麻布台ヒルズ

 六本木ヒルズの展望室から見た超大規模再開発「麻布台ヒルズ」です。2023年9月17日に撮影しました。高さ日本一の超高層ビル「麻布台ヒルズ森JPタワー」(地上64階、高さ325.49m)の左が高さ日本一のタワーマンションとなる「麻布台ヒルズレジデンスA」(地上53階、高さ237.20m)で、その左下のタワークレーンが複数見えている場所がレジデンスAを抜いて新たに高さ日本一のタワマンとなる「麻布台ヒルズレジデンスB」(地上64階、高さ262.82m)の建設地です。この記事では麻布台ヒルズの概要やレジデンスA/Bの建設状況、地図等を載せています。




麻布台ヒルズ 外観イメージ
外観イメージ[出典:DBOXCG]

 六本木ヒルズ方面から見た「麻布台ヒルズ」全体の完成予想図です。左から「麻布台ヒルズレジデンスB」(地上64階、高さ262.82m)、「麻布台ヒルズレジデンスA」(地上53階、高さ237.20m)、「麻布台ヒルズ森JPタワー」(地上64階、高さ325.49m)となっており、2023年11月24日(金)には一部開業予定となっています。

 「麻布台ヒルズ森JPタワー」の規模は地上64階、地下5階、高さ325.49m、敷地面積2万4104.21屐建築面積1万5203.61屐延床面積46万1774.38屐建築主は虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合(参加組合員:森ビル・日本郵便)、設計者は森ビル・日本設計・清水建設、施工者は清水建設で2023年6月30日に竣工しています。森ビルの発表では高さ約330mとなっていますが、当ブログでは建築計画のお知らせに記載されていた高さ325.49mを採用しています。



麻布台ヒルズ 外観イメージ
外観イメージ[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズレジデンスA」の規模は地上53階、地下5階、高さ237.20m、敷地面積1万6467.87屐建築面積8,338.17屐延床面積16万8967.93屐建築主は森ビル、設計者は森ビル、施工者は清水建設で2023年8月15日竣工予定となっており、完成時には高さ日本一のタワーマンションになります。竣工予定日は既に過ぎていますが、現地にはまだ足場があり予定通り竣工したのかは不明です。

 「麻布台ヒルズレジデンスB」の規模は地上64階、地下5階、高さ262.82m、敷地面積9,648.39屐建築面積6.393.37屐延床面積18万5333.17屐建築主は森ビル、設計者は森ビル、施工者は三井住友建設で2024年6月30日竣工予定となっており、完成時には「麻布台ヒルズレジデンスA」を抜いて高さ日本一のタワーマンションになります。



麻布台ヒルズ 外観イメージ
外観イメージ[出典:DBOXCG]

 反対側から見た「麻布台ヒルズ」全体の完成予想図です。手前の低層の建物群は「ガーデンプラザ」で、ロンドンオリンピックの聖火台などを手掛けたデザイナー兼クリエイターで建築家でもあるイギリスのトーマス・ヘザウィック氏がデザインしており、「麻布台ヒルズ」全体の低層部もヘザウィック氏のデザインとなっています。



麻布台ヒルズ 断面図
断面図[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズ森JPタワー」のフロア構成は地下1階〜4階が商業施設「タワープラザ」(59店舗)、5〜6階の一部が慶応義塾大学予防医療センター、7〜52階が総貸室面積約20万4600(基準階面積約4,800)のオフィスフロア、途中フロアの33〜34階がヒルズハウス、そして最上部の54階〜64階が総戸数91戸の「アマンレジデンス 東京」となります。東側の1〜7階には延床面積約1万5000屬離ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襯好ール「ブリティッシュ・スクール・イン東京」(60ヵ国以上、約740人の生徒が在籍予定)が併設されおり2023年8月30日に開校しています。

 「麻布台ヒルズレジデンスA」のフロア構成は1階〜2階が商業施設(4店舗)、1階〜13階が世界初のアマンの姉妹ブランド「ジャヌ」のホテル「ジャヌ東京」(122室)、14階〜53階が320戸の住宅フロアになります。住宅は1ベッドルームから5ベッドルームで、2層吹き抜けのリビングやプール付きの住戸もあり「ジャヌ東京」と連携したホテルサービスも用意されています。

 「麻布台ヒルズレジデンスB」のフロア構成は地下1階〜2階が商業施設(8店舗)、2階に保育園、3階〜5階が総貸室面積約4,200屬離好癲璽襯フィス(基準階面積約1,400)、6階〜64階が970戸(13階〜18階は168戸のサービスアパートメント)の住宅フロアとなります。住宅は1ルームから4ベッドルームまであり、30崑罎離灰鵐僖トな住戸から400峩瓩そ燦佑泙派広い部屋が用意されます。

