ラビスタ熱海テラス

 熱海の新築ホテル「ラビスタ熱海テラス」(地上18階、高さ59.49m)の建設地です。熱海サンビーチに面した共立 メンテナンスによるホテルです。この記事では同ホテルの概要や建設状況、地図等を載せています。




ラビスタ熱海テラス 土地利用計画平面図
土地利用計画平面図[出典:事前事業計画標示板]

 「ラビスタ熱海テラス」はJR熱海駅にも近い熱海サンビーチに面したホテルで、規模は地上18階、地下2階、高さ59.49m、敷地面積9,550.47屐建築面積4,144.67屐延床面積3万4602.34屐∩躓匱漆308室(寮室含)、建築主は共立 メンテナンス、設計者は佐野建築研究所、施工者は東急建設で2024年6月30日竣工予定となっています。

 事前事業計画標示板に掲示されている土地利用計画平面図を見ると、同ホテルは複数棟で構成され、A棟が地上18階建て、F棟が地上17階建てとなっています。ただ、開発事業の概要では地上17階となっているので建築基準法上では17階なのかもしれません。また、開発事業の名称は「(仮称)ラビスタ熱海新築工事」となっていますが、中期経営計画には「ラビスタ熱海テラス」との記載があるのでこの名称を使用しています。




ラビスタ熱海テラス

 2023年5月27日に南側から撮影した「ラビスタ熱海テラス」(地上18階、高さ59.49m)の建設地です。隣のマンションは「ゼファー熱海ビーチタワー」(地上19階、高さ59.95m)で、丘の上に見えているタワーマンションは「ザ・クレストタワー熱海」(地上29階、高さ97.39m)です。



ラビスタ熱海テラス

 ゲートが大きく開いていたので中を撮影。



ラビスタ熱海テラス

 この丘の上が地上17階建てのF棟になります。



ラビスタ熱海テラス

 「ローソン 熱海サンビーチ店」の屋上テラスから撮影。右の階段沿いは地上18階建てのA棟でになります。この階段は熱海駅から徒歩でビーチまで行くときの最短ルートになっています。



ラビスタ熱海テラス

 敷地奥側にズームです。完成予定は約13ヶ月後の2024年6月30日となっていますが、現状を見る限りではもう少し期間が必要そうにも思えます。









ラビスタ熱海テラス 事前事業計画標示板

 事前事業計画標示板です。

■物件概要■
名称:ラビスタ熱海テラス
所在地:静岡県熱海市東海岸町85-2他59筆
交通:JR東海道線・伊藤線「熱海」駅
   東海道新幹線「熱海」駅
用途:ホテル
総客室数:308室(寮室含)
階数:地上18階、地下2階
高さ:59.49m
構造:鉄筋コンクリート造 他
敷地面積:9,550.47
建築面積:4,144.67
延床面積:34,602.34
建築主:共立 メンテナンス
設計者:佐野建築研究所
施工者:東急建設
工期:2021年3月22日着工〜2024年6月30日竣工予定