朝日生命大手町ビル

 東京駅の日本橋口前で解体工事中の「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)です。2023年3月29日に撮影しました。解体用の仮囲いがもうすぐ最上階まで到達するタイミングでタワークレーンが設置されました。隣で解体中の「日本ビル」も含めた跡地には、高さ日本一となる超高層ビル「Torch Towerトーチタワー)」(地上62階、高さ約390m)が建設されます。高層部にウルトララグジュアリーホテルの「ドーチェスター・コレクション」や賃貸レジデンス、展望施設が入る超高層オフィスビルになります。この記事では同ビルの概要や既存建物解体状況、地図等を載せています。




Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:内閣府]

 「朝日生命大手町ビル」と「日本ビル」の解体後の跡地に建設される「Torch Towerトーチタワー)」は高さ日本一となる超高層ビルで、規模は地上62階、地下4階、高さ約390m、敷地面積3万1400(TOKYO TORCH全体)、建築面積1万3200屐延床面積54万4000屐建築主は三菱地所、設計者は三菱地所設計、施工者は清水建設で2023年10月着工、2027年度末竣工予定となっています。

 「トーチタワー」はJR「東京」駅日本橋口前の大規模再開発「TOKYO TORCHトウキョウトーチ)」内の1棟で、他のビルとしては左に描かれている「常盤橋タワー」(地上40階、高さ約212m、2021年6月末竣工)、右下の「銭瓶町ビルディング」(地上9階、高さ約53m、2022年3月末竣工)があります。



Torch Tower(トーチタワー) 用途概要
用途概要[出典:三菱地所]

 フロア構成は地下1階〜6階が店舗、3階〜6階の一部がエンタメホール(約2000席)、中層部がオフィスフロア、53階〜58階がウルトララグジュアリーホテルの「Dorchester Collectionドーチェスター・コレクション)」、59階〜60階が賃貸レジデンス、そして61階〜屋上が展望施設となります。オフィスフロアの正確な階数は不明ですが、7階〜52階がオフィスフロアになるものと思われます。

 この図から推測すると、59階〜60階に入る賃貸レジデンス部は高さは350mを超えていると思われるため「麻布台ヒルズ森JPタワー」(地上64階、高さ325.40m)の54階〜64階に入る「アマンレジデンス東京」を超えて高さ日本一の住宅フロアになりそうです。また、最上部に入る展望施設は東京スカイツリーに次ぐ高さ日本2位の展望台となります。



Torch Tower(トーチタワー) 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 「Torch Towerトーチタワー)」の高層部で大きく口を開けている部分がありますが、そこはウルトララグジュアリーホテル「Dorchester Collectionドーチェスター・コレクション)」のロビー「SKY HILL」となります。



Torch Tower(トーチタワー) SKY HILL イメージ
SKY HILL イメージ[出典:三菱地所]

 その「SKY HILL」内の完成予想図です。地上55階、高さ300m超に位置する自然を五感で楽しむことができるオアシスになります。

 一つ下の54階南西側にはプール、スパが設置され、他にもホテル内にはオールデイダイニング、スペシャリティレストラン、バンケット、フィットネスジムも併設されます。ホテルの延床面積は約2万1400屐∩躓匱漆瑤110室(予定)、開業は2028年度予定となっています。



Torch Tower(トーチタワー) SKY HILL イメージ
SKY HILL イメージ[出典:三菱地所]

 「Dorchester Collectionドーチェスター・コレクション)」とは、世界5つの都市(ロンドン、パリ、ミラノ、ローマ、ロサンゼルス)で9つの象徴的なホテルをコレクションに有する世界有数のウルトララグジュアリーホテルブランドで、2023年にはドバイに中東エリア初となる「The Lana, Dubai」がオープンし、アジアではここ「トーチタワー」が初となります。



Torch Tower(トーチタワー) 客室イメージ
客室イメージ[出典:三菱地所]

 客室は56階〜58階に配置され、59〜60階にはホテルとサービス連携する約50室の賃貸レジデンスも計画されています。



TOKYO TORCHPark 全景
TOKYO TORCH Park 全景[出典:三菱地所]

