道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:テイクアンドギヴ・ニーズ]

 渋谷の道玄坂で計画されている「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」(地上30階、高さ約155m)において、2022年11月18日に権利変換計画の認可を東京都より受けたことが三菱地所より発表されました。同時に三菱地所が特定建築者としての役割を担うことも発表されています。この記事では同再開発の概要や現況、地図等を載せています。




道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:三菱地所]

 「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」は道玄坂の坂道沿いの再開発で、JR「渋谷」駅に近い側のオフィス棟と坂の上側のホテル棟の2棟構成になっています。オフィス棟の規模は地上30階、塔屋2階、地下3階、高さ約155m、ホテル棟の規模は地上11階、塔屋1階、地下2階、高さ約60m、両棟合わせた敷地面積は約6,720屐延床面積は約8万7100屐建築主は道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合(参加組合員:三菱地所)、設計者は三菱地所設計・山下設計設計共同体で2022年度解体工事着手、2023年度新築工事着工、2026年度竣工予定となっています。

 オフィス棟の1〜3階は店舗となり、オフィスフロアは3〜30階に位置し、各フロア1,500崢兇梁濾嫐明僂箸覆蠅泙后また、ホテルはテイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)が運営する「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」の出店が決定しています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2022年11月22日)
「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」
権利変換計画認可及び特定建築者の決定について




道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 建設地は「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、高さ95.55m)の北側で、道玄坂沿いの西側にホテル棟(中層棟)、東側にオフィス棟(高層棟)が配置されます。両棟の間には広場が整備され「渋谷マークシティ ウエスト」に接続されます。

 また、赤枠が凹型になっており中層棟と高層棟の間に隙間がありますが、その場所には同再開発には含まれていない駐車場があります。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 整備方針イメージ図
整備方針イメージ図[出典:東京都]

 「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」と「渋谷マークシティ ウエスト」の間には京王井の頭線があり、その上空を通って渋谷マークシティの4階部分に接続します。



TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)
ルーフトッププールイメージ[出典:三菱地所]

 「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」の客室数は120〜130室で、客室サイズは28屐120屐∩枋蟲匱蔀渦舛5万円〜30万円、開業は2027年3月頃の予定となっています。



TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称) スパイメージ
スパイメージ[出典:三菱地所]

 渋谷・道玄坂にありながらカジュアルに染まらない、遊び慣れた大人をターゲットにしたラグジュアリーブティックホテルで、エリア最大級のルーフトッププールをはじめ、ルーフトップレストラン&バーやシアタールーム、最新ウェルネスを体験できるスパや多彩なジャンルのレストランなど豊富なエンターテインメントを備え、“上質な渋谷のカオス”を堪能できるとのことです。




道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業 周辺地図
周辺地図[出典:三菱地所]

 計画地は京王井の頭線「渋谷」駅の隣で駅直結となります。JR「渋谷」駅からは道玄坂の坂を登ることになりますが、渋谷マークシティ内の貫通通路を経由すると、エスカレーターでどんどん登れるので坂道を登ることなくアクセス可能となります。

 また、ニュースリリースではJR「渋谷」駅、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅徒歩2分表記となっていますが、半蔵門線以外は地下通路をかなり歩くことになるので、実際は倍以上の時間がかかります。




道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 2019年11月30日に撮影した渋谷駅周辺の空撮です。写真中央上の矢印を入れたあたりが「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」(地上30階、高さ約155m)の計画地です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 計画地にズームです。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 「渋谷スカイ」から見た「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。敷地内には「新大宗ビル」などがあります。左隣のビルが接続することになる「渋谷マークシティ ウエスト」(地上23階、高さ95.55m)です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 渋谷駅に近い側から撮影した地上30階、高さ約155mのオフィス棟の計画地です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 坂を登った側から見たオフィス棟の計画地方面です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 再開発には含まれない駐車場部分です。奥のビルは同再開発に含まれており、広場や隣の「渋谷マークシティ ウエスト」に繋がる通路などが整備されます。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 ホテル棟の「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」(地上11階、高さ約60m)の計画地方面です。



道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業

 道玄坂を登ったところから撮影した「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称)」の計画地方面です。手前の小さな建物群は同再開発には含まれておらず「新大宗ビル(2号館)」からが計画地となっています。

 このビルの地下には「SOUND MUSEUM VISION(渋谷VISION)」がありましたが、解体に向けて2022年9月3日に営業終了しました。2022年度中に解体工事が始まります。









事業名:道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目10番他
交通:京王井の頭線「渋谷」駅直結
   JR「渋谷」駅、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅 徒歩2分
   東急田園都市線・東急東横線「渋谷」駅 徒歩2分
用途:事務所、ホテル(「TRUNK(HOTEL) DOGENZAKA(仮称))、店舗、駐車場
総客室数:120〜130室
階数:地上30階、塔屋2階、地下3階(オフィス棟)
   地上11階、塔屋1階、地下2階(ホテル棟)
高さ:約155m(オフィス棟)
   約60m(ホテル棟)
構造:鉄骨造(地上)
   鉄骨鉄筋コンクリート造(地下)
敷地面積:約6,720
建築面積:−
延床面積:約87,100
建築主:道玄坂二丁目南地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所
特定建築者:三菱地所
事業協力者:三菱地所・鹿島建設
設計者:三菱地所設計・山下設計設計共同体
デザイン総合監修:北川原温建築都市研究所
事業コンサルタント:都市企画
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2026年度竣工予定
開業:2027年3月頃予定(ホテル)