アトラス麻布台 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:旭化成不動産レジデンス]

 港区麻布台3丁目に建設されるマンション「アトラス麻布台」(地上17階、高さ59m)の完成予想図です。1971年に竣工した「飯倉三生マンション」の建替えで、総戸数34戸のうち半分の17戸が事業協力者取得住戸になります。この記事では同マンションの概要や建設状況、地図等を載せています。




アトラス麻布台 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「アトラス麻布台」は「飯倉三生マンション」(地上7階、1971年竣工、総戸数17戸)の建替えで、規模は地上17階、地下2階、高さ59m、敷地面積523.65屐建築面積257.65屐延床面積4,488.19屐建築主は飯倉三生マンション管理組合、売主は旭化成不動産レジデンス、設計者はUG都市建築、施工者は飛島建設で2025年10月下旬竣工、2025年12月下旬入居開始予定となっています。

 総戸数は34戸(事業協力者取得住戸17戸含む)、販売住戸は8階以上のプランが中心で、1フロアに2邸の全邸角住戸になります。販売開始予定時期は2023年9月下旬で、間取りは2LDK、専有面積は76.09屐88.67屐▲丱襯灰法写明5.05屐5.24屐▲機璽咼好丱襯灰法写明2.00屐2.16屬箸覆辰討い泙后




アトラス麻布台 D2タイプ
D2タイプ[出典:公式HP]

 D2タイプの間取り図です。間取りは2LDK+2WIC+SIC、専有面積は82.45屐▲丱襯灰法写明僂5.23屐⊆竺圧|崗賁明僂2.16屬箸覆辰討い泙后




アトラス麻布台 位置図
位置図[出典:公式HP]

 建設地は「麻布十番」駅の北側で徒歩6分、西側にある「六本木」駅も徒歩圏となる立地で、北東側に「麻布台ヒルズ」、東側に「東京タワー」、西側に「六本木ヒルズ」が見えるマンションになります。今後、再開発が控えている105万屬猟饗腟模再開発「六本木五丁目西地区第一種市街地再開発事業」にも近い場所となっています。




アトラス麻布台

2023年6月3日に撮影した「アトラス麻布台」(地上17階、高さ59m)の建設地です。ロシア大使館前の道路に通り抜けられるためなのか目の前には警察官がいました。



アトラス麻布台

 南西側から撮影。奥には「麻布台ヒルズ」が見えています。



アトラス麻布台

 2023年5月25日に「六本木ヒルズ」の展望台から撮影した「アトラス麻布台」の建設地です。



アトラス麻布台

 少し広角で撮影。「麻布台ヒルズ」と「東京タワー」を至近距離で望むことができるマンションになります。









アトラス麻布台 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:アトラス麻布台
事業名:(仮称)飯倉三生マンション建替え計画
所在地:東京都港区麻布台3丁目29番10(地番)
交通:東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番」駅 徒歩6分
   東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 徒歩11分
用途:共同住宅
総戸数:34戸(事業協力者取得住戸17戸含む)
階数:地上17階、地下2階
高さ:59m
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:523.65
建築面積:257.65
延床面積:4,488.19
建築主:飯倉三生マンション管理組合
売主:旭化成不動産レジデンス
設計者:UG都市建築
施工者:飛島建設
工期:2023年5月着工〜2025年10月下旬竣工予定
入居:2025年12月下旬予定




▼アトラス麻布台:公式HP
https://www.atlas-web.jp/atlas/mansion/azabudai/

▼旭化成不動産レジデンス:ニュースリリース(2023年5月26日)
飯倉三生マンション建替え事業
「アトラス麻布台」本体着工のお知らせ