 「Torch Tower」と「常盤橋タワー」の間に整備される広場「TOKYO TORCH Park」の完成予想図です。この広場の地下には変電所が整備されます。



Torch Tower 空中遊歩道
空中遊歩道[出典:三菱地所]

 その広場に面した「Torch Tower」の低層部には全長約2キロ、約5000屬梁腟模な空中遊歩道が整備され、右側の円形部分の屋上には空中遊歩道の終着地となる約2,500屬硫鮎緜躅爐眄鞍されます。その円形部分の3〜6階は約2000席の大型エンタメホールとなります。



TOKYO TORCH 開発ステップ図
開発ステップ図[出典:三菱地所]

 「Torch Towerトーチタワー)」建設地の地下には下水ポンプ所があったのですが、その施設更新をするために新しい下水ポンプ所が2022年3月末竣工の「下水道局棟(銭瓶町ビルディング)」の地下に建設されました。この施設更新をするためにステップ開発が行われ、現在はSTEP3の「日本ビル」と「朝日生命大手町ビル」の解体工事に着手しています。



TOKYO TORCH(トウキョウトーチ) 配置図(再開発前)
配置図(再開発前)[出典:三菱地所]

 再開発前の配置図です。



TOKYO TORCH(トウキョウトーチ) 配置図(再開発後)
配置図(再開発後)[出典:三菱地所]

 再開発後の配置図です。「旧JXビル」「大和呉服橋ビル」があった場所には「常盤橋タワー」が建設され、そして「日本ビル」は一部解体され「銭瓶町ビルディング」が建設されました。現在は「日本ビル」(地上14階)の残り部分と「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)の解体工事中で、跡地には「Torch Towerトーチタワー)」が建設されます。そして最終的には道路を挟んだ北側にある「JFE商事ビル」も解体され「常盤橋公園」が拡大します。




TOKYO TORCH(トウキョウトーチ) 案内図
案内図[出典:三菱地所]

 建設地はJR「東京」駅日本橋口の目の前で、JR「東京」駅や「大手町」駅と地下通路で接続され、将来的には「日本橋」駅側にも地下通路で接続する計画となっています。また、敷地北側の日本橋川上空を通る首都高は地下化の対象区間となっています。




朝日生命大手町ビル

 2023年3月29日に撮影した解体工事中の「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)です。少し前に載せたばかりですが、解体用のタワークレーンが設置されたのでまた載せることにしました。



朝日生命大手町ビル

 低層部はまだ解体用の仮囲いが設置されていませんでした。



朝日生命大手町ビル

 低層部は解体の後半までは外観が見えるままなのかもしれません。



日本ビルと朝日生命大手町ビル

 JRの高架を超えた西側から撮影。もうすぐビル全体が解体用の仮囲い覆われるところまで来ています。また、この写真ではわかりにくいですが、左側では「日本ビル」の解体工事が行われています。



日本ビル

 北側から撮影。



日本ビル

 「日本ビル」は既にビル本体の解体が始まっています。



日本ビル

 桜と解体中の「日本ビル」です。



日本ビル

 これらが解体されると大手町や丸の内の超高層ビル群が一時的に見えるようになります。



日本ビル

 解体され地上部の建設が始まるまでの期間に見える景色も、大規模再開発ウォッチングを愉しむ方法の一つです。









TOKYO TORCH 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



TOKYO TORCH 開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせです。最新の情報では地上62階で、用途に住宅も加わっていますが、建築計画のお知らせ、開発事業のお知らせ共に更新されていませんでした。

■物件概要(Torch Tower)■
名称:Torch Tower(トーチタワー)
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
交通:JR各線、東京メトロ丸の内線「東京」駅
   東京メトロ東西線・丸の内線・半蔵門線・千代田線、都営三田線「大手町」駅
   東京メトロ半蔵門線「三越前」駅
   東京メトロ東西線・銀座線、都営浅草線「日本橋」駅
用途:事務所、ホテル、住宅、ホール、店舗、駐車場等
総戸数:約50戸
総客室数:約110室
階数:地上62階、地下4階
高さ:約390m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)、外殻制振構造
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約13,200
延床面積:約544,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設(予定)
工期:2023年10月着工〜2027年度末竣工予定