赤坂トラストタワー

 赤坂で建設中の複合施設「赤坂トラストタワー」(地上43階、高さ209.14m)です。2023年9月17日に撮影しました。建設地は「赤坂ツインタワー」跡地で、高層部にホテルとサービスアパートメントが入る超高層オフィスビルとなり、地下通路で接続する「ATT新館」経由で溜池山王駅に直結します。この記事では同ビルの概要や建設状況、地図等を載せています。




赤坂トラストタワー 建物外観
建物外観[出典:NTT都市開発]

 「赤坂トラストタワー」は「赤坂ツインタワー」跡地の再開発で、左側の鉄塔がある「NTT赤坂営業所」も含めて「東京ワールドゲート赤坂」といった街区になります。

 「赤坂トラストタワー」の規模は地上43階、塔屋2階、地下3階、高さ209.14m、敷地面積1万3102.25屐建築面積6,670.42屐延床面積20万9283.91屐建築主は森トラストとエヌ・ティ・ティ都市開発、設計者と施工者は大成建設で2024年8月に第1期竣工・開業、2025年10月に第2期竣工予定となっています。第1期竣工はビル本体、第2期竣工は外構も含めた全体の完成時期と思われます。



赤坂トラストタワー 断面図
断面図[出典:NTT都市開発]

 「赤坂トラストタワー」のフロア構成は地下1階が車寄せ、駐車場、リムジンバス乗り場、1〜3階が店舗、クリニック、歴史文化発信施設、3階、5階〜36階がオフィスフロア、27階がスカイラウンジ、38階〜43階がホテルとサービスアパートメントになり、38階にはホテルのラウンジとレストランが配置されます。



赤坂トラストタワー 配置図
配置図[出典:森トラスト]

 「赤坂トラストタワー」はL字型のビルとして配置され、地下通路で接続する隣の「ATT新館」経由で「溜池山王」駅や「国会議事堂前」駅に直結します。

 図の左下は既存ビルの「NTT赤坂営業所」で、解体はせずに壁面美装化が実施されます。



赤坂トラストタワー メインエントランス
ウェルカムプラザ[出典:NTT都市開発]

 「赤坂トラストタワー」のメインエントランスです。右のエスカレーターがある場所から溜池山王駅に地下通路で直結します。駅の出入口は屋外に設置されますが、屋根がある場所のため雨の日でも傘なしで駅とのアクセスができます。



赤坂トラストタワー エントランスロビー
エントランスロビー[出典:森トラスト]

 エントランスロビーの完成予想図です。



赤坂トラストタワー 四季の庭
四季の庭[出典:森トラスト]

 敷地内には約5,000屬猟躅爐整備され池も配置されます。また、ビル1階の奥にお神輿のようなものが見えていますが、これは江戸型山車(えどがただし)で展示スペースとなっています。



赤坂トラストタワー 平面図
平面図[出典:森トラスト]

 同ビルには歴史文化発信施設として、江戸型山車の展示スペースの他に「(仮称)江戸ビジターセンター」、歴史・文化イベントが開催できる約500屬離曄璽襦¬1200屬離潺紂璽献▲狹が整備されます。




赤坂トラストタワー 基準階平面図
基準階平面図[出典:森トラスト]

 オフィスフロアは1フロア1025坪のL字型となっており、エレベーターやトイレ、防災備蓄庫などの設備もL字型に配置されます。



赤坂トラストタワー オフィスフロア
オフィスフロア[出典:森トラスト]

 オフィスフロアの核となる中央部には天井スケルトンエリアが設定され、床は全フロアOA床渡しとし、デザインの自由度を最大化しています。



赤坂トラストタワー 内階段
内階段[出典:森トラスト]

 上下階を使用する場合は専用部内に上下フロアを繋ぐ内階段の設置が可能となっています。



赤坂トラストタワー インナーテラス
インナーテラス[出典:森トラスト]

 また、専有部内にはインナーテラスの設置も可能となっており、窓ガラスを外して外気を取り入れることもできます。



赤坂トラストタワー エレベーターホール
エレベーターホール[出典:森トラスト]

