芝浦プロジェクト S棟

 「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の建替事業として建設中の「芝浦プロジェクト S棟」(地上43階、高さ228.88m)です。2022年11月17日に東京モノレールの車内から撮影しました。ツインタワーとなる南側の棟で、商業施設・オフィス・ホテル「フェアモント東京」で構成される複合施設となります。この記事では同再開発の概要や建設状況、地図等を載せています。




芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産]

 「芝浦プロジェクト」は「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)の建替事業で、地上43階、高さ228.88mのS棟(左)と地上45階、高さ227.28mのN棟(右)で構成される巨大なツインタワーとなります。

 各棟の規模はS棟が地上43階、地下3階、高さ228.88m、N棟が地上45階、地下3階、高さ227.28mで両棟合わせた敷地面積は4万104.29屐建築面積は2万8192.39屐延床面積は55万1437.56屬箸覆蠅泙后7築主は野村不動産と東日本旅客鉄道、設計者は槇総合計画事務所と清水建設、S棟の施工者は清水建設で既に着工しており2025年2月竣工予定です。N棟の施工者は未定ですが挟工事として2027年度着工、2031年3月31日竣工予定となっています。



芝浦プロジェクト 断面図
断面図[出典:野村不動産]

 S棟とN棟の低層部は商業施設、中層部はオフィスフロア、S棟の高層部はホテル、N棟の高層部は住宅となり、S棟のオフィスフロアには野村不動産グループの本社機能が移転予定となっています。

 S棟高層部は欧州最大手のホテルグループ「アコー」のラグジュアリーホテルブランド「フェアモント」が日本初進出することが決定しており、ホテル名は「フェアモント東京」になります。開業予定は2025年度で、スイートを含む全219室でゲストルームと3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンター、プール、バンケット、カンファレンス、チャペルを備える予定となっています。



芝浦プロジェクト 緑化計画図
緑化計画図(配置図)[出典:東京都環境局]

 S棟とN棟の配置図です。図の左上の方に「浜松町」駅があります。S棟とN棟の間には「(仮称)セントラルプラザ」、芝浦運河沿いにはテラスが整備され一体的な広場となります。また、敷地内の西側(左側)を縦に横切っている細い線は東京モノレールで、その高架下を横切る歩行者専用通路も整備されます。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 S棟とN棟の間に整備される「(仮称)セントラルプラザ」とテラスの完成予想図です。テラスの左側には船着場も整備されます。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 同再開発までは浜松町駅から続く歩行者専用通路が再整備され、同ビルとの接続物には大きな屋根のある大空間が整備されます。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 東京モノレールとJRの線路の間に整備される歩行者通路の完成予想図です。通路沿いには店舗スペースも用意されます。



芝浦プロジェクト スカイラウンジ
スカイラウンジ[出典:野村不動産]

 地上約138m地点となる28階にはオフィスワーカー専用のスカイラウンジが配置されます。



芝浦プロジェクト スカイラウンジ
スカイラウンジ[出典:野村不動産]

 ここで働くオフィスワーカー専用の空間となるため一般の人は行けません。



フェアモント東京
フェアモント東京[出典:野村不動産]

 オフィスフロアの上階に配置されるホテル「フェアモント東京」部にはテラスが配置され、東京湾方面を望むことができるようになります。一般の人はこちらに来ると景色を楽しむことができます。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産]

 レインボーブリッジ上空あたりから見た完成予想図です。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 お台場上空あたりからレインボーブリッジ越しに見た完成予想図です。



芝浦プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:公式HP]

 陸側から見た完成予想図です。この形状で高さ230m近いのツインタワーとなるためかなり目立つ存在となりそうです。




芝浦プロジェクト 位置図
位置図[出典:野村不動産]

 建設地はJR山手線・京浜東北線、東京モノレール「浜松町」駅の南東側に位置しており、駅からは敷地までは屋根付きの歩行者専用通路「南口自由通路」が再整備されます。敷地内の接続部には庇(ひさし)が設置されるため駅まで雨に濡れずにアクセス可能となります。また、建替工事中の「世界貿易センタービル」内に整備されるステーションコアを経由することで、都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅にもスムーズにアクセス可能となります。

 敷地から見て南東側にあるゆりかもめ「日の出」駅や北東側にあるゆりかもめ「竹芝」駅も徒歩圏にあります。



南口自由通路 鳥瞰イメージ
南口自由通路 鳥瞰イメージ[出典:野村不動産]

 浜松町駅から同再開発まで繋がる「南口自由通路」の鳥瞰イメージです。



南口自由通路 芝浦側昇降口イメージ
南口自由通路 芝浦側昇降口イメージ[出典:野村不動産]

 現在は階段しかない場所にエスカレーターが設置され移動が楽になります。




芝浦プロジェクト S棟

 2022年11月17日に北東側から撮影した「芝浦プロジェクト S棟」(地上43階、高さ228.88m)の建設地です。タワークレーンが1基設置されました。



芝浦プロジェクト S棟

 芝浦運河に架かる仮設の橋から撮影。この辺りは平日でも土日でも人通りが少ない場所ですが、再開発が完了すると人の流れが大きく変わりそうです。



芝浦プロジェクト S棟

 南東側から撮影。プレハブ事務所の端には外装モックアップがあります。

 右後ろの超高層ビルは「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)で鬼S棟(地上43階、高さ228.88m)が完成すると、挟N棟(地上45階、高さ227.28m)の建設に向けて解体工事が始まります。



芝浦プロジェクト S棟

 外装モックアップにズームです。



芝浦プロジェクト S棟

 南西側から撮影。建設地は屋上広場や飲食店などが入った「スリーワンプラザ」の跡地です。



芝浦プロジェクト S棟

 タワークレーンを見るとマストが継ぎ足されており、マストクライミングの真っ最中のようでした。



芝浦プロジェクト S棟

 敷地の西側となる東京モノレールの高架下でも工事が行われていました。



芝浦プロジェクト S棟

 その東京モノレールの車内から撮影した「芝浦プロジェクト S棟」の建設地です。



芝浦プロジェクト S棟

 現在は地下躯体工事が行われており、地下部の鉄骨がどんどん組まれていました。



芝浦プロジェクト S棟

 タワークレーンのズーム写真を撮ってから約20分後ですが、その間にマストクライミングは終わっていました。









芝浦プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:芝浦プロジェクト
計画名:(仮称)芝浦一丁目計画 新築工事
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1 他51筆
交通:JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅
   東京モノレール「浜松町」駅
   都営大江戸線・浅草線「大門」駅
   ゆりかもめ「日の出」駅
用途:事務所、商業施設、ホテル、住宅(約144戸)、駐車場
階数:地上43階、地下3階(鬼S棟)
階数:地上45階、地下3階(挟N棟)
高さ:228.88m(鬼S棟)
高さ:227.28m(挟N棟)
構造:S造 一部 RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:40,104.29
建築面積:28,192.39
延床面積:551,437.56
建築主:野村不動産、東日本旅客鉄道
設計者:槇総合計画事務所、清水建設
施工者:清水建設(鬼工事)
    未定(挟工事)
工期:2021年9月1日着工〜2025年2月竣工予定(鬼工事)
   2027年度着工〜2031年3月31日竣工予定(挟工事)
公式HP:https://www.shibauraproject.com/