渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト 外観イメージ
外観イメージ[出典:東急]

 約55年にわたって営業を続けてきた「東急百貨店 渋谷・本店」が本日、2023年1月31日(火)に閉店します。閉店後の跡地には「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトShibuya Upper Project)」として商業施設・ホテル・賃貸レジデンス等で構成される地上36階、高さ164.8mの複合施設が建設されます。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト ザ・サンクチュアリイメージ
ザ・サンクチュアリイメージ[出典:東急]

 「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト」は2023年1月31日に営業終了する「東急百貨店 渋谷・本店」の跡地に建設される複合施設で、規模は地上36階、地下4階、高さ164.8m、敷地面積1万3675(Bunkamura含む)、延床面積11万7000(Bunkamura含む)で2027年度竣工予定となっています。

 同プロジェクトは東急グループとLCRE(L Catterton Real Estate)とのパートナーシップにより推進され、洗練されたライフスタイルを提案するリテール(小売)、ワールドクラスのスモールラグジュアリーホテル、ハイクオリティな都市型居住を実現する賃貸レジデンスで構成され、隣接するBunkamuraとのアート&カルチャーにおける融合により、渋谷の新しいランドマークを目指します。

 デザインはノルウェーの建築・デザイン事務所「Snohetta(スノヘッタ)」を起用し、ホテルは「Swire Hotels(スワイヤー・ホテルズ)」が展開するコンテンポラリーラグジュアリーブランド「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」が日本初進出します。

▼東急:ニュースリリース(2022年7月21日)
渋谷の新たなシンボル“Shibuya Upper West Project”が
2027年度竣工に向け始動!




渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト 用途配置図
用途配置図[出典:東急]

 フロア構成は低層部がリテール(小売)、アート&カルチャー、中層部がホテル(ザ・ハウス・コレクティブ)、そして高層部が賃貸レジデンスとなります。低層部の「The Hive(ザ・ハイブ)」は施設の中心に位置する光が降り注ぐアトリウムで、「The Sanctuary(ザ・サンクチュアリ)」は癒しを感じる緑豊かな空間となります。

 隣接地には美術館、ミニシアター、ホールなどで構成される「Bunkamura」がありますが、同再開発に伴ってオーチャードホールを除いて2023年4月上旬から2027年度中まで休館して大規模改修工事を行い、「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト」の開業と同時に営業再開する予定となっています。




渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト 計画地位置図
計画地位置図[出典:東急]

 計画地は渋谷駅の北西側徒歩約5分で、渋谷駅から見て「SHIBUYA 109」の右側にある文化村通りの正面に位置しています。計画地の奥は松濤の静謐な住宅地があり、独自のカルチャーが息づく奥渋エリアの結節点となっています。




東急百貨店 渋谷・本店

 2020年12月18日にヘリから撮影した渋谷です。写真下の赤い網掛けをした建物が「東急百貨店 渋谷・本店」で「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトShibuya Upper Project)」(地上36階、高さ164.8m)の建設地となります。その隣のアリーナのような形をした建物が「Bunkamura」でオーチャードホールを除いて2023年4月上旬から2027年度中まで休館して大規模改修が行われます。



東急百貨店 渋谷・本店

 2023年1月11日に「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の最上部にある展望台「渋谷スカイ」から撮影した渋谷の繁華街方面です。写真下が渋谷駅前のスクランブル交差点で、渋谷駅から見て「SHIBUYA 109」の右側にある文化村通りの突き当りが「東急百貨店 渋谷・本店」です。そこに「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトShibuya Upper Project)」(地上36階、高さ164.8m)が建設されます。



東急百貨店 渋谷・本店

 「東急百貨店 渋谷・本店」にズームです。左の全体が入り切っていない建物はパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧ドンキホーテホールディングス)による「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)です。



東急百貨店 渋谷・本店

 文化村通りから見た「東急百貨店 渋谷・本店」です。通りの真正面に位置しているため「渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクトShibuya Upper Project)」はかなり目立つ建物となり、渋谷の新しいランドマークが誕生することになりそうです。



東急百貨店 渋谷・本店

 2023年1月31日(火)で営業終了する垂れ幕が設置されていました。



東急百貨店 渋谷・本店

 そして閉店の本店長による挨拶も貼ってありました。1967年11月1日に渋谷区立大向小学校跡地で営業スタートして55年の歴史を刻んだ「東急百貨店 渋谷・本店」は、本日、2023年1月31日に閉店します。









計画名:渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト(Shibuya Upper Project)
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目24番1号
交通:JR・東急・東京メトロ・京王「渋谷」駅
用途:リテール(小売)、ホテル、レジデンス 等
階数:地上36階、地下4階
高さ:164.8m
敷地面積:13,675屐Bunkamura含む)
建築面積:−
延床面積:117,000屐Bunkamura含む)
建築主:東急、L Catterton Real Estate、東急百貨店
設計者:日建設計・東急設計コンサルタント設計共同事業体
デザイン:Snohetta
施工者:−
工期:2027年度竣工予定