(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 東京都港区愛宕で計画されているタワーマンション「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)の環境影響調査書の縦覧が開始されました。計画地は愛宕山の東側で、愛宕グリーンヒルズや虎ノ門ヒルズがある道路沿いに並びます。この記事では同タワマンの概要や現況、地図等を載せています。




(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」は「愛宕神社」のある「愛宕山」の東側に位置しており、愛宕神社参道を挟んで北側が寺院・店舗となるG地区、南側がタワーマンションとなるF地区となっています。F地区の南側は「愛宕山」を通り抜ける東京23区内唯一の山岳トンネルである「愛宕トンネル」があります。

 タワーマンションが建設されるF地区の規模は地上43階、地下2階、高さ約160m、敷地面積約2,910屐建築面積約1,500屐延床面積約5万5000屐∋業者は都市再生機構、特定業務代行者は竹中工務店で2023年12月着工、2028年6月竣工予定となっています。店舗、寺院で構成されるG地区の規模は地上3階、高さ約15m、延床面積約950屬侶物となります。

▼東京都港区:環境アセスメント(2022年1月21日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書の縦覧【(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業】
※2022年11月21日〜2022年12月20日まで



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 F地区の断面図
F地区の断面図[出典:港区]

 タワーマンションとなるF地区のフロア構成は1階が店舗、2階が生活・産業支援施設、2〜3階が住宅の共用施設?、4〜6階が事務所、そして7〜43階が住宅フロアとなります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 F地区の断面図
F地区の断面図[出典:港区]

 駐車場は20階の高さがあるタワーパーキングで147台分用意されます。駐輪場は自転車が432台、自動二輪が7台となっています。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 G地区の東棟断面図
G地区の東棟断面図[出典:港区]

 寺院・店舗となるG地区は東棟と西棟に分かれており、東棟は3階建ての店舗となります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 G地区の西棟断面図
G地区の西棟断面図[出典:港区]

 愛宕山側の西棟は寺院となります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 1階平面図
1階平面図[出典:港区]

 1階平面図です。「愛宕山」(標高26m)の山頂にある「愛宕神社」の参道を挟むように店舗が配置されます。参道の先には急な石段で知られる「出世の階段」があります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 オープンスペースの整備後位置図
オープンスペースの整備後位置図[出典:港区]

 愛宕山側には緑地が整備され、愛宕神社参道を挟むように広場が整備されます。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 F地区の北側立面図
F地区の北側立面図[出典:港区]

 北側立面図です。波を打つ塔屋のデザインが特徴的です。




(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 F地区の東側立面図
F地区の東側立面図[出典:港区]



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 F地区の南側立面図
F地区の南側立面図[出典:港区]



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 F地区の西側立面図
F地区の西側立面図[出典:港区]




(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」の計画地は「愛宕神社」の東側で、東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅、「神谷町」駅、都営三田線「御成門」駅の3駅が徒歩圏にあります。計画地の南側には「愛宕グリーンヒルズ」、少し北側に行くと「虎ノ門ヒルズ」があり、それらと同じ愛宕下通り沿いとなっています。




(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 2022年10月21日に「愛宕山」から撮影した「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約160m)の計画地です。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 敷地内にあった「長谷川医院」は解体されていました。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 敷地内では地質調査のボーリングも行われていました。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 現在は「愛宕地区(再)特定業務代行基盤整備その他工事(宜区)」が竹中工務店によって2023年11月30日までの工期で行われています。発注者は独立行政法人都市再生機構の東日本賃貸住宅本部となっていますが、特定業務代行者に竹中工務店に決定しており、F地区の住宅床取得は7〜43階、保留床などの処分協力は1・2・4〜6階(事務所、生活・産業支援施設、店舗)が対象となっています。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 南東側から撮影した「(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業」のF地区です。左の青信号の先に「愛宕山」を通り抜けるトンネルがあります。また、そのトンネルの隣にはエレベーターがあり「出世の階段」等を通ることなく山頂まで行くことができます。

 背後に見えている超高層ビル群が「虎ノ門ヒルズ」で、写っている3棟全てが高さ200m超えのため、F地区の最上階からでも見上げる高さとなります。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 北東側から撮影。左端に見切れているのが「愛宕グリーンヒルズ」です。



(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業

 隣には愛宕神社参道があり、鳥居の先に「出世の階段」があります。









(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業 全体工事工程
全体工事工程[出典:港区]

 工事工程です。F地区から工事が始まり、F地区の完成後にG地区の既存建物の解体工事に着手し、計画建物の建設を行います。

■物件概要(F地区)■
事業名:(仮称)愛宕地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区愛宕一丁目
用途:共同住宅、事務所、生活・産業支援施設、店舗、駐車場
階数:地上43階、地下2階
高さ:約160m
敷地面積:約2,910
建築面積:約1,500
延床面積:約55,000
事業者:独立行政法人都市再生機構
特定業務代行者:竹中工務店
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2023年12月着工〜2028年6月竣工予定