 低層の建物群となる「ガーデンプラザ」は大きくA〜Dに分かれており、商業(80店舗)、オフィス(ガーデンプラザB:3〜5階、約5,700)、住宅(ガーデンプラザレジデンス:6〜8階、31戸)、ギャラリー等で構成されます。



麻布台ヒルズ 平面図
平面図[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズ森JPタワー」は「麻布台ヒルズ」の中では一番駅から離れた場所に配置され、「麻布台ヒルズレジデンスB」は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅に接続し、「ガーデンプラザA」は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅に接続します。

 「六本木一丁目」駅と「神谷町」駅は約700mの東西歩行者通路(地下)のセントラルウォークで接続され、そして「麻布台ヒルズ」内の各街区も地下通路によって接続されます。また、区域内には桜麻通り、尾根道といった道路が新設され既に開放されています。



麻布台ヒルズレジデンス 完成イメージ
麻布台ヒルズレジデンス[出典:DBOXCG]

 「麻布台ヒルズレジデンスB」の低層部です。「麻布台ヒルズ」全体の低層部は「ガーデンプラザ」と同じくトーマス・ヘザウィック氏がデザインを担当しています。



麻布台ヒルズレジデンスA
麻布台ヒルズレジデンスA エントランスホール[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズレジデンスA」のエントランスホールの完成予想図です。



麻布台ヒルズレジデンスA
麻布台ヒルズレジデンスA[出典:森ビル]

 レジデンスAには2層吹き抜けのリビングの部屋も用意されます。



ジャヌ東京
ジャヌ東京[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズレジデンスA」の1〜13階に入る「ジャヌ東京」は全122室で、標準客室面積は60屬箸覆蠅泙后ホテルの施設としては、ファンクショナルトレーニングスタジオやフィットネスジムを備えた約4,000屬離ΕД襯優校楡澆筺8つのレストラン&バーなども備えています。



a65_麻布台ヒルズレジデンスB
麻布台ヒルズレジデンスB[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズレジデンスB」のラウンジと思われる場所の完成予想図です。同タワーマンションのインテリアデザインは、6〜30階の専有部が日建スペースデザイン、共有部と31〜64階の専有部がマルコ・コスタンツィ・アーキテクツが担当します。




麻布台ヒルズ 配置図
配置図[出典:森ビル]

 「麻布台ヒルズ」は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅と東京メトロ日比谷線「神谷町」駅間の南側に位置しており、「麻布台ヒルズレジデンスB」は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅に接続し、「ガーデンプラザA」は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅に接続します。そして地下通路の「セントラルウォーク(アンブラレフリー動線)」によって「麻布台ヒルズ森JPタワー」まで繋がります。

 また、東西を結ぶ桜麻通りと南北を結ぶ尾根道が同再開発により新設され、このエリアの道路ネットワークが大きく改善されています。




麻布台ヒルズ

 2023年9月17日に神谷町駅がある桜田通り沿いから撮影した「麻布台ヒルズ」です。



麻布台ヒルズレジデンスA

 開通した「桜麻通り」から撮影した「麻布台ヒルズレジデンスA」(地上53階、高さ237.20m)です。



麻布台ヒルズレジデンスA

 「桜麻通り」は低層ビル群のガーデンプラザを通り抜ける道路で、正面に「麻布台ヒルズレジデンスA」が見えます。



麻布台ヒルズレジデンスA

 近くから見上げたレジデンスAです。



麻布台ヒルズレジデンスA

 現在は外構整備が行われているようでしたが、まだ足場がある場所もあり2023年8月15日の竣工予定日に竣工しているのかは不明です。



麻布台ヒルズレジデンスA

 この日はちょうど街路樹を植えているところでした。



麻布台ヒルズレジデンスA

 北西側から見た低層部です。



麻布台ヒルズレジデンスA

 1階〜13階は世界初のアマンの姉妹ブランド「ジャヌ」のホテル「ジャヌ東京」(122室)で、14階〜53階が住宅フロアになります。



麻布台ヒルズレジデンスA

 「麻布台ヒルズレジデンスA」(地上53階、高さ237.20m)は「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)を抜いて高さ日本一のタワーマンションになります。



麻布台ヒルズレジデンスA

 住宅フロアとしては右上にチラッと見えている「麻布台ヒルズ森JPタワー」(地上64階、高さ325.49m)の54階〜64階に入る「アマンレジデンス 東京」の方が圧倒的に高いですが等ブログでは用途の半分以上が住宅の場合にタワーマンションとして扱っているため、高さ日本一のタワマンはレジデンスAとしています。



