(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 蕨(わらび)駅前に建設されるトリプルタワマン「(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。少々古いため最新デザインとは異なるところがあるようですが、右側の2010年に完成した「シティタワー蕨」(地上30階、高さ99.98m)の隣に、地上28階、高さ99.78mと地上28階、高さ99.46mのタワーマンションが加わりトリプルタワマンが誕生します。既存建物の解体工事が終わっており、現地では杭先端ボーリング調査が行われていました。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。


(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:現地看板]

 「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」はJR京浜東北線「蕨」駅西口前の再開発で、地上28階、地下1階、高さ99.78mのA棟と地上28階、地下1階、高さ99.46mのB棟が建設されます。両棟合わせた敷地面積は約7,287屐建築面積は約4,300屐延床面積は約5万5300屐∩躙与瑤鰐420戸、建築主は蕨駅西口地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)、設計者はアイテック計画で2022年4月着工、2025年8月竣工予定となっています。ただ、まだ着工していないと思われるため工期は延びる可能性があります。

 これは現地仮囲いに設置されている完成予想図で、1枚目の完成予想図と見比べると色々とデザインに変更が入っているようですが、形状的には同じ住友不動産による有明のトリプルタワマン「シティタワーズ東京ベイ」を彷彿とさせるところは変わりありません。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 計画配置図
計画配置図[出典:蕨市]

 蕨駅の西口側にある駅前広場に面した場所がAエリア、JRの線路沿いがBエリアとなっており、その右側には既に完成している「シティタワー蕨」があります。ここに敷地を貫くプロムナードが整備され、Bエリア前には広場も整備されます。

 また、A棟の低層部には商業・業務施設、B棟の低層部には公共公益施設(図書館、行政センター)が配置される計画となっています。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:現地看板]

 駅前広場側から見たA棟とB棟の接続部で、両棟はデッキによって接続されます。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:現地看板]

 「シティタワー蕨」側から見た完成予想図です。B棟前には広場が整備されます。




(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 2023年9月5日に「蕨」駅から撮影した「(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。右奥が地上28階、高さ99.78mのA棟、線路沿いが地上28階、高さ99.46mのB棟の建設地になります。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 敷地内の既存建物の解体は全て終わっているようですが、この場所にだけ少し瓦礫が残っていました。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 ほとんどの場所がこのような更地になっていました。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 A棟の建設地では杭先端ボーリング調査が行われていました。これが終わるといよいよ着工となるのかもしれません。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 このように建設地のすぐ隣が蕨駅となっています。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 蕨駅の西口に繋がる通路から撮影。背後が2010年に完成した「シティタワー蕨」(地上30階、高さ99.98m)です。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 駅前広場越しに撮影した「(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。完成すると蕨駅前が大きく変わります。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの透明部分から撮影したA棟の建設地でボーリング調査が行われています。



(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業

 B棟側です。トリプルタワーとなるため、どこからも目立つ蕨のシンボルタワー的存在になりそうです。









(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
事業名称:(仮称)蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県蕨市中央1丁目1番1 他
交通:JR京浜東北線「蕨」駅
用途:住宅施設、商業業務施設、公共公益施設(図書館、行政センター)、駐車場
総戸数:約420戸(A・B棟)
階数(A棟):地上28階、地下1階
階数(B棟):地上28階、地下1階
高さ(A棟):99.78m
高さ(B棟):99.46m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:約7,287
建築面積:約4,300
延床面積:約55,300
事業者:蕨駅西口地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アイテック計画
施工者:未定
工期:2022年4月着工〜2025年8月竣工予定




▼住友不動産:ニュースリリース(2020年9月2日)
地域の歴史と調和し賑わい創出を図る駅前コンパクトシティ「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立

▼蕨市:まちづくり
蕨駅西口のまちづくり