南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 完成イメージパース
完成イメージパース[出典:東京都環境局]

 JR小岩駅南口前の大規模再開発「南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案が東京都環境局より公開されました。低層部に大規模な商業施設がある地上44階、高さ約169mの東棟と地上18階、高さ約63mの西棟で構成される総戸数約1080戸の大規模タワマンとなります。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 4階屋上広場の緑化イメージ図
4階屋上広場の緑化イメージ図[出典:東京都環境局]

 「南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」はJR小岩駅の南口側の大規模再開発で、大規模商業施設の両端に住宅となる東棟と西棟が配置されます。規模は東棟が地上44階、地下2階、高さ約169m、総戸数約890戸、西棟が地上18階、地下1階、高さ約63m、総戸数約190戸、両棟合わせた敷地面積は約1万5000屐建築面積は約1万2000屐延床面積は約15万8900屐∋業者は南小岩七丁目地区市街地再開発準備組合、関係事業者は日鉄興和不動産、住友商事、長谷工コーポレーションで2025年度着工、2029年度竣工、2030年度供用開始予定となっています。

 この図の下に描かれているペデストリアンデッキでJR小岩駅に直結する計画となっており、西隣にある「プラウドタワー小岩ファースト」(地上22階、最高高さ85.79m)の低層部に入る商業施設「FIRSTA 供廚砲皀妊奪で接続する計画となっています。

▼東京都環境局:環境アセスメント(2023年2月6日)
「南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案
※2023年2月6日から3月7日まで



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:東京都環境局]

 東棟は箱型のタワーマンション、西棟は板状のマンションとなり、その間が大規模な商業施設となります。



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 都市計画の状況
都市計画の状況[出典:東京都環境局]

 計画地の周囲には都市計画道路が整備され、駅前の交通広場も拡大する計画となっています。また、北口側の「JR小岩駅北口地区第一種市街地再開発事業」(地上30階、最高高さ114.90m)は先月着工しており、現在の「イトーヨーカドー小岩店」がある場所には約6,100屬遼霧交通広場が整備されます。小岩駅周辺の大改造が始まっています。



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 建物断面図
建物断面図[出典:東京都環境局]

 東棟は1〜4階が約3万2400屬両Χ隼楡漾2〜3階(中間階)が約5,700屬慮共駐輪場、4〜5階が約2,600屬慮益施設となります。また、4階には屋上広場も整備されます。

 西棟は1階が約500屬両Χ隼楡漾2階が約800屬慮益施設(保育所)となります。



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 建物概要図
建物概要図[出典:東京都環境局]

 東棟の4階が住宅用の駐輪場となり、5階からが共同住宅となります。特に記載はありませんが5階がロビーや共用施設が配置され、7階〜44階が居住フロアになるものと思われます。住宅部の延床面積は約10万500屬覗躙与瑤鰐890戸となります。

 西棟はこの図だと5階から住宅となっていますが、断面図だと3階から住宅となっています。住宅部の延床面積は約1万6400屬覗躙与瑤鰐190戸となります。



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 歩行者等の動線計画
歩行者等の動線計画[出典:東京都環境局]

 敷地北側はJR小岩駅南口交通広場、南側はリングロードに面しており、1階には建物を南北に通り抜ける通路が確保されます。また、2階からはJR小岩駅に繋がるペデストリアンデッキが計画されています。




南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図

 計画地はJR総武線「小岩」駅の南側でペデストリアンデッキで直結となります。




南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
GoogleEarthに加筆

 「南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。計画地の周囲では都市計画道路が整備されることもあり、詳細な境界線がよくわからないので何となくこのあたりという場所に赤い網掛けをしました。そのため正確な位置ではありませんが、このようにJR小岩駅の目の前一帯が計画地となっています。



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

 JR小岩駅のホームから撮影した「南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。左端に見えているサンロードが敷地の境目となります。こちら側は東棟の計画地で地上44階、高さ約169mのタワーマンションが建設されます。この高さは小岩駅周辺では頭一つ抜けた高さとなります。



南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

 右端に少し見えている道路がフラワーロードで敷地の境目となります。こちら側は西棟の計画地で地上18階、高さ約63mの板状マンションが建設されます。









南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 工事工程表

 解体工事も含む工期は69ヵ月で計画されています。

■物件概要■
事業名:南小岩七丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都江戸川区南小岩七丁目地内
交通:JR総武線「小岩」駅
用途:集合住宅、商業施設、公益施設、保育所、駐車場、駐輪場等
総戸数:約1080戸
階数:地上44階、地下2階(東棟)
   地上18階、地下1階(西棟)
高さ:約169m(東棟)
   約63m(西棟)
事業区域:約1.5ha
建築面積:−
延床面積:約158,900
建築主:南小岩七丁目地区市街地再開発準備組合
関係事業者:日鉄興和不動産、住友商事、長谷工コーポレーション
設計者:−
施工者:−
工期:2025年度着工〜2029年度竣工予定
供用開始:2030年度予定