箕面船場ツインタワーマンション計画

 大阪の箕面市船場で計画されている地上31階、高さ99.9mのツインタワーマンションの建設地予定地です。2023年度末開業予定の北大阪急行線「箕面船場阪大前」駅前が計画地で住友商事、阪急阪神不動産、東京建物による総戸数731戸のタワマンとなります。この記事では同タワマンの概要や現況、地図等を載せています。




「箕面船場阪大前」駅前広場完成予想CG・ブリリアタワー箕面船場 TOP OF THE HILL 外観完成予想CG
完成予想CG[出典:ブリリアタワー箕面船場]

 これは昨日のブログに載せた「ブリリアタワー箕面船場 TOP OF THE HILL」(地上30階、高さ103.48m)の完成予想図ですが、左端の白い線で描かれている場所がツインタワーマンションの計画地です。

 規模は地上31階、高さ99.9m、敷地面積7,214屐建築面積5,000屐延床面積9万3000屐∩躙与731戸、建築主は住友商事、阪急阪神不動産、東京建物、設計者は竹中工務店で2025年度竣工予定となっています。



箕面船場ツインタワーマンション計画 平面図・立面図

 建築計画の概要に掲載されている平面図と立面図です。ツインタワーの間には店舗が配置され、住宅棟2棟と店舗棟1棟となりますが、建築基準法上では1棟扱いの建物となります。




ブリリアタワー箕面船場 TOP OF THE HILL 駅前複合開発エリア概念図
駅前複合開発エリア概念図[出典:ブリリアタワー箕面船場]

 計画地は2023年度末に開業予定の北大阪急行線「箕面船場阪大前」駅の目の前で、この図の高層住宅・商業施設建設地予定地となっているL字型をした敷地の場所となります。北大阪急行線は御堂筋線に直通運転している路線のため、新大阪、梅田、難波などに一本で行くことができます。




箕面船場ツインタワーマンション計画

 2022年12月6日にペデストリアンデッキから撮影した「箕面船場阪大前」駅前のツインタワーマンションの計画地です。左奥は「シティゲートタワー千里中央」(地上26階、高さ86m)で、それよりも高いツインタワマンが計画されています。



箕面船場ツインタワーマンション計画

 駅に近い側の敷地です。こちらの方が規模の大きなタワーマンションとなります。



箕面船場ツインタワーマンション計画

 駅から遠い側の敷地です。奥の更地になっている辺りにツインタワーのもう1棟が計画されています。



箕面船場ツインタワーマンション計画

 地上から見た様子です。背後の大きな建物は「大阪大学 箕面キャンパス」です。



箕面船場ツインタワーマンション計画

 店舗棟が建設されるあたりです。中央奥に見えているタワークレーンが「ブリリアタワー箕面船場 TOP OF THE HILL」(地上30階、高さ103.48m)の建設地です。



箕面船場ツインタワーマンション計画

 計画地は駐車場として暫定利用されていましたが撮影時には閉鎖されていました。建築計画の概要では工期が未定となっているため着工時期は不明ですが、ブリリアタワー箕面船場の公式HPに掲載されていた図には2025年度竣工予定となっているので、そろそろ着工するのかもしれません。









箕面船場ツインタワーマンション計画 建築計画の概要

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:−
所在地:大阪府箕面市船場東三丁目
交通:北大阪急行南北線「箕面船場阪大前」駅 徒歩3分(2023年度末開業予定)
用途:共同住宅・店舗
総戸数:731戸
階数:地上31階
高さ:99.9m
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
敷地面積:7,214
建築面積:5,000
延床面積:93,000
建築主:住友商事、阪急阪神不動産、東京建物
設計者:竹中工務店
施工者:−
工期:2025年度竣工予定