビルは隈研吾氏によるデザインで、見るだけでも楽しめる建物になりそうです。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟

 JR京浜東北線の電車内から撮影。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟

 こちらも地上部の建設が始まるのはまだまだ先になりそうです。



TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟

 こちら側には公園と、その周りを通る道路が整備されます。また、奥のビル側には住宅棟と文化創造棟を繋ぐデッキが整備されます。














TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟 建築計画のお知らせ

 1街区の住宅棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 1街区:住宅棟■
仮称:TAKANAWA GATEWAY CITY 住宅棟
計画名:品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目、三田3丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅
   都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:共同住宅、インターナショナルスクール、物販店舗、飲食店、自動車車庫 等
総戸数:847戸
階数:地上44階、地下2階、塔屋2階
高さ:172.12m
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,705.97
建築面積:5,905.14
延べ面積:148,294.34
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:フジタ
工期:2021年6月1日着工〜2026年3月31日竣工予定




TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟 建築計画のお知らせ

 2街区の文化創造棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 2街区:文化創造棟■
仮称:TAKANAWA GATEWAY CITY 文化創造棟
計画名:品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目
交通:JR山手線・京浜東北線「高輪ゲートウェイ」駅
   都営浅草線・京急本線「泉岳寺」駅
主要用途:集会場、展示場、飲食店、自動車車庫、自転車駐車場
階数:地上6階、地下3階、塔屋1階
高さ:44.98m
構造:鉄骨造、一部鉄鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,977.31
建築面積:5,209.17
延べ面積:28,952.55
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川開発プロジェクト(第鬼)設計共同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
デザイナー:外装デザインアーキテクト/隈研吾建築都市設計事務所
施工者:鹿島建設
工期:2022年7月1日着工〜2026年3月31日竣工予定




▼公式HP
TAKANAWA GATEWAY CITY

▼JR東日本:ニュースリリース(2023年5月31日)
高輪築堤跡これからの 100 年に向けて 〜「 TAKANAWA GATEWAY CITY 」 のまちづくりの中での高輪築堤の継承

▼JR東日本:ニュースリリース(2023年5月16日)
未来への実験場「TAKANAWA GATEWAY CITY」〜100年先の心豊かなくらしに向けて多様なパートナーとつくりあげる環境先導のまちづくり

▼JR東日本:ニュースリリース(2023年5月16日)
JR東日本とKDDI、未来への実験場「TAKANAWA GATEWAY CITY」で共創〜街の設備や人のデータを収集・分析し、魅力ある分散型スマートシティを実現〜

▼JR東日本:ニュースリリース(2022年4月21日)
高輪ゲートウェイシティ(仮称)のまちづくりについて

▼JR東日本:ニュースリリース(2019年4月22日)
品川開発プロジェクト(第鬼)が都市計画決定されました 〜高輪ゲートウェイ駅周辺のまちづくりが本格始動します〜