三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 JR常磐線「三河島」駅前の大規模再開発「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)の事業者となる三河島駅前北地区市街地再開発組合の設立が2023年2月7日に認可されました。計画では43階建てのタワーマンションの低層部に商業施設、その隣に多目的アリーナを配置する複合施設となります。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」はJR常磐線「三河島」駅の北側の再開発で、規模は地上43階、地下1階、高さ約160m、敷地面積約9,900屐延床面積約9万1297屐∩躙与約760戸、建築主は三河島駅前北地区市街地再開発組合、事業協力者は三井不動産レジデンシャル・野村不動産・三菱地所レジデンスJVで2024年12月着工、2028年3月竣工予定となっています。総事業費は約457億円を予定しています。

 43階建てとなるタワーマンションの低層部の1〜3階は商業・業務施設となり、その西隣には公益施設として多目的アリーナが配置されます。また、防災備蓄庫を併設し、多目的アリーナは浸水時等に避難スペースとして機能させるため2階レベルに配置されます。

 以前の情報と変わりなければ共同住宅のうち4〜11階は高齢者用で一般の住宅は12〜43階となります。

▼東京都:報道発表(2023年2月6日)
三河島駅前北地区市街地再開発組合の設立を認可します



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 タワーマンション本体はJR「三河島」駅の改札に近い東側に配置され、敷地外周部には歩道状空地や広場が整備されます。また、外周道路の拡幅整備、無電柱化も行われます。




三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所はJR常磐線「三河島」駅の北側で、旧真土小学校跡地などが計画地に含まれています。また、北西側徒歩8分くらいの場所には京成本線「新三河島」駅もあります。

 ところで三河島駅がどこかわからない人がほとんどだと思いますが、三河島駅は日暮里駅から常磐線で1駅の場所で、次の隣駅は南千住駅でさらに次の駅は北千住駅となっています。




三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 2021年7月にJR「三河島」駅のホームから撮影した「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)の計画地です。ここはタワーマンション建設地となる「旧真土小学校」跡地で、現在は「真土小思い出広場」として暫定利用されています。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 その西隣の既存建物が複数ある場所が多目的アリーナの建設地となります。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 このマンションがある場所までが計画地となっています。ちなみにJR「三河島」駅の改札はホーム東端にあるため、ホームの目の前に建物があってもグルっと回る必要があります。タワーマンションが建設される場所は改札のすぐ近くとなっています。



三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業

 ピンボケ気味ですがほぼJR「三河島」駅方面の空撮です。矢印を入れた場所が「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。南側には「アトラスブランズタワー三河島」(地上34階、最高高さ119.68m)がありますが、これよりも大きな地上43階、高さ約160mのタワーマンションとなります。









 総戸数760戸は2021年6月の情報のため現在は変わっている可能性があります。

■物件概要■
名称:三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都荒川区西日暮里1丁目4番の一部、5番、6番の一部、7番
交通:JR常磐線「三河島」駅
用途:共同住宅(4〜11階:高齢者用、12〜43階:単身者、ファミリー用)、商業・業務、公益施設(多目的アリーナ)
総戸数:約760戸
階数:地上43階、地下1階
高さ:約160m
構造:RC造一部S造
敷地面積:約9,900
建築面積:−
延床面積:約91,297
建築主:三河島駅前北地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産レジデンシャル・野村不動産・三菱地所レジデンスJV
コンサルタント:佐藤総合計画
設計者:−
施工者:−
工期:2024年12月着工〜2028年3月竣工予定
総事業費:約457億円