三田五丁目西地区 イメージパース
イメージパース[出典:港区議会]

 「白金ザ・スカイ」の南東側で計画されている「三田五丁目西地区」の完成予想図や概要が港区議会の資料で公開されました。住友不動産が事業協力者として参画する「白金高輪」駅が徒歩圏の再開発で、地上37階、高さ約160m、延床面積約7万5000峙模の住宅・事務所が計画されています。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




三田五丁目西地区 断面図
断面図[出典:港区議会]

 「三田五丁目西地区」は「白金高輪」の北東側、「白金ザ・スカイ」(地上45階、高さ156.10m)の南東側の再開発で、規模は地上37階、地下2階、高さ約160m、敷地面積約7,800屐建築面積約4,300屐延床面積約7万5000屬如∋業者は三田五丁目西地区市街地再開発準備組合、事業協力者は住友不動産となっています。今後は2023年度に都市計画決定、2024年度に組合設立認可、そして2025年度の権利変換認可を経て2025年度着工、2029年度竣工予定となっています。

 高層棟は低中層部が事務所、高層部が住宅となり、一部未確認情報によると住宅は住友不動産の高級賃貸のラ・トゥールになるとのことです。また、低層棟は住宅がメインで一部が店舗と工場等になるものと思われ、こちらは地権者住宅になるのかもしれません。

▼港区議会:令和5年2月6日 建設常任委員会
資料7_三田五丁目西地区の街づくりについて (PDF 1,696KB)



三田五丁目西地区 配置図
配置図[出典:港区議会]

 高層棟は最寄駅となる「白金高輪」駅に一番近い敷地西側に配置され、北側には約1,200屬旅場や約960屬了童遊園が計画されています。

 また、敷地の周囲には歩道状空地と幅員6m〜10mの区画道路の整備も行われ、敷地内を通り抜ける幅員2mの歩行者通路も整備も行われます。



児童遊園と広場1号の整備三田五丁目西地区 イメージパース
児童遊園と広場1号の整備 [出典:港区議会]

 北側に配置される児童遊園と広場の完成予想図です。




三田五丁目西地区 位置図
位置図[出典:港区議会]

 計画地は東京メトロ南北線と都営三田線が乗り入れる「白金高輪」駅の北東側で噴水のある交差点に面した場所となっています。

 計画地西側の「白金一丁目東部北地区」では「白金ザ・スカイ」(地上45階、高さ156.10m)が2月1日付で工事完了の広告が行われました。次はここ「三田五丁目西地区」(地上37階、高さ約160m、2029年度竣工予定)と白金高輪駅の北西側に位置する「白金一丁目西部中地区」(地上39階、高さ約140m、2028年度竣工予定)が建設へ向けて動き出します。




三田五丁目西地区

 2020年12月18日にヘリから撮影した白金高輪駅周辺です。左下の赤い網掛けをした場所が「三田五丁目西地区」(地上37階、高さ約160m)の計画地です。位置的に「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)の東京タワービューの部屋がなくなるかもしれません。



三田五丁目西地区

 2019年3月に撮影した「三田五丁目西地区」の計画地方面です。



三田五丁目西地区

 路地を入った敷地北東側から撮影。こちらの角地に児童遊園が整備予定となっています。計画地の目の前には微妙な噴水があります。









地区名:三田五丁目西地区
所在地:東京都港区三田5丁目
用途:住宅、事務所、店舗、工場、駐車場
交通:東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅
階数:地上37階、地下2階
高さ:約160m
構造:−
敷地面積:約7,800
建築面積:約4,300
延床面積:約75,000
事業者:三田五丁目西地区市街地再開発準備組合
事業協力者:住友不動産
設計者:−
施工者:−
コンサルタント:INA新建築研究所
工期:2025年度着工〜2029年度竣工予定