(仮称)明治安田生命新宿ビル 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:明治安田生命]

 新宿駅前で建設中の「(仮称)明治安田生命新宿ビル」(地上23階、最高高さ128.71m)の完成予想図です。地下に「新宿明治安田生命ホール」があった「明治安田生命新宿ビル」の建替えです。この記事では同ビルの概要や現況、地図等を載せています。




(仮称)明治安田生命新宿ビル イメージパース
イメージパース[出典:新宿区]

 少し古い「(仮称)明治安田生命新宿ビル」の完成予想図です。最初の完成予想図と見比べると右の足元に若干変更が入っていることがわかります。同ビルの規模は地上23階、地下4階、高さ125.71m(最高高さ128.71m)、敷地面積6,294.72屐建築面積3,819.26屐延床面積9万6901.94屐建築主は明治安田生命保険、設計者は日建設計、施工者は大成・竹中建設工事共同企業体で2025年11月31日竣工予定となっています。

 同ビルの建替えについて、建築計画のお知らせでの名称は「(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト」となっていますが、明治安田生命が「(仮称)明治安田生命新宿ビル」としているためこちらの名称を採用しています。



(仮称)明治安田生命新宿ビル 断面図
断面図[出典:新宿区]

 フロア構成は地下1階〜1階が約850坪の店舗、2階が約100坪のホールとオフィスエントランス、3階が機械室、4階〜22階が約15,500坪のオフィスフロア(1フロアの専有面積は800坪超)、そして最上階の23階には屋上庭園が整備されます。

 解体された「明治安田生命新宿ビル」の地下には「新宿明治安田生命ホール」がありましたが、建替え後のビルにもホールが整備されることになります。そのホールは災害時に帰宅困難者の受け入れにも活用されます。



(仮称)明治安田生命新宿ビル 各階平面図
各階平面図[出典:新宿区]

 各階平面図です。オレンジ色が店舗部分でそれなりの広さが確保されていることがわかります。屋上庭園も結構な広さが確保されていますが、屋上に行けるエレベーターの配置を見た感じでは、ここで働くオフィスワーカー専用のスペースとなりそうです。




(仮称)明治安田生命新宿ビル 案内図
案内図[出典:新宿区]

 建設は新宿西口駅前広場に面した駅前立地で、各社の各路線の新宿駅にも近い場所となっています。新宿の超高層ビル群は新宿駅から少々離れているとこが多いですが、ここはその中でもかなり駅に近い場所に位置しています。




(仮称)明治安田生命新宿ビル

 2022年10月1日に「小田急百貨店新宿本店」から撮影した「(仮称)明治安田生命新宿ビル」(地上23階、最高高さ128.71m)の建設地です。作業工程では地下躯体解体・掘削・山留工事となっていました。

 建設現場を眺めるには良い場所ですが、この場所での「小田急百貨店新宿本店」は10月2日に営業終了となるため、ここから建設工事の続きを見ることはできません。



小田急百貨店新宿本店から見た新宿の超高層ビル群

 広角で撮影。新宿駅西口のロータリー前が建設地となっており、道路を挟んだ隣には「モード学園コクーンタワー」(地上50階、高さ203.65m)がそびえ立っています。。



(仮称)明治安田生命新宿ビル

 地上に下りて「小田急百貨店」前のペデストリアンデッキから撮影。今年の6月にクレーンが横転する事故があった建設現場です。



(仮称)明治安田生命新宿ビル

 モード学園前から撮影。



(仮称)明治安田生命新宿ビル

 西側の路地から撮影。この方向に今朝のブログに載せた「新宿駅西口地区開発計画」(地上48階、高さ約260m)が建設されます。



(仮称)明治安田生命新宿ビル

 南東側の京王百貨店前から撮影。新宿駅周辺は「新宿グランドターミナル構想」があり、2040年台の完成に向けて大改造が行われていきます。









(仮称)明治安田生命新宿ビル 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)明治安田生命新宿ビル
事業名:(仮称)西新宿一丁目地区プロジェクト
所在地:東京都新宿区西新宿一丁目9番1〜12
用途:事務所、店舗、ホール、子育て支援施設、駐車場
階数:地上23階、地下4階
高さ:125.71m(最高高さ128.71m)
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:6,294.72
建築面積:3,819.26
延床面積:96,901.94
建築主:明治安田生命保険
設計者:日建設計
施工者:大成・竹中建設工事共同企業体
工期:2021年8月1日着工〜2025年11月31日竣工予定