(仮称)晴海三丁目計画新築工事

 晴海で建設中のオフィス&ホテル「(仮称)晴海三丁目計画新築工事」です。2023年9月10日に撮影しました。建設地は晴海通りを挟んだ晴海トリトンスクエアの西側で、左が地上12階、高さ49.15mのホテル棟、右が地上20階、高さ99.71mのオフィス棟です。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。




(仮称)晴海三丁目計画新築工事

 現地電光掲示板に表示されていた「(仮称)晴海三丁目計画新築工事」の完成予想図です。オフィス棟の規模は地上20階、地下2階、高さ99.71m、敷地面積4,705.86屐建築面積2,555.86屐延床面積4万3421.55屬箸覆辰討り、ホテル棟の規模は地上12階、高さ49.15m、敷地面積1,824.27屐建築面積862.96屐延床面積7,550.29屬箸覆辰討い泙后N湘錣侶築主は三菱地所・みずほ銀行、設計者は三菱地所設計、施工者は清水建設・大豊建設で2024年2月29日の竣工予定です。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事

 北東側から見た完成予想図です。建設地は都営大江戸線「勝どき」駅の南東側で晴海通り沿いに位置しており、晴海通りを挟んだ向かい側には「晴海トリトンスクエア」がある立地になっています。




(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟

 2023年9月10日に晴海三丁目交差点から撮影した「(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟」(地上20階、高さ99.71m)です。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟

 タワークレーンは撤去され低層部以外の外観は既に完成していました。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟

 晴海通り沿いの北側から撮影。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟

 北側にある「中央区立 黎明橋公園」内から撮影。左側の超高層ビル群が「晴海トリトンスクエア」です。




(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟

 ビルの西側は壁となっており、オフィスフロアは東側がメインということがわかります。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 オフィス棟

 少し離れた南西側から撮影。晴海エリアでは久しぶりの大型のオフィスビルになります。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 ホテル棟

 晴海三丁目交差点から撮影した「(仮称)晴海三丁目計画新築工事 ホテル棟」(地上12階、高さ49.15m)です。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 ホテル棟

 北側から撮影。



晴海通りの歩道橋

 目の前では晴海通りに架かる歩道橋が建設中です。



晴海通りの歩道橋

 その歩道橋は同再開発ビルに直結します。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 ホテル棟

 路地に面した西側から撮影。



(仮称)晴海三丁目計画新築工事 ホテル棟

 南側から撮影。足場から透けて外観が見えているので、低層部以外の外観はほとんど完成していそうでした。









(仮称)晴海三丁目計画新築工事 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(オフィス棟)■
名称:(仮称)晴海三丁目計画新築工事
所在地:東京都中央区晴海三丁目4,5,6番地
交通:都営大江戸線「勝どき」駅
用途:事務所・物販店舗・駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:高さ99.71m
構造:鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:4,705.86
建築面積:2,555.86
延床面積:43,421.55
建築主:三菱地所・みずほ銀行
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設・大豊建設
工期:2021年6月1日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(ホテル棟)■
名称:(仮称)晴海三丁目計画新築工事
所在地:東京都中央区晴海三丁目4,5,6番地
交通:都営大江戸線「勝どき」駅
用途:ホテル・駐車場
階数:地上12階
高さ:49.15m
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:1,824.27
建築面積:862.96
延床面積:7,550.29
建築主:三菱地所・みずほ銀行
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設・大豊建設
工期:2021年6月1日着工〜2024年2月29日竣工予定