麻布台ヒルズレジデンスA

 南側から見上げたレジデンスAです。



麻布台ヒルズ

 レジデンスAと森JPタワーの間です。両棟はデッキでも接続されます。



麻布台ヒルズレジデンスA

 南北を貫く「尾根道」から撮影。開通したばかりの道路のため交通量はまだ少ないです。



麻布台ヒルズ

 六本木ヒルズから見た「麻布台ヒルズ」です。



麻布台ヒルズレジデンスA

 六本木ヒルズの展望室から見た「麻布台ヒルズレジデンスA」の最上部です。普段は屋上スカイデッキから撮影していますが、現在は休業中となっているので52階の展望室内から撮影しており、展望室とレジデンスAの最上階がほぼ同じ海抜ということがわかります。



麻布台ヒルズレジデンスB

 六本木ヒルズの展望室から撮影した「麻布台ヒルズレジデンスB」(地上64階、高さ262.82m)です。タワークレーン6基で建設中です。



麻布台ヒルズレジデンスB

 現地北東側から撮影した「麻布台ヒルズレジデンスB」です。



麻布台ヒルズレジデンスB

 東側から撮影。工期は当初より大幅に延長され2024年6月30日竣工予定となっていますが、現状を見た感じではさらに工期は延長されるかもしれません。



麻布台ヒルズ

 レジデンスAとレジデンスBはデッキで接続されます。



麻布台ヒルズレジデンスB

 南側から撮影。「麻布台ヒルズレジデンスB」(地上64階、高さ262.82m)は「麻布台ヒルズレジデンスA」(地上53階、高さ237.20m)を超えて高さ日本一のタワーマンションになりますが、「第二六本木ヒルズ」と呼ばれている「六本木五丁目西地区第一種市街地再開発事業 B街区」(地上70階、高さ288m)に抜かれることになります。タワマン高さランキングのトップ4は全て森ビルになります。

1位:六本木五丁目西地区第一種市街地再開発事業 B街区(地上70階、高さ288m)
2位:麻布台ヒルズレジデンスB(地上64階、高さ262.82m)
3位:麻布台ヒルズレジデンスA(地上53階、高さ237.20m)
4位:虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
5位:ザ・北浜タワー(地上54階、最高高さ209.35m)



麻布台ヒルズレジデンスB

 南西側から撮影。



麻布台ヒルズレジデンスB

 地上部が見えてから結構経ちますがほとんど高くなっていません。



麻布台ヒルズレジデンスB

 6階からの住宅フロアの建設が始まると早いのかもしれません。



麻布台ヒルズレジデンスB

 北西側から撮影。



麻布台ヒルズレジデンスB

 低層部はトーマス・ヘザウィック氏のデザインになります。



麻布台ヒルズレジデンスB

 北側から撮影。地下1階〜2階が商業施設、3階〜5階が総貸室面積約4,200屬離好癲璽襯フィスとなるため、今はまだオフィスフロアの建設中です。














麻布台ヒルズレジデンスA 建築計画のお知らせ

 レジデンスAの建築計画のお知らせです。

■物件概要(レジデンスA)■
名称:麻布台ヒルズレジデンスA
仮称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 東棟(B-2街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
交通:東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅
   東京メトロ日比谷線「神谷町」駅
用途:共同住宅(13階〜53階)・ホテル(2階〜12階・ジャヌ東京)・店舗・集会場・駐車場等
総客室数:122室
総戸数:330戸
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8,338.17
延床面積:168,967.93
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年8月15日竣工予定




麻布台ヒルズレジデンスB 建築計画のお知らせ

 麻布台ヒルズレジデンスBの建築計画のお知らせです。

■物件概要(レジデンスB)■
名称:麻布台ヒルズレジデンスB
仮称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 西棟(B-1街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
交通:東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅
   東京メトロ日比谷線「神谷町」駅
用途:共同住宅(6階〜64階)・事務所(3階〜5階)・店舗・保育所・駐車場等
総戸数:970戸(分譲802戸、サービスアパートメント168戸)
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.82m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.393.37
延床面積:185,333.17
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2024年6月30日竣工予定




▼森ビル:ニュースリリース(2023年8月8日)
「麻布台ヒルズ」2023年11月24日開業

▼森ビル:ニュースリリース(2023年7月3日)
「麻布台ヒルズ A街区・C街区」が竣工

▼公式HP:麻布台ヒルズ
https://project.azabudai-hills.com/

▼DBOXCG:TORANOMON AZABUDAI
https://dboxcg.com/portfolio/toranomon_azabudai

▼PCPA(ペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ):Azabudai Hills
https://pcparch.com/work/azabudai-hills