ガスビル西館 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:大阪ガス]

 大阪ガスは御堂筋沿いの大阪ガスビルディング(ガスビル)のリノベーションと、ガスビル西側の大阪ガスグループ社有地での複合ビル(ガスビル西館)の開発について、都市計画決定見込みとなったことを発表しました。ガスビル西館は地上33階、高さ約150mの超高層オフィスビルで2027年度竣工予定となっています。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




ガスビル西館 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:大阪ガス]

 大阪ガスは大阪ガスビルディング(ガスビル)の西側での複合ビル開発と、ガスビルのリノベーションすることを発表しました。同計画は都市再生特別地区制度により、ガスビル敷地と西用地との間にある市道(御霊筋)の道路上空を活用し、両敷地の一体的利用が行われます。

 規模は新築するガスビル西館が地上33階、高さ約150m、リノベーションするガスビルが地上8階建てで、両棟合わせた敷地面積は約1万370屐延床面積は約13万6000屬箸覆蝓∪彰曚2027年頃に竣工し、ガスビルは2031年頃にリノベーションが完了する予定となっています。

▼大阪ガス:プレスリリース(2023年2月7日)
ガスビル西側での複合ビル開発とガスビルのリノベーションについて(「平野町四丁目地区」計画案の概要お知らせ)


ガスビル・ガスビル西館 用途構成
用途構成[出典:大阪ガス]

 ガスビル西館とガスビルの1〜2階は商業施設となり、御霊筋上空の3階でガスビル西館とガスビルが接続します。ガスビル西館の3階には多目的大ホール、ガスビルにはコワーキングスペースやシェアオフィスが設けられ、道路上空利用部分にイノベーションスクエアが整備されます。そしてその上がオフィスフロアとなります。



ガスビル西館・ガスビル デザインコンセプト
デザインコンセプト[出典:大阪ガス]

 南側から見たガスビル西館とガスビルです。ガスビル西館の低層部はガスビルとスカイラインの高さやデザインを調和させることで一体感を創出します。

 ガスビルは南館と北館で構成された両館一体となった外観となっており、東側、北側、南側の全てと西館側の西側の一部が保存されます。竣工当時の趣を残す玄関やエレベーターホールなど建物全体の床面積の約85%が保存・活用されます。



ガスビル アトリウムイメージ
アトリウムイメージ[出典:大阪ガス]

 耐震性向上のためガスビルの一部を減築して開放的なアトリウム空間が整備されます。また、ガスビルの御堂筋側に新たなメインエントランスを設け、アトリウムからガスビル西館までつながる人の流れとにぎわいが創出されます。



ガスビル西館 道路上空利用部分のイメージ
道路上空利用部分のイメージ[出典:大阪ガス]

 ガスビル前から見たガスビル西館の完成予想図です。庇(ひさし)により空調負荷を低減し省エネルギーに寄与し、そして庇上部を緑化することで自然の調和を図り、生物多様性等にも寄与します。




ガスビル・ガスビル西館 位置図
位置図[出典:大阪ガス]

 ガスビルは大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅の南側の御堂筋沿いで、その西側の大阪ガスグループ社有地ががガスビル西館の建設地となります。ガスビルの南側には「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」が入る「オービック御堂筋ビル」(地上25階、高さ116.35m)がり、ガスビル西館の計画地の南側には御霊神社(ごりょうじんじゃ)があります。




ガスビル

 2017年1月に「オリックス本町ビル」から撮影した大阪ガスビルディング(ガスビル)です。この左側がガスビル西館の建設地となります。









名称:大阪ガスビルディング(ガスビル)・ガスビル西館
所在地:大阪府大阪市中央区平野町4丁目1-2
交通:大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅
用途:オフィス・商業施設
階数:地上334階(ガスビル西館)
   地上8階(ガスビル)
高さ:約150n
敷地面積:約10,370
建築面積:−
延床面積:約136,000
建築主:大阪ガス、大阪ガス都市開発
設計者:−
施工者:−
工期:2027年頃竣工予定(ガスビル西館)