 さらにはエレベーターホールや共用廊下もカスタイマイズ可能で、EVホールから専用部まで連続してデザインすることできます。



赤坂トラストタワー スカイラウンジ
スカイラウンジ[出典:森トラスト]

 高さ約150m地点となる27階にはスカイラウンジやカフェ、テラス、物販店などが配置されます。




東京ワールドゲート赤坂 位置図
位置図[出典:NTT都市開発]

 建設地は東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅の南西側で、地下通路で接続する「ATT新館」を経由して「溜池山王」駅まで繋がります。また、ホーム内を通ったりと移動距離はやや長いですが「溜池山王」駅は東京メトロ千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅にも繋がっているので、両駅に直結していると言える立地になっています。他にも東京メトロ千代田線「赤坂」駅や東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅などが徒歩圏に点在しています。




赤坂トラストタワー

 2023年9月17日に北東側となる溜池山王駅方面から撮影した「赤坂トラストタワー」(地上43階、高さ209.14m)です。



赤坂トラストタワー

 内閣総理大臣公邸の南側から撮影。オフィスフロア部とホテル・サービスアパートメント部の境目がよくわかります。



赤坂トラストタワー

 東側から撮影。この撮影場所の背後にアメリカ大使館があるため、ここの道路は常に封鎖して警察官が警備しています。



赤坂トラストタワー

 六本木通りと首都高を超えた南東側となる「ANAインターコンチネンタルホテル東京」前から撮影。途中フロアの窓が黒く見える場所がスカイラウンジのテラス部分かと思われます。



赤坂トラストタワー

 南側から撮影。



赤坂トラストタワーとNTT赤坂営業所

 隣の足場が組まれているビルが「NTT赤坂営業所」(地上7階、高さ34m)で外壁美装化の工事が実施中です。



赤坂トラストタワー.

 南西側から撮影。南側は一方通行の細い路地となっています。



赤坂トラストタワー.

  西側の路地から撮影。



赤坂トラストタワー

 北側の路地から撮影。東側の六本木通り以外は細い路地ばかりの敷地なっています。



赤坂トラストタワー.

 赤坂駅前から撮影。この写真だけ9月24日の撮影です。手前は家賃の安さで話題になることが多い「衆議院赤坂議員宿舎」(地上28階、最高高さ101.9m)で、そことお見合いになる場所には窓が設けられていません。ちなみに議員宿舎の家賃は3LDK、82屬12万4652円だそうです。



赤坂トラストタワー

 六本木ヒルズの展望室から撮影。



赤坂トラストタワー

 ホテル・サービスアパートメント部にズームです。最上部まで同じデザインとなっていますが、上から3フロア分が塔屋で、養生シートで窓が青く見えるフロアがホテル・サービスアパートメント部になります。









赤坂トラストタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:赤坂トラストタワー
街区名:東京ワールドゲート赤坂
計画名:(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
所在地:東京都港区赤坂2丁目1722番1他
交通:東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅
   東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅
用途:事務所、店舗、ホテル、共同住宅、展示施設、診療所、駐車場 等
階数:地上43階、塔屋2階、地下3階
高さ:209.14m
構造:鉄骨造、一部SRC造、一部RC造、中間層免震構造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:13,102.25屐15,735.14屐
建築面積:6,670.42屐7,712.01屐
延床面積:209,283.91屐219,207.71屐
建築主:森トラスト、エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2021年1月15日着工〜2024年8月第1期竣工、2025年10月に第2期竣工予定
開業:2024年8月予定




▼森トラスト
東京ワールドゲート赤坂

▼森トラスト
赤坂トラストタワー

▼NTT都市開発:ニュースリリース(2022年5月12日)
国家戦略特別区域特定事業「(仮称)赤坂二丁目プロジェクト」街区名称を「東京ワールドゲート赤坂」に決定再び出会い、交流するための目的地となる街の実現を推進

▼内閣府:第13回 東京都都市再生分科会 配布資料(2017年12月13日)
第13回 東京都都市再生分科会 配布資料
※ 資料1 都市再生特別地区(赤坂二丁目地区)都市計画の概要